目次

Amazonで注文をキャンセルする方法!条件やペナルティの有無、返金なども解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

以前と比べAmazonでお買い物をする方も増えてきましたよね。ただ商品を間違えて注文してしまいキャンセルしたいという方は多いのではないでしょうか?

本記事では、キャンセル料などAmazonでキャンセルする方法について解説します。クレジットカード、PayPay、などの支払い別の注意点もお伝えします。

Amazonの注文はキャンセルできる?

Amazonで注文した商品は、一部を除きキャンセル可能です。ただしキャンセルできる商品は「出荷準備前」のものに限ります。

キャンセルする手順としては、注文履歴にアクセスし、キャンセルしたい商品ページから「商品をキャンセル」をクリックします。

次にキャンセルしたい商品の横にあるチェックボックス」にチェックを入れ、「チェックした商品をキャンセルする」をクリックすることで手続き完了です。

キャンセルできたかどうかはメールにてお知らせが届きます。また注文履歴の「キャンセルされた注文」に表示されるので確認すると良いですよ。

キャンセルできない条件は?

注意点として、商品をキャンセルする手順の中で、「商品をキャンセル」ボタンが表示されていない場合は、注文をキャンセルことができません

注文をキャンセルできない条件として、アプリや音楽などのキャンセルできない商品または、出荷後の商品に該当している場合が考えられます。

キャンセル料は発生する?

「商品のキャンセル料がかかるのではないか?」と不安に思う方も多いです。キャンセル料は、Amazon.jpが発送している商品は発生しませんが、Amazonマーケットプレイスで取り扱っている商品はキャンセル料が発生する場合があります

キャンセル料の発生については、商品を購入する前に出品者に確認を取ることで、トラブル防止につながりますよ。

キャンセルするとペナルティはあるの?

気になる注文をキャンセルした際のペナルティについて、通常利用している場合は発生しません。
ただし以下の場合で注文をキャンセルした際にペナルティが発生する可能性があります。

・大量の商品を注文している場合
・支払いが滞っている場合


最悪の場合、アカウント停止などの措置が下されることなりますので、注意が必要です。

Amazonの注文をキャンセルする方法

実際にAmazonの注文をキャンセルする方法をアプリ版、ブラウザ版でそれぞれの手順を紹介します。

事前にAmazonで購入した商品のアカウントにログインして対応するとわかりやすいので参考にしてみてくださいね。

公式アプリ(iPhone・アンドロイド)での方法

アプリ版でキャンセルする手順を以下の通りです。

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon


  • 1.人型アイコンから注文履歴をクリック
  • 2.注文履歴からキャンセルしたい商品をクリック
  • 3.画面下部までスクロールし、「商品をキャンセル」を選択
  • 4.返品理由を選択
  • 5.チェックした商品をキャンセルをクリックして完了  

ブラウザ版(PC)での方法

ブラウザ版でキャンセルする手順を以下の通りです。

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
  • 1.インターネットにてAmazon公式サイトを検索
  • 2.Amazonにログインする
  • 3.注文履歴をクリック
  • 4.注文履歴からキャンセルしたい商品をクリック
  • 5.画面下部までスクロールし、「商品をキャンセル」を選択
  • 6.返品理由を選択
  • 7.チェックした商品をキャンセルをクリックして完了  

Amazonで注文のキャンセルを確認する方法

キャンセルの手続きをしたけれどきちんとできているのか不安になってしまうことってありますよね?そんな時は、キャンセルリクエストの確認をするのがおすすめですよ。

キャンセルリクエストを確認する方法はアプリ版とブラウザ版でそれぞれ異なります。それぞれの手順を紹介します。ので参考にしてみてくださいね。

公式アプリ(iPhone・アンドロイド)での方法

アプリ版で確認する方法は、注文履歴画面からキャンセル済みの商品を絞り込むことで確認可能となっています。操作手順は以下の通りに進めてくださいね。

  • 1.人型アイコンから注文履歴をクリック
  • 2.注文履歴から絞り込みを選択
  • 3.キャンセル済み商品を選択し適用ボタンをクリック
  • 4.キャンセルした商品が一覧表示される  

ブラウザ版(PC)での方法

ブラウザ版で確認する方法は、注文履歴画面から、タブ「キャンセルされた注文」をクリックすることで確認可能です。操作手順は以下の通りに進めてくださいね。

  • 1.インターネットにてAmazon公式サイトを検索
  • 2.Amazonにログインする
  • 3.注文履歴をクリック
  • 4.注文履歴からタブ「キャンセルされた注文」をクリック
  • 5.キャンセルした商品が一覧表示される  

キャンセルリクエストとは?キャンセルとの違い

Amazonを利用する際には、キャンセルリクエストとキャンセルを区別して考える必要があります

キャンセルリクエストとは、出荷準備中の商品をキャンセルしたい場合にリクエストを出す機能を指します。注文ステータスが未発送の状態で、Amazonが出品する商品であれば無条件でキャンセル可能になることを覚えておきましょう。

キャンセルリクエストをするとAmazonから登録アドレス宛にメールが届きますので、確認してくださいね。キャンセルは、キャンセルが確定した状態のことをいうので混同しないように注意してください。

なぜ?キャンセルリクエストしたのにキャンセルされない

商品ステータスが出荷準備中であれば、キャンセルリクエストを送信可能ですが、ステータスは常にリアルタイムで状況を反映しているわけではありません。

その為、発送前のステータスが表示されていても、実際には発送されていたケースもあります。
また、マーケットプレイスの商品の中には、キャセル不可となっている商品もあるため、キャンセル対応のできる商品なのか事前に確認しておくことが大切ですよ。

Amazonでキャンセルできないの対処法

Amazonで購入した商品をキャンセルできない時の対処法を、「発送前」、「発送後」、「受け取り後」の3段階で解説します。

キャンセルできない時はつい慌てがちですが、商品の発送状況を冷静になって考えることで、取るべき行動が見えてきます。

発送前でキャンセルできない場合

発送前なのにキャンセルできない理由は、商品ステータスと実際の商品発送に乖離が生じていることが挙げられます。

対処法として、まだ商品が届いていなければ、「受け取り拒否」、商品が届いている状況であれば、「返品」することで対処しましょう。受け取り拒否の手順は以下の通りです。

  • 1.「注文履歴」から該当する商品を選択
  • 2.配送業者と伝票番号をメモしておく
  • 3.「置き配指定」で「置き配を利用しない」に変更する
  • 4.配送業者の問い合わせ窓口または営業所に連絡し「受け取り拒否したい」と伝える  

発送後でキャンセルできない場合

注文ステータスが発送済みとなっている場合は、「受け取り拒否」または「返品」対応をしましょう。商品が実際に届いた際に配達員に「返品したい」旨を伝えてみることも有効です。

基本的にAmazonで商品をキャンセルできる条件は、発送前の商品に限られます。ただし出品元がAmazonとなっている商品は、発送後にキャンセルリクエストができる場合があります。

受け取り後でキャンセルできない場合

商品を受け取った後に、キャンセルできない場合の対処法は出品元がAmazonとマーケットプレイスで異なります。Amazonの場合は、返品受付センターで返品手続きすることで対処できます。

マーケットプレイスの場合は、出荷通知メール送信前にキャンセルリクエストを行ったことが確認できれば、返品することができます。

しかしながら商品を受領後は出品者に問い合わせし、返品できるかを確認する必要があります。中には返品不可となってしまう商品もありますので、注意が必要です。

Amazonで商品を返品する方法

ここまでAmazonで商品を返品する手順について解説してきましたが、具体的な返品可能な期日と条件面について紹介します。

返品可能な期日と返品の条件

Amazonが出品する商品の返品可能な期日や条件は以下です。
商品到着後30日以内に商品の発送を完了する

上記期間後に商品の不具合が見つかった場合や、手続きを完了できなかった場合は、製造元または保証書等に記載の保証元にまずは連絡し、製造元または保証元からのコメントと担当者の氏名をあわせて連絡することで対処しましょう。

また、マーケットプレイスが発送する商品の返品は、Amazonではなく出品者に直接返品する流れとなります。出品者のプロフィールページの「返品および返金について」から返品の条件を確認することができます。

返品後にどうやって、いつ返金される?

返品ができた場合の、返金方法および所用日数について支払い方法別に解説します。また返金額の計算時に以下の点のによる減額を受ける場合があります。

  • 返品・交換期間内に返品されたかどうか
  • 商品カテゴリー
  • 返品・交換理由上記ポイントに注意しながら返品対応を進める必要があります。

クレジットカード払いの場合

クレジットカード払いの場合、購入時と同じクレジットカードへの返金またはAmazonギフトカードでの返金対応が可能です。商品を受領したのちに、1日〜3日程度で返金処理されます。

注意点として、利用するクレジットカード会社によっては同月の請求金額から返金額を差し引いて引き落とされる場合や、翌月以降に返金される場合があります。

コンビニ決済の場合

コンビニ決済の場合、返金方法はAmazonギフトカードのみとなります。こちらも商品を受領してから1日〜3日程度で返金処理されます。

注意点として、銀行振込での返金を希望する場合には、注文履歴で手続きする際に銀行口座を登録しておく必要があります。

ペイディでの支払いの場合

ペイディでのお支払いの場合、ペイディ経由での返金対応となります。こちらも商品を受領してから1日〜3日程度で返金処理されます。

注意点として、返金分はペイディのアカウントに反映される仕組みとなっており、ペイディで請求金額のある場合は、返金額分が差し引かれる形となっています。

PayPayの場合

PayPayでのお支払いの場合、PayPay経由での返金対応となります。こちらも商品を受領してから1日〜3日程度で返金処理されます。注意点として、返金分はPayPayアカウントに反映される仕組みとなっています。

代金引換の場合

代金引換の場合、返金方法はAmazonギフトカードのみとなります。商品を受領してから1日〜3日週間程度で返金されるため、その他の返金方法と比べると時間を要します。

注意点として、代金引換での返金を希望する場合には、注文履歴で手続きする際に銀行口座を登録しておく必要があります。

Amazonポイント利用したい場合

Amazonポイントで返金してもらうことも選択可能です。Amazonポイント残高に返金額分が反映されます。商品を受領してから1日〜3日程度で返金処理されます。

Amazonの注文をキャンセルする場合は早めの対応を!

Amazonで注文した商品をキャンセルする場合について解説しました。出品元や商品を購入してからの期間によって対処法が異なるため、商品を購入する前にキャンセルする場合の対処法を把握しておくことが、不足の事態に対応するうえで有効です。

Amazonの商品のキャンセルでお困りの方は、本記事を参考に対応策を考えてみてくださいね。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazonの困ったを解決!のカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー