目次

Amazonプライム全6種類の支払い方法を紹介!変更や支払い確認の仕方も解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonプライムへの加入を検討するにあたって「どの支払い方法が自分にあっているのか分からない」「支払い方法を途中から変更できるのか知りたい」と悩みますよね。

本記事では、Amazonプライムの支払い方法6つの特徴について解説します。支払い方法の確認・変更方法の手順も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

Amazonプライムの会費プランや料金は?

Amazonプライムの会費や料金について確認していきましょう。詳しい内容は以下の3つです。

会費プラン3つ
  • 月会費
  • 年会費
  • Amazonスチューデント

月会費

 2024年1月現在、Amazonプライムの月会費は600円です。1年間加入した場合、年間7,200円の会費が発生します。

Amazon公式によると、2023年8月24日より価格改定が行われています。従来の月会費である500円から100円値上げされました。

すでにプライム会員に加入している方が支払いプランを更新する際は、9月24日以降の支払い金額が600円に変更されます。

なお、8月24日以降に会費プランを変更した方も、600円に変更されるようです。Amazonプライムを月会費で利用するなら、無料期間終了後も継続するか悩んでいる方におすすめします。

年会費

2024年1月現在、 Amazonプライムの年会費は5,900円です。月会費同様、2023年8月24日の改定に伴って4,900円から1,000円値上げされました。

Amazonプライムに1年間加入した場合、月会費と年会費では1,300円の差が生じます。年会費に加入することで、実質2か月分の月会費が無料になるのです。

Amazonプライムを 10カ月以上利用する予定の方は、年会費を選ぶのをがおすすめします。

Amazonスチューデント

Amazonが提供する「Prime Student」は、学生向けのプログラムです。プライム会員の料金から半額の料金で利用できます。

「Prime Student」にも値上げも、9月24日以降の請求から、年会費が2,950円、月会費が300円へ値上げされました。

Amazonプライムの年会費は、月額換算が204円ほどになり、月会費より550円安く利用できます。10カ月以上使用する場合は年会費を選ぶのがおすすめです。

またPrime Studentは、6カ月の無料体験期間を実施しているため、加入するか悩んでいる方は試してみると良いでしょう。

Prime Studentは、大学生や、大学院生、高等専門学生などを対象に提供しています。なお、20歳未満の方は保護者の同意が必要です。小学生・中学生・高校生は利用できないことに注意しましょう。

Amazonプライムの6つの支払い方法

Amazonプライムの支払い方法6つについて、下記の通り詳しく紹介します。

支払い方法6つ
  • クレジットカード
  • 携帯決済
  • あと払い (ペイディ)
  • PayPay
  • Amazonギフト券
  • パートナーポイントプログラム

1.クレジットカード

Amazonプライムの会費は、クレジットカードで支払えます。下記5つから選択できるため、ご自身が使用しているクレジットカードがないか確認してみましょう。

支払い可能なクレジットカード
  • JCB
  • VISA
  • Diners
  • Mastercard
  • American Express

上記の他に、デビットカードやプリペイドカードなどにも対応しているため、クレジットカードでの決済に不安がある方でも利用できます。

こちらもチェック!
Amazonの支払いはクレジットカードがお得?メリットや支払い日、利用法など解説

Amazonのお支払いには、クレジットカードを利用するのがおすすめです。ポイントをお得に貯めたり、支払い回数を選べたりとさまざまなメリットがあります。そこで本記事では、クレジットカードを利用するメリットや流れをご紹介。クレジットカード払いができないケースや支払い方法の変更についても解説するので、ぜひご覧くださいね。

2.携帯決済

Amazonプライムの会費は、携帯決済(キャリア決済)にも対応しています。auやdocomo、SoftBankを契約している方なら、スマートフォンの利用料金と合算して支払えるメリットがあります。

注意点は、格安SIM(MVNO)を契約している人はキャリア決済の対象外であることです。クレジットカードを作成したうえで、Amazonプライムに加入するのをおすすめします。

3.あと払い (ペイディ)

Amazonプライムの支払い方法には、Paidyの翌月払いも含まれています。翌月の10日まで支払い日を引き延ばせるサービスであり、コンビニ払いや銀行振込、口座振替を利用できます。

メールアドレスと電話番号で登録でき、Paidyの無料アプリを利用することで、よりスムーズに決済できるのも魅力の1つです。クレジットカード決済や、キャリア決済を利用できない方におすすめします。

なお、Amazonプライムの無料体験期間中は利用できないことに注意しましょう

4.PayPay

PayPay(ペイペイ)も、Amazonプライムの支払いに利用できる方法です。PayPay(ペイペイ)での支払いは、2022年5月より追加されています。

簡単にチャージや支払いができ、ポイント還元率が高いのもメリットの1つです。すでにPayPayを利用している方なら、既存のアカウントを連携させて、会費を支払えるようになります。

さらにPayPayでは、あと払いの設定もできるため、あと払いペイディと同様の利便性があるといえます。

電子マネーを使う頻度が高い方や、定期的に残高をチェックしたい方におすすめの支払い方法です。

こちらもチェック!
AmazonでPayPay(ペイペイ)が使えない原因と注意点を解説!連携方法もあわせて紹介

AmazonではPayPayを使って支払いができますが、使えないケースがあるため注意が必要です。どのような状況でPayPayが利用できないのか気になる人もいるでしょう。 そこで今回は、AmazonでPayPayが使えない原因について解説します。利用時の注意点も紹介するので、参考にしてください。

5.Amazonギフト券

Amazonプライムの会費は、Amazonギフト券を使って会費を支払うことも可能です。インターネットやコンビニ、量販店などで手軽に購入でき、チャージタイプなら継続して利用できるメリットがあります。

また、Amazonプライムの無料体験期間中に使用することも可能です。お手持ちのAmazonギフト券がある方は、残高をチェックしてみましょう。

なおAmazonギフト券は、登録時にクレジットカードやキャリア決済の情報入力が必要です。Amazonギフト券単体では利用できないことに注意しましょう。

こちらもチェック!
Amazonギフト券とは?種類や使い方、お得なキャンペーンまで解説

コンビニやオンラインでのチャージもでき、Amazonでの買い物すべてに使える「Amazonギフト券」。登録残高の有効期限は10年と長くて使い切りやすく、ポイント還元キャンペーンもありお得に買い物できる点も魅力です。この記事ではAmazonギフト券の種類や使い方を解説します。本記事を参考に、自分や相手にぴったりのギフト券を選んでくださいね。

6.パートナーポイントプログラム

パートナーポイントプログラムは、JCBのクレジットカードによって利用できる支払い方法です。換算された「OkiDokiポイント」を使って、Amazonプライムの会費を支払えます。

JCBカードを使用することで、1,000円につき1ポイントが貯まり、1ポイントを3.5円に換算して利用できるのです。

例えば、JCBカードで20万円分の買い物をした場合、200ポイントが貯まり、Amazonプライムの支払い700円分に利用できます。

また会費の支払いに限らず、Amazonでのショッピングにも利用できるため、日常的にAmazonを活用している方におすすめです。

お得な支払い方法と期間限定キャンペーン

Amazonプライムのお得な支払い方法と期間限定キャンペーンについて詳しく紹介します。以下の流れに沿って順番に確認していきましょう。

  • Amazonマスターカードは特におすすめ
  • Amazonマスターカードキャンペーン

Amazonマスターカードは特におすすめ

Amazonプライムの支払い方法に悩んでいるなら、AmazonMastercardの利用をおすすめします。

AmazonMastercardは、Amazonでのショッピングや各種支払いなどに使用できるカードです。年会費無料で利用でき、ポイント還元率は、最大2%です。通常会員のポイント還元率が1%であるため、ポイントが貯まりやすいメリットがあります。

また、AmazonMastercardは、最短5分で番号が発行されるため、即日利用可能です。カードが手元に届くまでの期間は、スマホ決済に対応しているのもポイントです。

Amazonプライム会員の支払い方法に迷っている方は、ぜひAmazonMastercardを利用してみてはいかがでしょうか。

Amazonマスターカードキャンペーン

Amazon Mastercardでは「Amazon Mastercard プライム感謝祭キャンペーン」が実施され、初めてカードを利用する方は、Amazonポイントを受け取れます。

また、キャンペーン期間終了後、1か月以内に決済された商品が対象であることも覚えておきましょう。

Amazonプライムの支払い方法は変更できない?

Amazonプライムの支払い方法は変更できます。iPhoneやAndroid、パソコンで支払い方法を確認する際は、Amazonプライム会員情報ページを開きましょう。

プライム会員情報の管理を選択することで、支払いに関する情報の確認や変更、キャンセルができます。

なお、支払い方法の変更は、翌月分から適用されることに注意しましょう。

こちらもチェック!
Amazonで支払い方法変更をする方法!できないタイミングや条件も解説

amazonで買い物をするときに必ず設定をする支払方法ですが、支払い方法の変更メールが来たり、対応をしようと思ったら上手くできないなんてことはありませんか?今回は、カード以外のPayPayやコンビニ支払いについてやデフォルトの変更方法など、利用シーンに合わせて解説しますのでぜひ参考にしてくださいね。

Amazonプライムの支払い方法の変更法

Amazonプライムの支払い方法の変更法2つを詳しく解説します。利用しているデバイスに合わせてチェックしていきましょう。

  • 公式アプリ(スマホ)での方法
  • ブラウザ版(PC)での方法

公式アプリ(スマホ)での方法

iPhoneやAndroidから、Amazonの公式アプリを使って、支払い方法を変更する手順は下記の通りです。

6ステップで完了できますので、サクッと変更させてしまいましょう。

6STEP
  • STEP1:Amazonショッピングアプリを開く
  • STEP2:アカウントアイコンから「アカウントサービス」を選択する
  • STEP3:「アカウント設定」にある「プライムを会員情報の設定・変更」を選択する
  • STEP4:「プライム会員情報の管理」から「支払い方法を変更」を選択する
  • STEP5:「支払い方法を追加する」を選び「お支払い方法を選択」に移動する
  • STEP6:利用したい支払い方法を選択して登録する

ブラウザ版(PC)での方法

パソコンを利用して、Amazonプライムの支払い方法を変更する手順は下記の通りです。

5STEP
  • STEP1:アカウント&リストを選択する
  • STEP2:アカウントに関するメニューから「Amazonプライム」を選択する
  • STEP3:「Amazonプライム」の一覧ページに移動し「支払い方法を変更」を選択する
  • STEP4:メニューが表示されたら「お支払い方法を追加する」を選択する
  • STEP5:利用したい支払い方法を選択して登録する

支払い方法が更新・承認されない時は?

もし、Amazonプライムの支払い方法が更新・承認されない原因は、以下3つの内容が考えられます。

  • 各種名義や個人情報の入力が間違えている
  • クレジットカードの有効期限が切れている
  • クレジットカードの利用限度額を超えている

支払い方法の変更について不安がある方は、上記の項目について問題ないかを確認してみることをおすすめします。

上記の内容に問題がなかった場合は、一度金融機関やクレジットカード会社などに問合せてみましょう。

こちらもチェック!
Amazonで「お支払い方法の変更が必要です」変更したのに更新されない原因と対処方法

Amazonでは、クレジットカード払いやコンビニ払い、ギフト券払いなど、さまざまなお支払い方法が用意されています。 そのお支払いの際に「お支払い方法の更新が必要です」と表示されることもあるでしょう。 本記事では、そういうことが起こる原因と、対処方法について解説します。 「お支払い方法の変更が必要です」と表示されたので、変更したのにもかかわらず、更新されなくて困っている方にとっても有益な情報をまとめています。ぜひ読んでみてください。

学生用プライムスチューデントの支払い方法

学生用プライムスチューデントの支払い方法について確認していきましょう。下記2つの内容に分けて詳しく解説します。

  • 利用可能な支払い方法
  • クレジットカードがない場合

利用可能な支払い方法

学生用プライムスチューデントの支払い方法として、下記4つの中から選択して利用できます。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 携帯決済
  • ペイディ

Amazonプライムの支払い方法に含まれている「PayPay」「Amazonギフト券」は利用できないことに注意しましょう。

特にクレジットカードの作成を考えている学生の方は、使用頻度や支出管理を踏まえて、検討しましょう。

クレジットカードがない場合

クレジットカードを持っていない学生の方は、デビットカードの利用や親権者のクレジットカードを使うのも手段の1つです。

親権者の同意があれば、親権者の名義のカードを登録できます。学生用プライムスチューデントの利用目的を明確にして、家族と相談したうえで登録をしましょう。

支払い方法に問題がありますメールは詐欺かも!

Amazonプライムの支払い方法に関するメールを受け取った場合は、詐欺メールである可能性が高いといえます。

例えば「お支払い方法の変更が必要です」という文面のメールは、フィッシングサイトへ誘導される傾向があります。添付されているURLには触れないようにしましょう。

なおAmazonプライムの詐欺メールは、二重認証機能を適用したり、迷惑メールフィルターを使用したりして回避できます。

こちらもチェック!
詐欺or本物?Amazonからの「お支払い方法が承認されません」メールの対処法

Amazonの名前で「お支払い方法が承認されません」というメールが届いた場合、詐欺メールなのか本物なのか心配になってしまいますよね。本記事では、メールが本物か見分ける方法や支払いができなかった場合の支払い方法変更のほか、注文できない場合の対処法などを説明するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

Amazonプライムの支払い方法は変更可能|登録を始めよう

Amazonプライムの支払い方法は、利用中のクレジットカードや携帯キャリア、使用頻度などを考慮して選ぶことが大切です。

万が一、不便に感じた場合でも、Amazonのアカウントにログインして変更できますので、安心して利用できるでしょう。

本記事で紹介した内容を参考にして、まずはAmazonプライムや学生用プライムスチューデントに加入してみましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon primeを使いこなすのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー