この記事で紹介されている商品
電子レンジのおすすめ6選!スタイリッシュでおしゃれなデザインなど人気のアイテムをご紹介

電子レンジのおすすめ6選!スタイリッシュでおしゃれなデザインなど人気のアイテムをご紹介

一人暮らしから家族がいる方まで、一家に一台あるのが当たり前となりつつある「電子レンジ」。ボタンを押すだけでさまざまな機能を発揮する便利家電ですよね。今回は、そんな電子レンジのおすすめの選び方をご紹介します。機能や庫内容量、お手入れのしやすさ、デザインなどのポイントごとに解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

電子レンジの選び方

食べ物を温めたり調理時間を短縮するなど、現代の生活には欠かせないキッチン家電「電子レンジ」。種類が豊富で、何を基準に選べばよいか迷ってしまいますよね。
まずは、選び方のポイントをご紹介します。

  • 庫内容量
  • 機能
  • お手入れ方法
  • デザイン

これら4つのポイントを押さえれば、自分の生活スタイルに合った電子レンジが見つけやすくなりますよ。
以下で、それぞれのポイントについて詳しく解説します。ぜひチェックしてみてくださいね。

庫内容量で選ぶ

まずはじめに決めておきたいのが、電子レンジの庫内容量です。
電子レンジは、庫内容量によって使い勝手が大きく異なります。自分のライフスタイルに合った庫内容量のものを選ぶにはどうしたらよいのか、以下で確認してみましょう。

一人暮らしなら、20L前後を

一人暮らしのキッチンには、奥行きや幅のスペースを取らない小型の電子レンジがおすすめです。庫内容量は、20L前後を目安にしましょう。
もちろん「20L前後」はあくまで目安です。大量に作り置きをする方は20Lよりも大きいものを選ぶなど、一度に調理する量に合わせて調節してみてくださいね。

庫内容量17Lとコンパクトなサイズの電子レンジは、一人暮らしに最適!機能がシンプルな分リーズナブルなので、価格を抑えたい方や自炊の頻度が少ない方にもおすすめです。

3~4人世帯には30L前後、4人以上なら30L以上を

3~4人世帯の場合は30Lほど、4人以上であれば30L以上の庫内容量を目安にするのがおすすめです。
庫内容量が大きくなると、当然ながら電子レンジ本体のサイズも大きくなります。収納したい場所と電子レンジの幅や奥行き、高さを事前に測り、サイズ間違いがないように注意してくださいね。

機能で選ぶ

「電子レンジ」とひとくくりに言っても、その機能はさまざま!メーカーによって仕様は異なりますが、食品のあたためはもちろん、解凍機能やオーブン機能、スチーム機能などそのバリエーションは無数にあります。
ここでは、そんな数ある機能の中から、オート調理機能と解凍機能にスポットを当ててご紹介します。

オート調理機能

オート調理機能とは、メニューを選ぶだけで、できあがるまで自動で温度を微調整してくれる機能のこと。ワット数や加熱時間を設定せずともワンタッチで簡単に操作できるので、時短効果も抜群です。
なかには100以上ものメニューを搭載しているモデルもあり、料理の幅もぐっと広げることができますよ。

ボタンひとつで食品や飲み物のあたため、解凍ができるので、普段使いにぴったり!「弱・中・強」の3段階で仕上がり具合を調節できるのもうれしいポイントです。

[山善] 電子レンジ 17L 単機能 ヘルツフリー ターンテーブル オートメニュー搭載 ブラック YRM-HF171(B)

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(1,172件)

>

商品情報

ブランド 山善(YAMAZEN)
商品の寸法 32.5D x 44W x 25.5H cm
色 ブラック
容量 17 L
特徴 ターンテーブル

あたためで使う頻度が高い「ごはん」と「飲み物」を自動で調理できる優れもの。庫内容量17Lとコンパクトながら間口が広いので、料理の出し入れもスムーズに行えます。

解凍機能が充実

食材を解凍するなら、解凍機能つきの電子レンジがおすすめです。自然に解凍するよりも短時間で仕上がるため、時間がないときにも便利ですよ!解凍機能があればまとめ買いした食材を気軽に冷凍できるようになるので、節約にもつながりそうですね。

解凍機能をはじめ、オート調理機能が充実しているので、手間や時間がかかりがちな解凍やごはん作りもラクラク行えます。ミラーレス扉を搭載したスタイリッシュな見た目も魅力です。

お手入れのしやすさで選ぶ

電子レンジの庫内は、丸いお皿が設置された「ターンテーブル」タイプと、お皿がなく、平らな作りが特徴の「フラット」タイプの2種類に分けることができます。
ターンテーブルタイプは価格こそリーズナブルなものの、お皿を外してから掃除しなければならないため、お手入れが面倒に感じることがあるかもしれません。
お手入れを簡単に済ませたいなら、庫内スペースが平らに広く、掃除がしやすいフラットタイプを選ぶようにしましょう。

庫内にフッ素コーティングが施されているので、汚れの落としやすさは抜群!フラットタイプなので掃除もしやすく、いつでも清潔な状態で使うことができます。

デザインで選ぶ

電子レンジはほぼ毎日使うものだからこそ、見た目のデザインにもこだわって選びたいですよね。最近の電子レンジは、シンプルなものからかわいらしいもの、スタイリッシュなものやレトロなものまでデザインもさまざま。インテリアのテイストに合わせたデザインの電子レンジを選べば統一感が出て、より洗練された雰囲気を演出することができます。
自分の好みなども考慮に入れて、お気に入りのデザインを見つけてみてくださいね。

Toffy 電子レンジ 17L

使い勝手はもちろん見た目にもこだわりたいという方には、こちらの電子レンジがおすすめです!一般的な電子レンジとはひと味違う、レトロでかわいらしいデザインが、おしゃれな雰囲気を演出します。

全5商品

おすすめ商品比較表

COMFEE' 電子レンジ 17L CF-AM171-5

日立 単機能 電子レンジ 19L HMR-FT19A W ホワイト フラット庫内

[山善] 電子レンジ 17L 単機能 ヘルツフリー ターンテーブル オートメニュー搭載 ブラック YRM-HF171(B)

シロカ ミラーガラス電子レンジ 18L SX-18D132(K) ヘルツフリーフラットテーブル 単機能レンジ

パナソニック 電子レンジ 単機能 フラットテーブル 22L ホワイト NE-FL1A-W

Amazonカスタマーレビュー
4.12,711
4.298
4.11,172
4.1267
4.11,572
最安値
タイムセール
¥8,580-1.26582%
参考価格¥8,690
¥16,380
タイムセール
¥8,980-10%
参考価格¥9,980
¥19,800
¥16,800
購入リンク

選び方のポイントをおさえて、自分に合った電子レンジを見つけよう

今回は、電子レンジの選び方をご紹介しました。種類が豊富な電子レンジですが、機能や庫内容量、デザインなどに注目すれば、今の生活がもっと豊かになる1台を見つけることができます。毎日のお料理を充実させるためにも、今回ご紹介した選び方を参考にしてみてくださいね。

※製品画像はAmazonより

※本記事で紹介する商品は、Amazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得ています。

【2023年】オーブンレンジのおすすめ10選!一人暮らしや家族向けまで機能とあわせてご紹介

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー