この記事で紹介されている商品
プロテインシェイカーのおすすめ15選!漏れにくいタイプやおしゃれでかわいいものなど人気のアイテムをご紹介

プロテインシェイカーのおすすめ15選!漏れにくいタイプやおしゃれでかわいいものなど人気のアイテムをご紹介

プロテインを飲む時にあると便利な「プロテインシェイカー」。おしゃれなデザインのものや洗いやすいタイプ、食洗機対応タイプ、漏れないタイプ、小さめタイプなど、様々な種類のものが販売されています。そこで今回はプロテインシェイカーの選び方やおすすめアイテムをご紹介。購入を検討している方は参考にしてください。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

プロテインシェイカーとは?必要性は?

粉末状のプロテインは水や豆乳などに溶かして飲むのが一般的。ただし、プロテインはインスタントコーヒーや粉ミルクほど溶けやすくないため、コップに入れてスプーンでかき混ぜても溶け切らずダマが残ってしまいます。そんなときに便利なのがプロテインシェイカーです。

プロテインシェイカーはフタやボトルの形状が工夫されているので、プロテインを入れやすいのが特徴。手に持ってシェイクするだけで溶け残りのない飲みやすいプロテインドリンクができあがりますよ。もっと手軽に溶かしたい場合は電動のプロテインシェイカーを使うのもおすすめです。

以下では、電動・高機能プロテインシェイカーの選び方とおすすめ商品をご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

  1. 電動・高機能プロテインシェイカーのおすすめ16選!選び方を徹底解説

プロテインシェイカーの選び方

ネットショップや店頭ではいろいろなプロテインシェイカーが販売されているので、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこでここからはプロテインシェイカーを選ぶ際にチェックしておくべき6つのポイントをご紹介します。

  • 形状 
  • 持ちやすさ 
  • 容量、サイズ 
  • 洗いやすさ 
  • 使い勝手の良さ 
  • 漏れにくさ(気密性)

各ポイントの詳細を解説していきますので気になる方はチェックしてみてくださいね。

1.形状で選ぶ

プロテインシェイカーの形状は大きく分けて「広口タイプ」と「細口タイプ」の2種類があります。「広口タイプ」は飲み口が広いのが特徴で、「細口タイプ」は水筒のような細い飲み口をしています。

それぞれのメリットとデメリットを解説していきますので、自分のライフスタイルに合った使いやすいタイプを選びましょう!

広口(飲み口なし)タイプ

自宅でプロテインを飲むなら、飲み口のない「広口タイプ」がおすすめです。口が広いので粉末のプロテインや水、牛乳などの材料を投入しやすいのが特徴。フタを開ければコップのように飲むことができます。

ボトル本体とフタだけで構成されている広口タイプは、シンプルなつくりで使用後に洗いやすいのもメリットです。

もちろんジムなどに持って行くことも可能ですが、飲み口がない分飲みづらいのでこぼさないよう注意してくださいね。

明治 ザバス(SAVAS) プロテインシェイカー 500mL

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(3,681件)

>

商品情報

ブランド SAVAS(ザバス)
材質 ポリプロピレン
ボトルタイプ スタンダードボトル
色 透明
容量 500 ml

シンプルなモノトーンデザインのプロテインシェイカー。手に無理なくフィットするよう計算された形状で、シェイクしやすいのが魅力です。

容量は500mlで、50ml単位の目盛りが付いているため、計量カップを使わなくても必要な量のプロテインドリンクを作れます。底まで手を入れてしっかり洗えるのもうれしいポイントですね。

細口(飲み口あり)タイプ

ジムなどで運動する際に飲むなら、水筒のような飲み口がある「細口タイプ」のプロテインシェイカーがおすすめです。

広口タイプに比べて飲み口が細いので、中身がドバッと出てくることがなく少量ずつ飲めます。片手で開閉しやすいキャップ付きのものなら、トレーニング中にもスムーズに飲めますね。

飲みやすさが魅力の細口タイプですが、フタや飲み口部分が複雑な形状をしているため洗いにくいのがデメリット。ニオイや汚れが残りやすいので、ブラシなどですみずみまで丁寧に洗うようにしましょう。

DNS(ディーエヌエス) プロズシェイカーⅢ(レッド) 800ml

商品情報

■カラー:レッド
■容量:800ml ( 目盛500ml )
■サイズ:φ93.5×2013 ( mm )
■重量:約190g

800mlの大容量プロテインシェイカー。特殊ポリエステルを使用したタフで高級感のあるデザインは、ジムでもオフィスでも使いやすいですよ。キャップは飲みやすいフルオープンタイプを採用していて、飲む際に液だれしないように工夫されています。

2.持ちやすさで選ぶ

プロテインシェイカーは手に持って振るタイプのものが主流。そのため持ちやすいかどうかも重要なチェックポイントになります。

持ちやすいものは、ボトルの側面がカーブを描いている形状のもの。丸みを帯びてるタイプや、内側に窪みがあるタイプは、手のひらにぴったりフィットしやすいのでしっかり持てますよ。

ジム内で移動する際も、手になじむ形状のボトルは落としにくいのでよいですね!

一方で、ボトル側面に丸みがないプロテインシェイカーは持ちにくく、手が疲れやすいと感じる方もいるようです。

3.容量・サイズで選ぶ

プロテインシェイカーにはいろいろな容量、サイズのものがありますが、一般的には容量500ml程度のものが主流となっています。

たとえば、大さじ2杯(30g)くらいのプロテインパウダーに水を150~200ml入れて混ぜる場合、材料よりも少し大きい容量500mlのプロテインシェイカーを使うのがベストとされています。シェイカーが大き過ぎるように感じるかもしれませんが、材料をしっかり混ぜるためには広めの空間が必要です。

どうしても容量が小さめのシェイカーがよい場合は、フタが山型になっているものを選びましょう。フタが盛り上がっている分だけ混ぜる空間が広いため、プロテインが混ざりやすくなるからです。

プロテインシェイカーは手で振って混ぜるので、一度に大量のプロテインドリンクを作ろうとするとうまく混ざらないこともあります。たくさん作りたい時は、容量500mlのボトルで少しずつ作ると溶け残りの少ないなめらかな仕上がりになりますよ。

4.洗いやすさで選ぶ

プロテインシェイカーを頻繁に使うという方は、洗いやすさにも着目してみてください。パーツがたくさんあったり、洗いにくい部分が多いものだと洗い物の手間がかかってしまいますよね。

洗いやすさで選ぶなら、ボトルとフタだけで構成されている広口タイプがおすすめです。口径が直径7㎝以上の広口タイプなら、ボトルの中に手を入れやすく、すみずみまでスポンジで洗うことができますよ。

飲み口のある細口タイプでも、なるべくパーツが少なくシンプルな形状のものを選ぶとよいですよ。食洗機対応のものなら、さらにお手入れが簡単に!衛生面が気になる方は、熱湯消毒ができるかどうかもチェックしてみてください。

以下では、食洗機対応のプロテインシェイカーをご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  1. 食洗機対応プロテインシェイカーのおすすめ6選!洗いやすいシェイカーも併せてご紹介

5.使い勝手の良さで選ぶ

プロテインを作る際には水や牛乳などを計量する必要があります。目盛り付きのプロテインシェイカーを選べば、計量カップを使わなくても手軽にプロテインが作れますよ。

おすすめは目盛り表記がエンボス加工されているタイプ。目盛りが印刷されたタイプのように経年劣化で文字が見えにくくなることがないため長く使うことができますよ。

また、ジムやオフィスに持って行く用のプロテインシェイカーなら、カラビナや取っ手が付いているタイプが便利です。取っ手付きのフタは開閉をスムーズに行えるのもポイントです。

サプリメントを常用している方には、サプリメントケース付きのプロテインシェイカーをおすすめします。トレーニングの前後など、サプリメントを飲むタイミングを忘れにくくなりますよ。

6.漏れにくさ(気密性)で選ぶ

プロテインシェイカーは振ってもこぼれにくい密閉性の高いものを選びましょう!しっかり密閉できないタイプだとシェイクしづらくダマが残る原因に。また、携行時にバッグの中でこぼれてしまっては大変です。

密閉性の高いプロテインシェイカーはフタを2~3周回して閉めるスクリュータイプです。

細口タイプのプロテインシェイカーは、飲み口部分のキャップから漏れてしまうこともあるので、キャップを閉めたときにカチッとロック音が鳴るタイプを選んでください。

自宅用に!広口のプロテインシェイカー5選

ここからは、自宅でプロテインを飲む際に便利な「広口タイプ」のプロテインシェイカーを5選ご紹介します。容量が小さめのものや目盛り付きのもの、持ちやすい形状のものなど、幅広いタイプをピックアップしていますので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

人間工学に基づき設計された手にフィットしやすい形状のプロテインシェイカーです。容量350mlとコンパクトなタイプで、50ml単位の目盛りが付いています。キャップは液だれしにくいよう工夫されたタイプを採用。広口なのでボトルの中に手を入れて底までしっかり洗えます。

普段使いしやすいシンプルなプロテインシェイカー。容量500mlタイプで、計量に役立つ目盛り付きです。水や牛乳などとプロテインパウダーを入れてしっかりシェイクするだけで、ダマのないなめらかな仕上がりに。フタを開ければそのまま飲めて、使用後はサッと洗えます。使いやすいシェイカーなのでプロテインを習慣づけたい方にぴったりですね。

VALX(バルクス) プロテインシェイカー

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(420件)

>

商品情報

ブランド VALX
材質 ポリプロピレン
色 ホワイト
対象年齢 大人
商品の寸法 8.7W x 17H cm

持ち運びに便利なスリムタイプ。最大容量650mlで、500mlまでの目盛りが付いています。ボトル側面のくぼみが手にフィットしやすく持ちやすいので、しっかりシェイクできますよ。溶け残しを軽減するため、本体の底部分に丸みをもたせた設計でつくられているのも魅力。シンプルで洗いやすいシェイカーなので日常使いにもおすすめです。

ansio シェイカーボトル

商品情報

サイズ 約 直径 84mm×高さ 157mm
重さ 約 136g
容量 目盛り容量:400mL
本体容量:520mL

やさしいニュアンスカラーがかわいいプロテインシェイカーです。手にフィットする形状のボトルは容量約520mlで、ちょうどいい量のプロテインドリンクを作れます。

ボトル側面には計量に便利な400mlまでの目盛りが付いていて、汚れが落ちやすい素材を採用しているため、粉類がこびりつかずすっきり洗えます。耐熱温度140℃で食洗機対応なのもうれしいポイントですね。

シックスパッド プロテインシェイカー

商品情報

日常での使いやすさにこだわり抜いたシェイカー。

高さ約15cmのコンパクトなプロテインシェイカー。ボトル側面のくぼみに手がなじむので、しっかり持ってシェイクできます。フタを閉めるとカチッと音が鳴る仕様で、フタが閉まっていないことによる液漏れリスクを低減できるのも特徴。フタ内側にも特殊な構造を採用し、液だれしにくくなっています。

ジム用に!飲み口つきプロテインシェイカー5選

ここからは、ジムなどに持って行きやすい飲み口のある「細口タイプ」プロテインシェイカーを5選ご紹介します。持ち歩きに便利なカラビナ付きやサプリメントケース付きなど、使いやすいシェイカーもピックアップしていますよ!

グロング(GronG) プロテインシェイカー 600ml

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(7,336件)

>

商品情報

ブランド GronG(グロング)
材質 ポリプロピレン
ボトルタイプ スタンダードボトル
色 ホワイト
容量 600 ml

漏れにくさを目指して開発されており、シェイクしている際に中身が飛び散らないよう、カチッとしっかり閉まるキャップを採用しています。キャップは開けた状態で固定できるため、飲んでいる最中にキャップが顔に当たることもありません。飲み口は口当たりがよく、ごくごく飲んでもこぼれにくい構造です。

ビーレジェンド ジャンボ シェイカー ボトル 漆黒

商品情報

ブランド ビーレジェンド(be LEGEND)
材質 プラスチック
ボトルタイプ 飲み口一体
色 ブラック
特徴 フリップトップ

600mlの大容量プロテインシェイカーは、オールブラックのスタイリッシュなデザインが魅力。側面に目盛りが付いているので、計量カップを使わなくても簡単にドリンクを作れます。トップには便利な持ち手付き。持ち手に指を引っ掛けて持ち運べるので、ジム内でスムーズに移動できますよ。

VALX プロテイン シェイカー ブレンダーボトル Classic 20oz

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(96件)

>

商品情報

容 量 20オンス 600ML(メモリ400ML)
高 さ16.51 cm
直径(キャップ)9.53cm
直径(ボトル下部)6.99cm

溶け残りなくしっかり混ぜたい方におすすめのプロテインシェイカー。特許取得のブレンダーボールをボトルに入れて一緒にシェイクすることで、プロテインパウダーと水や牛乳などがしっかり混ざり合いなめらかな仕上がりになります。400mlまでの目盛りが付いたボトルは最大容量600mlです。フタ部分には持ち運びに便利なループを装備しています。

スマートシェイク(SmartShake) スマートシェイクスリム ネオンオレンジ

商品情報

【規格概要】
本体サイズ・・・直径8.5cm*高さ21cm
容量・・・500mL

プロテインドリンクとサプリメントを一緒に持ち運べるプロテインシェイカー。ボトル下部がサプリメントケースになっています。フタ部分にストレーナを設置したことで、ダマにならずにしっかり混ぜることが可能。

溶け残ったパウダーが飲み口に流れ込むのを防いでくれるのもうれしいポイントです。移動の際に便利なカラビナ付きで、食洗機対応なのでお手入れも簡単ですよ。

HALEO(ハレオ) トーンシェイカー 570ml

商品情報

【耐熱温度】本体/フタ:120℃
【容量】570ml/パウダーケース:110ml

スタイリッシュな形状とカラーが目を引くプロテインシェイカーです。底部分にあるケースは、ワークアウト用のパウダーサプリメントやカプセルなどを入れるのにぴったり。飲み口はレバー式スナップロックで漏れにくい仕様になっています。

底に丸みがあるので溶け残しなく混ぜることが可能です。素材は汚れやニオイが付きにくく、耐久性にも優れた「TRITAN™(トライタン)」を採用しています。

かわいいプロテインシェイカー3選

ここからは、かわいくておしゃれなデザインのプロテインシェイカーを3選ご紹介!機能面も優秀なシェイカーをピックアップしていますので、ぜひ検討してみてください。お気に入りのシェイカーがあると毎日のトレーニングがもっと楽しくなりますよ。

シルクドリバー プロテインシェイカー

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(34件)

>

商品情報

ブランド イヤーセラミック
商品の形状 粉末
風味 シェイカー
ユニット数 400.0 グラム
商品の個数 1

ピンクカラーがかわいいプロテインシェイカー。500mlの大容量ボトルながら、手にフィットしやすい形状なのでしっかり持ってシェイクできます。プロテインパウダーと水を入れて振るだけで簡単にドリンクを作れて、そのまま飲んでサッと洗えるのが魅力。プロテインを毎日飲み続けたい方にぴったりの使いやすさです。

大西賢製販 PEANUTS シェイカー ボトル

Amazonカスタマーレビュー

3.9

Amazonカスタマーレビュー

(6件)

>

商品情報

ブランド 大西賢製販(Oonisikenseihan)
材質 素材:プラスチック
色 BLACK
容量 630 ml
特徴 シェーカー

ワークアウト用のパウダーやカプセルを一緒に携帯できるプロテインシェイカー。ボトル下部に取り外せるケースがあり、ケースのフタ部分にはピルケースも付いています。ボトル側面にある目盛りは「ml」だけでなく、海外製のプロテインを作る際に便利な「oz」表記も。飲み口はダイレクトに飲みやすい形状で、キャップはカチッと閉められます。

MARINESS(マリネス) プロテインシェイカー

商品情報

[耐熱温度]90℃
[耐冷温度]0℃
*食洗機は使用できません
サイズ(cm) 容器とキャップセット時:H156mm × W79mm

フィットネス系YouTuberが監修したプロテインシェイカーです。直径8×高さ15.5cmの持ちやすいサイズ感と、かわいいカラーバリエーションが魅力。ボトル側面には目盛りが付いているので、計量カップがなくても手軽にプロテインを作れます。ちょうどいい量を作りやすい容量600mlです。

シェイカーと一緒にプロテインにも注目!

気になるシェイカーが決まったら、併せてプロテインもチェックしてみましょう!こちらの記事ではプロテインの選び方からおすすめ商品までご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 【2024年】プロテインのおすすめ45選!選び方やおすすめ商品を紹介

使いやすいプロテインシェイカーを選ぼう!

粉末状のプロテインをなめらかに溶かすことができるプロテインシェイカー。容量や形状、洗いやすさなど、使いやすいよう工夫されたシェイカーが多数販売されています。今回ご紹介した選び方やおすすめ品を参考にベストな1品を選んでくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー