この記事で紹介されている商品
キッチンバサミのおすすめ8選!切れ味の鋭いステンレス製も

キッチンバサミのおすすめ8選!切れ味の鋭いステンレス製も

包丁の代わりとしても使える便利な「キッチンバサミ」。包丁があればいらないという声もありますが、肉や魚などの下ごしらえや料理の切り分けなど、さまざまな使い方ができるキッチンツールなんです。この記事では、キッチンバサミのおすすめの選び方を解説します。機能的な商品をたくさんご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

包丁代わりに使えるキッチンバサミの魅力

キッチンバサミは、包丁の代わりとして肉や魚、野菜などを切るのに使えるキッチンツールです。まな板がなくても食材を切ることができ、手軽に使えて洗い物も減らせるのが魅力です。滑りやすい脂分の多い食材やかたい食材など、包丁では切りにくい食材も簡単にカットできます。

また、刃の素材や形状も食材を切りやすいように作られており、刃先の細いタイプは海苔のカットなどの細かな作業にも適しています。さらに、栓抜きや缶切りとしての機能を備えたものもあるんですよ!キッチンにひとつあればさまざまな場面で活用できる、1本持っておいても損はない調理道具です。

キッチンバサミの選び方

キッチンバサミを選ぶ際には、チェックしておきたいポイントがいくつかあります。たとえば、キッチンバサミは刃の素材によって切れ味や扱いやすさが変わるので、それぞれの特徴を知っておくとよいでしょう。また、刃渡りの長さや刃の形状によっても切りやすい食材が異なるため、主にどんな用途で使いたいのか確認しておくことも大切です。さらに、分解して洗えるのか、食洗機が使えるのかといったお手入れのしやすさも重要ですよ。それでは早速、キッチンバサミの選び方について以下で詳しくみていきましょう。

1.刃の素材で選ぶ

キッチンバサミの素材は、おもにステンレスとセラミックがあります。切れ味を重視するならステンレス製、お手入れのしやすさで選ぶならセラミックが使いやすいと言われていますが、それぞれの素材に特徴があるので、メリットとデメリットも確認したうえで、選んでみてくださいね。

切れ味のよいステンレス製

ステンレスは包丁にもよく使われる素材で、鋭い切れ味が特徴です。かたい大きな肉や魚などにも刃がしっかりと入り、さまざまな食材の下ごしらえに活躍します。耐久性にも優れていて切れ味が落ちにくいため、長く使いたい場合におすすめですよ。ステンレス製のものは商品展開も多いので、サイズや刃の形状など、用途に合った商品を選びやすいのも魅力の一つです。

オールステンレス&分解可能でお手入れもラクラク
貝印 KAI オールステンレスカーブキッチンバサミ

商品情報

【貝印 関孫六 調理シリーズ】
堅牢で洗いやすい鍛造オールステンレス製のカーブキッチン鋏

こちらはオールステンレスのキッチンバサミです。継ぎ目のない一体型で、分解して洗うことができるため、衛生的に使えますよ。鋭い切れ味で肉もしっかり切れます。刃先がカーブしているので食材をまな板に置いたまま、持ち上げることなく切ることができます。ピザなどを食卓上で切り分けるときにも便利です。

EDISONmama(エジソンママ) 離乳食はさみ イエロー&グリーン 1個 (x 1)

商品情報

お肉や野菜、麺類を食べやすいサイズにサクッとカットできる

こちらは離乳食用のコンパクトなキッチンバサミです。軽量のステンレス刃ですが、先端はプラスチックでガードされているのでお皿を傷つけにくく、安全に使うことができます。食材をつかみやすい独自の形状をした刃で、やわらかい野菜や麺類も切りやすい設計になっています。

お手入れ簡単でさびにくいセラミック製

セラミック製のキッチンバサミは錆びる心配が無く、軽量で扱いやすいのが特徴です。ステンレスに比べると切れ味は劣りますが、お手入れのしやすさを重視するなら検討してみてもよいでしょう。また、軽いので子供用のキッチンバサミとして活用することもできますよ。ただし衝撃を与えると割れてしまうこともあるので、落としたりしないように注意が必要です。

京セラ キッチンはさみ ファイン セラミック 食洗機 除菌 漂白 OK ブラック CH-350L

商品情報

セラミック刃だから「軽くてサビない、素早く、キレイに切れる」ハサミ

こちらはセラミック製のキッチンバサミです。わずか75gと軽量ですが、皮つきの鶏肉もカットできる切れ味のよさ。セラミックなので錆びにくく、食洗機、漂白除菌も可能なので、清潔に使うことができますよ。

滑りにくいハンドルで扱いやすい
パール金属 ENJOY KITCHEN セラミックキッチンバサミ

商品情報

●刃はシャープな切れ味が長続きし、サビないセラミック製
●袋の開封はもちろん野菜や魚などの食材切りに
●ビニールの袋も切りやすいセラミック刃
●握りやすく、滑りにくいハンドル
●食器洗い乾燥機使用可能

握りやすくすべりにくいハンドルを採用した、セラミック製のキッチンバサミです。全長20cmの使いやすいサイズで、ビニール袋の開封から野菜のカットまで、さまざまな用途で使えますよ。食洗機も使用可能です。

2.刃渡りで選ぶ

キッチンバサミは刃渡りの長さによって切りやすい食材が変わってくるので、どんな用途で使いたいかも大切なポイントになります。

刃渡りが6cm以上の長いタイプは、力が入りやすく、かたい食材を切るのに適しています。厚みのある肉やカニの殻なども切りやすいので、日常的に包丁の代わりとして使用したい場合に向いていますよ。刃渡りの短いタイプは小回りが利きやすく、海苔をカットする、葉野菜を切り分けるなどの細かい作業におすすめです。

タッカンマリ 焼き肉 料理はさみ 長刃 ギザ刃 切れ味長持ち ステンレス鋼 参鶏湯 肉料理 キムチ キッチンバサミ 左右非対称

商品情報

✄ 特殊熱処理過程を経た高硬度の鋭い刃は、切れ味が長続きします。
✄ ハサミの一方の刃を鋸刃(のこぎりは)にすることで、油分を含んだものや硬いものを切るときに、食材が逃げません。

こちらは刃渡りが118mmと長いタイプのキッチンバサミです。ステンレス刃で切れ味がよく、肉や魚を簡単に切ることができます。刃先が長いので、焼肉やバーベキューなど熱源の近くで使用したいときにもおすすめです。

3.刃の形状で選ぶ

キッチンバサミの刃の形状もチェックしてみましょう。ギザギザとしているものやカーブしているもの、鋭利な刃先のものなどさまざまな種類があり、適した用途も変わってきます。

ギザギザ刃

ギザギザとした形状の刃は、生肉や鶏皮など脂分のある食材も滑らずしっかりとキャッチでき、スムーズに切れるのが特徴です。かたい食材も切りやすいので、頻繁に肉や魚の下ごしらえをする場合にはとくにおすすめです。ただし、刃に凹凸があるため、汚れが溜まりやすい点には注意が必要です。食洗機に対応しているタイプなら清潔に保ちやすいでしょう。

肉や魚などの下ごしらえから袋切りまでマルチに使える
パール金属 キッチンバサミ シンプルベーシック

商品情報

●刃先が取り外して丸洗いできる
●袋の開封や肉や魚、野菜などの食材切りに
●食器洗い乾燥機使用可能

ギザギザとしたステンレス刃で、肉や魚をしっかりと切れるキッチンバサミです。ソフトグリップの持ちやすいハンドルで、ペットボトルのキャップなどを外すのにも使うことができます。分解できるので、隅々まで洗えて衛生的に使えますよ。

カーブ刃

刃先がカーブしている形状のものは、食材をまな板などから持ち上げることなく、置いたままキレイにカットできます。バットの上に置いた薄い肉などを切る際に手で浮かせる必要がなく、楽に下ごしらえができますよ。また、お皿の上に置いたピザなど、平たい料理を切り分けるのにも便利です。

キッチンバサミ キッチンハサミ 調理用ハサミ カーブキッチンバサミ 料理バサミ 食洗機対応 料理ばさみ【日本正規販売品】

商品情報

質が高いステンレス鋼で作られたはさみ、変形しにくく、耐摩耗、錆びに強い。

刃先が大きくカーブしたこちらのキッチンバサミは、肉や魚の下処理のほか、焼肉やバーベキューでの食材のカットに適しています。人口工学に基づいた設計の持ちやすいハンドルで、手が痛くなりにくく、長時間使っても疲れにくい商品です。

4.使いやすさで選ぶ

キッチンバサミは使いやすさも重要です。持ち手の素材や全体のサイズ、重さなどで使用感が変わってくるので、用途や手の大きさなどに合わせた商品を選ぶとより使いやすくなりますよ。また、利き手に合った商品かどうかも確認しておきましょう。とくに左手が利き手の方は、利き手別の商品を選ぶようにしてくださいね。

持ち手の素材

キッチンバサミの持ち手の素材には、おもにステンレスとゴム・樹脂製があります。オールステンレスのタイプは、煮沸や漂白剤による消毒が可能なので清潔に保つことができます。ただし、ゴム・樹脂製に比べると重さがあるため、長い時間使用していると手が疲れてきます。長時間の使用には、ステンレス製よりも軽いゴム・樹脂製がおすすめです。

サイズ

キッチンバサミは、全長15cmほどの小ぶりのものから全長25cmの大きさまでサイズも豊富です。20cm前後が平均で、このサイズであれば食材を問わず切りやすく、さまざまな用途で使うことができます。小ぶりのものは小回りが利くので、細かい作業をするのに向いていますよ。ただし、持ち手のサイズも小さい傾向があるので、手が大きい場合は自分の手のサイズに合っているか確認が必要です。

重さ

キッチンバサミは、ある程度重さがある方が大きなものを切りやすく、大きな肉や魚を下ごしらえする際には使いやすいです。ただ、重すぎると手が疲れてしまうので、長時間の使用には向いていません。一度に多くの量を切りたい場合は、軽めのものを選ぶとよいでしょう。できれば実際に手に取って、重すぎないか確認してみてくださいね。

5.お手入れのしやすさで選ぶ

生の肉や魚を切ることも多いキッチンバサミを清潔に保つためには、お手入れのしやすさも重要です。分解できるタイプなら、隅々まで洗ってしっかり乾かすことができて安心ですよ。また、食洗機対応なら熱湯で洗うことができ、さらに手洗いでは洗いきれない汚れまで落とすことができてより清潔に保つことができるので、ぜひ選ぶ際にチェックしてみてくださいね。

分解して丸洗い可能・食洗機対応で清潔に使える
PLUS フィットカットカーブ 料理はさみ

商品情報

下ごしらえから仕上げまで、料理まるごとこれ1本!

こちらは分解して洗えて、食洗機にも対応しているキッチンバサミです。うっかり外れない「あんしん分解設計」で、安全に使うことができますよ。カラーバリエーションも豊富でシンプルな紙箱のパッケージなので、ギフトにもおすすめの商品です。

家庭に合ったキッチンバサミを選んでみよう

いかがでしたか。今回はキッチンバサミの選び方についてご紹介しました。幅広い用途で使うなら、ステンレス刃の20cm程度の大きさのものがおすすめです。あとは、どんな使い方をすることが多いのかをイメージして、刃の形状や重さ、お手入れのしやすさなどで選んでみてくださいね。

こちらもチェック!
子ども用包丁のおすすめ選9!イラスト入りや刃なしタイプなど人気のアイテムをご紹介

3歳や5歳になると、料理に興味を持ち始める子もいますよね。そんなときには「子ども用包丁」を使わせてあげるのがおすすめです!今回は、子ども用包丁の選び方について解説します。刃先が丸いものやガードがついたものなど、幼い子どもでも安全に使いやすい商品もピックアップしました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー