この記事で紹介されている商品
陶器製ティーポットのおすすめ8選!日本製のかわいいポットもご紹介

陶器製ティーポットのおすすめ8選!日本製のかわいいポットもご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

保温性に優れ、お茶を淹れるのにぴったりな「陶器製ティーポット」。さまざまなブランドから販売されており、形状や容量によっても種類が豊富です。そこで今回は、陶器製ティーポットの選び方について解説します。日本製のものやかわいいデザインのものなどおすすめ商品もご紹介するので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

陶器製ティーポットの魅力

陶器製のティーポットには保温性が高いという特徴があります。飲み物が冷めにくいため、ゆっくりとティータイムを楽しめるのが魅力です。陶器ならではのあたたかみがあり、カラーやデザインのバリエーションが豊富なので自分の好みにあわせて選べますよ。また、電子レンジや食洗機に対応している商品も多く、気軽に普段使いできるのもうれしいポイントです。

陶器製ティーポット選びのポイント

陶器製のティーポットは種類が豊富なので、どれを選べばよいか迷いますよね。選ぶ際は、次の4つのポイントをチェックしましょう。

  • 形状
  • 容量
  • 注ぎ口やフタのつくり
  • 電子レンジ・食洗機対応

それぞれ詳しく解説します。

1.形状

陶器製のティーポットには、主に丸型と横長型・縦長型の2種類があります。それぞれの特徴についてチェックしましょう。

丸型

陶器製ティーポットの形状で主流なのが丸型です。丸型はティーポットの中で対流が起こりやすいため、お湯を注いだ際に茶葉がジャンピングしてうまみを十分に引き出せます。お茶の味わいを重視する方には丸型がおすすめです。

また、サイズやデザインのバリエーションも豊富なので、インテリアや自分の好みにあわせて選びやすいのもうれしいですね。

横長型・縦長型

スタイリッシュなデザインのティーポットを選びたいなら、横長型や縦長型はいかがでしょうか。先ほどジャンピングについて少し触れましたが、横長や縦長のティーポットでもジャンピングしやすく作られているものはありますよ。

丸型のものより安定感があり、ティーポットを洗って逆さまに置いた際にも倒れにくい点もポイントです。ぜひチェックしてみてくださいね。

2.容量

ティーポットの容量は、紅茶を飲む人数や用途にあわせて選びましょう。1〜2人分の紅茶を淹れたいなら、500mlまでのサイズがおすすめです。コンパクトなサイズでスペースをとらずに収納できますよ。

家族や友人とのティータイムで使うなら、600〜1,000mlの大容量サイズがぴったりです。

3.注ぎ口やフタのつくり

ティーポットの水切れが悪いと、お茶を注いだ際に注ぎ口から水が垂れてソーサーやテーブルが濡れてしまう場合があります。水切れがよいかどうか、注ぎ口の形状をチェックしましょう。

また、フタにすき間があると注ぐ際に紅茶がこぼれたり、うまく蒸らせないことも。フタがポットにしっかりはまるかどうかも重要なポイントです。

4.電子レンジ・食洗機対応

陶器製ティーポットのなかには、電子レンジや食洗機に対応しているものもあります。電子レンジ対応なら冷めた紅茶の温め直しができ、ゆっくり楽しめるのが魅力です。

食洗機対応の商品は他の食器とまとめて洗えるので、お手入れにかかる手間を減らせますよ。普段使いしやすいティーポットを探しているなら、電子レンジや食洗機に対応した商品がおすすめです。

おいしい紅茶を淹れるコツ

ここからは、陶器製ティーポットでおいしい紅茶を淹れるコツを4つご紹介します。基本的な紅茶の淹れ方をマスターすれば、いつでもおいしい紅茶が楽しめますよ。初めて紅茶を淹れる方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

汲みたての水を使う

おいしい紅茶を淹れたいなら、汲みたての新鮮な水を使うのがポイントです。汲みたての水は空気を含んでおり、紅茶のおいしさをしっかりと引き出せます。

やかんに残っているお湯を再利用したい場合は、空気を含ませるためにコップ1杯程度の新しい水を加えて沸かし直すようにするとおいしく淹れられますよ。

お湯は沸騰させる

紅茶を淹れる際は、お湯をしっかりと沸騰させましょう。5円玉程度の泡がボコボコと出ている状態が目安です。ぐらぐらに沸騰させた熱湯を注ぐことで、ティーポットの中で対流が起こりやすく茶葉がジャンピングして味わいやうまみを引き出せます。

また、熱湯をティーポットに注ぐ際、茶葉が動きやすいように勢いよく注ぐのもポイントです。

ティーポットとカップを温めておく

ティーポットとカップはあらかじめお湯を注いで温めておきましょう。紅茶はしっかり沸いた熱湯を使用することが大切ですが、冷たいポットやカップにお湯を注ぐとお湯の温度が下がってしまいます

一方で、カップは温めすぎると紅茶が熱すぎて飲めない場合があるので、熱々の飲み物が苦手な方は温めすぎないようにしてくださいね。

ティーコジーで保温しながら蒸す

ティーポットにお湯を注いだら、しっかりと蒸らして味を引き出すのがポイントです。お湯の温度が下がると風味が落ちてしまうため、ティーコジーと呼ばれるティーポットにかぶせる保温カバーを使用して保温しながら蒸らすのがおすすめですよ。

細かい茶葉は2〜3分程度、大きい茶葉なら3〜4分程度蒸らすようにしましょう。

茶こしのタイプ・使い方をチェック

ティーポットは、茶こしのタイプによって大きく3種類に分けられます。1つ目は、茶こしがティーポットの注ぎ口に付いているタイプ。ポットの中で茶葉がジャンピングしやすく、茶こしを準備する必要がなくそのままカップに注げて便利です。ただし、茶葉の大きさによっては茶こしに詰まってしまい、お手入れに手間がかかるのは難点といえるでしょう。

2つ目はティーポットにカゴ状の茶こしが付属しているタイプです。茶葉を入れてお湯を注ぐだけで淹れられ、茶葉が広がらないため簡単にお手入れできます。しかし、茶葉が広がらないと紅茶の成分が抽出されにくいので、おいしい紅茶を楽しみたい方には向いていません。

3つ目は茶こしが付属していないタイプです。別途でハンディータイプの茶こしを用意する必要がありますが、ポット内で茶葉が動いてうまみを引き出せるので、紅茶の味わいにこだわりたい方におすすめです。

光陽陶器 エターナルしのぎポット

ideaco ティーポット

ZEROJAPAN ユニバーサルティーポット3人用

一久 美濃焼 ローレル ティーポット

カンネギーサー ティーポット

西海陶器 波佐見焼 急須

ギギliving キャメルティーポット

デコレ kokopele レトロティーポット

最安値
タイムセール
¥3,633-8%
参考価格¥3,960
タイムセール
¥3,000-9%
参考価格¥3,300

-

-

タイムセール
¥2,125-12%
参考価格¥2,420
Amazonカスタマーレビュー
3.01
4.0153
4.217
5.01
-
3.932
-
3.732
購入リンク

おすすめの陶器製ティーポット8選

ここからは、陶器製ティーポットのおすすめ商品を8つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

PR
光陽陶器 エターナルしのぎポット
3.0

Amazonカスタマーレビュー(1件)

商品情報

サイズ:約16×h10cm
容量:約380cc
材質:磁器

シンプルなけずり模様が施されており、ナチュラルからモダンまでさまざまなテイストのインテリアになじみます。土ものならではの温かみを感じられ、商品によって異なる色味や質感が魅力です。電子レンジに対応しているので温め直しが気軽にでき、容量は380mlで一人暮らしにもぴったりですよ。食洗機対応でお手入れも簡単です。

PR
ideaco ティーポット
4.0

Amazonカスタマーレビュー(153件)

商品情報

サイズ:幅14×奥行10.5×高さ11cm
重量:550g
容量:450ml
素材・材質:陶器(本体)、バンブーメラミン(フタ)、ステンレス(ストレーナー)

十字のつまみが特徴的なこちらのティーポットもおすすめです。ストレーナーが大きく設計されており、茶葉がジャンピングしやすくうまみをしっかりと引き出してくれます。口が広いため手を入れて洗いやすく、食洗機にも対応しているのでお手入れの手間を省けますよ。洗ったあと水切りのために逆さに向けておいても安定感があり、水平状態をキープしてしっかりと乾かせるでしょう。本体カラーはホワイト・グレー・ブラウンの3色から選べますよ。

PR
ZEROJAPAN ユニバーサルティーポット3人用
4.2

Amazonカスタマーレビュー(17件)

商品情報

容量:450cc
サイズ:150 x 100 x 100h
重さ:420g

ころんとしたラウンドフォルムで手になじみやすい、3人用のティーポットです。ステンレス製のフタは取り外せるので洗いやすく、ドリッパーをセットすればサーバーとしても使えます。口の径がドリッパーに合うように設計されており、ポットにドリップしてもこぼれにくいですよ。フタだけでなく茶こしも取り外して丸洗いできます。豊富なカラーバリエーションで好みのカラーがきっと見つかるでしょう。

PR
一久 美濃焼 ローレル ティーポット
5.0

Amazonカスタマーレビュー(1件)

商品情報

商品サイズ:約10.7×12.3cm
商品重量:0.4kg
容量:約450ml
素材:陶器

ローレルの模様が描かれた北欧テイストのデザインが魅力のティーポットです。インテリアアイテムとして飾っておくだけでもおしゃれで、つるつるとした手触りで手になじみやすいですよ。フタと茶こしは取り外せるのでお手入れも簡単にできます。容量は450mLで、普段からお茶をよく飲む方にもぴったりです。

PR
カンネギーサー ティーポット

商品情報

サイズ:19x12.5xh13.5cm
容量:0.75L
素材:陶器

ドイツとポーランドの国境近くにあるオーバーラウジッツ地方でつくられてきた、伝統的なブンツラウアー様式の陶器製ティーポット。スポンジで作られた型でモチーフを一つひとつスタンプして作られており、手作りならではの温かみを感じられますね。電子レンジとオーブンに対応しているため幅広い用途で使えて重宝しますよ。食洗機も使えるのでお手入れも簡単にできます。

PR
西海陶器 波佐見焼 急須
3.9

Amazonカスタマーレビュー(32件)

商品情報

材質 陶器
色 ナイトガーデン
ブランド 西海陶器(Saikaitoki)
容量 350 ml
蓋付き はい

約210gと軽量で、飲み物をたっぷり入れても片手で扱いやすいのが特徴です。従来品とは異なる茶こしを使用しており、茶葉がゆったりと開いて旨みを十分に引き出せます。さらに、網の目が細かいためしっかり漉せるのはもちろん、目詰まりしにくいためお手入れがしやすいのもうれしいですね。

PR
ギギliving キャメルティーポット

商品情報

サイズ(cm):幅21×高さ12.5
容量:650cc
材質:陶器
重量:480g

アラジンのランプのような丸いフォルムがかわいらしく、手にもなじみやすい有田焼のティーポットです。フタのしのぎデザインがおしゃれで、温かみのあるキャメルはさまざまなインテリアにマッチしますよ。容量も650mlとたっぷり入るので、家族や友人とのティータイムにもぴったりです。食洗機に対応しており、お手入れも簡単にできます。

PR
デコレ kokopele レトロティーポット
3.7

Amazonカスタマーレビュー(32件)

商品情報

サイズ:約φ100×176×h150
重さ:480g

花輪のようにぐるりと花柄が描かれており、どこかレトロな雰囲気のあるデザインがおしゃれなティーポットです。下部にはレリーフがあしらわれており、フタや持ち手のブラウンがよいアクセントになっています。別売りの同じデザインのティーカップを揃えると統一感が生まれ、おしゃれなティータイムを楽しめますよ。

陶器製ティーポットでティータイムを楽しもう

陶器製ティーポットのおすすめ商品と選び方をご紹介しました。陶器製ティーポットは見た目がおしゃれなだけでなく、機能的なので普段使いにもぴったりです。ぜひこの記事を参考にして、お気に入りの1点を見つけてみてくださいね。

こちらもチェック!
卓上保温ポットおすすめ10選!おしゃれ・洗いやすいタイプなど選び方とあわせてご紹介

お湯やお茶などの温度を長時間キープできる「保温ポット」。卓上に置いておけば、飲みたいときに手軽にホットドリンクや冷たい飲み物を飲むことができます。今回はそんな保温ポットの選び方についてご紹介します。素材や容量別に解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

こちらもチェック!
おしゃれな保温ポットのおすすめ10選!北欧デザインや1リットルタイプなど人気のアイテムをご紹介

飲み物の温度を長時間キープしてくれる「保温ポット」。保温性に優れた魔法瓶タイプや花柄の可愛いデザインのものなど種類も豊富です。今回は保温ポットのおすすめの選び方について解説します。卓上に置くだけで華やかになるおしゃれなデザインについてもご紹介するのでぜひチェックしてみてくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー