この記事で紹介されている商品
高反発敷布団のおすすめ10選!寝返りしやすく体圧分散にも役立つアイテム

高反発敷布団のおすすめ10選!寝返りしやすく体圧分散にも役立つアイテム

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

硬めの寝心地で、体圧分散性に優れた「高反発敷布団」。腰痛持ちの方からのニーズが高く、素材・構造・機能が異なるさまざまなタイプの製品が販売されていますよ。本記事では、サイズや硬さをはじめとする高反発敷布団の選び方のポイントを徹底解説します。おすすめの商品もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

高反発敷布団のメリットは?

高反発敷布団の特徴は、体重をかけても跳ね返す「反発力」の強さです。素材はファイバーや硬めのウレタンを使った製品が多い傾向にあります。

まずは、高反発敷布団はどんな寝心地なのか、どんなメリットがあるのかを詳しく解説します。

寝返りをサポートしてくれる

健康な成人は、一晩に約20回寝返りを打つといわれています。寝返りは、同じ部位が圧迫され続けて血液循環が滞るのを防ぐ生理現象。寝返りがスムーズにできないと眠りが浅くなり、寝ても疲れが十分に取れません。

低反発敷布団の包み込まれるような寝心地は魅力的ですが、身体が沈み込んで寝返りしにくいことがあります。一方、高反発敷布団なら跳ね返す力が強いので、その反発力で寝返りをサポートしてくれますよ。

体が沈み込み過ぎるのを防ぐ

高反発敷布団は、平均的な敷布団と比べると硬めの寝心地です。硬めと聞くと「身体が痛くなるのでは?」と心配になる方も多いと思いますが、実はそうではありません。

柔らかい敷布団に寝ると腰や肩が沈み込みやすく、そこに負荷が集中してしまうことがあります。しかし、高反発敷布団なら硬めで沈み込みにくいので、身体全体を均等に支えられますよ。起きたときの身体の痛みが気になる方こそ、高反発敷布団を試してみるとよいでしょう。

立っているときに近い姿勢をキープできる

立っているときの自然なS字カーブをキープした状態が、理想的な寝姿勢といわれています。

前述のとおり、柔らかな敷布団に寝ると腰や肩が沈みがち。体重の重い方が柔らかすぎる敷布団を使うと、臀部が深く沈んで「くの字」のような寝姿勢になってしまうこともあります。

その点、高反発敷布団なら身体が不自然に曲がることはまずありません。よい寝姿勢を保ちやすいことも高反発敷布団のメリットです。

高反発敷布団はどんな人におすすめ?

高反発敷布団がどんなに優れていても、万人に合うわけではありません。おすすめしたいのは、体重が重めの方と腰痛のある方です。

繰り返しになりますが、体重が重めの方が柔らかすぎる敷布団を使うと、身体が「くの字」に曲がってしまうことがあります。そこまでの状態にはならなくても、身体が深く沈み込むことで寝返りは打ちにくくなるでしょう。また、硬い敷布団と比べてへたりやすいため、耐久性の面でも体重が重い方には高反発敷布団のほうが向いています。

腰痛がある方に高反発敷布団をおすすめする理由は、寝返りをサポートする効果があるからです。高反発敷布団なら寝返りを打つ際に腰にかかる負荷を軽減できますよ。

低反発の敷布団との違いを解説

敷布団を選ぶにあたり、高反発と低反発のどちらにしようか迷っている方も多いことでしょう。

低反発敷布団は、押すとゆっくり元に戻るのが特徴です。横になると身体に合わせて沈み込み、包み込まれているような寝心地に。柔らかな感触が、肌あたりを重視する女性や高齢者に特に好まれています。寝返りを打っても振動が起こりにくいので、同じ布団に2人以上で寝たい方にも向いていますよ。

しかし、寝返りのしやすさは高反発敷布団のほうが上です。また、身体に密着しやすい分、製品によってはムレが気になる可能性もあります。低反発敷布団を選ぶなら、通気性を考慮した製品がおすすめです。

高反発敷布団の選び方

ここからは、低反発敷布団を選ぶ際に押さえておきたいポイントをお伝えします。厚みやサイズから機能性まで細かく解説するので、自分にはどんな敷布団が合うかチェックしてみてください。

1.体格にあわせて硬さで選ぶ

体格のよい方が柔らかすぎる敷布団を使うと、身体が沈み込みすぎて寝姿勢が崩れてしまいます。大柄の方や体重が重めの方には、硬めの敷布団が合いますよ。

反対に、やせ型の方が硬すぎる敷布団に寝ると、布団との間に隙間ができて身体に負担がかかることもあります。小柄な方や体重が少ない方、子どもが使う場合は、高反発敷布団の中でも柔らかめのものがおすすめです。

2.厚みをチェック

薄い布団やマットレスに横になったとき、腰や肩に床の硬さが伝わる「底付き感」を感じたことはありませんか。この状態が長く続くと腰・肩に負担がかかるため、敷布団にはある程度の厚みが必要です。

大人が寝る場合は、厚さ7cm以上の製品をおすすめします。体重の重い方や大柄な方が使うなら10cm程度あると安心です。体重に適した厚みがあると、底付き感を感じにくいのはもちろん、理想的な寝姿勢も保ちやすいですよ。

高反発敷布団の中には厚みが15cm以上ある製品もあります。このあとご紹介するおすすめ商品にも登場するので、ぜひチェックしてみてください。

3.サイズで選ぶ

敷布団には、ベッドマットレスと同じくいくつかサイズがあります。大人用に絞って以下にまとめたので、サイズ選びの参考にしてくださいね。

名称大きさ特徴
シングル約100cm×210cm10歳~大人まで使える最も一般的なサイズ。種類が豊富で価格が抑えめ。カバーの種類も豊富。
セミダブル約120cm×210cm1人用。シングルサイズだと少し窮屈だと感じる方やのびのびと寝たい方向き。
ダブル約140cm×210cm2人用のポピュラーサイズ。小柄体型2人、または子どもと大人が並んで寝るのに好適。
クイーン約160cm×210cm普通体型2人がゆったり眠れる。2分割タイプなら干しやすく、寝返りの振動も隣に伝わりにくい。
キング約180cm×210cm 2〜3人用。大柄体型2人、普通体型2人に小さな子ども1人といった使い方に好適。

4.軽いと持ち運びやすい

厚みのある布団は底付き感がなく、心地よく眠れるのが魅力です。しかし、厚みが増すほど重くなる点は要注意。ベッドマットレスとは異なり朝晩に上げ下げすることが多いため、重すぎると身体に負担がかかる可能性があります。

同じサイズでも素材によって重量に開きがあるので、商品に記載されている重量を必ずチェックしてくださいね。5kg前後であれば、力の弱い方でも問題なく持ち運べるでしょう。

5.放湿性・通気性をチェックしよう

健康な大人は、一晩でコップ約1杯の汗をかくといわれています。布団の中の余分な湿気を外に放出する「放湿性」が高い敷布団なら、ムレを防いで快適に眠れますよ。放湿性が高い素材の代表格は、ウール(羊毛)とキャメル(らくだ)。次いで真綿(絹)、木綿の順です。

また、通気性の高い素材なら、布団の中に熱がこもるのを防げます。加工や側地の素材を工夫して通気性を高めた製品もあるので、選ぶ際は製品に記載されている「通気性」「ムレにくい」などのワードに注目してください。

6.機能性をチェック

毎日欠かさず使う敷布団には、汗や汚れがどんどん蓄積していきます。できれば清潔に保つ機能を備えた製品を選んで、気持ちよく眠りたいですよね。きれい好きの方はもちろん、アレルギーが気になる方も要チェックです。

抗菌・消臭・防ダニ加工

抗菌や防ダニ、消臭といった機能を備えた高反発敷布団も多数販売されています。清潔さを重視する方には、抗菌加工や防ダニ加工を施した製品がおすすめです。消臭機能を備えた敷布団なら、汗のにおいが気になる季節でも快適に眠れるでしょう。

ウォッシャブル機能

大半の敷布団は側地を外して丸洗いできますが、中材まで水洗いできるウォッシャブル仕様の製品もあります。なかでも注目したいのは、ファイバー製の敷布団です。洗濯機やシャワーで汚れを落とせるうえ乾くのも速いので、気になったときに気軽に洗えますよ。

ウォッシャブル機能付きの敷布団は、清潔さにこだわる方や汗かきの方はもちろん、小さいお子さんがいるご家庭にもおすすめです。お子さんの突然のおねしょにも慌てずに済みますよ。

7.返品保証つきなら安心

敷布団の寝心地は、購入後に実際に寝てみるまでわかりませんよね。買ったあとで相性がよくなかったと気付くケースもあるので、心配な方は「返金保証」のある製品を選ぶのも手です。

期間や条件はメーカや製品によって異なりますが、条件を満たせば返金してもらえるので安心して購入できますね。

また、購入後の不具合に備えて、メーカー保証の有無や期間、条件についてもあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

高反発敷布団のおすすめ10選

ここからは、おすすめの高反発敷布団を10商品ご紹介します。幅広い価格帯の商品の中から、さまざまな素材・サイズ・機能性の商品をバランスよくセレクトしました。じっくり見比べて自分好みの1枚を見つけてくださいね。

PR
アイリスプラザ 高機能3層敷き布団

商品情報

サイズ: シングル 約100×奥行約210×高さ約10cm
重量:シングル 約4.5kg
収納:三つ折り
側生地:ポリエステル100%
詰め物:ハードマーブル(R)(固綿)/帝人アクフィット(R)ECO(中綿)
機能:防ダニ・抗菌防臭・吸水・放湿・ノンホルムアルデヒド
生産国:日本

固綿のハードマーブル(R)を中綿で包んだ、アイリスプラザ 高機能3層敷き布団。高反発な固綿の効果でバランスのよい寝姿勢を保てるうえ、へたりにくさも申し分ありません。雲のような寝心地と謳う、ふっくらとした厚みと弾力感も魅力です。約4.5kgと軽量なので、毎日の上げ下ろしも苦にならないでしょう。

PR
アイリスオーヤマ エアリー 敷き布団

商品情報

サイズ: シングル 約100cm×約210cm×約7cm
収納:三つ折り
重量:シングル 約5.9kg
側生地:ニット/メッシュ両面仕様
詰め物:エアロキューブ(R)(合成繊維(ポリエーテルエステル系繊維)100%)
硬度保持率:85%
機能:抗菌防臭加工、制菌加工
お手入れ:丸ごと水洗い可
生産国:側生地・中袋:中国/詰めもの:日本

中材に東洋紡のエアロキューブ(R)を使った、アイリスオーヤマ エアリー敷き布団。チューブが高密度に絡み合った構造で、弾力感、通気性ともに抜群です。綿を使っていないためホコリ・ダニが出にくいうえ、中材もシャワーで洗えますよ。側地の表側はニット生地、裏側はメッシュ生地なので、一年中心地よく使えます。

PR
EiYU 敷布団

商品情報

サイズ:シングル 200×100×9cm(収納時サイズ:厚み約18×長さ約66×幅約100cm)
重量:シングル 3.5kg
収納:三つ折り
側生地:ポリエステル100%
詰め物:高反発エアープレス(中空ポリエステル100%)
機能:抗菌防臭加工(無地の側地のみ)、防カビ
生産国:日本

EiYU 敷布団は、極厚の固綿を中空綿で二重に挟んだ5層構造です。固綿はメーカー独自の「AIR PRESS加工」で従来よりも硬さと強さをアップ。背中や腰の沈み込みを抑え、全身を長時間しっかり支えます。色柄のバリエーションが豊富なので、同じ敷布団を家族ごとに色分けしてもよいでしょう。無地の側地には抗菌・防臭加工を施していますよ。

PR
エアウィーヴ 敷き布団

商品情報

サイズ:シングルロング 幅約97×長さ約210×厚さ約8㎝
重量:シングルロング 8.5kg
収納:三つ折り可
側生地:キルト地/メッシュ地 両面仕様
詰め物:エアファイバー(R)(ポリエーテルエステル系樹脂100%)約4.5cm厚
機能:耐熱強化モデル(布団乾燥機・湯たんぽ使用可)
お手入れ:すべて水洗い可
※メーカー3年保証

エアウィーヴの寝返りのしやすさと優れた体圧分散性はそのままに、より布団らしさを加えた敷き布団。ふっくら柔らかな感触に加え、耐熱強化モデルで布団乾燥機や湯たんぽを使えるのが魅力です。カバーがメッシュとキルトの両面仕様で、季節を問わず心地よく使えるのもうれしいですね。画像のシングルロングは、背が高く通常のシングルでは心許ない方にぴったりです。

PR
タンスのゲン 敷布団

商品情報

サイズ:シングルロング 幅100×長さ210×厚み7cm
重量:シングルロング 約5kg
収納:三つ折り可
側生地:コットン100%(SEKマーク取得)
詰め物:固綿:東洋紡ハードマーブル/中綿:帝人アクフィットECO
機能:防ダニ、抗菌、防臭、吸汗速乾、吸湿性
生産国:日本
※365日安心保証

タンスのゲンの敷布団は、固綿の周りを巻き綿で包んだ3層構造です。固綿には軽量で体圧分散性の高い東洋紡の「ハードマーブル」を使用。巻き綿には、防ダニ・抗菌・防臭・吸汗速乾・吸湿機能を備えた「帝人アクフィットECO」を採用しています。職人が1つひとつ手作りした製品でありながら、価格が1万円以内に抑えられている点も見逃せません。

PR
AQUA ナイスデイ 敷き布団

商品情報

サイズ:シングル 100×210×10cm
重量:シングル 約5.5kg
収納:三つ折り可
詰め物:中芯 ウレタンマット(150ニュートン)、中綿 東レ「ダニゲル」
機能:防ダニ、抗菌、防臭
生産国:日本

ウレタンマットの周りを抗菌・防臭・防ダニ機能のある中綿で包んだ、AQUA ナイスデイ 敷き布団。中芯のマットは高反発・高弾力なので、身体が沈み込みにくく寝返りもラクラク。厚みが約10cmと十分にあり、安定感のある寝心地です。布団のみでも購入できますが、光沢ストライプのカバーが付いたセットも選べますよ。

PR
雲のやすらぎ プレミアム 敷布団

商品情報

サイズ:ダブル 140x200x17cm
側生地:テイジン マイティトップII/羊毛 両面仕様
詰め物:アルファマット(凹凸加工)
機能:防ダニ、抗菌、防臭

雲のやすらぎ プレミアム敷布団は、高反発スプリングマットを通気性抜群な「凹凸アルファマット」で挟んだ構造です。一年を通して快適に使えるよう、通気・防ダニ・抗菌・防臭機能のある「マイティトップ(R)II」とフランス産羊毛も組み合わせています。厚さ約17cmのたっぷりとしたボリュームで、ふかふかの弾力を楽しめますよ。

PR
ニトリ 2種のウレタンを組み替え可能な高反発敷布団

商品情報

サイズ:シングル 幅97×奥行201×高さ8cm
重量:シングル 約5kg
収納:三つ折り
詰め物:ウレタンフォーム プロファイル加工(腰部 210ニュートン/頭・脚部分 145ニュートン)
硬度保持率:95%
機能:カバーは抗菌防臭加工、ウレタンフォームの組み換え可能
お手入れ:カバーのみ洗濯機可(洗濯ネット使用)
生産国:ウレタンフォーム:日本/カバー:中国
※1年間保証

ニトリの2種のウレタンを組み替え可能な高反発敷布団は、腰部に硬めの高反発ウレタンを、頭部と脚部分には柔らかめのウレタンをレイアウトした3分割式です。ウレタンには凹凸状のプロファイル加工を施し、体圧を分散して理想の寝姿勢をサポートします。3つのウレタンは入れ替え可能なので、好みに合わせては配置を変えてもよいでしょう。

PR
ニトリ 抗菌防臭機能付き 高反発敷布団 (硬めタイプ)

商品情報

サイズ:シングル 幅97×奥行201×高さ8cm
重量:シングル 約5kg
収納:三つ折り
詰め物:ウレタンフォーム プロファイル加工(210ニュートン)
硬度保持率:95%
機能:カバーは抗菌防臭加工、ウレタンフォームの組み換え可能
お手入れ:カバーのみ洗濯機可(洗濯ネット使用)
生産国:ウレタンフォーム:日本/カバー:中国
※1年間保証

硬めの寝心地を好む方には、ニトリの抗菌防臭機能付き 高反発敷布団(硬めタイプ)がおすすめです。凹凸構造の硬めのウレタン(210ニュートン)のみを使用しているので、身体の沈み込みを抑えて全身をしっかり支えられます。寝返りする際の腰の負担が気になる方にもぴったり。カバーは抗菌防臭加工済みで、洗濯機で水洗いもできます。

PR
ニトリ 抗菌防臭機能付き 点で支える高反発敷布団

商品情報

サイズ:シングル 幅97×奥行201×高さ8cm
重量:シングル 約4.4kg
収納:三つ折り
詰め物:ウレタンフォーム プロファイル加工(145ニュートン)
硬度保持率:95%
機能:カバーは抗菌防臭加工、ウレタンフォームの組み換え可能
お手入れ:カバーのみ洗濯機可(洗濯ネット使用)
生産国:ウレタンフォーム:日本/カバー:中国
※1年間保証

高反発でも硬すぎるのが苦手な方には、ニトリの抗菌防臭機能付き点で支える高反発敷布団がぴったりです。こちらは、全体に適度な硬さのウレタン(145ニュートン)を使用したタイプ。前出の商品と同じく点で身体を支える凹凸仕様で、体圧を分散して理想の寝姿勢をキープします。3分割されたウレタンを定期的に入れ替えると、へたりにくく長持ちしますよ。

高反発敷布団で質のよい眠りを手に入れよう!

今回は高反発敷布団の選び方を解説し、おすすめの10商品もご紹介しました。敷布団を高反発タイプに変えるだけで、驚くほど寝返りがしやすくなりますよ。お気に入りの敷布団を見つけて、質のよい眠りを手に入れてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー