目次
【気になる疑問を解決】楽天のSIMとは?2つのSIMについて徹底解説

【気になる疑問を解決】楽天のSIMとは?2つのSIMについて徹底解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天SIMには、カードタイプやeSIMタイプがあるほか、2つの電話回線を1台で使えるデュアルSIMなどの種類もあります。そのため、SIMカードはお手持ちのスマホに合わせて選びましょう。

また、ホームルーターとSIMカードをセットで契約することで、割引が適用されることもあります。この記事では、楽天モバイルのSIMについて解説します。

SIMとはスマホに必要なICカードのこと

スマホやタブレットを使用して通話やデータ通信を行う際には、そのデバイスの電話番号などの情報が記録されたICカードが必要ですよね。これらの情報を記録したものは、SIMカードと呼ばれています。これは日本国内のスマホやタブレットだけでなく、海外製のデバイスでも使われており、iPhoneでもAndroid OSのスマホでも規格は同じです。

楽天モバイルも例外ではなく、楽天モバイルを契約する際にはこのSIMカードが必要不可欠です。

楽天SIMなら2タイプから選べる

楽天モバイルを使用する際にもSIMカードが必要です。楽天モバイルでは2種類のSIMが提供されています。

物理的なSIMカード

1つ目は、物理的なSIMカードです。スマホやタブレットの情報が記録されており、デバイスに直接差し込んで使います。このカードは頻繁に出したり入れたりするものではなく、基本的にはそのデバイスを使い続けている間は入れっぱなしにします。

このタイプを申し込んだ場合、必要な情報を入力したSIMカードを対象となるデバイスに差し込んで、楽天モバイルのサービスを開始します。

eSIM

2つ目は、eSIMと呼ばれるタイプで、スマホやタブレットにICチップが内蔵されている本体一体型のSIMです。ユーザーがICチップを自由に出し入れすることはできません。アプリやQRコードを使うのが特徴で、物理的なカードはありません。楽天モバイルをeSIMで契約する際は、主にWEBでの手続きを行います。

この2つのタイプのSIMは、それぞれメリットとデメリットがあります。そのため、使いたいスマホやタブレットの機種やライフスタイルなどに合わせて、利便性が高い方を選ぶことをおすすめします。それでは、それぞれどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

こちらもチェック!
楽天モバイルでeSIMを使う方法とは?メリットや注意点も解説します

楽天モバイルは、楽天グループが提供している格安SIMサービスですが、楽天モバイルユーザーのなかには、これまでのSIMカードからeSIMへと切り替える方もいます。この記事では、楽天モバイルやeSIMの基本的な知識に加え、楽天モバイルでeSIMを使うための方法、メリット・デメリットをわかりやすく解説します。

物理的なSIMカードのメリットとデメリット

まず、物理的なSIMカードのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

このタイプのメリットは、機種変更がしやすいという点です。スマホの電話番号やIDが記録されているのは、スマホ機種ではなくSIMカードです。そのため、SIMカードを差し替えれば、スムーズにスマホやタブレットの機種変更ができます。「今日はこのスマホ、明日は別のスマホを使いたい」という時でも、カードタイプを選べば電話番号を変えることなく、自由に複数のスマホを楽しめるのもポイントです。

物理SIMのデメリットとしては、楽天モバイルのサービスを開通する際に、楽天SIMカードを発送してもらわなければいけないという点ですね。楽天モバイルショップへ足を運べば、その場でカードを受け取ってサービスを使い始められます。しかし、WEBで申し込んだ場合は、郵送でのカード受け取りとなるので、最短でも数日間は待たなければいけません。楽天モバイルを今すぐに使いたいけれど、近くに店舗がないという場合には、少し不便を感じるかもしれませんね。

また、海外旅行などでSIMカードを出し入れする機会が多い人にとっては、紛失や破損のリスクがある点もデメリットと言えます。カードはとても小さく、わずかな傷がつくだけでも使えなくなることもあります。取り扱いには細心の注意が必要ですね。

eSIMのどんなメリットとデメリット

それでは、eSIMにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

1つ目のメリットは、楽天モバイルを申し込み後すぐに使える点です。特にWEBで申し込む場合には、カードが郵送されてくるのを待つ必要がなく、申し込んだら最短3分で回線が開通します。

2つ目のメリットは、カードを出し入れする作業が不要という点です。物理的なカードが不要なので、SIM自体が紛失・破損するリスクもありません。

eSIMには、デメリットもあります。それは、対応機種が限られているという点ですね。eSIMは比較的新しいタイプのSMIであるため、古いスマホ・タブレットの機種には対応していません。そのため、利用したい方はeSIMに対応している機種を選ぶ必要がありますね。

楽天モバイルのSIMタイプを選ぶ際は、お手持ちのスマホの機種に対応しているかを確認することが大切です。楽天モバイルへ乗り換える際には、手持ちのスマホ機種がSIMカードとeSIMのどちらに対応しているかをチェックしてくださいね。

デュアルSIMとは

また、楽天モバイルのSIMには、デュアルSIMという画期的なタイプもあります。デュアルSIMは、1台のスマホの中に楽天モバイルと別キャリアのと2つのSIMを搭載できます。対応しているスマホの機種が限定されているものの、対応機種であれば、スマホ1台で楽天モバイルの回線と、別業者の回線の両方が使えます。それぞれ異なる電話番号が割り当てられるので、スマホ1台で2つの違う電話番号を区別しながら使えます。

デュアルタイプのSIMは、プライベートと仕事で使う電話番号を区別したい人におすすめです。デュアルタイプでなければ、スマホを2台持たなくてはいけませんよね。しかしデュアルタイプなら、スマホ1台で電話番号2つに対応できるので、とても便利です。

デュアルSIMの特徴

ちなみに、デュアルSIMには便利な特徴がいくつかあります。

1つ目の特徴は、必ずしも2つの電話番号を持つ必要はないという点です。楽天モバイルの電話番号をデフォルトにしておけば、2つ目の電話番号は必要な時に別のスマホキャリアで契約すれば良いですし、必要な時に差し込んで使えますよね。

2つ目の特徴は、海外SIMにも対応しているという点です。海外出張や海外旅行によく出かける人なら、海外SIMを入れっぱなしにしておけば現地の空港に到着した時からスムーズにスマホが使えますね。しかも楽天モバイルなら、追加の設定をすることなく、海外での高速データ通信が毎月一定量まで無料で使えます。

ちなみに、スマホを楽天モバイルへ乗り換える際には、ホームルーターもセットで申し込むと楽天ポイントが20,000ポイント還元されます。ホームルーターを自宅に設置すれば、Wi-Fi経由でスマホを使えるのでデータ通信料を節約できますよね。すでに自宅に別の業者のホームルーターが設置されている人は、モバイルとホームルーターをセットで申し込むことを検討してみましょう。

申込みからサービス開通までの流れは?

楽天モバイルの新規申込み方法は、いたって簡単です。カードタイプとeSIMでは、申し込み~サービス開通までの流れは多少異なりますが、どちらも難しくはありませんので安心してくださいね。

最初に、楽天モバイルへ乗り換えを検討する際は、お手持ちのスマホ機種にSIMロックがかかっていないかチェックしましょう。2021年10月以降に購入した機種であれば通常SIMロックはかかっていないため、そのまま楽天SIMへの乗り換えが可能です。しかしそれ以前の機種の場合には、現在使っている携帯キャリアでSIMロック解除の手続きが必要です。

確認が済んだら、楽天モバイルにSIMのサービスを申し込みましょう。オンライン・店頭、どちらでも申し込みが可能です。

なお、eSIMを選ぶとオンラインで申し込んでから数分で回線が開通します。とっても早いので、急いでいる方はeSIMが便利ですね。カードタイプの場合には申込みから数日で自宅にSIMカードが送られてきます。SIMカードを自身のスマホに挿入しましょう。

ただし、スマホの中にはそれまで使っていたSIMカードが入っているので、新しいSIMカードに差し替えましょう。

最後に、スマホ内で楽天モバイルのSIMの初期設定を行います。設定方法は、スマホの機種ごとに異なるため、注意してくださいね。もしも初期設定の方法が分からなければ、楽天モバイルの店舗に持ち込めば、使える状態までサポートしてもらえるので安心です。

乗り換えるなら楽天SIMがおすすめ

スマホのキャリアを楽天モバイルがおすすめです。 SIMカードやeSIMだけでなく、2つの電話番号を1台のスマホで使い分けられるデュアルSIMの選択肢も用意されています。さらに、ホームルーターとセットで利用すれば、より賢くスマホやタブレットを利用できます。

こちらもチェック!
楽天モバイルのデータSIMとは?「Rakuten最強プラン」のメリット・デメリットをご紹介

楽天モバイルのデータSIMは通話機能を除いたデータ通信専用のプランで、利用するデータ容量に応じた料金体系が特徴です。多くの端末に対応していて、最低利用期間や違約金がないため、解約が柔軟に行え、利用方法に応じて選べるプランです。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天モバイル,楽天ひかりで通信費を節約!のカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー