目次

Amazon Pay(アマゾンペイ)とは?使い方からメリット・デメリットまで

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

便利な決済方法として、Amazon Payがありますが、利用したことがなく便利さや快適さなどよく分からない方もいるかもしれません。

そこで本記事では、Amazon Payの使い方から、メリットやデメリットまで詳しく解説します。

今まで使ったことがない決済方法を選ぶのに不安がある方も安心して利用できるようになる内容なので、ぜひご一読ください。

Amazon Payとは?

Amazon Pay(アマゾンペイ)とは、Amazonアカウントを使った、簡単で便利な決済サービスです。

Amazon Payを利用すれば、Amazonサイト以外でもAmazonで登録されている住所やクレジットカード情報などを使って、商品やサービスの支払いができるため、支払い情報や配送情報を入力する手間を省くことができます。

AmazonアカウントにAmazonギフトカードが登録されていて、残高がある状態であれば、Amazon Payで支払う際にAmazonギフトカードの残高を利用することもできます。

Amazon Payの使い方

Amazonアカウントがない方は、以下のようにアカウントを新規作成してください。

  • 1. Amazonアカウントを作成する
  • 2.作成したAmazonアカウントでAmazonにログインする

Amazon Payの使い方は以下の通りです。

  • 1.商品を購入する際に「Amazon Pay」を決済方法として選択する
  • 2.Amazonアカウントでログインする
  • 3.氏名や住所(配送先)やクレジットカード情報が自動入力されるため、間違いないか確認する
  • 4.注文した商品の個数や色など、注文内容をすべて確認する
  • 5.完了

Amazon Payの使い方は非常に簡単です。Amazonサイト以外でも、決済方法にAmazon Payを選ぶことで氏名や住所(配送先)、クレジットカード情報などを自動入力してくれるため、間違いないか確認するだけで完了します。

こちらもチェック!
Amazon Payの使い方は?支払い方法やメリット、使えるECサイトも解説

Amazon Payは、Amazonアカウントを使って決済ができる便利なサービスです。 郵便局「クリックポスト」や出前館、BASE加盟店などのECサイト(ネットショップ)で利用できます。 本記事では、そんなAmazon Payの基本的な使い方や支払い方法と設定の流れ、使うときの注意点などを解説します。

Amazon Payが使える店

Amazon Payは「出前館」「ふるさとチョイス」「めちゃコミック」「FOD(フジテレビオンデマンド)」「朝日新聞デジタル」など、幅広いお店で使うことができます。

日本に拠点がある法人で、Amazon規定の禁止ビジネスカテゴリー、あるいは、導入サイト内に禁止商材を取り扱っていない販売事業者なら、登録可能です。

Amazon Payを導入すると、販売事業者側にとってみると、セキュリティを強化して安心な決済を提供でき、最短3ステップで完了するため、途中で買い物をやめてしまう心配を減らすことができるメリットがあります。そのため、続々とAmazon Payを導入するお店が増えてきています。

Amazon Payのチャージ方法

Amazon Payでは、あらかじめチャージしておくことで、Amazonギフトカードを利用可能です。

Amazonギフトカードとは、Amazonサイトで買い物をするときに利用できるギフトカードです。名前に「ギフト」が付いていますが、自身で利用することもできます。

デジタルタイプ(注文後すぐに利用可能)としては、Eメールタイプ・印刷タイプ・チャージタイプがあり、配送タイプ(お急ぎ便で当日・翌日のお届け)としては、商品券タイプ・ボックスタイプ・封筒タイプ・グリーティングカードタイプ・マルチパックがあるため、自由に選びましょう。

これらには、14文字または15文字のアルファベットと数字で構成される番号である、ギフトカード番号が書かれています。Amazonアカウントにログインして「ギフトカード番号を入力してください」の入力欄にハイフンなしで入力して「アカウントに登録する」ボタンを押すと使えるようになります。

ちなみに、Amazon Payではギフトカードのチャージ以外に以下の支払い方法が利用可能です。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • あと払い (ペイディ)

なお、利用可能なクレジットカードは、Visa・MasterCard・American Express・JCB・Diners Clubです。

こちらもチェック!
Amazonギフト券の使い方!購入方法や登録方法、チャージの仕方まで解説

Amazonのお買い物に使える「Amazonギフト券」は、ちょっとした贈り物にもぴったりな商品です。このギフト券、実はAmazon以外でも使用でき、チャージタイプがあるのをご存じでしょうか?ここではAmazonギフト券は何に使えるのか?などの疑問や、残高の見方やチャージの仕方などについてご紹介します。

領収書の受け取り方

販売事業者は、購入者に領収書または確認書(Eメールあるいは書面)を交付しなければいけないことになっているため、Amazon Payでも領収書を受け取ることができます。

ただAmazon Payの領収書は、購入したサイトによって発行方法が異なりますのでご注意ください。

Amazonでの買い物時にAmazon Payで支払った場合、基本的には「注文履歴」から領収書が発行できるようになっています。具体的な手順は以下のとおりです。

  • 1.Amazonアカウントでログインする
  • 2.「返品もこちら 注文履歴」をタップする
  • 3.「領収書等」をタップする

領収書あるいは確認書には、以下を記載することになっています。

  • 購入日
  • 購入合計金額(配送料と税金を含む)
  • 配送先住所(商品が配送された場合)
  • 購入品について商品説明や商品コンディション(新品以外の場合)
  • 価格
  • 購入数量

注文履歴の確認方法

注文履歴は、Amazon Payで購入したアカウントにログイン後「Amazon Payマイページ」で確認可能です。

Amazon Payマイページは、通常の注文履歴の上部にある「Amazon Pay」タブから移動することができます。また、Amazon Payからのメール「ご利用の確認」「ご請求内容のお知らせ」などのリンクからも移動できるため、チェックしましょう。

注文履歴は、1ページに20件ずつ表示され、最大400件までさかのぼることが可能です。400件より前に購入したものについては、Amazonサイトで「マイデータをリクエスト」をするとデータ出力できます。マイデータをリクエストする手順は以下の通りです。

  • 1.「Amazonヘルプ」 > 「マイデータをリクエストする」
  • 2.「データカテゴリーを選択する」で「すべてのデータをリクエストする」を選択し、「リクエストを送信する」をクリック
  • 3.リクエスト完了後、Amazon.co.jpから届いたメール(件名「データリクエストの確認」)の「データリクエストを確認」をクリックする
  • 4.データの量にもよりますが、通常なら1週間~1ヶ月程度でAmazon.co.jpからメール(件名「データリクエスト」)が届くため、メール上の「データのダウンロード」をクリックしてリンク先のページにログインする
  • 5.Amazon Pay注文履歴を「 PaymentOptions.3.AmazonPayOrderDetails.zip 」で確認する

実施しているAmazon Payキャンペーン

Amazon Pay主催のキャンペーンが定期的に開催されています。たとえば、Amazonギフトカードが最大1万円還元されるというキャンペーンです。

過去には、出前館とのタイアップで、8月の金曜日・土曜日・日曜日に利用すると最大全額戻ってくるキャンペーンが開催されていました。

ほかには、プライム会員ならAmazon Payの利用時にギフトカードを使ったら2.0%還元されるというキャンペーンもありました。

こういったキャンペーン情報は随時更新されるため、こまめにチェックするとよいでしょう。

Amazon Payの5つメリット

Amazon Payを利用するメリットとして以下の5つが挙げられます。

メリット
  • 早く簡単に決済できる
  • 手数料無料で代金引換やコンビニ払いができる
  • Amazonマーケットプレイス保証を使って返品や返金の申請ができる
  • Amazonギフトカードを使って支払ったら最大1%還元される
  • セキュリティ体制が整っているため安心して購入できる

どれもお得な情報ですので、以下で詳しく解説します。

早く簡単に決済できる

まず、早く簡単に決済できるというメリットがあります。

Amazon Payを利用すると、ネットショップで新たに会員登録する必要がないため、通常の購入フローよりも早く簡単に決済できます。具体的には、氏名や住所(配送先)、クレジットカード情報などを入力する必要がありません。

手数料無料で代金引換やコンビニ払いができる

また、Amazon Payではギフトカード残高で支払う方法があるため、手数料無料で代金引換やコンビニ払いができます

Amazonギフトカード残高での支払いは、コンビニやATMを経由した現金購入(チャージ)が可能です。

そのため、代金引換やコンビニ払いといった現金での支払い方法がなくても、Amazon Payを利用すれば、間接的に現金による支払いが可能になります。

代金引換には手数料が発生するため、現金チャージした方が手数料がかからずお得に感じるでしょう。

Amazonマーケットプレイス保証を使って返金の申請ができる

そのほか、Amazonマーケットプレイス保証を使って返金の申請ができるのも魅力的です。

もしAmazon Payを利用した買い物で満足できなかった場合、返金を申請する条件を満たしていれば、Amazonマーケットプレイス保証を使って購入代金の返金などができます。

Amazonマーケットプレイスの保証対象の具体例は、以下などです。

  • 商品が届かずにお届け予定日の最終日から3日経過した
  • お届け先に配送完了となっているが、商品が届いていない
  • 配送状況を確認できる方法で商品を返品したが、出品者が返金をおこなわない
  • 届いた商品に不具合や損傷がある
  • 商品説明と著しく異なる

Amazonギフトカードを使って支払ったら最大1%還元される

Amazonギフトカードを使って支払ったら最大1%還元されるというメリットもあります。

Amazonギフトカード残高を支払い方法に設定してAmazon Pay決済をすると、通常会員は0.5%、プライム会員は1%還元されます。

たとえば、1万円の買い物をした場合、100円相当が還元されるという計算です。大きな金額の買い物なら、とてもお得に感じるでしょう。

セキュリティ体制が整っているため安心して購入できる

また、セキュリティ体制が整っているため安心して購入できるということも挙げられます。

ネットショッピングで個人情報を入力するのに不安を感じる方もいるかもしれません。しかし、Amazon Payでは、Amazonによる世界水準のセキュリティのもとで決済がおこなわれるため、安心して利用できます。

暗号化通信の技術は高く、脆弱性が発見されているSSLへのサポート中止をおこなうなど、安心安全で信頼できるサービスだといえるでしょう。

Amazon Payの2つのデメリット

Amazon Payの5つのメリットを紹介しましたが、一方でデメリットも2つあります。具体的には、以下の2つです。

デメリット
  • Amazonポイント利用ができない
  • 支払い方法に制限がある

少々不便さを感じることもあるでしょう。それぞれどのような内容なのか詳しく解説します。

Amazonポイント利用ができない

1つ目は、Amazonポイント利用ができないということ。

Amazonポイントとは、Amazonで買い物をすると貯まるポイントのことです。通常は次回以降の買い物で利用できるのですが、Amazon Payでの支払いでは利用できないことになっています。

多くのAmazonポイントが貯まっている場合、利用できないことに不便さを感じるため、改善してほしいと考えているユーザーも少なくありません。

こちらもチェック!
Amazon Payの利用でポイントはつく?使える?お得に貯める方法を紹介

Amazonで商品を購入するともらえる「Amazonポイント」。せっかく貯めたポイントをお得に使いたいと思う方も多いことでしょう。また、Amazon Payで「ポイントを使える?ポイントは貯まる?」と気になる方もいるのではないでしょうか? そこで本記事では、Amazon Payの特徴やメリット、お得なポイントの貯め方や利用方法などを中心にわかりやすく解説します。

支払い方法に制限がある

2つ目は、支払い方法に制限があるということ。前述でも触れた通り、Amazon Payで選択できる支払い方法は以下のみです。

  • Amazonギフトカード
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • あと払い (ペイディ)

「あと払い (ペイディ)」については知らない方も多いかと思いますので、詳しく解説します。

あと払い(ペイディ)とは、クレジットカードや事前登録が不要で、メールアドレスと携帯番号だけで買い物できるサービスです。利用方法は以下の通り4ステップ。

  • 1.ネットショップの支払い方法で「あと払い(ペイディ)」を選択して、メールアドレスと携帯番号を入力する
  • 2.SMSで届く4桁の認証コードを入力して購入する
  • 3.翌月1~3日の間にメールとSMSにて請求金額のお知らせが届く
  • 4.翌月10日までに、コンビニ払い・銀行振込・口座振替のいずれかで支払う

これらの支払い方法もあるため、十分にサービスが整っているとも考えられますが、Amazon Payでは、以下は利用不可なので、不便さを感じる方も少なからずいます。

  • PayPay
  • 携帯決済(キャリア決済)
  • 電子マネー支払い

Amazon Payでスムーズに買い物を楽しもう

本記事では、Amazon Payの使い方から、メリット・デメリットまで詳しく解説しました。

Amazon Payの最大の魅力は、早く簡単に決済できるところではないでしょうか。ネットショップごとに会員登録するのは面倒ですし、セキュリティも気になるところ。

そこで、Amazon Payを使ってスムーズに買い物することに魅力を感じる方も多くいます。商品によっては、スムーズに決済完了までいかないとすぐに売り切れてしまうこともあるため、ぜひAmazon Payを活用しましょう。

Amazonポイント利用ができず、支払い方法に制限があるというデメリットも考慮しなければいけませんが、それでも、クレジットカードやデビットカード、Amazonギフトカードなどは使えるため、さほど不便さを感じないかもしれません。

インターネットショッピングで今まで使ったことがないサービスを使い始めるのは少し勇気がいるかもしれませんが、Amazon Payに関しては不安になる必要はありません。ぜひ、快適に買い物を楽しんでください。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazonのもっとお得な活用術のカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー