目次

楽天ブラックフライデーにふるさと納税するお得な攻略法!スーパーセールとの違いも解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天ブラックフライデーの期間は、楽天ふるさと納税をするのに最適な期間です。しかし、どのようにお得になるのかをよく知らない方もいるかもしれません。

そこで本記事は、楽天ブラックフライデーや楽天ふるさと納税、楽天ブラックフライデーと楽天スーパーセールの違いなどについて解説します。

お得に楽天ふるさと納税を利用したい方におすすめの内容なので、ぜひ最後まで読んでみてください。

楽天ブラックフライデーとは?

楽天ブラックフライデーとは、毎年11月下旬におこなわれる楽天のセールキャンペーンのことです。

そもそもブラックフライデーは、楽天にかかわらず、さまざまなお店でセールがおこなわれ、お得に買い物ができる時期ですが、楽天ブラックフライデーでは、楽天独自のお得なキャンペーンがいくつも実施されます。

楽天ブラックフライデー独自のキャンペーンあり

楽天ブラックフライデー独自のキャンペーンは、以下のとおりです。

  • 50%OFFクーポン
  • お買い物パンダダーツくじ
  • お得なクーポン

毎年おこなわれる楽天ブラックフライデーは、その年によってキャンペーン内容が変更される可能性もありますが、過去には50%OFFクーポンが配布されたこともあります。50%OFFクーポンには利用回数上限があるとはいえ、誰でも取得可能で大変お得なため、積極的に獲得して使用するとよいでしょう。

人気商品は、楽天ブラックフライデー開始直後に売り切れてしまうこともあります。購入したい商品があるなら、あらかじめお気に入り登録をしておき、すぐに購入できるようにしておくと安心です。

また、楽天ブラックフライデーでは「お買いものパンダダーツくじ」を引くことができます。お買い物パンダダーツくじでは、A賞なら9,600ポイント、B賞なら96ポイント獲得できます。ただし、お買いものパンダダーツくじで得たポイントは、ブラックフライデー終了までの期間限定ポイントのため、ポイントの利用タイミングについては注意しておきましょう。

そして、楽天ブラックフライデーでは、50%OFFクーポン以外にもお得なクーポンがさまざま配布されるため、チェックしてみるとよいでしょう。過去には、最大9,600円OFFクーポンも配布されました。

こういったクーポンは、購入ページに進む前に入手する必要があるため、早めにクーポンをチェックして獲得するようにしましょう。

楽天ブラックフライデーの開催期間

楽天ブラックフライデーは、毎年11月下旬におこなわれます。

そもそものブラックフライデーはアメリカの文化で、11月の第4金曜日にさまざまなお店が商品を特別価格で販売するセールのことです。そのため、楽天ブラックフライデーもこの時期に合わせて開催されます。

たとえば2023年の場合、11月21日(火)20:00~2023年11月27日(月)01:59の期間に開催されました。

なお、エントリー期間は11月17日(金)10:00~2023年11月27日(月)01:59ですので、早めにエントリーしておくとよいでしょう。

このあたりの時期が近づいてきたら、楽天ブラックフライデーについてチェックしてみてくださいね。

楽天ブラックフライデーはふるさと納税をする大チャンス!お得な攻略方法

楽天ブラックフライデーは、楽天ふるさと納税をする大チャンスです。お得になる攻略方法として、以下の4つが挙げられます。

  • 「ショップ買いまわり」でポイント最大10倍アップ
  • 「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」でポイント最大15.5倍
  • 「5と0のつく日」にお買い物をしてポイント最大5倍
  • 「期間限定ポイント」は期限内に使う

それぞれ併用して利用できるキャンペーンですので、少しでもお得になるよう詳しく解説します。

「ショップ買いまわり」でポイント最大10倍アップ

まず、「ショップ買いまわり」というキャンペーンを利用することで、ポイントが最大10倍アップします。

ショップ買いまわりとは、ポイントアップ期間中に1,000円(税込)以上のお買い物をした「ショップ数」に応じて、ポイント倍率がどんどんアップしていくキャンペーンのことです。

楽天ふるさと納税の場合は、1自治体が1ショップとして換算されます。エントリーすると、10自治体に寄付申込した場合、ポイント10倍となります。内訳は、通常ポイント1倍+期間限定ポイント9倍です。

「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」でポイント最大15.5倍

「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」を利用すると、ポイントが最大15.5倍になります。

SPUとは楽天グループのサービスを使うことで、ポイント倍率が上がるプログラムのことです。各サービスの条件を達成すると、その月の楽天ふるさと納税の寄付申込でもらえるポイントがアップ対象になります。

エントリーは不要で、SPU対象の楽天グループサービスの条件を達成すると自動的に適用されます。

こちらもチェック!
楽天のSPU(スーパーポイントアップ)とは?賢い貯め方・使い方を徹底解説!

SPU(スーパーポイントアッププログラム)とは、楽天関連サービスを利用することで、楽天市場で買い物をした際に受け取ったポイントが最大16.5倍にもなるポイントアッププログラムです。 今回は、SPUの仕組みから特典の内容、キャンペーンを併用したお得なポイントの貯め方や注意点をご紹介いたします。

「5と0のつく日」にお買い物をしてポイント最大5倍

5日や10日、15日など、「5と0のつく日」に楽天ふるさと納税をすると、ポイントが最大5倍になります。

キャンペーン条件は、エントリーと楽天カードでの利用です。楽天カードは年会費永年無料のものもあるため、ぜひ取得するようにしてください。ショップ買いまわりやSPUと重複する日は、さらにお得になりますよ。

「期間限定ポイント」は期限内に使う

楽天ブラックフライデーで獲得したポイントは期間限定ポイントですので、有効期限があります。なかには、期間限定ポイントを獲得した翌月末日までが有効期限に設定されていることもあるため、注意しておきましょう。

期間限定ポイントかどうかの確認は、楽天のポイント管理サイト「楽天PointClub」から確認できます。「うち期間限定ポイント」という表示のの下に有効期限と該当するポイント数が記載されています。

また、「楽天PointClubアプリ」の通知をオンにしておくと、ポイント獲得の翌日と失効の前日にお知らせしてくれます。有効期限が切れるのを防ぎたい方は、アプリを活用してみてもいいでしょう。

楽天ブラックフライデーと楽天スーパーセールの違いは?

楽天のお得なセールというと「楽天スーパーセール」を思い浮かべる方もいるかもしれません。そこで、楽天ブラックフライデーと楽天スーパーセールの違いについて解説します。

楽天スーパーセールとは?

楽天スーパーセールとは、3月・6月・9月・12月の年4回開催される、お買い物マラソンやほかのセール以上にお得な期間です。

楽天ブラックフライデーよりも開催時期が多く、上限7,000ポイントという制限がありますが、買いまわりで最大ポイント10倍となります。さらに、いつもより商品が安く購入できることもあります。

楽天ふるさと納税の場合も、この楽天スーパーセールの期間中に寄付申込すると、たくさんのポイントがもらえるようになっています。

楽天ブラックフライデーは年に1回開催のみ

対して、楽天ブラックフライデーは、11月の年1回のみ開催されます。具体的な開催時期は年によって多少前後し、2023年の楽天ブラックフライデーは、11月21日(火)20:00~11月27日(月)01:59です。

ブラックフライデーはアメリカの感謝祭(11月第4木曜日)の翌日金曜日を指すため、楽天ブラックフライデーも同じ時期の11月3週目~4週目あたりに開催されるようになっています。

楽天スーパーセールのほうが割引・目玉商品数が多め

楽天スーパーセールのほうが、多くの割引クーポンが配布され、安くなる目玉商品が多くなっています。とはいえ、楽天ブラックフライデーでも、開始直後はお得な目玉商品が販売され、かつ、それぞれのショップが独自でおこなっているキャンペーンを利用できる可能性があります。

セールが開始されてから2時間くらいは、最大50%OFFのクーポンを活用するチャンスです。目玉商品はかなり早く売り切れることが多いため、欲しいものはあらかじめお気に入り登録しておき、スムーズに買い物できるようにしておきましょう。

取得できるポイントの上限は同じ

楽天ブラックフライデーと楽天スーパーセールでは、ポイントアップの仕組みと上限は同じで、以下のとおりとなっています。

  • 買いまわりで最大10倍
  • 上限は7,000ポイント
  • すべて期間限定ポイント

そのため、楽天ブラックフライデー、あるいは楽天スーパーセールの期間中に楽天ふるさと納税をするのがおすすめです。

楽天ブラックフライデーを利用するときの注意点

楽天ブラックフライデーを利用するときの注意点として2つ紹介します。

楽天ブラックフライデーを利用するときの注意点
  • 事前に「ショップ買いまわりキャンペーン」にエントリーしておく
  • 1店舗(1自治体)あたり1,000円(税込)以上のお買い物をする

楽天ブラックフライデーにエントリーする

楽天ブラックフライデーのときにショップ買いまわりキャンペーンでポイント最大10倍アップを利用するなら、事前のエントリーが必須となっています。忘れないうちにエントリーボタンを押しておきましょう。

1店舗あたり1,000円(税込)以上の買い物をする

また、1店舗(楽天ふるさと納税の場合は1自治体)あたり、1,000(税込)以上の買い物をする必要があります。

楽天ふるさと納税の場合、ほとんどの寄付金額は1,000円以上となっているため支障がないと思われますが、楽天ショップで買い物するときは、1,000円(税込)以上という条件を意識するとよいでしょう。

1店舗あたり1,000円(税込)以上の買い物をすると、以下のようにどんどんポイント倍率が上がっていき、最大10倍になります。

  • 1店舗(1自治体):1倍
  • 2店舗(2自治体):2倍
  • 3店舗(3自治体):3倍

注意点は、1自治体に複数の寄付申込をしても「1」しかカウントされない点です。

複数の自治体を利用するのはもちろん、1自治体にだけ寄付申込をして残りは通常通り楽天ショップで買い物をすることで倍率を上げることもできます。

いろいろな自治体に寄付申込したり楽天ショップでお買い物をしたりして、ポイント還元率を上げて、楽天ポイントをたくさん獲得することが楽天ブラックフライデーの攻略方法です。

楽天ふるさと納税をするなら、楽天ブラックフライデーの期間中がおすすめ

11月になると、今年の年収がいくらか把握できる方も多いでしょう。そのため、年収をもとに控除上限額を調べて、楽天ブラックフライデー期間中に欲しい返礼品や寄付したい自治体を決めて、寄付申込するのがおすすめです。ほかのキャンペーンと併用することもできるため、お得にたくさんのポイントを獲得してくださいね。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー