この記事で紹介されている商品
高反発マットレスのおすすめ10選!収納しやすい三つ折り式やコスパの良いアイテム

高反発マットレスのおすすめ10選!収納しやすい三つ折り式やコスパの良いアイテム

睡眠中の身体をしっかり支えて、スムーズな寝返りをサポートする「高反発マットレス」。安いものから高価格なものまで、さまざまな製品が販売されていますよ。本記事では、素材や硬さといった高反発マットレスの選び方のポイントを徹底解説!コスパの高い製品をセレクトした、おすすめの商品も後半でご紹介します。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

高反発・低反発マットレスの違いは?

寝具のマットレスには、今回ご紹介する高反発タイプのほかに低反発タイプがあります。まずは、両タイプの違いやメリットやデメリット、向き・不向きについて解説します。

高反発マットレスのメリット・デメリット

高反発マットレスの一番の特徴は、押してもすぐ元に戻る弾力性です。そのため、体重が重い方でも身体が沈み込みすぎず、理想的な寝姿勢を保ちやすいですよ。跳ね返す力が強いため、反発力を利用して寝返りがスムーズにできるのも魅力です。

ただし、沈み込みが少ない分、横向き寝の際は肩に圧迫感を感じたり、体勢が不安定になったりすることも。高反発マットレスが向いているのは、仰向きで寝ることの多い方、体格でいえば平均~大柄な方です。

低反発マットレスのメリット・デメリット

低反発マットレスは、押すとゆっくり戻る特性を持っています。横になると身体の重みで沈み込み、包み込まれるような寝心地を体感できるのが魅力。体圧が分散されるため、腰や背中に負担がかかりにくいのもメリットです。接地面の少ない横向き寝でも、肩の圧迫感が少なく安定感がありますよ。

ただし、寝返りのしやすさは高反発マットレスには敵いません。また、体重が重いと腰が沈み込みすぎてしまい、「くの字」のような寝姿勢になってしまう可能性も。低反発マットレスが向いているのは、横向き寝が多い方と平均的~やせ型の方です。

高反発マットレスの選び方

どんなに高価なマットレスでも、自分に合っていなければ快適な寝心地は得られません。大切なのは、自分の体形や好みに合う素材や構造の製品を選ぶこと。毎日使うものなので、収納やお手入れやのしやすさも重要です。ここからは、高反発マットレスの選び方のポイントを解説します。

1.自分の体重に合った硬さで選ぶ

自分の体重に対して柔らかすぎるマットレスに寝ると、身体が必要以上に沈み込んで正しい寝姿勢を保てません。逆に硬すぎるマットレスを使うと、身体とマットレスの間に不要な隙間ができて、身体に負担がかかることも。体重に合う硬さを知ることが、高反発マットレス選びの第一歩です。

高反発マットレスはウレタン素材がよく使われ、ウレタン製品の多くが硬さを表すニュートンの数値を表示しています。体重別におすすめの硬さをまとめたので、参考にしてくださいね。

体重おすすめの硬さ(下に行くほど硬め)硬さの区分
50kg以下 100~150N110N未満:ふつう/110N以上:かため
50~80kg150~180Nかため
80~100kg180~200Nかため
100kg以上200N以上かため

2.素材で選ぶ

高反発マットレスは、使っている素材によって寝心地や価格が異なります。素材別の特徴を解説するので、購入予算や好みに合わせて選びましょう。

ウレタンの特徴

ウレタンは、高反発マットレスで最もよく使われている素材です。跳ね返す力が強く寝返りしやすいうえ、適度な体圧分散性もあるためフィット感も優れています。通気性はまずまずながら、高反発マットレスをはじめて試す方も違和感は少ないでしょう。

また、ウレタン素材は他の素材よりも価格が安いものが多いです。ただし、水・熱に弱く、丸洗いもクリーニングもできない点は要注意。ウレタン素材のマットレスを購入する場合は、できるだけ汚さないように使うことが大切です。

ファイバーの特徴

ファイバーも反発力が高く、寝返りしやすい素材です。空洞部分が多いため通気性に優れ、湿気がこもりにくいのがメリット。カビも生えにくいので、清潔さを重視する方にも向いています。

一方で、通気性が良い分、製品によっては冬場は寒く感じる可能性も。また、ウレタンほどの体圧分散性はなく寝心地は硬めです。柔らかいマットレスに慣れている方は、感触を確認してから購入することをおすすめします。

ラテックスの特徴

ラテックスは、天然ゴムの樹液を原料とする非常に丈夫な素材です。毎日使ってもへたりにくいため、同じマットレスを長く使いたい方にぴったり。ウレタンと同じく反発力と体圧分散性を両立しているので、寝心地よく感じる方が多いでしょう。

天然素材でエコな点も魅力的ですが、ゴム特有のにおいがあるため、においに敏感な方には合わない可能性があります。重量があり動かしにくいため、ベッドに敷きっぱなしにする使い方がおすすめです。

ポケットコイルの特徴

ポケットコイルは、独立したコイルを複数並べたスプリングマットレスです。それぞれのコイルが荷重に合わせて沈むため、フィット感が抜群。反発力も高いので、寝返りのしやすさも申し分ありません。

価格は全体的に高めですが、耐久性も優れています。寝返りしても横揺れしにくく、軋み音も少ないので、同じベッドに2人以上で寝たい方にも向いていますよ。

ボンネルコイルの特徴

ボンネルコイルもスプリングマットレスですが、こちらはコイルが一面で繋がった形状です。硬めの寝心地ですが、平らな面で身体をしっかり支えます。比較的手頃な価格ながら、丈夫でへたりにくいのもポイントです。

ただし、動くと横揺れしやすいので、2人以上で一緒に寝たい方には向いていません。柔らかいマットレスが苦手な方や購入費用を抑えたい方におすすめです。

3.厚みや構造で選ぶ

薄すぎるマットレスに横になって、沈んだ腰の部分に床の硬さを感じたことはありませんか。「底付き感」と呼ばれるもので、長時間続くと腰に負担がかかることもあるため、マットレスを選ぶ際は厚さにも注意しましょう。

ノンコイルタイプを床置きで使うなら、10cm程度の厚みがおすすめです。10cm前後はコンパクトに収納できる製品も豊富で、寝心地と使い勝手のバランスがよいですよ。コイルタイプをベッドに置いて使うなら、寝心地、見栄えともによい25cm程度の製品をおすすめします。

3層以上タイプもおすすめ

身体をしっかり支える「硬さ」と心地よくフィットする「柔らかさ」という真逆の性質を両立させてこそ、良質なマットレスといえます。

それを実現したのが、「柔・硬・柔」のように硬さの異なる素材を3層構造にした製品です。中には、コイルやシートを5層以上重ねて消臭機能まで持たせた製品もありますよ。

ウレタンのみ、コイルのみといった単層構造でも優秀なマットレスはありますが、寝心地や機能性にこだわる方は、3層以上のマットレスにも注目してみてください。

4.お手入れのしやすさで選ぶ

健康な大人は、一晩でコップ1杯ほどの寝汗をかくといわれています。シーツやベッドパッドを敷いていても、マットレスの汚れを完全に防ぐのは難しいもの。できればお手入れしやすい製品や汚れを防ぐ機能を備えた製品を選びたいですね。

丸洗い可能・軽量

大半のマットレスは側生地を洗濯機で洗えますが、清潔さにこだわる方には中材まで洗える製品がおすすめです。ファイバー製のマットレスがほとんどですが、シャワーをかけて水洗いできる製品があります。

洗えないマットレスは、壁に立てかけて扇風機の風で湿気を飛ばしましょう。5kg程度の軽量な製品なら腕力に自信のない方でも動かしやすく、スムーズにお手入れできますよ。

抗菌・消臭・防ダニ加工

汗のにおいや汚れが気になる寝具では、心地よく眠れませんよね。こまめに洗濯する時間がない方は、側地に抗菌や消臭、防ダニなどの加工を施したマットレスを選ぶのも手です。

このあとご紹介する商品の中にも登場しますので、ぜひチェックしてみてください。

5.熱がこもりにくいかどうかで選ぶ

睡眠中に暑さを感じると、熱を逃がすために寝返りが増えて熟睡しにくくなります。高反発マットレスを選ぶ際は、熱がこもりにくいかどうかも確認しておきたいですね。

前述の素材でいえば、ファイバー・ポケットコイル・ボンネルコイルが通気性に優れています。とはいえ、素材だけでは一概にはいえないため、商品情報に「ムレにくい」「通気性」といったワードがないかチェックしてみることをおすすめします。

6.三つ折り式、丸められる?収納性で選ぶ

部屋が狭い方や来客用のマットレスを探している方には、収納性を考慮した製品をがおすすめ。巻いてマジックテープで留める丸巻きタイプや三つ折り・四つ折りタイプなどがあります。

どちらもコンパクトに収納できますが、折るタイプは寝た時に折れ目の隙間が気になる可能性も。寝心地も重視する方には、丸巻きタイプが向いていますよ。

また、限られたスペースを有効に使いたい方には、折りたたむとソファのような形になるマットレスもおすすめです。

7.コスパや返品保証の有無もチェック!

近年は、ネット販売に特化しているマットレスメーカーも多くあります。店舗を持たない分コストをカットできるため、コスパの高い製品が豊富。実際に試してから購入を決められるよう、一定のお試し期間を設けているメーカーもありますよ。

なお、マットレスを購入する際は返品の可否や返品可能な期間、返品条件などをしっかり確認しておきましょう。短期間でへたって使えなくなる可能性もゼロではないので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

高反発マットレスのおすすめ10選

ここからは、おすすめの高反発マットレス10商品のご紹介です。質・価格ともに納得できるコスパの高いアイテムを集めたので、ぜひチェックしてみてください。

タンスのゲン 「純」13810084

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(7,587件)

>

商品情報

【サイズ】シングル 幅97x長さ195x厚み10cm
【重量】シングル 約6kg(中材4.7kg)
【構造】平形(三つ折り)
【硬さ】190ニュートン
【側生地素材】シンカーパイル
【マットレス素材】ウレタンフォーム
【お手入れ】側生地のみ洗濯機可(洗濯ネット使用)
【生産国】中国

タンスのゲンが販売する「純」は、しっかりとした厚みで底付き感なく眠れるウレタン製マットレス。収納しやすく、立てかけて風も通しやすい三つ折りタイプです。側地はメッシュとパイルの両面仕様で、季節や好みに合わせて使い分けられますよ。190Nと硬めなので、大柄な方や硬めの寝心地が好きな方は要チェックです。

西川 スリープライン エニーマット

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(959件)

>

商品情報

【サイズ】シングル 97×200×7cm
【重量】シングル 5.46kg
【構造】平形(丸巻き)
【硬さ】180ニュートン
【側生地素材】ニット(ポリエステル100%) 抗菌加工
【マットレス素材】ウレタンフォーム
【お手入れ】側生地のみ洗濯機可(洗濯ネット使用)
【保証】
【生産国】中国

西川のスリープライン エニーマットは、180Nと硬めの高反発ウレタンで身体をしっかり支え、スムーズな寝返りをサポートします。マット全面に小さな穴を開けて通気性を高めているのがポイント。側地のマチと裏生地もメッシュ素材を使用しているので、熱がこもらず快適に眠れるでしょう。丸めてコンパクトに収納できるうえ、固定ベルトを持って簡単に持ち運べるのもうれしいですね。

アイリスプラザ 高反発ウレタンマットレス

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(738件)

>

商品情報

【サイズ】シングル 幅約97×奥行約195×高さ約10cm
【重量】シングル 約5.8kg
【構造】平形(三つ折り)
【硬さ】190ニュートン
【側生地素材】ポリエステル100%(表/ニット地、裏/メッシュ地) ※ニット地は抗菌防臭機能付き
【マットレス素材】ウレタンフォーム
【お手入れ】側生地のみ洗濯可
【保証】
【生産国】

優れた体圧分散性で理想的な寝姿勢を保つ、アイリスプラザの高反発ウレタンマットレス。従来品よりもウレタン特有のにおいを抑え、抗菌防臭機能付きのカバーに改良しています。190Nと硬めで厚みも10cmあるので、これ1枚でも快適に眠れて寝返りもスムーズにできますよ。サイズはシングル・セミダブル・ダブルの3種類から、カバーは4色から選べます。

Avenco ポケットコイルマットレス

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(307件)

>

商品情報

【サイズ】ダブル 195 x 140 x 21 cm
【重量】ダブル 約33.5kg
【構造】
【硬さ】普通
【表生地素材】ニット(ダニ防止)
【マットレス素材】高反発フォーム、2.2㎜ポケットコイル、高密度フォーム、竹炭フォーム、他
【お手入れ】
【保証】
【生産国】

コイル層に3種類のウレタンフォームを重ねた、Avencoのポケットコイルマットレス。横になってもコイルの存在感や軋み音を感じにくい設計です。ベースのコイルは独立して動くため、フィット感が高く横揺れもしにくいですよ。除湿・消臭機能を持つ竹炭入りフォームも使用しているので、汗かきの方や湿度の高い季節でも心地よく眠れるでしょう。

アイリスオーヤマ センターフィットマットレス

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(231件)

>

商品情報

【サイズ】シングル 約97×約195×約5cm
【重量】シングル 約3.6kg
【構造】波型 ※丸巻き不可
【硬さ】125~170ニュートン
【側生地素材】ポリエステル100%、
【マットレス素材】ウレタンフォーム
【お手入れ】カバーのみ洗濯可
【保証】
【生産国】

身体が触れる面に波型のプロファイル加工を施した、アイリスオーヤマのセンターフィットマットレス。身体を点で支えて体圧を分散する仕組みです。沈み込みやすい腰部分は硬めの175Nに、頭部と足元は優しく支えられるよう柔らかめの125Nに切り替えています。約5cmと薄型なので、メーカーが推奨するとおり、使用中の敷き布団やマットレスに重ねる使い方がおすすめです。

アイリスオーヤマ 腰痛対策の高反発マットレス

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(1,609件)

>

商品情報

【サイズ】ダブル 幅約137×奥行約195×高さ約8cm
【重量】ダブル 約6.55kg
【構造】波型 ※丸巻き不可
【硬さ】149ニュートン
【側生地素材】ニット/パイル リバーシブル仕様(ポリエステル100%)
【マットレス素材】ウレタンフォーム(プロファイル加工)
【お手入れ】カバーのみ洗濯機可
【保証】
【生産国】

アイリスオーヤマの腰痛対策の高反発マットレスも、体圧分散性・通気性に優れたプロファイル加工済みの製品です。復元率99%の高密度ウレタンを採用しているため、へたりにくさも申し分ありません。柔らかなパイル生地と吸水速乾ニット生地のリバーシブル仕様で、一年中心地よく使えるのもポイント。149Nとほどよい硬さなので、比較的小柄な方におすすめです。

ZINUS 高反発マットレス

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(541件)

>

商品情報

【サイズ】ショートセミシングル 180 x 80 x 9 cm
【重量】ショートセミシングル 4.5kg
【構造】平型(三つ折り)
【硬さ】149ニュートン
【側生地素材】ソフトニット(ポリエステル100%)
【マットレス素材】ウレタンフォーム
【お手入れ】
【保証】
【生産国】

ZINUSの高反発マットレスは、中材にウレタンフォーム、側地にソフトニットを使用しています。画像のショートセミシングルは、縦・横ともにシングルより一回り小さめ。リビングでのお昼寝にも使いやすいので、小さなお子さんがいるご家庭にもぴったりです。使わないときは三つ折りにしてコンパクトに収納できます。

Sleep&Life 高反発マットレスシングル敷布団薄型

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(513件)

>

商品情報

【サイズ】シングル 195 x 97 x 3 cm
【重量】シングル 3.24kg
【構造】平型(丸巻き)
【硬さ】178ニュートン
【側生地素材】
【マットレス素材】ウレタンフォーム
【お手入れ】カバーは洗濯機可
【保証】
【生産国】

Sleep&Lifeの高反発マットレス シングルは、厚さ3cmの薄型タイプです。1枚でも、使用中のベッドマットレスの上に重ねても使えます。側地の滑り止めと四隅のバックルでピタッと固定できるので、マットレスがずれるプチストレスとは無縁です。くるくる丸めると、部屋の隅に立てかけておけるほどコンパクトになりますよ。

Novilla 高反発 ベッドマットレス

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(6,190件)

>

商品情報

【サイズ】シングル 97×195×18cm
【重量】シングル 6.9kg
【構造】多層構造
【硬さ】上層120ニュートン、中層・下層160ニュートン
【側生地素材】ニット(消臭、毛玉防止、底面滑り止め加工)
【マットレス素材】6cm中反発ウレタン、6cm高反発凹凸加工ウレタン 他
【お手入れ】カバーは洗濯機可
【保証】10年間の補修と30日の返金方針(初期不良とその後の不具合)
【生産国】

Novillaの高反発 ベッドマットレスは、硬さと表面加工の異なるウレタンを3層重ねた製品です。中層には体圧分散性・通気性の高いプロファイル加工のウレタンを配置。上層は中反発ウレタンで心地よい眠りをサポートします。肌に触れる面は天然竹繊維を使ったニット生地で、消臭効果が期待できますよ。厚みが18cmあるので、床置き・ベッドマットレスのどちらにもおすすめです。

セルタン マットレス

Amazonカスタマーレビュー

3.9

Amazonカスタマーレビュー

(119件)

>

商品情報

【サイズ】シングル マット使用時 約幅99×奥行200×高さ10cm/ソファ使用時 約幅99×奥行73×高さ41cm
【重量】シングル 10.35kg
【構造】平型(4way)
【硬さ】
【側生地素材】テクノ生地、裏面メッシュ(ポリエステル)
【マットレス素材】ウレタンフォーム
【お手入れ】
【保証】
【生産国】日本

マットレスの収納スペースにお困りの方は、セルタンのマットレスをチェックしてみてください。たたみ方を変えるだけで、枕付きマットレス・背もたれ付きマットレス・ソファにもなる、4way仕様のウレタン製マットレスです。厚みが10cmと十分にあるので、寝心地も座り心地も上々。カラーはインテリアに合わせてブラウン・グレー・ブルーの3色から選べますよ。

全10商品

おすすめ商品比較表

タンスのゲン 「純」13810084

西川 スリープライン エニーマット

アイリスプラザ 高反発ウレタンマットレス

Avenco ポケットコイルマットレス

アイリスオーヤマ センターフィットマットレス

アイリスオーヤマ 腰痛対策の高反発マットレス

ZINUS 高反発マットレス

Sleep&Life 高反発マットレスシングル敷布団薄型

Novilla 高反発 ベッドマットレス

セルタン マットレス

Amazonカスタマーレビュー
4.27,587
4.2959
4.3738
4.3307
4.2231
4.11,609
4.3541
4.2513
4.16,190
3.9119
最安値
タイムセール
¥12,032-28%
参考価格¥16,800
¥21,600
¥10,909
タイムセール
¥6,263-16%
参考価格¥7,469
¥12,680
購入リンク

高反発マットレスでぐっすり眠って、爽やかな目覚めを!

今回は高反発マットレスの選び方を解説し、おすすめの10商品もご紹介しました。人生の約1/3は睡眠時間です。自分にぴったり合うマットレスで毎日ぐっすり眠って、爽やかな目覚めを手に入れましょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー