目次

詐欺or本物?Amazonからの「お支払い方法が承認されません」メールの対処法

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonの名前で「お支払い方法が承認されません」というメールが届いた場合、詐欺メールなのか本物なのか心配になってしまいますよね。本記事では、メールが本物か見分ける方法や支払いができなかった場合の支払い方法変更のほか、注文できない場合の対処法などを説明するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

Amazonの「お支払い方法が承認されません」メールは本物?

Amazonからの詐欺メールや悪質メールの中には、プライム会員の会費やサービスに関するものや、ショッピングをした際のお支払い不承認のメールが多く報告されています。以下は実際に届く悪質メールの内容をもとに作成した一例です。

『お客様のAmazonに対するお支払いが承認されないため、ご請求が滞っています。6日以内に下記リンク先よりお支払方法を登録してください。

支払方法を更新する(リンク先に誘導)』

このような内容のメールがAmazonから届いたとき、本物なのかどうかわからず、対処法に迷うことも多いですよね。

ここからは、本物と悪質メールの違いや見極めるポイントをご紹介するので、詳しく確認してみましょう。

こちらもチェック!
偽Amazonのプライム会費などの詐欺メールに要注意!迷惑メールへの対処法

Amazonサービスの利用者の増加により、Amazonを装った「詐欺メール」が増加しています。「請求が滞っている」や「アカウントの利用停止」など、インパクトのある内容で文章も巧妙化しているので見分けがつきにくいことも。ここからは迷惑メールや偽メールの見分け方や、万が一反応してしまった場合の対処法などを解説します。

本物のケースもあるが悪質メールの可能性も高い

Amazonからお支払い不承認のメールが届いた場合、本物のケースもありますが悪質メールの可能性も高いようです。Amazonで使用しているお支払い方法が、クレジットカードやネットバンキングなど金融機関を通している場合、個人情報保護の観点により金融機関からAmazonへ連絡が届くことはありません。

そのため引き落としができなかった場合は、基本的に各金融機関からお知らせが届くことになり、Amazonから支払い不承認が届く場合は「支払いの不承認」ではなく「お支払いを変更してください」といった内容になります。

Amazonからカード情報の再送信依頼メールが届くケース

前述の通り、基本的にはAmazonから直接カード情報の更新を求められたり口座番号の再送信依頼をされたりするメールが届くことはありません。仮にそういったメールが届くとすれば、支払いに使用しているカード会社や金融機関が送信者になるはずなので、以下のような特徴を持つメールには触れない方が賢明です。

  • 氏名や住所などの個人情報を再度訪ねてくる。
  • Amazonに登録しているカードや口座番号を確認しようとしてくる。
  • 新たな支払い情報を入力させようとする。

また、迷惑メールや詐欺メールには「〇時間以内に」「何日以内に」などと短い期限を設定してくるといった特徴もあります。こういった内容のメールやリンク先で入力を求められたら、詐欺メールを疑ってくださいね。

思い当たる注文があれば必ずAmazonアカウントから確認

支払い不承認のメールが来たタイミングによっては、本物かどうかの判断が難しい場合もありますよね。そのようなときには、Amazon公式サイトのアカウントから該当する注文商品があるかを確認しましょう。

注文している商品が滞っていないか、過去の注文に問題がなかったかなど、Amazonのアカウントからはさまざまな情報が確認できます。支払い不承認で思い当たる注文がある場合は、Amazonカスタマーサービスに連絡してみてくださいね。

こちらもチェック!
Amazonカスタマーサービスに電話で問い合わせする方法!つながらない時の対処法

まだ荷物が届いていないのにステータスは到着済みだったり、買った覚えがない商品の代金請求があったときはすぐに問い合わせるべきです。そこで今回は、Amazonのカスタマーサービスに電話で問い合わせるやり方を紹介します。

Amazonアカウントから状況を確認する方法

ここからは、Amazonで注文履歴の内容を確認する方法や、届いたメール一覧を遡って確認する方法を解説します。

Amazonでは過去の注文履歴や配送状況が見られるほかにも、領収書をダウンロードできる便利な機能がありますが、Amazonが配信したメールを確認する方法もありますよ。

こちらもチェック!
Amazonの請求書・領収書をスマホでダウンロードできる?印刷とPDF化の方法も解説!

スマホアプリからAmazonで買い物した後、請求書・領収書をダウンロードしたい方もいるでしょう。 しかし、スマホアプリからは領収書を発行できないため、PCサイトに切り替えてダウンロードする必要があります。 本記事ではAmazonで請求書・領収書をダウンロードする際に知っておきたい情報をまとめます。

ログインして注文履歴の内容を確認

Amazonからお支払いに関する不承認メールが届いたら、Amazonのアカウントにログインして「注文履歴」のページからショッピング履歴を確認しましょう。

該当する商品の支払方法を確認したい場合には、注文番号の下にある「注文内容を表示」を選択すれば、その際に使用したカードや利用したAmazonポイント数などが詳しく表示されています。支払いが上手くいかなかった場合には、商品情報の横に「お支払い方法の変更」が表示されるため、そこで支払方法の変更ができますよ。

該当商品を絞り込めない場合には、アカウントから「お客様のお支払い情報」というお支払いオプションの管理画面にアクセスすれば、お支払いに利用しているカード情報の一覧が表示されます。

使えないカードには「有効期限が切れました」などの表示が出ているので、そのカードを選択していないかを商品情報と照らし合わせてみてくださいね。

また、届いたメールに上記のようなお支払い方法の変更手順が記載されていない場合には、Amazonの名前を使用していても詐欺メールだと判断してよいでしょう。本物かどうかわからないメールに記載されているURLには、絶対にログインしないようにしてくださいね。

必ず公式のAmazonサイトやアプリから確認するようにしましょう。もうひとつ、Amazon Payを使用している場合には支払いができなかった場合でもAmazonからメールが届くことはありません。

こちらもチェック!
Amazon Pay(アマゾンペイ)とは?使い方からメリット・デメリットまで

便利な決済方法として、Amazon Payがありますが、利用したことがなく便利さや快適さなどをよく分からない方もいるかもしれません。そこで本記事では、Amazon Payの使い方から、メリットやデメリットまで詳しく解説します。今まで使ったことがない決済方法を選ぶのに不安がある方も安心して利用できるようになる内容なので、ぜひご一読ください。

アカウントサービスのメッセージセンターからメール確認

本物のAmazonからのメールは、Amazonの公式サイトにあるメール履歴一覧から確認できます。Amazonには「メッセージセンター」という機能があり、送られてくるメールはすべてそちらに登録される仕組みになっています。

メッセージセンターはAmazonの公式ページのアカウントサービスから見られるので、送られたメールの一覧の中に同じ内容のメールがなければ詐欺メールだと考えられます。

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

本物のAmazonから届いたメールだった時の対処法

つづいて、届いたメールが悪質メールではなくAmazonからの本物のメールだった場合の対処法を解説します。

Amazonの公式メールで支払い不承認のお知らせが来た場合には、必ずAmazonの公式サイトから操作する必要がありますよ。

注文履歴から支払い方法を変更する

Amazonから支払い不承認メールが届いた場合、支払い方法に何らかの不備があると考えられます。支払い方法の変更はメールが届いた後でも可能なので、下記の手順で試してみましょう。

  • Amazonの公式サイトにログインして「注文履歴」を選択します。
  • 商品の右に「注文内容の表示と変更」というボタンがあるので選択します。
  • 「お支払方法を変更する」というボタンが出るのでこちらを選択。
  • クレジットカードやその他のオプションへのページに移動するため、ここから新たな支払方法を設定します。

以上で支払い方法の変更は完了です。支払方法を変更する際に、メールから知らないリンクページに移動して新たに個人情報を入力することは絶対にあり得ないため、そのようなメールを受け取った場合には触らないよう注意しましょう。

こちらもチェック!
Amazonで支払い方法変更をする方法!できないタイミングや条件も解説

amazonで買い物をするときに必ず設定をする支払方法ですが、支払い方法の変更メールが来たり、対応をしようと思ったら上手くできないなんてことはありませんか?今回は、カード以外のPayPayやコンビニ支払いについてやデフォルトの変更方法など、利用シーンに合わせて解説しますのでぜひ参考にしてくださいね。

クレジットカード情報を最新に更新する

「有効期限が切れていた」などの理由でクレジットカードが使えなくなっていた場合には、新たにカード情報を更新しておきましょう。クレジットカードの情報を更新する方法は以下の通りです。

  • 公式サイトのアカウントページから「注文履歴」に入り「注文内容の表示と変更」から「お支払方法を変更する」へ移動します。
  • お支払い情報のページから「支払い方法の追加」を選択すると「クレジットまたはデビットカードを追加」という表示があるのでそちらを選択し、新しいカード番号と名義人、有効期限を入力します。
  • 最後に「カードを追加」を選択して終了です。

これで新しい期限が設定されているカードが使えるようになり、支払方法を変更できたことになります。

こちらもチェック!
Amazonの支払いはクレジットカードがお得?メリットや支払い日、利用法など解説

Amazonのお支払いには、クレジットカードを利用するのがおすすめです。ポイントをお得に貯めたり、支払い回数を選べたりとさまざまなメリットがあります。そこで本記事では、クレジットカードを利用するメリットや流れをご紹介。クレジットカード払いができないケースや支払い方法の変更についても解説するので、ぜひご覧くださいね。

Amazonで支払いが承認されないのはどんな時?

Amazonで支払いを承認されなかった場合には、どのようなケースが考えられるのでしょうか。ここではいくつかのケースをご紹介するので、該当していないか確認してみてくださいね。

クレジットカードの有効期限が切れ

まず考えられるのは、クレジットカードの有効期限が切れていた場合です。カード情報を確認して、有効期限内かどうかをチェックしてみましょう。また、カード情報を入力する際にカード番号や名義人のスペルが間違っているケースもあるので、そちらも併せて確認しておくのがおすすめですよ。

金融機関の利用限度額を超え

クレジットカードで起きる支払い不承認のケースとして、もうひとつ考えられるのがクレジットカードの限度額を超えていた場合です。設定した限度額がいくらだったのか忘れていたり、家族共有カードで家族が大きな買い物をしていたりと、いつの間にか限度額を超えてしまっていることもあるでしょう。

Amazon以外でのお買い物や税金などのお支払いのほか、旅行などで同じカードを使用している場合は、該当月のお支払い内容を確認してみてくださいね。

利用した金融機関の電子商取引ポリシーの影響

金融機関やカード会社の電子商取引ポリシーの問題により、口座に登録している情報と実際の情報が一致していない場合、カードや口座が使用できない可能性があります。

たとえば金融機関に提出している住所が実際と異なっていたり、電話番号が間違っていたりといったケースが考えられるでしょう。電子商取引ポリシーは金融機関によって異なるため、カードが利用できなかった場合は金融機関に確認してみることが大切です。

こちらもチェック!
Amazonで利用可能な支払い方法は?支払い方法の追加や変更の仕方、注意点を解説

Amazonでお買い物をする際、どの支払い方法を利用するか悩む方もいるでしょう。 本記事では、Amazonで利用できる支払い方法を紹介し、変更方法や注意点についても解説しています。 記事を読み終える頃にはAmazonでの買い物がスムーズに進められるようになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

支払い不承認の理由は金融機関のみが開示できる情報

「本物のケースもあるが悪質メールの可能性も高い」という項目でも少し触れましたが、個人のクレジットカードや金融機関の情報は、Amazonで開示できる情報ではありません。Amazonでは、クレジットカードの有効期限切れのような支払い不承認の理由しか表示できないため、不承認となった詳しい理由が知りたい場合は、金融機関に問い合わせる必要があります。

注文できない!こんな場合の問合せ先は各金融機関

クレジットカードや金融機関の口座が使えず、Amazonで注文できない、というケースがあります。ここからは、欲しい商品を注文できないときの対処法を見ていきましょう。

1.過去の注文で承認されたお支払い方法なのに不承認

過去の注文では使用できたクレジットカードや金融機関と同じ支払い方法なのに注文ができなかった場合は、やはり利用限度額を超えているか、カードの有効期限を超えている可能性が考えられます。

また、金融機関によっては今までになかったような高額の出費などを「異常な取引」としてブロックする場合もあります。こちらはAmazonではわからない情報なので、金融機関に確認してみましょう。

2.注文の一部は正常に請求・発送されている

複数の商品を同じ支払い方法で同時に注文した際に、注文の一部は正常に発送されているのに一部の商品が注文できなかったというケースもあります。この場合は、買い物の途中で支払いの限度額を超えてしまっていたり、カード会社や金融機関のシステムエラーなどが考えられるので、金融機関に確認してみましょう。

また、注文時にカートに商品が入らなかった場合は、Amazonによる商品の在庫切れや取り扱いが終了したタイミングと重なっていたケースも考えられます。ページをリロードして商品がまだ販売されているかを確認してみてくださいね。

3.取引銀行の口座やカード利用枠に十分な残高がある

銀行口座やカードの利用限度額には十分な残高があるのに、Amazonのお買い物に使用できないという場合にはカードの利用期限が切れているか、カード情報の入力間違いなどが考えられます。

また、金融機関が定めている電子商取引ポリシーによっては限度額オーバーの回数や限度額を一度清算しないと利用できないなどの決まりがあるので、詳しい理由についてはそれぞれの金融機関に確認が必要です。

悪質な詐欺メールだった場合の対処法

支払い不承認として届いたメールが悪質な詐欺メールだった場合は、基本的には何もせず無視するのがおすすめです。間違っても個人情報やクレジットカード情報を入力しないよう、注意してくださいね。ここからは詐欺メールが届いた際の対応をお教えします。

基本的に無視をする・個人情報は入力しない

詐欺メールが届いた際には、基本的に送信者へのアクションは何も起こさず、無視したほうがよいでしょう

詐欺メールの目的は個人情報やカード情報の収集なので、返信をするとメールアドレスが知られてしまうことになります。メールアドレスを知られてしまうと迷惑メールがさらに増えたり、紐づけしているサービスを探られたりする危険性があるので、迷惑メールには絶対に返信しないようにしてくださいね。

Amazonカスタマーサービスに相談・報告する

Amazonを騙る迷惑メールが届いた際には、Amazonカスタマーサービスに報告するとよいでしょう。報告をする際には、メール内容や送信者のほかにも以下の情報を伝えるようにします。

こちらもチェック!
Amazonカスタマーサービスに電話で問い合わせする方法!つながらない時の対処法

まだ荷物が届いていないのにステータスは到着済みだったり、買った覚えがない商品の代金請求があったときはすぐに問い合わせるべきです。そこで今回は、Amazonのカスタマーサービスに電話で問い合わせるやり方を紹介します。

  • 自分の個人情報を伝えてしまったかどうか
  • Amazonのアカウント情報を教えたか
  • 金融機関やカード情報を伝えたか

Amazonのほうでそれぞれに対応する行動を教えてくれるので、それに沿ってアカウント情報の変更などを行いましょう。

もしも個人情報などを入力してしまったら…

Amazonの名前を使用した詐欺メールだったと気づかずに、もしも個人情報などを入力してしまった場合にはどうしたらよいでしょうか。

Amazonに報告することはもちろんですが、すぐにやっておきたい対応は以下の2つです。

パスワードアシスタントにアクセスして変更を急ぐ

Amazonのアカウントやパスワードなどを入力したり返信したりしてしまった場合には、Amazonの公式ページから自分のアカウントに入り「パスワードアシスタント」から早急にパスワードを変更しておきましょう。

まずパスワードを変更することで、詐欺メールを送ってきた送信者がAmazonに登録してある情報を収集したり、Amazonのサービスを利用したりといった不正を防ぐことができます。

クレジットカード会社などにすぐに連絡

迷惑メールに金融機関やクレジットカードの情報を伝えてしまった場合には、すぐに該当の金融機関に連絡して対応を聞きましょう。

金融機関やカード会社で、クレジットカードの使用を一時的に止めたり再発行したりといった対応をしてくれますよ。カードが悪用されていないからと安心せずに、被害に遭う前に対応策を講じておきましょう。

Amazonからのお支払い不承認を騙る詐欺メールに落ち着いて対処しよう!

Amazonを騙る詐欺メールや悪質メールには、落ち着いて対処することが大切です。「パスワードを変更する」「金融機関に連絡する」など事前に対処方法を知っておくことで、メールが届いたときにも慌てずに対処できますよ。ぜひ今回ご紹介した内容を家族とも共有して、怪しいメールに騙されないよう注意してくださいね。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazonの困ったを解決!のカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー