この記事で紹介されている商品

【2023年】スープジャーのおすすめ13選!弁当に便利!洗いやすいタイプや400mlの大容量モデルなど

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

保温力や保冷力に優れている「スープジャー」は、お弁当と一緒に持ち歩くときに便利なアイテムですよね。そこで今回は、容量や目的別にスープジャーのおすすめの選び方を解説します。オフィスで使えるおしゃれな商品や400mlの大容量サイズの商品もご紹介しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

スープジャーを使うメリット

スープジャーの選び方を知る前に、まずはメリットについてお伝えします。

・食べごろ温度の食事を食べられる ・スープやみそ汁など汁物メニューをお弁当にプラスできる ・食事の満足感がアップする

スープジャーの一番のメリットは、食べごろの温度をキープできることです。外出先でも、スープなどの温かい料理は温かいまま、フルーツなどの冷たい食材もちょうどよい温度のまま食べられます。スープジャーがあれば、一般的なお弁当では持ち歩きづらい汁物も気軽にプラスできるので、食事の満足感をグンとアップさせてくれますよ。

スープジャー選びでチェックしたい6つのポイント

メニューの幅も広げてくれるスープジャーは、さまざまななメーカーから多くの商品が発売されているのでどれを選べばよいか悩む人も多いのではないでしょうか?

ここからは、スープージャーを選ぶ際にチェックしたい6つのポイントをご紹介します。スープジャー選びの参考にしてみてくださいね。

容量

まずは、食べる量に合わせて容量やサイズをチェックするのがおすすめです。自分が食べたい・食べられる量よりも少ないスープジャーだと物足りず、逆に多すぎるとせっかくの料理を残すことになってしまいます。

また、大きなスープジャーに少量の料理を入れると、保温力・保冷力が下がってしまい、本来の機能を十分発揮してくれない場合も。度のサイズにするか迷ったときは、下記の目安をチェックしてみてくださいね。

・~300mL以下:お碗1杯程度のスープを飲みたい方向け ・300~400mL:具だくさんスープを食べたい方向け ・400mL~:具材の大きな料理(おでん・カレーなど)を入れたい方、複数人でシェアしたい方、しっかり食べたい方向け

容量が大きなものほどスープジャーのサイズも重量もアップするので、メニューに合わせて使い分けるのもおすすめですよ。

保温性

スープジャーは「食べごろの温度」で食べられるのが最大のメリット。料理をおいしい状態で維持できる「保温力」は必ずチェックしておきたいところです。たとえば、朝に準備してランチタイムに利用する場合は、約6時間後まで温度を保てるものが望ましいといえます。

人が汁物をおいしく感じる温度は約57〜72℃、雑菌が繁殖しやすい温度は約20~40度だとされています。6時間後に熱いメニューを60℃以上を保てる保温力、冷たいメニューは12℃以下に保てる保冷力があれば安心です。スープジャーの保温力・保冷力はパッケージに記載されているので必ずチェックしておいてくださいね。

食べやすさ

スープジャーは、食べやすさもチェックして選ぶことが大切です。 食べ口(口径)が小さいとスムーズに中のものを取り出しにくくなり、食べ口が中より狭まっていると引っ掛かるため、7㎝以上あるのが理想的。また、食べ口が広くて段差のないものも食べやすいです。

さらに、食べやすさは洗いやすさや衛生面にも繋がります。食べるときのストレスを抑え、気持ちよく使うためにもスープジャーの食べ口や中の形状にも注意して選びましょう。

密閉力の高さ

外出先でよく使用するという場合は、密閉力の高さもチェックしておくのがおすすめです。密閉力が低いと、移動時に中身が漏れてしまいカバンやランチバッグの中の書類や小物が台無しになってしまいます。

また、中身の漏れがあると保温力・保冷力も低下してしまいます。フタが2重構造・パッキンが付いているものなど密閉性に優れたスープジャーを選べば、さらに使い勝手がよくなりますよ。

ただし、密閉性が優れていると、いざ食べようと思ったときにフタが開けにくいというデメリットも。そんなときのために、本体の内圧を下げて開けやすくする「空気抜きボタン付き」や「オープンアシスト構造」などが搭載されていると便利です。

衛生面

料理をおいしく食べるためにも、気になるのが衛生面ですよね。スープジャーの衛生面で重要なのはパッキン部分・フタ部分です。

特に以下の4点に注目して選んでみてくださいね。

・洗うときに取り外しやすい ・細部まで洗いやすい ・乾かしやすい ・セットしやすい

衛生面をチェックするときは、スープジャーの洗いやすさに注目するのがポイントです。細々したパーツを取り外せるタイプであれば、隅々まで洗いやすいので便利ですよ。パッキン・フタ部分の構造はメーカーによって異なるので購入前に確認してみてくださいね。

デザイン・カラー

機能面はもちろんですが、おしゃれなデザインやカラーで選ぶのもおすすめです。

使うたびにテンションが上がるフォルムやデザイン、カラーのものであれば、さらに食事を楽しいものに変えてくれます。スープジャーはラインナップも豊富なので、ぜひ好みに合わせたデザイン・カラーのものを選びましょう。

おすすめスープジャーを容量ごとに紹介

ここからは、お弁当などの食事シーンに役立つスープジャーを容量ごとにご紹介します。サイズ展開も豊富なので、ご自分にぴったりのスープジャーを見つけてみてくださいね。

300ml以下のおすすめ

軽くてコンパクトな300mL以下のスープジャーは「お弁当にお椀1杯程度の温かいスープがほしい」「ちょっとしたフルーツなどデザートがほしい」という方にぴったりのサイズです。 まずは、300mL以下のおすすめスープジャーをご紹介します。

象印マホービン「ステンレスフードジャー 260ml」

PR
象印マホービン(ZOJIRUSHI)フードジャー 260ml 保温 保冷 SW-GD26

商品情報

95℃の熱湯が6時間後でも50℃以上/4℃の冷水が6時間後でも11℃以下

一杯分のスープが飲みたいときにぴったりな260mLサイズのスープジャーです。95℃の熱湯が6時間後でも50℃以上、4℃の冷水が6時間後でも11℃以下と高い保温力・保冷力を誇っています。飲み口は取り外し可能かつ分解して丸洗いできるなど、お手入れが簡単にできるのもうれしいですね。パステルカラーとブラウンの組み合わせもキュートなアイテムですよ!

東亜金属「ノジェン ポケミニ スープポット 170ml」

PR
東亜金属 ノジェン ポケミニ スープポット 170ml 569-304

商品情報

素材・材質︰本体/ステンレス鋼 蓋/ステンレス鋼、ポリプロピレン パッキン/シリコーン

大人かわいい北欧風デザインが印象的な、手のひらサイズのスープジャーです。170mLと容量は少なめですが、保温効力50℃以上、保冷効力13℃以下と高い保温力・保冷力を持っています。専用のケースにいれれば、さらに保温・保冷効果がアップ!全部で4つのデザインはどれもおしゃれで、木目調のフタとの相性も抜群です。

CAPTAIN STAG「フードポット 280ml」

PR
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フードポット 280ml

商品情報

真空二重構造で保温・保冷が可能なフードポット!
パッケージ重量: 0.16 kg
サイズ: (約)外径90×高さ108mm

アウトドアブランドならではのかっこよさと機能性を兼ねそなえた、280mLのスープジャーです。持ち運びやすいハンドルつきで、携帯用としても使いやすく作られています。

衛生的に使えるスクリュー栓で安心な上に、保温効力は58度以上、保冷効力は13度以下と性能面でも優れているため、できたてをいつでも食べることができますよ。

お弁当にも便利な300~400mlサイズ

満足感のあるおかずがプラス1品ほしいときは、300~400mLのスープジャーがおすすめ。 具沢山のスープやシチューなど、お弁当のサイドメニューに十分満足できるサイズです。

無印良品「ステンレス保温保冷スープジャー 310ml」

PR
無印良品 ステンレス保温保冷スープジャー シルバー 310mL 44341155

商品情報

容量 : 310 mL/10 g・外寸 : 直径9.0×高さ12.0cm・重量 (梱包材含む) : 270g

シンプルなデザインがお好みの方におすすめなのが、こちらの300mLサイズのステンレス保温保冷スープジャーです。食べ口が広いため具材をすくいやすく、洗いやすい形状なので衛生面でも安心して使用できます。耐久性が高いステンレス製は保温・保冷効果も高く、6時間後のお弁当でもできたてを楽しめますよ。

オーエスケー「保温ランチジャー 300ml」

PR
オーエスケー 保温ランチジャー レッド 容量:約300ml

商品情報

サイズ:約直径8×9.7×高さ11.7cm

持ちやすさ・おしゃれさで選ぶなら、ワンポイントの取っ手が個性的で開けやすいスープジャーはいかがですか?

大きめの具材も入る広口タイプで、飲み口も口当たりがよく食べやすい構造となっているのが人気!シンプルな構造で洗うパーツも少ないので、毎日でも使いやすいですよ。

スケーター「スープジャー 300ml」

PR
スケーター 保温 保冷 スープジャー 300ml LJFC3AG

商品情報

サイズ:直径8.5×高さ13.4cm

こちらのスープジャーは、トレンドのくすみカラーが人気理由のひとつ。超軽量かつハンドル付きで持ち運びやすく、熱湯を注げばポット内で調理もできる優れものなんです!エコレシピもついており、調理に困らないのもポイントですよ。

もちろん、保温・保冷効果も十分なので食べごろをしっかりキープしてくれます。

DEAN&DELUCA「スープポット 300ml」

PR
DEAN&DELUCA スープポット 300ml

商品情報

完全密閉で保温・保冷効果あり。
ステンレス二重構造なので、冬には温かいスープやリゾット、夏には冷たい麺やデザートなど、お好みの入れてお使いいただけます。

洗練されたデザインがとにかくおしゃれでスタイリッシュなスープジャーです。 口元に優しくフィットするシリコンゴムのカバーや広い口径で使いやすいだけでなく、ステンレス二重構造で保温力・保冷力もばっちり!飲み口とパッキンは取り外して丸洗いが可能なので、衛生的に使えるのも魅力ですね。

mosh! フードコンテナ 300ml

真空断熱の二層構造で高い保温・保冷効力と高いデザイン性を兼ねそなえたスープジャーです。 朝に入れたアツアツのスープを、ランチの時間でもおいしい状態で食べられますよ。トレンドのくすみカラーと一味違う、シンプルなオンリーワンデザインも大人気です。

.

フードコンテナ 真空断熱 フードポット 0.3L mosh! DMFP300GRの詳細を【yahoo】で見る

.

商品情報

サイズ:W85×H100×D82mm/重量:約204g

こちらのスープジャーは、真空二重構造で高い保温力・保湿力を持つ大人かわいい商品です。

ざらっとした質感とトレンドのくすみ系ツートンカラーが印象的ですよね。口径が広いので食べやすく、洗いやすい設計となっているのもおすすめポイントです。また、パーツはすべて分解可能で洗いやすく、衛生面でも優秀ですよ。

タイガー「魔法瓶 スープジャー 380ml」

PR
タイガー 魔法瓶 スープ ジャー 380ml MCL-B038-AI

商品情報

容量:380ml
商品重量:300g

口径7㎝と丸底フォルムが特徴のスープジャーは、スプーンで具材を取り出しやすく食べやすいのが魅力です。

まほうびんの優れた保温力・保冷力と高い密閉性で、できたてのおいしさを長時間キープ。中は汚れにくくニオイもつきにくいスーパークリーン加工で清潔&快適に利用できます。

また、液漏れを防ぐスクリュー栓などの便利機能もそなわっているため、お弁当のお供にぴったりです。

たっぷり入る400ml~大容量サイズ

しっかりがっつり食べたい派には400mL以上の大容量のスープジャーがぴったり。 本体サイズは大きくなりますが、十分な満足感を得られるはずです。

STANLEY「クラシック真空フードジャー 0.41L」

PR
STANLEY(スタンレー) クラシック真空フードジャー 0.41L

商品情報

サイズ : 幅10.7×高さ13.5×奥行8.6cm
重量 : 345g

アウトドアシーンを考慮した頑丈なつくりでフォークスプーン付きと、個性際立つワイルドなデザインのスープジャーです。

保温効力67度以上、保冷効力8度以下と最高レベルの保温・保冷性能を持ち、朝に入れた料理がお昼時にもアッツアツ。飲み口も広くて洗浄も簡単なので衛生的に使えるのも高評価です。

アイリスオーヤマ「スープジャー 400ml」

PR
アイリスオーヤマ スープジャー 400ml

商品情報

商品サイズ(cm):直径約8.4×高さ約12.5

真空断熱構造保温力・保冷力に優れ、保温調理も可能なスープジャー。飲み口は7.1㎝と広々、樹脂製の飲み口で食べやすいうえに、パッキン・パーツも取り外せて衛生的に使用できるのも人気です。

和平フレイズ「ランチスープジャー 400ml」

PR
和平フレイズ スープジャー 400ml キホンノ RH-1595

商品情報

商品サイズ:約 幅9×奥行9×高さ12cm
本体:ステンレス鋼、キャップ本体:ポリプロピレン、パッキン:シリコーンゴム

お手入れのしやすさで探すなら、パッキン1つのシンプルな構造でお手入れしやすいスープジャーがおすすめです。

ステンレス真空断熱構造による高い保温・保冷能力でおいしい温度をキープ。洗いやすくて漏れにくいだけでなく、デザインもシンプルで飽きがこないため、長年愛用したくなるスープジャーです。

スープジャーを安全においしく活用するポイント

最後に、スープジャーをおいしく安全に活用するために、覚えておきたい注意点を5つ解説します。

入れる食材には注意が必要

便利なスープジャーにはあれこれ入れたくなるものですが、加熱していない肉や魚介類、乳製品、卵などの腐敗しやすい食材は、スープジャーに入れないよう注意が必要です。ほかにも、ドライアイスや炭酸飲料などは容器内部の圧力が上がって危険なので、こちらも入れないよう気を付けてくださいね。

スープジャーを温め/冷やして入れる

スープジャーは優れた保温・保冷性能を持っていますが、あくまでも温度を維持するためのアイテムなので、熱いスープは熱い状態で、冷やす食材は冷えた状態で入れるようにしましょう。このようにすることで、スープジャー内の温度を一定にしておいしい状態を保つことができます。

また、料理を入れる前にスープジャー内に熱湯や氷を入れて予熱・予冷する、専用の保温・保冷バッグを使うとさらに温度が一定になり、食べる際に出来たてを食べられるのでぜひ試してみてください。

複数個をローテーション使いに

毎日スープジャーを使用したい方は、複数個用意するのがおすすめです。

メニューに合わせて容量を変えれば料理のバリエーションが広がりますし、気分に合わせてデザインやカラーを変えるだけでもランチタイムをより豊かなひと時にしてくれますよ。

また、複数個を使い分ければ、衛生面でも安心して使用できます。生乾きは雑菌・カビが繁殖しやすくなるだけでなく、ニオイや味劣化のもと。酷使によってスープジャーのパッキン等も劣化しやすくなるので漏れや保温・保冷効果の低下なども起こりやすくなります。

洗うときは、内部を傷付けないように

ニオイや色がついているからと、スープジャーの内部を研磨剤入り洗剤やみがき粉、ナイロンや金属製のたわしででゴシゴシ洗うのは避けるのがベストです。内部に細かい傷がつくとそこに汚れが残ってサビが出たり、カビや雑菌が繁殖しやすくなるため、やわらかいスポンジで洗うようにしましょう。

スープジャーの中の汚れが気になるときは、中を洗ってから「酸素系漂白剤」と水を入れて30分ほどつけておけばニオイも色もきれいに落とせます。また、パッキンなどのパーツ類も「酸素系漂白剤」で衛生的に保つことが可能。ただしパッキンの使用目安は1年程度となっているため、密閉性を維持するためにも定期的に交換するのがおすすめです。

しっかり洗ってちゃんと乾かす

スープジャー内のカビや雑菌の繁殖を抑制し安全・衛生的に使うため、使った後は速やかに洗って、しっかり乾燥させることが大切です。

特に汚れが残りやすいのがフタのパッキン部分。必ず取り外して分解し、フタ部分やスープジャー内部の溝も丁寧に洗ってくださいね。また、十分に乾いていないパーツは使用しないようにしましょう。

ほかにも、内部がステンレス製のものは長時間放置すると汚れが落ちにくくなるので注意が必要です。食べてから洗うまで時間がかかる場合は、内部に特殊なコート加工がしてあるものを選ぶと安心ですよ。

スープジャーで、ランチタイムの楽しみを増やそう!

温かさも冷たさもしっかりキープしてくれるスープジャーは、おいしい温度でいつでもどこでもできたての食事を楽しめる優れもの。

いつものお弁当にスープジャーをプラスするだけでメニューのバリエーションが広がり、食事の時間をより豊かなものにしてくれるでしょう。

ぜひ今回ご紹介したスープジャー選びのポイントを参考にしていただき、ご自宅にぴったりな商品を探してみてくださいね。

こちらもチェック!
【2023年】おすすめの保温弁当箱11選!選び方や用途、サイズ別に詳しく解説

お弁当を温かいまま持ち運べる保温弁当箱。ご飯はもちろん、スープや丼もの・麺類なども温かさをキープできるので、ランチタイムの楽しみが広がりますよね。しかし、保温弁当箱は種類豊富なので、どれがよいか迷う方も多いのではないでしょうか?この記事では、保温弁当箱のタイプやサイズ・機能など選び方を紹介します。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー