この記事で紹介されている商品

おすすめのセミダブルベッド9選!1人暮らしにも便利な折りたたみ式、収納タイプも

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

寝返りをしても広々と眠れる「セミダブルベッド」。ポケットコイル式、跳ね上げ式、折りたたみ式のタイプなどたくさん種類があるので迷いますよね。そこで今回は、セミダブルベッドの選び方とポイントを解説します。1人暮らしの方にもおすすめしたいリーズナブルなものから収納付きのものまでご紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

セミダブルのベッドの選び方

ベッドの種類は豊富にあります。どのような部屋に置くのか、どんな機能を求めるのかによって選ぶベッドが変わってきます。

セミダブルベッドはシングルベッドより大きめなので、住居や設置する部屋の広さ、ベッドを置く位置をあらかじめ決めておきましょう。その上でどのようなベッドがよいのか、選び方のポイントを種類別に解説しましょう。

1.好みの種類・タイプで選ぶ

ベッドといえば据え置きタイプをイメージしますが、据え置きタイプのほかにも多機能なベッドが増えてきました。

設置する部屋の事情や、部屋の使い勝手に応じて選ぶベッドの種類を選択してみましょう。

部屋が広く見える「ローベッド」

床からの高さが低いベッドで、ベッドマットの高さにプラス数センチほどの高さしかなくフロアベッドとも呼ばれています。窓やカーテン、週のスペースなどに干渉しないので置く場所を選ばないほか、部屋の景観を損なわず、部屋が広く見えるのが特徴です。

ローベッドは、マットを置くフレームをそのまま床置きするタイプと、短い脚がついたあります。

脚つきのものは床の掃除ができるほか、床に置くローベッドよりも若干高さがあるので起き上がりやすいでしょう。床に置くローベッドは布団感覚でリラックスできますね。

多機能な「システムベッド・ロフトベッド」

見た目は2段ベッドですが、ベッド部分は上の段のみで下はソファやデスクを置くスペースになり部屋を有効利用できるベッドです。上の段へはサイドに階段がついていたり、はしごが設置されていたりと二つの種類があります。

ベッドを設置する部屋が狭い場合や、部屋を広く使いたい場合にはぴったりですね。また、見た目もおしゃれなので、スタイリッシュなお部屋を演出できるでしょう。

システムベッドやロフトベッドには、木製やステンレス、金属製と様々な素材感のデザインがあるので、作りたい部屋の雰囲気や好みのタイプを選べるのも特徴です。

出し入れ収納しやすい「チェストベッド」

ベッドの下に引き出しや収納ケースが付いたベッドです。ベッドリネンやパジャマのほか、タオルや使わない季節の衣類を収納できるので大変便利。部屋に収納がない場合や、クローゼットの収納が小さい場合もよいですね。

チェストベッドにもロータイプやハイタイプがあり、収納力によってベッドの高さが変わります。たくさんの収納をしたい場合は高さのあるタイプになります。

また、収納部分がいくつかの引き出しに分かれているタイプと、ベッドと同じ大きさの引き出しが付いているタイプがあります。大きな引き出し収納になっている場合は、長いものや大きいものの収納にも便利ですね。

大容量の収納が魅力「跳ね上げ式ベッド」

ガス圧で動く蝶番でマットレスの下の部分が縦や横に開き、収納スペースになるベッドです。一面全てが収納になるので、深さや仕切りの有無によって長いものや大きいものはもちろんボリュームのあるものも収納できますよ。蓋のように開けれるため大容量なのが魅力です。

収納を考え、脚つきのタイプは少なくほとんどが床に据え置くタイプになります。

跳ね上げ式ベッドは収納はもちろん、耐荷重のあるタイプが多いので、掛け布団や敷布団、毛布などを干すことも可能です。

また、ベッドマットだけではなく通気性のよいすのこタイプや敷布団を敷くタイプもあり、生活スタイルやお好みで多様に選べます。

通気性のよい「すのこベッド」

ベッドのフレームやマットを置く部分がすのこになっているベッドです。マットを置いた際にすのこになっているので、通気性が良く蒸れず湿気が気になる方、湿気の多い部屋にお住まいの方へおすすめです。

すのこベッドにも様々な高さがあり、通常の高さのほか、床置きタイプのすのこベッドもあるので、ロータイプでありながら通気性を追求する方にもよいですね。

すのこは木材でできているので、敷布団やマットによってはきしむ音が気になる場合もあるでしょう。その際はクッション性の高いマットを使うことで、木材独特のきしみ音を防ぐことができますよ。

コンパクトになる「折りたたみベッド」

部屋が狭いためベッドを畳んで部屋を広く使ったり、使用後は折りたたんで押し入れにしまっておくことのできるのが折りたたみベッドです。

部屋の雰囲気から生活感を無くしたい人や、来客時にベッドを見られたくない人にも向いているでしょう。

折りたたみベッドには、マット無しのすのこ式・マット付き、ハイタイプ・ロータイプ、背もたれのリクライニング付き、取手付きなど様々な種類があります。

どのような機能が欲しいのか、折りたたみ式の特徴と欲しい機能を合わせて選べる多機能なベッドです。

2.コスパがよい・価格的に安いかで選ぶ

とりあえずベッドが必要、一人暮らしを始めるなど、なるべくコスパよくリーズナブルなベッドを探す方もいるでしょう。リーズナブルなセミダブルベッドは、マットの質やその他の機能については期待できないことがあるかもしれません。

コスパのよいベッドを選ぶ場合、収納は必ずほしい、コンセントが付いていてほしい、マットとフレームがセットであってほしいなどどんなことにポイントを置いて選ぶのかをよく考えておきましょう。

3.収納性・機能性で選ぶ

ベッドも多機能になり、より快適に使えるものが増えてきました。どんな機能が欲しいのか、あったらよいなと思うベッドの機能はどんなことなのか、購入する際は予算や欲しい機能性を十分考えた上で選びましょう。

収納スペースつき

物やケースが収納できるように、脚高になったフレームのベッドです。チェストベッドのように収納用の引き出しなどはありませんが、自分で収納ケースを入れたり、スーツケースなどを収納するのに便利です。

こちらは通気性のよいすのこを使い敷布団を敷くタイプや、パイプ式ベッド、ロフトベッドのロータイプで収納スペースがあるタイプもあります。

ベッドの下に収納するため、比較的大きなものを収納できるメリットがありますが、収納したものが見えてしまうというデメリットもあります。

小物を置ける宮棚つき

「宮棚」とは、ベッドの頭の部分に小さな棚のことで、スマートフォンや時計などを置くスペースになります。

ベッドに宮棚がないと、頭の周辺に時計やスマートフォンを置くことになったり、ベッドサイドテーブルを用意したりしなければなりません。宮棚があるとちょっとしたものを置けるので便利ですね。

宮棚は、頭部にあるタイプだけでなくサイド部分にあるタイプもあります。また、中には小物置き以外にも引き出し付きやライト付きなどの商品も展開されています。

電源コンセント・USBポートつき

スマートフォンをベッドまで持っていく方や、寝ながらパソコンやゲームをする方には、電源コンセントやUSBポートの付いたタイプがお勧めですよ。

宮棚が付いているタイプのベッドにコンセントやUSBポートが設置されている場合が多いかもしれません。

延長コードを使ってベッドまでコンセントを持ってこなくてもベッドですぐに充電ができるので便利ですね。

5.好みのデザインやメーカーで選ぶ

お部屋の雰囲気やデザイン、ベッドメーカーやベッドマットのメーカーで選ぶ方法もあります。

ソフトな雰囲気の木製やカントリー調のデザイン、ブラックやシルバーなどのパイプベッド、高級感のある据え置きタイプ、カジュアルな脚つきタイプなどのデザインがあります。

また、ベッドやマットのメーカーも家具メーカーから雑貨メーカー、ベッド専門メーカーと様々です。

6.マットレスも検討・セット購入しても

ベッドはフレームだけで販売していることも多くあります。その場合はフレームとマットレス、または敷布団を一緒に購入する必要があります。セットになっている場合もあるので、その場合は購入前にセット価格なのかを確認しましょう。

ところで、ベッドのマットレスにはどのような種類があるのでしょうか。コイルのあるタイプとコイルのないタイプがあるので詳しく解説します。

ポケットコイルなど「コイルマットレス」

「コイルマットレス」にはポケットコイルとボンネルコイルの2種類があります。

ポケットコイルとは、コイル状になったスプリングを一つずつ不織布で包み、全体に敷き詰めたマットレスのことをいいます。寝返りなどの振動が伝わりにくく、柔らかな寝心地です。

ボンネルコイルとは、マットレス全体のコイルスプリングを1つに連結させたマットレスのこと。硬めの寝心地で畳の上のように体をしっかりと支えるマットレスです。

マットの中にコイル状のスプリングが入っているマットが「コイルマットレス」です。

ウレタンなど「ノンコイルマットレス」

「ノンコイルマットレス」にはコイル状のスプリングは無く、体重のかかりやすい腰の部分が沈まないため、自然な体勢で眠れるマットです。

マットの中の素材はウレタン、ファイバー、ラテックスなどがあります。ウレタンの場合は低反発や高反発タイプがあり、体の沈み込みを選べます。

ファイバーは通気性と弾力性が高く、寝返りが打ちやすいのが特徴です。また、ラテックスはゴムのことで、弾力性があり体にフィットします。天然素材なので価格は高めですが環境にやさしい素材です。

おすすめのセミダブルベッド9選

ここからは、おすすめのセミダブルベッドをご紹介します。フレームだけのもの、マットレス付きのもの、収納のできるタイプなど、これまでご紹介したセミダブルベッドのタイプから選びたいタイプに注目し、参考にしてみてください。

PR
ネルコンシェルジュ neruco 木製ロフトベッド セミダブル

商品情報

●製品サイズ(cm) 幅約208×奥行約129×高さ約127(セミダブルサイズ)
●製品質量 約19kg
●耐荷重 150kg
●主要材質 天然木パイン材   
● 電源仕様 コンセント2口

おしゃれなカントリー調木製ロフトベッド。ベッドの高さが126センチとなっており、下の部分は収納に使えます。高すぎないので部屋に設置しても圧迫感がなく、上の部分に眠っても天井が近すぎません。

宮棚にはコンセントが2つ付いているのも便利。耐荷重は静止時で150キロと大人の使用にも十分です。階段部分の踏み板も十分な幅があり、上り下りにも安心感がありますね。

PR
タンスのゲン すのこベッド セミダブル 折りたたみ 天然桐

商品情報

●製品サイズ(cm) 幅約120×奥行約196×高さ約4(セミダブルサイズ)
●製品質量 約7kg
●耐荷重 180kg
●主要材質 天然桐/国産ヒノキ  

床置きタイプのすのこベッド。国産の天然桐で板は28枚使用し、湿気の防止と体への負担を軽減してくれます。低ホルムアルデヒド仕様で、床へのキズを防止するクッション材付き。

折りたたむことができるので、布団の乾燥や空気の入れ替え、掃除も楽にできますね。折りたたんだときに倒れないように固定できるマジックテープも付いています。

PR
アイリスオーヤマ フロアベッド

商品情報

商品サイズ(cm):幅約124×奥行約211×高さ約41
商品重量:約24.7kg
最大使用者体重:100kg
材質:フレーム/合成樹脂化粧パーティクルボード、すのこ/LVL(単板積層材)

床置きできるフロアベッドです。高機能ながらリーズナブルな価格で購入できますよ。ベッドボードはティッシュボックスが置ける幅広空間で、2口のコンセントも付いています。

ベッドの本体はすのこ式なので湿気を逃がし通気性に優れていますよ。マットは別売りですが、はめ込みタイプなのでマットがずれる煩わしさはありません。

カラーはナチュラル、ブラウン、ホワイトの3色から選べます。

PR
ベストバリュースタイル セミダブルベッド Serest

商品情報

●製品サイズ(cm) 幅約210×奥行約120×高さ約69(セミダブルサイズ)
●製品質量 約15kg
●耐荷重 200kg
●主要材質 合成樹脂化粧パーティクルボード   
● 電源仕様 コンセント2口(1500W)  

ベッドの下に収納引き出しが付いたタイプで引き出し部分の反対側は収納スペースとして使えます。

カラーはグレージュ・ストーングレー・ナチュラル・ブラウン・ブラック・ホワイト・ヴィンテージブラウンと豊富なラインナップから選べます。

宮棚には2口のコンセント付き。メラミン素材加工板は、紙張りの合板よりも傷が付きにくく水にも強い素材で、カウンター板などにも使われる高級感ある素材です。

PR
タンスのゲン すのこベッド 宮&2口コンセント付

商品情報



●製品サイズ(cm) 幅約207×奥行約120×高さ約71(セミダブルサイズ)
●製品質量 約26kg
●耐荷重 200kg
●主要材質 ヘッドボード:集成材(パイン) フレーム・脚:無垢材(パイン) すのこ:LVB 塗装:ラッカー塗装  
● 電源仕様 コンセント2口(1500W)  

 

すのこタイプで通気性のよいベッドフレーム。高耐久のLVBすのこの使用で耐荷重は200kgです。脚を取り外してフロアベッドとしても使用可能。脚を付けての使用では、ベッドの下に収納スペースが生まれます。

宮棚にはコンセントが2口あり、ほこりが入り込まないようスライド式のフタが付いています。寝具はホコリが出やすいので故障の原因にもなりがちですがフタが付いているのは便利ですね。

天然木のパイン材でカラーはブラウンとナチュラルの2色から選べます。

PR
アイリスプラザ 収納ベッド セミダブル

商品情報

●製品サイズ(cm) 幅約209.2×奥行約120×高さ約69(セミダブルサイズ)
●製品質量 約68.8kg
●耐荷重 120kg
●主要材質 合成樹脂化粧パーティクルボード
● 電源仕様 コンセント2口(1500W)      

下に引き出し式の収納があり、ベッドの半分までの引き出しにたっぷりと収納が可能です。引き出しは左右どちらにも取り付けできます。引き出しのない方のスペースもベッド下収納として活用できます。カラーは3色展開。宮棚にはコンセントが2口あるので、スマートフォンの充電やベッドサイドライトをつけたいときに便利ですよ。

PR
エムール 折りたたみベッド セミダブル メホール

商品情報

●製品サイズ(cm) 幅約115×奥行約190×高さ約28(セミダブルサイズ)
●製品質量 約35.5kg
●耐荷重 500kg
●主要材質 ポリエステル・合金鋼
     

折りたたみ式のベッドで、到着後は組み立て不要ですぐに使用できます。耐荷重は500キロとしっかりとした構造で、ゆっくりと休めます。

マットレスがついているのでそのまま眠ってもOK。グレーの膨れニット生地が心地よくシンプルなデザインはどんなお部屋にもマッチします。

5段階のリクライニング機能がついているので、睡眠時だけではなく読書やテレビ鑑賞など様々なシーンでリラックスできるでしょう。

PR
ビックスリー セミダブルベッド ポケットコイルマットレス付

商品情報

●製品サイズ(cm)幅約121×奥行約211×高さ約96(セミダブルサイズ)
●耐荷重 120kg
●主要材質 本体:メラミン化粧板     床材:LVL・MDF
● 電源仕様 コンセント2口(1500W)        

コイルマットレスと機能的な収納ができるフレームがセットになったベッドです。通気性のよい全面メッシュのマットレスは、高さ16センチ・589個のコイルが全身を点で支えます。

左右付け替え可能な2杯の引き出しと、ヘッド部分の宮棚には2口のコンセントがあり、フレームも高機能。

カラーはホワイトとブラックの2色展開。どちらもお部屋をスタイリッシュな雰囲気にしてくれます。

PR
アイリスプラザ すのこベッド セミダブル マットレスセット

商品情報

●製品サイズ(cm)幅約121×奥行約208×高さ約59(セミダブルサイズ)
●製品質量 約30kg
●耐荷重 180kg
●主要材質 フレーム:タモ人工突板/コイルスプリング(線径2.10mm) 詰物:ウレタンフォーム・樹脂綿・フェルト/外装生地組成:ポリエステル100%/コイル数:13行×32列=416個  

通気性のよい、すのこベッドとボンネルコイルマットレスのセットです。ボンネルコイルマットレスは、コイル416個使用。ウレタンフォーム・樹脂綿・フェルトでコートしています。高密度で硬めのマットレスが体をしっかりと支えます。

ベッドフレームは、ハイ・ミドル・ローと脚の付け方によって高さが3段階に調整でき、USBコンセントと宮棚付きの高機能。ハイタイプに設置すればベッド下は収納スペースが生まれます。

ライフスタイルに合ったベッドを見つけよう

セミダブルサイズで機能的なベッドを10選と、フレームやマットの種類や選び方についてご紹介しました。

自分のライフスタイルや部屋の雰囲気、お好みの収納方法などに合ったベッドを見つけて、快適な睡眠時間を確保してみてくださいね。

こちらもチェック!
すのこベッドのおすすめ9選!安いだけじゃないメリット、選び方も解説

通気性に優れていて、布団のカビ防止にもなる「すのこベッド」。折りたたみタイプや収納付き・宮棚付きといった機能的に使えるものもあります。今回は、シングル・セミダブル・ダブルなど定番サイズの人気すのこベッド10選をご紹介!マットレス付きやおしゃれなデザインのベッドもまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー