Amazonで利用可能な支払い方法は?支払い方法の追加や変更の仕方、注意点を解説

Amazonで利用可能な支払い方法は?支払い方法の追加や変更の仕方、注意点を解説

Amazonでお買い物をする際、どの支払い方法を利用するか悩む方もいるでしょう。

本記事では、Amazonで利用できる支払い方法を紹介し、変更方法や注意点についても解説しています。

記事を読み終える頃にはAmazonでの買い物がスムーズに進められるようになるので、ぜひ参考にしてください。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

Amazonで使える支払い方法は?

2023年10月現在、 Amazonで使える支払い方法は下記の通りに定められています。

  • クレジットカード払い
  • Amazonギフト券(ギフトカード)
  • コンビニ払い
  • ATM払い
  • ネットバンキング払い
  • 電子マネー払い
  • あと払い(ペイディ)
  • 携帯決済
  • 代金引換
  • PayPay
  • Amazonポイント払い
  • d払い

全部で12種類あるので、ご自身が利用しやすい支払い方法をご検討ください。各支払い方法の特徴について、以下で解説していきます。

1.クレジットカード払い

Amazonでのクレジットカード払いは、ほとんどの商品に利用できるメリットがあります。

加えて、クレジットカード会社によってAmazonに特化した特典を扱っているケースがあるため、ポイント還元やキャッシュバックなども期待できます。

なお、Amazonで利用できるクレジットカードのブランドは下記の通りです。

  • American Express
  • Mastercard
  • Visa
  • Diners Club
  • JCB
  • 銀聯

今後、Amazonのお買い物でクレジットカードを使用する予定の方は、お手持ちのカードと上記の内容を合わせて確認してみましょう。

初回の利用でクレジットカード払いがデフォルトに

Amazonで利用するクレジットカード払いは、他の支払い方法よりも手軽に決済できるメリットがあります。一度クレジットカードを登録することで、次回以降の買い物時に、再入力する必要がないからです。

一方、コンビニ払いやATM払いなどは、振り込みやチャージによる時間と手間が発生してしまいます。

しかしクレジットカード払いなら、ご自宅で決済が完了するため手軽にAmazonでの買い物を楽しめます。

AmazonマスターカードならメリットUP!

Amazonで利用するクレジットカードとしては、Amazon Mastercardをおすすめします。

Amazon Mastercardは、年会費無料で利用でき、最大2%ポイント還元が適用されるカードです。なお、プライム会員の方なら2%のポイント還元が自動的に付与されます。またコンビニでの買い物に利用すると最大1.5%のポイント還元が適用されます。

Amazonやコンビニを頻繁に利用する方、プライム会員の方はぜひ利用するのをおすすめします。

2.Amazonギフト券(ギフトカード)

Amazonの支払い方法としては「Amazonギフト券(ギフトカード)」を利用するのも有効です。

Amazon公式サイトでの決済なら手数料が発生しないため、お得に買い物を楽しめるでしょう。また利用できる商品も幅が広く、金券類以外の商品が対象とされています。

デジタルコンテンツの購入にも対応しているため、支払い方法を使い分ける必要もありません。クレジットカードを持っていない方や「クレジットカードを使いたくない」という方は、ぜひAmazonギフト券(ギフトカード)を利用してみてください。

Amazonギフトカード 商品券タイプ

商品情報

Amazon.co.jpで使えるギフトカードです。
数億種の商品・サービスに利用できます。 ※Amazonギフトカードなど、細則に基づき一部制限あり。
ギフトカード1枚が封筒に封入されています。
有効期限は発行から10年です。

3.コンビニ払い

コンビニ払いも、Amazonの支払い方法として利用できます。

2023年10月現在は、下記の6つがAmazonのコンビニ払いに対応しています。

  • ローソン
  • ミニストップ
  • セブンイレブン
  • セイコーマート 
  • ファミリーマート
  • デイリーヤマザキ(ヤマザキデイリーストア)

また、コンビニ払いはレジでの現金支払いを行うため誰でも利用しやすく、手数料が発生しないメリットがあります。

しかし、以下の商品をAmazonで購入する際場合は、コンビニ払いの対象外であることを押さえておきましょう。

  • お急ぎ便
  • 定期おトク便
  • お届け日時指定便
  • Amazonフレッシュ
  • Amazonギフトカード
  • 支払い方法に制限をがある商品
  • Amazonマーケットプレイスの一部商品
  • Amazonコイン
  • デジタルコンテンツ
  • 合計金額が50万1円以上の注文
  • 高額な時計
  • ほしい物リスト

「Amazonの買い物を現金で決済したい」「手数料を抑えたい」と考えている方は、コンビニ払いをおすすめします。

4.ATM払い

AmazonでATM払いを利用する際は、Pay-easy(ペイジー)というサービスを活用します。

Pay-easy(ペイジー) とはATMの画面を操作しチャージ金額を振り込める仕組みで、スマホやパソコンからも振り込めます。

しかし、利用している銀行によっては手数料が発生するので注意しましょう。

なお、Pay-easy(ペイジー)に対応しているATM一覧は下記の通りです。

  • 千葉銀行
  • 横浜銀行
  • 広島銀行
  • 福岡銀行
  • 東和銀行
  • 京葉銀行
  • 熊本銀行
  • 南都銀行
  • 足利銀行
  • JAバンク
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 七十七銀行
  • 百十四銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 八十親和銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行

また、下記の商品を購入する際は、ATM支払いが利用できないため、確認しておきましょう。

  • お急ぎ便
  • 定期おトク便
  • お届け日時指定便
  • Amazonフレッシュ
  • Amazonギフトカード
  • 支払い方法に制限をがある商品
  • Amazonマーケットプレイスの一部商品
  • Amazonコイン
  • デジタルコンテンツ
  • 合計金額が50万1円以上の注文
  • 高額な時計
  • ほしい物リスト

AmazonのATM払いは、地方銀行にも対応しているため「近所にコンビニがない」という方も利用しやすいといえます。

5.ネットバンキング払い

Amazonの支払い方法には、ネットバンキング払いも含まれています。

「ネットバンキング払い」とは、指定のリンクから振り込める支払い方法であり「auじぶん銀行」と「住信SBIネット銀行」が対応してます。手数料なしで利用でき、パソコンやスマートフォンから支払いを完了できます。

しかし、以下の商品はAmazonのネットバンキング支払いに対応していないため注意しましょう。

  • Amazonマーケットプレイスの一部商品
  • 当日お急ぎ便
  • 小計額20万円以上の注文
  • 支払い方法に制限がある商品
  • ほしい物リスト
  • Amazonフレッシュ
  • Amazonギフトカード
  • Amazonコイン
  • デジタルコンテンツ
  • Amazon Hubロッカーで受け取る商品
  • ヤマト運輸の営業所
  • 宅配便ロッカー(PUDO)で受け取る商品

6.電子マネー払い

Amazonでは、電子マネーの決済も利用できます。

対応しているのは下記の4種類です。

  • 支払秘書
  • 楽天Edy
  • JCB PREMO
  • モバイルSuica

支払い方法は異なりますが、手数料が発生する心配がないため安心して利用できます。

また各種電子マネー固有のポイントを貯められ、Amazonポイントと併せて二重取りが狙えるのも魅力です。

しかし下記の商品には、電子マネー払いが適用できないため注意しましょう。

  • Amazonマーケットプレイスの一部商品
  • お急ぎ便
  • お届け日時指定便
  • 定期おトク便
  • Amazonフレッシュ
  • 支払い方法に制限がある商品
  • Amazonギフトカード(チャージタイプを除く)
  • Amazonコイン
  • デジタルコンテンツ
  • 合計金額が50万1円以上の注文
  • 高額な時計
  • ほしい物リスト

商品日常的に電子マネーを利用している方は、利用してみると良いでしょう。 

7.あと払い(ペイディ)

Amazonの支払いでは、あと払い(ペイディ)も利用できます。あと払いとは、翌月に1ヶ月分の代金をまとめて決済するサービスです。

たとえば、6月1日から6月30日の期間で買い物した場合、7月1日〜7月10日の期間で代金を支払います。

また、あと払いは事前審査や入会金が発生しないため、誰でもすぐに利用できる魅力があります。

しかし下記の商品を購入する際は、あと払いを利用できないので注意しましょう。

  • 海外配送
  • 定期おトク便
  • Amazonビジネス
  • Amazonフレッシュ
  • Amazonギフトカード
  • 合計金額25万円以上の注文
  • 提携ネットスーパー(ライフ、バロー、成城石井)でのご注文
  • デジタルコンテンツ(Kindle本、Kindle Unlimited、Amazon Music Unlimitedを除く)

あと払いは「クレジットカードを持ってないけれど、後払いを利用したい」「給料日前で手持ちが足りない」という方におすすめです。

8.携帯決済

Amazonでは「携帯決済」にも対応しており、購入時の代金と通信料金を合わせて支払えます。

なお、2023年10月現在、以下のキャリアで携帯決済を利用できます。

  • ・Y!mobile
  • au/UQ mobile
  • SoftBank/LINEMO
  • NTTdocomo/ahamo携帯

携帯決済はクレジットカードと同様に支払いがスピーディーに行え、残高チャージをしておく必要がないのがメリットです。

ただし、下記の商品については携帯決済を利用できないため、事前に確認しておきましょう。

  • 定期おトク便
  • Amazonフレッシュ
  • Amazonギフトカード
  • Amazon Payで支払った商品
  • 提携ネットスーパー(ライフ、バロー、成城石井)
  • デジタルコンテンツ(Kindle本、Kindle Unlimited、Amazon Music Unlimited、Prime Videoを除く)

Amazonの携帯決済は、支払いの回数を減らして時間を短縮したい方におすすめします。

9.代金引換

代金引換とは、商品が届くタイミングで配達員と対面で決済をする方法です。

自宅で決済が完了するため、ATM払いやコンビニ払いよりも手間がかからないメリットがあります。

しかし以下の商品を購入する場合、代金引換を利用できないため注意しましょう。

  • 当日お急ぎ便
  • Amazonコイン
  • デジタルコンテンツ
  • Amazonフレッシュ
  • Amazonギフトカード
  • ほしい物リストからの注文
  • 商品の小計額が20万円以上
  • 支払い方法に制限がある商品
  • Amazon Hubロッカーに届く商品
  • Amazonマーケットプレイスの一部商品
  • ヤマト運輸の営業所
  • 宅配便ロッカー(PUDO)で受け取る商品

「外出せずに支払いを済ませたい」「支払いを忘れてしまいそうで不安」という方は、代金引換を利用してみてはいかがでしょうか。

10.PayPay

Amazonでの支払い方法として、2022年4月に「PayPay(ペイペイ)」が追加されました。スマートフォンにPayPayのアプリをインストールし、残高をチャージすることで利用できます。

日常的にPayPayを利用している方なら、利用する場面が増えるため、より効率よくポイントを貯められるでしょう。

また、AmazonでPayPayを利用した場合、支払い額の0.5〜1%のポイント還元が付与されます。Amazonでポイント還元率1%の商品を購入すれば、ポイントの二重取りができるのです。さらに現金チャージで支払いをした場合も、0.5〜1%のポイントを獲得できます。

しかし、下記の商品はPayPayを利用して購入できないため注意が必要です。

  • 定期おトク便
  • ライフ/バローの商品
  • Amazonビジネスの商品
  • Amazonフレッシュの商品
  • 合計金額30万円以上の注文
  • Amazon Payで支払った場合
  • Amazonギフトカード
  • デジタルコンテンツ(Kindle除く)

AmazonでPayPayを利用するなら、お得に買い物をしたい現金派の方におすすめといえます。

PayPayを支払い方法に追加する方法

AmazonでPayPayを利用する方法について、操作画面とともに確認していきましょう。

①Amazonのサイト内から「アカウントサービス」の「お客様の支払い方法」を選びます。

②「PayPayアカウントを追加」を選びます。

③アカウント連携して完了です。

上記の手順を進めて、PayPayアカウントが「お支払い方法を選択」に表示されているのを確認しましょう。

11.Amazonポイント払い

Amazonポイント払いは、代金の一部から全額を充てて決済できる支払い方法です。

たとえば5,000円の商品を購入した場合、3,000円分をAmazonポイントで支払い、残りを別の支払い方法に充てられます。

しかしAmazonポイントを利用できない商品もあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

  • 定期おトク便
  • Amazonコイン
  • Amazonギフト券
  • Amazonフレッシュ商品
  • 1-Clickで注文できる商品
  • デジタルコンテンツ商品(Kindleを除く)

なおAmazonポイントは、支払いを確定する時に表示される「注文を確定する」ボタンがある画面で支払い方法を変更して利用可能です。

12.d払い

Amazonでは、d払いを利用して決済できる特徴もあります。購入時のAmazonポイントに加えてdポイントが加算されるため、よりお得にお買い物を楽しめます。

しかしd払いを利用するためには、ドコモ回線を所有している必要があります。また、spモードやahamoを契約していることも条件の1つです。

Amazonでd払いを利用する際は、 ドコモユーザーのみが対象であることに注意しましょう。

Amazonでd払いは、dポイントを溜めている方や、現金支払いをしたくないdocomoユーザーの方におすすめです。

d払いを支払い方法に追加する方法

Amazonでd払いを利用する際は下記の手順で、設定を済ませておく必要があります。

1つずつ確認していきましょう。

Amazonの公式サイトにログインし「アカウントサービス」の「お客様お支払い方法」を選択します。

・「カード&アカウント」の右隣にある「+追加」を選択しましょう。

・「携帯決済」を選び「docomo d払い」を選びます。アカウントタイプを設定した後「続行」を選択しましょう。

・docomoの決済画面に移動し、4桁のパスワードを入力しましょう。入力後は、画面下の「承諾」をタップします。承諾番号を確認したら「次へ」を選択して完了です。

Amazonで支払い方法の変更は可能?

Amazonで支払い方法を変更することは可能です。

しかし注文後のタイミングによっては、支払い方法をできないケースもあります。

ここでは、Amazonの支払い方法変更について解説します。

支払い方法変更できるのはいつまで?

Amazonの支払い方法は、商品の出荷準備前に済ませておく必要があります。

おすすめのタイミングは、注文が確定する前に変更しておくことです。特に、登録しているクレジットカードの情報を変更する場合は、商品注文後に慌てる心配がなくなります。

Amazonの支払い方法は 「出荷準備中」のタイミングまでに 変更しておきましょう。

支払い方法変更できないタイミングは?

Amazonの支払い方法は、商品の出荷準備が始まったタイミングで変更できなくなります。

また下記の支払い方法を利用した場合は、支払い番号の発行後に変更できないことも押さえておきましょう。

  • ATM払い
  • コンビニ払い
  • 電子マネー払い
  • ネットバンキング払い

商品のステータスが「出荷準備中」「発送済み」の場合は、支払い方法が変更できなくなるので注意が必要です。

Amazonで支払い方法を変更する3つの方法

Amazonで支払い方法を変更する方法は下記の3つです。順番に詳しく解説していきます。

1.注文前にアカウントサービスで変更する

2.注文時に支払い方法の変更をする

3.注文後に支払い方法を変更する

1.注文前にアカウントサービスで変更する

Amazonの支払い方法は、商品を注文する前ならアカウントサービスから変更できます。下記の手順に沿って、まずは「アカウントサービス」から「お客様の支払い方法」を選びましょう。

・支払い方法を追加する場合は「追加するお支払い方法のカテゴリー」の「支払い方法の追加」を選びます。

・「このお支払い方法を使用」を選択して、変更完了です。

・一方、クレジットカードの更新や支払い方法を削除する場合は、該当するお支払い方法を選択し、「編集」を選びましょう。登録情報を変更する項目を編集でき、削除したい場合は「Amazonウォレットから削除する」を選びます。

2.注文時に支払い方法の変更をする

Amazonの支払い方法は、注文時に変更することも可能です。お届け先を確認する画面から支払い方法を変更しましょう。

加えて、新しい支払い方法を追加することも可能です。詳しい変更方法を下記で確認しましょう。
商品をカートに入れてレジに進み「お支払い方法」の隣にある「変更」を選びます。
「お支払い方法を選択」を選んで、変更を確定しましょう。

⑩レジに進んで「支払い方法」を選ぶ画像(該当箇所を印入れ加工)最後に注文を確定させ、手元に荷物が届くのを待ちましょう。

・なお、商品をカートに入れた後「今すぐ購入」を選んだ場合、登録している決済方法が適用されるため注意が必要です。

3.注文後に支払い方法を変更する

Amazonの支払い方法は注文後にも変更でき、支払い方法を間違えて選択してしまった場合でも、安心して変更できるメリットがあります。詳しい変更方法を下記の3ステップにまとめました。

①アカウント&リスト内の「注文履歴」をクリックする

②商品横の「注文内容の表示と変更」をクリックする

③ただし、注文後の支払い方法を変更できるのは「出荷準備前」のステータスが適用されている期間のみです。「出荷準備中」や「発送済み」と表示されている商品は、支払い方法を変更できないため注意しましょう。

詐欺かも!支払い方法関連のメールは注意が必要

Amazonの支払い方法を変更する際は、下記の関連メールに注意する必要があります。

  • 支払い方法に異常が検出されましたメール
  • 支払い方法を更新してくださいメール
  • 必ずAmazon公式サイトのアカウントから確認

悪質な詐欺にあわないためにも、1つずつ確認していきましょう。

支払い方法に異常が検出されましたメール

「Amazonの支払い方法に異常が見つかった」とメールで届いた場合は、詐欺である可能性があります。メールに添付されたURLは、悪質なサイトへ誘導されるリスクがあるため触れないようにしましょう。

なお、Amazonの公式サイトから支払い方法に関するメールが届くのは、下記のケースのみと発表されています。

ご注文に使用するカードでのお支払いが承認されなかった場合には、カード情報を再送信するよう求めるEメールが届きます。

情報を再送信いただいたカードでのお支払いも不承認になると、注文はキャンセルされます。
この場合、該当商品を購入するには、改めてご注文いただく必要があります。

上記のケース以外でメールを受信した際は、詐欺の可能性を疑いましょう。

支払い方法を更新してくださいメール

Amazonから「支払い方法を更新してください」という内容のメールが届いた場合も注意が必要です。詐欺のケースが高く、騙される危険が考えられます。

しかしAmazonにクレジットカードを登録している場合は、有効期限切れに関するメールが届くケースもあるでしょう。

メールの詳細については、下記に詳しく紹介されていますので合わせてご確認ください。

必ずAmazon公式サイトのアカウントから確認

Amazonから届いたメールが本物か偽物か分からない場合は、公式サイトにログインして確認しましょう。

アカウントサービスのメッセージセンターには、Amazonの公式から届くメールが一覧でまとめられています。

⑮Amazonアカウントのメッセージセンターを選ぶ画像(該当部分を印入れ加工)Amazonから「支払い方法を変更してください」というメールが届いた際は、詐欺の可能性を疑い、上記のように公式サイトから確認するのをおすすめします。

Amazonでの支払い方法について確認しよう

本記事では、Amazonで利用できる支払い方法や変更の手順、注意点について紹介しました。

Amazonでは12種類の支払い方法に対応しているため、ご自身の収入や買い物の頻度に合わせて選択できます。

なお、支払い方法を変更する際は悪質な詐欺に巻き込まれないように注意しましょう。本記事を参考にして、まずは利用しやすい支払い方法の比較検討から始めてみましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon入門ガイドのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー