この記事で紹介されている商品
ミニベロのおすすめ10選!折りたたみ式や電動の商品をご紹介・選び方を徹底解説

ミニベロのおすすめ10選!折りたたみ式や電動の商品をご紹介・選び方を徹底解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

小さくて小回りの効く「ミニベロ」とは、普段使いにぴったりの自転車の種類のことです。今回はそんなミニベロの魅力や種類の解説、選び方を徹底的にまとめてみました。さらにおすすめのミニベロを10個ピックアップしたので、これから購入しようと思っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ミニベロとは

ミニベロとはコンパクトな小径自転車で、買い物や散歩など日常使いの自転車として使いやすいのが特徴です。タイヤが小さく漕ぎ出しが軽いので頻繁に信号で停車する街でのサイクリングに向いています。重心も低いため足つきがよく、普段運動しない方でも気軽に乗れるのが魅力です。

日常的に使いやすいミニベロですが上級モデルも販売されており、クロスバイクのようにスポーティーな走りができるものもあるのでニーズに合わせて選びましょう。

ミニベロの魅力

ミニベロの魅力はコンパクトさです。タイヤが小さいので老若男女問わず幅広い層が使いやすく、家族でシェアして使えます。狭い道や駐輪場でも操作しやすく、玄関先でも保管できるのがポイントです。

また、ミニベロはデザインも豊富です。さまざまなメーカーからさまざまなモデルが販売されており、どれもおしゃれでハイセンスです。明るい色味のカラーバリエーションを用意しているモデルもあるので、好みに合った選び方が楽しめるでしょう。

ミニベロのデメリット

ミニベロのデメリットは、長距離移動や坂道を漕ぐのに負荷がかかることです。街乗り向けの自転車なのでスポーツバイクよりも負担がかかりやすく、漕ぎ手のエネルギーを消費しやすいです。

最近では電動アシスト機能付きのミニベロも登場しているので、パワフルさを求める方はそちらをチェックしてみましょう。

また、高性能な変速機がついているミニベロであれば、比較的ハードな道でも負担を感じにくいです。見た目だけでなくスペックにも着目して購入しましょう。

ミニベロの種類

ミニベロといっても、さまざまな種類が販売されています。今回はミニベロの中でも代表的な3種類について、それぞれの特徴をまとめてみたので参考にしてみて下さい。

ミニベロの種類
  • コンフォートタイプ
  • スポーツタイプ
  • 折りたたみタイプ

コンフォートタイプ

ミニベロの中でも性能のバランスが良く、買い物や街乗りに最適です。英語で快適さや心地よさを表現する言葉の通り、街中をすいすい走れるのがポイントです。

カゴ付きや泥除け付きのモデルが多いので、ママチャリとして購入するユーザーも多いですよ。

スポーツタイプ

スポーツタイプはスポーツバイクのスペックをミニベロにプラスしたものです。スピードを出しやすく、長距離移動や起伏のある道にも適応しやすいです。

高機能なブレーキや変速ギアをつけているモデルが多く、走行性能の高さを求める方にぴったりですよ。

折りたたみタイプ

折りたたみタイプのミニベロは、室内で保管したい方や持ち運びたい方にぴったりです。コンパクトなミニベロを折りたたむことで、扱いやすさがアップします。

輸行袋を使用すれば旅行先に同行させられる場合があります。ただし、鉄道会社ごとのルールがありますので、マナー違反にならないよう事前にチェックしてみて下さい。

ミニベロの選び方

魅力的なミニベロですが、一体どんな基準で選べば良いのか悩んでしまう方もいるはずです。今回はミニベロを選ぶ上でポイントとなる要素をピックアップしたので、参考にしてみて下さいね。

ミニベロの選び方
  • フレームの素材で選ぶ
  • ハンドルの種類で選ぶ
  • ブレーキの種類で選ぶ
  • タイヤサイズで選ぶ
  • ミニベロの重量で選ぶ
  • 便利な機能で選ぶ
  • 変速段数をチェック
  • デザイン等でトップチューブを選ぶ
  • 付属品で選ぶ

1.フレームの素材で選ぶ

ミニベロのフレームに使われている素材は大きく分けて2種類あり、それぞれメリットが異なります。各素材の特徴を解説するのでどの素材が自分に合っているのか確認してみてください。

アルミニウム

アルミニウムを使ったミニベロの魅力は軽量性にあります。軽いので漕ぎ出しやすく、走行中の負担を感じにくいです。また、加速しやすい素材でもあるため、スピーディーに街中を移動したい時に重宝します。

スチール

スチールはアルミニウムよりも重さはあるものの耐久性に長けています。また地面からの衝撃を吸収する素材なので、長距離を走行していても体への負担がほかの素材より少ないのがメリットです。

2.ハンドルの種類で選ぶ

自転車のハンドルにはいくつか種類があり、ミニベロもモデルによって備え付けられているハンドルが異なります。後でカスタマイズもできるので、握りやすいハンドルをチョイスしましょう。定番のフォルムとして知られているのが「セミアップハンドル」で、上体を起こした姿勢で漕げます。

一方ハンドルがまっすぐ伸びた「ストレートハンドル」はスポーツバイクに使われることが多く、前傾姿勢になる分坂道を漕ぎやすいのがポイントです。

ほかにもハンドルの種類は細かく分かれますが、ベースとなるのは上記の2種類なので、どちらが好みが明確にしておきましょう。

3.ブレーキの種類で選ぶ

基本的には軽量でシンプルな「キャリパーブレーキ」、制動力の高い「Vブレーキ」の2種類に分かれます。

街乗りでミニベロを活用したいのであればキャリパーブレーキ、スポーティーな乗り方も楽しみたいのであればVブレーキをチョイスするのがおすすめです。

気になるミニベロがあったら、どのブレーキを使っているのか確認してみてくださいね。

4.タイヤサイズで選ぶ

タイヤが小さいミニベロですが、モデルによってサイズの大小はあります。自転車はタイヤが小さいほど安定感が低くなるので、ミニベロを選ぶ時もチェックしてみてください。

タイヤ自体が小さくても太さがあれば安定感はアップします。タイヤのサイズは車体とのバランスにも大きく影響するため、太さも視野に入れてどのサイズがベストかチェックするのがおすすめです。

5.ミニベロの重量で選ぶ

自転車は重量が軽くなればなるほど軽快に走れます。ミニベロはコンパクトさゆえに軽快に走りやすい自転車ですが、軽いモデルを選べばより加速しやすく漕ぎ出しやすいです。

軽い自転車は疲れにくいので、日頃から自転車を使う機会が多いのであれば疲れにくいモデルをチョイスしましょう。

6.便利な機能で選ぶ

モデルによってさまざまな機能や特徴を持っているため、自分が使いやすいものを選びましょう。今回はミニベロの代表的な機能をまとめたので、チェックしてみてください。

折りたたみ

コンパクトさをより追求したいのであれば、折りたたみ式がおすすめです。小さなスペースでも保管しやすく、賃貸や一人暮らしの家庭でも購入しやすいです。また駐輪スペースが狭い場合でも、停められるので街中を走るときにも使えます。

折りたたみ式だと持ち運びもできるため、旅行先で自転車を運転したい場合にも便利です。

電動アシスト

ママチャリで見かけることの多い電動アシスト機能ですが、ミニベロに付属している場合もあります。ミニベロのデメリットである長距離走行のしにくさや、坂道での負担を軽減できるため、パワフルな走りを求める方には電動アシスト付きがおすすめです。

7.変速段数をチェック

シーンに合わせて走行性能を変えたいのであれば、変速段数にこだわった選び方がおすすめです。坂道でも楽に走行できるだけでなく、ギアをチェンジすればゆっくり走ることも可能なため、あらゆるシーンでのサイクリングを楽しめます。ミニベロでの買い物や散歩、街乗りなどあらゆる場面で使いたい方はこだわってみてください。

8.デザイン等でトップチューブを選ぶ

自転車のフレームの上側にあり、ヘッドとシートをつなげる部分をトップチューブといいます。いわば自転車の顔とも言える部分なので、デザインにこだわりたい方はトップチューブをチェックしましょう。

メーカーのロゴが大きく入っているタイプや、シンプルなものまでいろいろなデザインが展開されています。さまざまなモデルを見比べて、お気に入りを探してみてくださいね。

9.付属品で選ぶ

ミニベロの付属品はモデルによって異なるため、自分のニーズに合った付属品がついているかどうか確認してみましょう。

ミニベロは最低限の装備しかついていないパターンが多いため、買い物カゴやスタンドが必要ならば最初から付属しているモデルをチョイスしてください。

あとから追加で取り付けられるので、必要な場合は自分好みにカスタムしましょう。

10.カスタムするならスポーツ車系規格を

ミニベロを購入した後にカスタムを考えているのであれば、スポーツ車系規格のモデルを選びましょう。カスタム用のパーツはスポーツ車系規格の方がラインナップが豊なのでカスタムする時の選択肢が増えて、自分好みにアップデートできますよ。

特に車輪やヘッド、シートポスト周りはカスタムしがちな部分なので、スポーツ車系規格かどうか事前に確認してから購入しましょう。

ミニベロのおすすめ10選

実際に、ミニベロのおすすめモデルを見ていきましょう。それぞれ特徴や規格がさまざまなので、自分の選ぶポイントにこだわるのがおすすめですよ。

ANIMATO ミニベロ SURFARAMA
4.0

Amazonカスタマーレビュー(133件)

商品情報

タイヤサイズ:20×1.25
フレームサイズ:470mm
サイズ(横×高さ×幅):1420×950×460mm
重量:12.0kg
変速:SHIMANO7段変速

シンプルなデザインのミニベロでありながら、フレームが細くスタイリッシュでカラーリングもおしゃれです。

前輪は工具を使わなくても取り外せる仕組みとなっており、自分でカスタムや組み立てしやすいのがポイント。ハンドルはストレートタイプで、坂道や起伏の多い道でも力をいれて漕げます。

MYPALLAS 折畳セミファットバイク MF208 NAUGHTIX
4.3

Amazonカスタマーレビュー(132件)

商品情報

ブランド:マイパラス(MYPALLAS)
サイズ:長さ155cm×幅57cm×高さ96〜103cm
折りたたみサイズ:長さ92cm×幅37cm×高さ65cm
サドル高さ:78-97cm
重量:約17.5kg
適応身長:150cm以上
フレーム材質:スチール
速度数:6

太めのタイヤなので安定感に長けており、自転車の振動を吸収してくれるリアサスペンションによって快適な乗り心地を実感できます。変速機能は6段階なので、走行する道や自分のコンディションに合わせて調整できるのもポイントです。

さらにLEDライトやワイヤーロックが付属しており、折りたたみ式なので機能性にこだわる方にも向いています。

RENAULT LIGHT10
4.5

Amazonカスタマーレビュー(406件)

商品情報

*フレーム材質:軽量アルミフレーム
*本体サイズ:長さ148cm×幅58cm×ハンドル高さ92cm~105cm
*折りたたみサイズ:83cm×45cm×62cm
*本体重量:約10.8kg(ペダル/リフレクター/スタンド除く)
*変速機:7段変速
*タイヤサイズ:20×1.75インチ
*サドル高さ:80cm~96cm

車輪の内側や細かなパーツに使われたアクセントカラーがおしゃれで、個性をアピールしやすいミニベロです。超軽量のアルミを使っているため10.8kgと軽く、折りたたみ式なので持ち運びやすいですよ。

ブレーキには制動力に長けたVブレーキを採用しており、急な停車や濡れた路面でも機能性を発揮してくれます。

アルテージ ミニベロ AMV-001
3.8

Amazonカスタマーレビュー(167件)

商品情報

フレームサイズ 470mm
サイズ 1550x1000x580mm
フレーム材質 スチール
重量 13kg
変速機 7段

カラーバリエーションが豊富で、全6色の中から好みの色を選べます。色鮮やかなカラーも取り揃えているので、ミニベロに華やかさを求めている方はチェックしてみて下さい。

また7段変速を搭載しており、坂道でもパワフルに漕げます。ギアはハンドルから手を離さず調整できるため、走行中でも変更しやすいです。

キャプテンスタッグ ミニベロロードバイク CSR20MR-451DSK
3.8

Amazonカスタマーレビュー(23件)

商品情報

ブランド:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
サイズ:150×42×95cm
重量:約11.8kg
特徴:前後ディスクブレーキ仕様、アルミフレームを使用

メタリックなフレームとマットな質感のサドルやハンドルが、目を引くデザインに仕上がっています。高速走行仕様に対応できるタイヤを採用することで、スポーティーな走行を求める方にもおすすめです。

メインの素材はアルミなので軽量性に優れており、操作しやすいので選ぶポイントにしてくださいね。

パナソニック 電動自転車 ミニベロ EZ20型
4.5

Amazonカスタマーレビュー(2件)

商品情報

・重量:22.0kg
・バッテリー容量:8.0Ah
・バッテリー充電時間:約3.0時間
・1回の充電における走行距離の目安
 パワーモード:約31km
 オートマチックモード:約35km
 ロングモード:約55km

電動アシスト付きのミニベロなので、坂道を走行する機会の多い方や重たい荷物を持って自転車を漕ぐ方に最適です。

アルミ素材でできているため軽量で、駐輪する時も苦労しません。タイヤは太めなので安定感に優れており、ミニベロの不安定さを心配している方でも運転しやすいです。

キャプテンスタッグ Oricle 折りたたみ自転車
4.0

Amazonカスタマーレビュー(1697件)

商品情報

製品サイズ:(約)組立時/146×55.5×98.5cm、収納時(折り畳み時)/82×54.5×72cm ホイールサイズ: 20インチ、タイヤサイズ:20×1.75
製品重量:(約)15.5kg、材質:スチール、原産国:中国
サドル地上高:(約)71-83cm、鍵をはずした場合/61-83cm、ハンドル高:(約)93.5cm、変速数:外装6段

折りたたみ式のミニベロで、サイズもコンパクトなので狭い道も運転しやすいです。スチール製のフレームは耐久力に優れており、長時間運転しても疲労を感じにくいです。変速段数は国内外で高い評価を得ているシマノの6段変速タイプなので、道に合わせてギアを変えて運転しましょう。

RENAULT CHROMOLY207
3.3

Amazonカスタマーレビュー(12件)

商品情報

全長152cm×ハンドル幅55cm×ハンドル高さ(調節可能)97cm~108.5cm/折りたたみサイズ80cm×40cm×高さ71cm
フレーム:クロモリ/重量:約12.8kg
サドル高さ(地上から)約80cm~98.5cm/適応身長160cm以上/シートポスト径:Φ33.9cm
フロントギア:52T、リアメカ:14T-28T タイヤサイズ20×1-3/8(451ホイール)
コンポーネント:LT-WOO7段変速機搭載/ブレーキ:ディスクブレーキ

耐久性の高いクロムモリブデン鋼を採用することで、フレームの強度を確保しつつ12.8kgと軽量に仕上がっています。

レバー操作だけで折り畳めるので、スピーディーに持ち運んだり収納したりできるのが便利です。UV塗装を施したボディはメタリックに輝いており、存在感も感じさせますよ。

DAHON INTERNATIONAL Hit D6
4.3

Amazonカスタマーレビュー(25件)

商品情報

フォールディングサイズ:高さ 66cm x 幅 82cm x 奥行35cm
重量:12.1kg(ペダルレス)
推奨身長:145cm - 190cm

メーカー独自の特許技術によって、トップチューブとボトムブラケットをケーブルで繋げているため、独特なデザインで個性をアピールできるミニベロです。

泥除けやキックスタンドを標準装備しているため、街乗りや雨上がりのサイクリングなどさまざまなシーンに対応できる装備を兼ね備えています。

RENAULT MINIVELO9
5.0

Amazonカスタマーレビュー(1件)

商品情報

サイズ 本体:1500×900×570mm
フレームサイズ:470mm
歯数:フロント52T リア11-32T
タイヤ:20×1-1/8(インチ)(仏式バルブ)
シートポスト径:27.2mm
重量 約9.2kg(本体のみ=ペダル、スタンドを除く)
サドル高 820-980mm
適正身長 155cm以上
フレーム材質 アルミ
ギア シマノ SORA(ソラ)9段変速
ブレーキ キャリパーブレーキ(前後)

太めのアルミフレームが無骨な印象をもたせるミニベロで、素材の良さを存分に生かしたデザインです。重量はおよそ9.4kgと軽量で、軽快な走りを感じられますよ。

小回りが良く街中でもストレスなく走行できるので、街乗りをメインにしたい方はぜひチェックしてみてください。

全10商品

おすすめ商品比較表

ANIMATO ミニベロ SURFARAMA

MYPALLAS 折畳セミファットバイク MF208 NAUGHTIX

RENAULT LIGHT10

アルテージ ミニベロ AMV-001

キャプテンスタッグ ミニベロロードバイク CSR20MR-451DSK

パナソニック 電動自転車 ミニベロ EZ20型

キャプテンスタッグ Oricle 折りたたみ自転車

RENAULT CHROMOLY207

DAHON INTERNATIONAL Hit D6

RENAULT MINIVELO9

Amazonカスタマーレビュー
4.0133
4.3132
4.5406
3.8167
3.823
4.52
4.01,697
3.312
4.325
5.01
最安値
¥25,824
¥24,363
タイムセール
¥46,022-9%
参考価格¥50,600
¥21,980
¥53,049
¥129,420
¥22,980
タイムセール
¥53,727-19%
参考価格¥66,000
タイムセール
¥49,000-18%
参考価格¥59,400
¥69,960
購入リンク

お気に入りのミニベロを見つけよう

ミニベロはコンパクトで小回りが効きやすくデザインも豊富なので街乗りから普段使い、サイクリングとさまざまな場面で使用できます。本記事を参考に素材や選び方のポイントを押さえて、お気に入りのミニベロを見つけてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の乗り物カテゴリー

新着記事

カテゴリー