この記事で紹介されている商品

【2023年】おすすめの保温弁当箱11選!選び方や用途、サイズ別に詳しく解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

お弁当を温かいまま持ち運べる保温弁当箱。ご飯はもちろん、スープや丼もの・麺類なども温かさをキープできるので、ランチタイムの楽しみが広がりますよね。しかし、保温弁当箱は種類豊富なので、どれがよいか迷う方も多いのではないでしょうか? この記事では、保温弁当箱のタイプやサイズ・機能など選び方を紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

時間が経っても温かいお弁当が食べられるのが魅力!

保温性に優れる保温弁当箱は、時間が経っても温かいお弁当が食べられるのが魅力です。ご飯はもちろん、スープ用の保温容器なら、スープや麺類・カレーなども温かさを保ったまま持ち運べます。 また、保温弁当箱はご飯を冷まさず熱々の状態で詰められるので、お弁当作りが時短できるのもメリット。温かいお弁当を食べたい方はもちろん、お弁当のバリエーションを広げたい方にもおすすめです。 なお、保温弁当箱はご飯と汁物を保温できるものが多く、熱々の状態で詰めるのが基本になります。おかずは保温すると傷む可能性があるため、保温せず常温で詰めましょう。

保温弁当箱の選び方

保温弁当箱は種類豊富に揃っているため、選ぶときは次の3つに注目して選ぶのがポイントです。 ・保温弁当箱のタイプ ・容量 ・保温 ・保冷などの機能 保温弁当箱は、何を保温したいのかによって適するタイプが変わります。使いやすい保温弁当箱を選ぶために、自分に適した容量や、保温・保冷機能にも注目しましょう。それぞれ詳しく解説していきます。

タイプで選ぶ

保温弁当箱は「ランチジャー」「ご飯ジャー」「スープジャー」「丼」の4タイプがあり、セット内容や形などが異なります。ここからは、各タイプの特徴を詳しくみていきましょう。

ご飯・汁物を保温するなら「ランチジャー」タイプがおすすめ

ランチジャーは、蓋つきの筒形保温容器にご飯、汁物、おかず用の容器をセットするタイプです。筒の部分がご飯、汁物用の保温エリア、蓋の部分がおかず用の常温エリアになっています。 ご飯、汁物、おかずを楽しめるため、いろいろ食べたい方におすすめです。大容量で重量のあるものが多いため、持ち運び可能かも考慮して選びましょう。

PR
タイガー 魔法瓶 ステンレス ランチ ジャー ブラック LWU-A202-KM

商品情報

本体サイズ:(約)15.0×14.7×23.6cm(幅×奥行×高さ)※はし箱ポーチとベルトを含まない数値です。
飯器に入るごはんの容量(約):1.8合
容量(L)(飯器/菜入れ/スープパック):0.80/0.34/0.27
保温効力(6時間):72度以上

まほうびん構造で、お弁当の温かさをしっかりキープできるランチジャー。本体はステンレス製で、本体内側は光沢のある滑らかなスーパークリーン加工が施されているため、汚れや匂いがつきにくいのもポイントです。 頑丈なロック構造の蓋でしっかり締まるため、スープも安心して持ち運べます。

ご飯のみ保温するなら「ご飯ジャー」タイプがおすすめ

ご飯ジャーは、ご飯のみ保温容器に入れて保温するタイプです。ご飯容器単体のものもありますが、おかずも入れたい場合は常温容器がセットになっているものを選ぶのがおすすめ。専用ポーチ付属のものなら、まとめて持ち運びできます。

PR
サーモス 保温弁当箱 マットブラック DBQ-362

商品情報

容量:ごはん容器/0.36L(炊く前のお米の量/0.14L(約0.8合))、おかず容器/0.23L×2個
セット内容:保温ケース、ごはん容器、おかず容器×2個、ハシ、ハシケース、専用ポーチ

ご飯容器とおかず容器2つがセットになったご飯ジャータイプの保温弁当箱。ご飯容器を入れる保温ケースは、ステンレスまほうびんと同じ真空断熱構造で、しっかり温かさをキープします。専用ポーチはバックルストラップつきで、鞄の持ち手にかけて持ち運ぶこともできますよ。

温かいスープを持ち運ぶなら「スープジャー」タイプがおすすめ

スープジャーは、密閉性や保温性に優れているのが特徴です。スープはもちろん、麺類やカレーなども入れられるため、ランチタイムに温かいメニューを楽しみたい方におすすめ。 普段のランチをおにぎりやサンドイッチなど単品で済ませている方は、具沢山のスープを加えることでバランスがよくなり、満足感もアップしますよ。保冷できるタイプなら、熱いものから冷たいものまで幅広く使えます。

PR
和平フレイズ ハンディランチポット グリーン FLR-6859

商品情報

サイズ:118×88×88mm
重量:220g
本体:ステンレス鋼(真空断熱構造)、内面:セラミック加工、外面:焼付塗装、蓋:ポリプロピレン

保温・保冷どちらも使えるスープジャー。内面はセラミックコートで汚れ落ちが良く、広口なので洗いやすいのもポイントです。持ち運びにちょうど良い300mlサイズで、1つあると温かいスープやおかゆ、冷たい麺・フルーツなど1年中活躍します。

どんぶりメニューなら「丼」タイプがおすすめ

丼タイプは、丼型のご飯容器の上におかず容器を重ねるスタイルです。おかず容器に丼の具を入れておき、食べるときにご飯にかければどんぶりメニューが楽しめます。 「お弁当は丼ものなどの1品メニューで簡単に用意したい」「複数のおかずを用意するのは大変」といった方におすすめです。 ただし、保温性は他の3タイプに比べるとやや弱くなります。ご飯の温かさをしっかりキープしたい方にはもの足りなさがあるかもしれません。

PR
パール金属 保温 弁当箱 ブラック ほかどん HB-264

商品情報

サイズ:(約)幅165×奥行150×高さ120mm
本体重量:(約)600g
実容量:ご飯容器/0.54L、おかず容器/0.34L

シリコン製の蓋つきおかず容器で汁漏れしにくいため、牛丼や親子丼など汁気の多い具材も入れられます。本体はダブルステンレス製で、ランチタイムまで優しい温かさをキープできますよ。

容量で選ぶ

保温弁当箱は、300~1000ml以上まで、さまざま容量があります。少量から大容量まで揃っているため、自分が食べる量に合ったものを選びましょう。 なお、入れられるご飯の量は保温弁当箱のタイプによって多少異なるため、製品表示を確認するのがおすすめです。ここからは、保温弁当箱を選ぶときの目安容量について詳しく解説していきます。

一般的サイズで選ぶなら600~800mlくらいが目安

一般的な量で選ぶ場合は、600~800mlを目安に選ぶのがおすすめです。ランチジャー・丼ジャー・ご飯ジャータイプが多く揃っています。容量が増えるにつれて保温弁当箱も大きくなり重量感も増すので、持ち運びしやすいかも考えて選びましょう。

PR
サーモス 真空断熱スープランチセット ミント JEA-800

商品情報

サイズ(約):幅20.5×奥行8.5×高さ10.5cm、本体重量(約):400g、容量:スープジャー/200ml・おかず容器/300ml×2個

保温・保冷対応のスープジャーとおかず容器2つがセットで、計800ml入れられる保温弁当箱。おかずやご飯・パン・おにぎりなど、スープジャーと自由に組み合わせて持ち運べるのもメリットです。おかず容器は300mlサイズなので、おかずやご飯もしっかり詰められます。

たくさん食べる方は800~1000mlくらいが目安

たくさん食べる方は、800~1000ml以上を目安に選ぶのがおすすめです。ランチジャー・ご飯ジャータイプが多く揃っています。育ち盛りの学生や、体を動かす仕事をしている方なども、しっかりエネルギーチャージでき満足できるサイズです。 ただし、保温弁当箱自体も大きくなるため、鞄とは別で持ち運ぶ必要も出てきます。電車移動など、弁当箱でかさ張りたくない方は、鞄に入れられるかどうかも考えて選びましょう。

PR
ランタス ステンレス保温ランチボックス HLB-B1050CS

商品情報

サイズ:14.7×12.1×22.3cm
容量:ご飯:420ml・おかず380ml・スープ250ml

1050mlの大容量タイプの保温弁当箱。ご飯・おかず・スープがたっぷり入ります。本体の保温容器外側には、箸をセットできる仕様のため、お弁当一式をスッキリまとめて持ち運べるのもメリットです。

保温・保冷機能で選ぶ

お弁当の温かさをしっかりキープしたい方は、保温力の高さもチェックして選びましょう。弁当箱によって、保温可能時間や保てる温度が異なります。保冷機能つきだと、暑い時期や冷たいメニューにも使えて役立ちますよ。

温かさをしっかりキープしたいなら「保温力」の高いタイプがおすすめ

ランチタイムまでお弁当の温かさをしっかりキープしたい方は、保温力の高いものがおすすめ。商品表示には、保温効力〇度以上〇時間といったように保温性能が記載されているのでチェックしてみましょう。 例えば、保温効力55度以上(6時間)と書かれていれば、55度以上で6時間まで保温できることを意味します。保温性を重視するなら、より高い温度で保温できるものを選ぶのがポイントです。

PR
象印マホービン 保温弁当箱 シルバー SL-NC09-ST

商品情報

保温効力(6時間):65℃以上
容量:飯器/0.31L おかず容器/0.33L スープ容器/0.2L
サイズ(幅×奥行×高さ):ポーチに入れた場合24×12×36㎝

保温効力が高く、65度以上で6時間の保温が可能。容器は抗菌効果の高い銀イオンを採用しているため、高い保温力に加え、衛生面でも安心して使用できます。

「保冷」タイプならフルーツや冷たい麺など夏にも活躍!

冷たい麺やゼリー・フルーツなどのデザート類を入れたい方は、保冷機能のあるタイプがおすすめです。冷たさをキープしてくれるため、暑い夏にも活躍します。

PR
スケーター 保冷 保温 丼ぶり シルバー STLBD6-A

商品情報

サイズ:本体=直径11.5×高さ11.5cm(中容器=深さ4.8cm)
容量:550ml(本体=320ml 中容器=230ml)

深さがある丼タイプなので、冷たい麺類も入れやすい保温・保冷対応の弁当箱。蓋はカチッとしっかり閉められるタイプなので、汁漏れしにくいのも嬉しいですね。ステンレス製でスタイリッシュなデザインもポイントです。

保温弁当箱の便利な機能にも注目して選ぼう

保温弁当箱は、保温性の他にも便利な機能のあるものが多数あります。ここからは、保温弁当箱の便利な機能について紹介するので、ぜひ注目して選んでみてください。

食洗機を使うなら、食洗機対応タイプを選ぶ

食洗機がある方は、食洗機対応の保温弁当箱を選ぶのがおすすめ。蓋や容器・パッキンなど、お弁当箱は洗う量が多く細かいパーツもあるため、食洗機対応のものだと洗いものがぐっと楽になります。

PR
アスベル ランタスカフェ丼 保温・保冷ランチジャー アイボリー HLB-CD620 A3248

商品情報

サイズ:13.8×14.5×11cm
商品重量:444g
容量:ごはん310ml・おかず310ml

カフェ風のデザインがおしゃれでかわいい保温弁当箱。保温ケースと蓋以外は食洗機で洗えます。

お弁当を温めなおしたい方は「レンジ対応」タイプがおすすめ

レンジ対応のものなら、ご飯やおかずの温め直しができます。レンジが使える場所でお弁当を食べる方は、レンジ対応の有無もチェックしておくとよいでしょう。 また、蓋は外す・おかず容器のみレンジ可、などレンジ対応可能範囲も記載されています。安全に使用するためにも、しっかり確認して使用しましょう。

PR
DOITOOL 保温ランチジャー スープジャー ホワイト

商品情報

容量:380ml
パターン:無地
商品重量:198グラム

電子レンジ対応で、一人分にちょうど良いサイズのスープジャー。レンジ加熱後や、熱い食べものを入れても容器が熱くなりにくい、断熱性に優れた構造です。シンプルで落ちついた色合いのデザインなので、贈りものにもおすすめ。

ご飯が炊けるタイプなら炊き立てご飯が食べられる!

保温弁当箱には、ご飯が炊けるタイプもあります。炊き立てのご飯を食べたい方や、食べる分だけ炊きたい方におすすめです。 炊飯器でご飯を炊いてお弁当箱に移す手間がなく、炊飯器に余ったご飯を保存容器に移したり、炊飯ジャーを洗ったりする必要が無いのもメリット。一人暮らしで、必要な分だけお米を炊きたい場合も便利です。 レンジを使用するタイプ・電源につなぐタイプなどがあるので、使いやすいものを選びましょう。

PR
サーモス ごはんが炊ける弁当箱 ブラック JBS-360

商品情報

容量:0.36L (茶碗1.6杯分/約0.7合)
サイズ(約):電子レンジ使用時/幅16×奥行13×高さ14.5cm、持ち運び時/幅10×奥行9.5×高さ12cm

レンジでご飯が炊ける保温弁当箱。白米は浸水せずに調理可能です。レンジ加熱8分+保温30分で炊き立てご飯ができあがるので、レンジ加熱後に職場に持っていけば、ランチタイムには温かいご飯が食べられます。

保温弁当箱でランチタイムを楽しもう!

保温弁当箱は、タイプや容量などさまざまなものがあります。食べたいメニューや量・持ち運びしやすさ・保温力などに注目して選びましょう。 食洗機・レンジ対応、ご飯が炊けるなど、便利な機能があるものなら、さらに使い勝手がよくなります。自分にピッタリの保温弁当箱を選んで、ランチタイムを楽しんでくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー