目次

Amazon「コンビニ支払い」ローソンでのやり方を解説!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonで現金支払いをする際に、手数料無料で利用できる「コンビニ支払い」。この記事ではローソンでの支払い方法をはじめ、他のコンビニでの支払い方法や注意点などもご紹介しています。コンビニ支払いをしたことがないに方もわかりやすいよう、詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

Amazonでコンビニ支払いをする方法

Amazonでコンビニ支払いを利用する場合は、以下の手順と流れを参考にしてください。

  • 1. 購入したい商品をカートに入れてレジに進み、お届け先住所・発送オプション・配送オプションを選択する
  • 2. 「支払い方法を選択」から「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択する
  • 3. 注文を確定する
  • 4. Amazonから「注文確定メール」が届く
  • 5. 商品の発送準備が整ったら、11ケタの番号が記載された「お支払い番号お知らせメール」が届く
  • 6. コンビニで支払いをする(※コンビニによって支払い方法が異なります)
  • 7. 支払い確認後、商品がAmazonから発送される  

注文時にコンビニ支払いを指定し、Amazonからメールで支払い番号が届いたら、コンビニで支払いを済ませるだけと簡単です。コンビニによって実際に支払う際の流れが異なりますが、以下ではローソンでの支払い方法について解説しますね。

Amazonのコンビニ支払いをローソンでやる方法

コンビニ支払いを指定したら、以下の手順を参考にしてローソンで支払いを済ませましょう。なおローソンの場合は、店舗内にある「LoPPi(ロッピー)」という、マルチメディア端末を利用します。

  • 1. LoPPiで「各種番号をお持ちの方」を選択する
  • 2. Amazonからメールで届いた「お客様番号(お支払い番号)」を入力する
  • 3. 確認番号は「8888」を入力する
  • 4. 画面に表示される内容を確認し、問題がなければ「はい」を選択する
  • 5. 支払い時の注意事項を確認し、問題がなければ「はい」を選択する
  • 6. 申込券が印刷されるので、30分以内にレジへ持参して支払いをする  

LoPPiでの作業は番号の入力以外にほとんど時間がかからないので、慣れればすぐに支払いできますよ。

他のコンビニでの支払い方法

次に、ローソン以外でのコンビニ支払いの方法を解説します。セブンイレブン・ファミリーマート・ミニストップ・デイリーヤマザキ・セイコーマートの5つをご紹介するので、ローソンでの支払い方法と比較したい方もぜひ参考にしてくださいね。

1.セブンイレブン

セブンイレブンでの支払いの場合は、Amazonから届くメールに記載の「お支払い番号」とは別の番号が必要になります。

Amazonから届くメールに記載されている「お支払い方法別の手順」のURLを選択する

Amazonから届くメールに記載のURLからセブンイレブンでの支払いを選択し、表示された払込票をレジで提示し、支払いするだけで完了です。店頭の専用端末を利用する必要がないため、よりスマートに支払いできますね。

  • 1. Amazonから届くメールに記載されている「お支払い方法別の手順」のURLを選択する
  • 2. 「店頭レジ」を選択する
  • 3. 「セブンイレブンでのお支払い」を選択する
  • 4. 「インターネットショッピング払込票」に番号が表示される
  • 5. レジで「インターネットショッピング払込票」を提示し、料金を支払う  

2.ファミリーマート

ファミリーマートの場合は、ローソンのLoPPiのような端末「Famiポート」を利用します。券が印刷されるタイプは印刷してから30分以内に支払う必要があるので、買い物もするなら支払いの直前に発行しておくと安心ですね。

  • 1. 店内にあるFamiポートの「代金支払い/チャージ(コンビニでお支払い payment/charge)」を選択する
  • 2. 「番号入力」を選択する
  • 3. Amazonから届くメールに記載されている「お客様番号」を入力する
  • 4. 確認番号は「8888」を入力する
  • 5. 表示される内容を確認して、問題がなければ「上記の内容を確認しました」を選択する
  • 6. 支払い内容を確認して、間違いがなければ確認ボタンを押す
  • 7. 申込券が印刷されるので、30分以内にレジへ持参し料金を支払う  
こちらもチェック!
ファミリーマートのAmazonコンビニ受け取りのやり方を紹介!受け取り期限は?

仕事などで家を空けることが多い人は、Amazonで注文した商品をなかなか受け取れず困ってしまったという経験があるのではないでしょうか。そんなときは、コンビニ受取を利用するのが便利です。 この記事では、ファミリーマート(ファミマ)でAmazonの商品を受け取るためのやり方について、詳しく解説します。

3.ミニストップ

ミニストップでの支払いは、ローソンでの支払いと同じ手順でできます。ミニストップにもLoPPiがあるので、LoPPiで「各種番号をお持ちの方」を選択し、「お客様番号(お支払い番号)」と「確認番号」を入力して申込券を発行してください。ミニストップも券の発行から30分以内にレジに持参して料金を支払う必要があるため、買い物ついでに支払う場合は買い物の最後に券を発行しておくとよいでしょう。

4.デイリーヤマザキ

デイリーヤマザキでは、他のコンビニのようにレジへ向かう前に必要な手順がありません。直接レジへ向かい、「オンライン決済」する旨を店員に伝えましょう。

そして、レジのタッチパネルに、Amazonから届くメールに記載されている「お支払い番号(お客様番号)」を入力し、そのままレジで料金を支払えば完了です。コンビニ支払いの中でも比較的簡単に支払えるので、端末の操作に抵抗がある方はデイリーヤマザキを選ぶのもおすすめですよ。

5.セイコーマート

セイコーマートで支払う場合は、スマートフォン上で表示されるバーコードをレジで提示するだけとより簡単です。Amazonから届く「お支払い番号のお知らせ」というメールに記載されているURLを選択し、「セイコーマート」を選ぶと、バーコードのページが表示されます。

あとはレジへ向かい、「インターネットの支払い」をする旨を伝えて表示されたバーコードを提示して読み取ってもらえば、料金を支払うだけで完了します。セイコーマートでの支払いは、お客様番号などの入力が不要な唯一のコンビニ支払い方法なので、番号の入力が面倒だと感じる方におすすめです。

こちらもチェック!
Amazonのコンビニ受け取りができない原因は?対処法や注意点を解説

Amazonでは、購入した商品を自宅近くのコンビニエンスストアなどに配送し、店頭で商品を受け取れるサービスを提供しています。ただし、コンビニで受け取れない場合もあり、困ったことがある人もいるのではないでしょうか。 本記事では、コンビニ受け取りができない原因と対処法、注意点を解説するので、参考にしてください。

Amazonのコンビニ支払いに手数料はかかる?

Amazonでコンビニ支払いを利用する際に、手数料はかかりません

Amazonの支払い方法のうち現金で支払えるのはコンビニ払い・代金引換・銀行ATM・Amazonギフト券の4種類ですが、代金引換は税抜300円、銀行ATMは銀行ごとに手数料がかかります。コンビニ支払いとAmazonギフト券は手数料なしで利用できる現金支払い方法なので、できる限りコストを抑えたいならどちらかを選ぶのがおすすめですよ。

ただし、コンビニ受け取りでコンビニ支払いをすると代金引換扱いになり、代引手数料が発生してしまう点には注意が必要です。また利用額には上限があり、コンビニ支払いできるのは30万円以内の買い物まででのみとなっています。

支払いをキャンセルする方法

コンビニ支払いを選択していて注文をキャンセルしたい場合は、注文履歴から商品を選んで手動でキャンセルするか、支払い期限が過ぎるまで料金を支払わなければ自動的にキャンセルとなります。なお基本的にAmazonで注文のキャンセルができるのは、配送状況が「出荷準備中」になる前か、注文履歴に「商品をキャンセル」ボタンが表示されている場合です。

コンビニ支払いの場合は、出荷準備が整った時点で支払い番号の通知メールが送られるため、できる限り支払い番号のメールが届くまでにキャンセルしておきましょう。

もしキャンセルできなかった場合は、荷物が届いた際に受け取り拒否をするか、返品手続きをするといった方法がありますよ。

こちらもチェック!
Amazonで注文をキャンセルする方法!条件やペナルティの有無、返金なども解説

以前と比べAmazonでお買い物をする方も増えてきましたよね。ただ商品を間違えて注文してしまいキャンセルしたいという方は多いのではないでしょうか?本記事では、キャンセル料などAmazonでキャンセルする方法について解説します。クレジットカード、PayPay、などの支払い別の注意点もお伝えします。

Amazonのコンビニ支払いの注意点

Amazonでの買い物でコンビニ支払いを利用する際は「支払い期限」「決済手段」「コンビニ支払いできない商品」の3つのポイントをおさえておきましょう。コンビニで支払いできない商品がある点については、間接的に現金でコンビニ払いできる方法があるので、あわせて確認してみてくださいね。

1.支払い期限に気をつける

コンビニ支払いを選択した場合、Amazonから「お支払い番号お知らせメール」が届いてから6日以内に支払わないと、注文が自動的にキャンセルとなってしまいます。厳密には、お支払い番号の発行日から3日後の23:59が支払い期限です。またコンビニ支払いは、支払いが確認できてから商品が発送される前払いのため、できる限り早く商品を手に入れたいなら早めに支払うとよいでしょう。

2.決済手段は現金のみ

コンビニ支払いを選んで、実際に料金を店舗で支払う際には、現金支払いのみ可能です。コンビニでの通常の買い物では現金支払いに加えて、クレジットカード・電子マネー・PayPayなども利用できますが、通販での「コンビニ支払い」では利用できないためあらかじめ注意しておきましょう。

もし現金支払い以外を利用したい場合はコンビニ支払いではなく、クレジットカード・電子マネー・PayPay・Amazonギフト券などの支払い方法を選択するのがおすすめです。支払い方法によってはポイント還元が多くされることもあるので、お得に買い物したい方はチェックしてみてください。

こちらもチェック!
Amazonの支払いはクレジットカードがお得?メリットや支払い日、利用法など解説

Amazonのお支払いには、クレジットカードを利用するのがおすすめです。ポイントをお得に貯めたり、支払い回数を選べたりとさまざまなメリットがあります。そこで本記事では、クレジットカードを利用するメリットや流れをご紹介。クレジットカード払いができないケースや支払い方法の変更についても解説するので、ぜひご覧くださいね。

3.コンビニ支払いができない商品がある

Amazonの一部商品や、特定の条件での注文ではコンビニ支払いが選択できません。以下、コンビニ支払いが利用できない商品や注文の一覧です。

  • マーケットプレイス出品者(Amazonで商品を販売している、Amazon以外の出品者)が販売または発送する一部商品
  • デジタルコンテンツ(Kindle・Amazonプライムビデオ・アプリ・課金アイテムなど)
  • Amazonギフト券(チャージタイプのみ可能)
  • Amazonコイン
  • お急ぎ便・お届け日時指定便を利用した注文
  • Amazonフレッシュ・定期おトク便での注文
  • 支払い方法に制限がある商品
  • 合計500,001円以上の注文
  • 高額な時計
  • 登録住所に送られるほしい物リストの商品

上記の商品や注文を現金で購入したい場合は、コンビニ払いではなくAmazonギフト券を活用するのがおすすめです。Amazonギフト券のチャージには、コンビニ払い・銀行ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが選択できるので、実質現金でチャージできます。チャージできたら購入したい商品の注文時に、支払い方法としてAmazonギフト券を選べばOKです。

こちらもチェック!
Amazonギフト券はいくらから買える?種類ごとの最低購入金額を解説

プレゼントやお祝い事などに利用しやすいAmazonギフト券ですが、種類によって購入金額が異なることは知っていますか? 最低いくらから購入できるのか、知りたい人もいるでしょう。そこで今回は、Amazonギフト券は何円から買えるのか、種類ごとの最低購入金額を解説します。購入できる場所や支払い方法も解説するので、参考にしてください。

支払番号メールが送付されないときの原因と対処法

コンビニ支払いで注文を確定したのに、支払いに関するメールが来ないという場合は、以下でご紹介する原因が当てはまらないかチェックしてみましょう。

以下の原因に当てはまらず対処法がわからない場合は、Amazonのカスタマーサポートに連絡すればしっかり対応してもらえますよ。

1.支払い方法を誤って設定している可能性

まずは、注文時に本当にコンビニ支払いを指定できているかどうか確認してみてください。コンビニ支払いを選択したつもりでも、誤ってクレジットカード支払いや、Amazonポイント、ギフト券の残高など別の支払い方法を選択してしまっている可能性があります。

その場合は「注文履歴」から対象の注文を選んで支払い方法を確認するか、Amazonから届く「注文確認メール」に記載されている支払い方法を確認するとよいでしょう。

2.商品確保に時間がかかっている

コンビニ支払いをするための「お支払い番号お知らせメール」は、商品が出荷準備に入った時点で送信されます。特に人気商品を購入した場合は、注文時には在庫があってもすぐに売り切れてしまうことがあるため、メールが届かないこともあるでしょう。商品の在庫が確保できて出荷準備に移るまではメールが届きませんが、注文できていることには変わりないので、急ぎではないならしばらく待ってみてください。

待つ場合の目安としては、注文確定時に表示されるお届け予定日まで待ってみるのもよいでしょう。ただし、稀に在庫がない商品を、出品者が誤って販売してしまっていることがあります。そのため、なかなか連絡が来なくて不安になったら、遠慮せずカスタマーサポートに問い合わせてみてくださいね。

こちらもチェック!
Amazonカスタマーサービスに電話で問い合わせする方法!つながらない時の対処法

まだ荷物が届いていないのにステータスは到着済みだったり、買った覚えがない商品の代金請求があったときはすぐに問い合わせるべきです。そこで今回は、Amazonのカスタマーサービスに電話で問い合わせるやり方を紹介します。

3.誤ってメールを削除している・メールの送付先が違う

Amazonから届いたメールを間違えて削除してしまっていたり、登録してあるメールアドレスが間違っている可能性もあります。または自動で迷惑メールに振り分けられてしまっている可能性もあるので、迷惑メールやゴミ箱を探してみるのもよいでしょう。メールアドレスが間違っていないかどうかは「アカウントサービス」の「ログインとセキュリティ」から確認できますよ。

もし登録してあるメールアドレスに間違いがなく、迷惑メールにもゴミ箱にも見当たらない場合は、Amazon公式サイトまたは公式アプリでメッセージが配信されているかどうかを確認できます。「アカウントサービス」の「メッセージセンター」でAmazonから配信されたメッセージを一覧できるので、ぜひ一度チェックしてみてください。

メッセージセンターにも届いていない場合は、注文が完了していない可能性が高いので、カスタマーサポートに連絡して再注文しましょう。

現金で買い物したいならコンビニ支払いが便利!

コンビニ払いは、手数料が無料で全国どこでも現金で支払えるのが魅力ですよね。支払いする際のコンビニも選べるので、いつも行くコンビニがあれば買い物ついでに支払えてより便利です。この記事でご紹介したいくつかの注意点さえ知っていれば非常に快適に買い物できるので、ぜひ利用に迷ったら参考にしてくださいね。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon入門ガイドのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー