この記事で紹介されている商品

釣り用クーラーボックスのおすすめ7選!保冷力の高いタイプや小型のものなど人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

釣った魚の鮮度をキープするのに必須の「クーラーボックス」。大型や小型などのものの中でもサイズバリエーションは豊富で、保冷力やコスパでも違いがあります。この記事では、釣り用クーラーボックスのおすすめ商品やクーラーボックスを選ぶ際のチェックポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

釣り用クーラーボックスの選び方

釣り用クーラーボックスにはさまざまな種類があるので、どのポイントに着目して選べばいいのか迷ってしまいますよね。ここでは釣り用クーラーボックスを選ぶ際にチェックしておきたいポイントについて解説していきます。

保冷力は断熱材によって変わる

クーラーボックスには冷気を逃さないために断熱材が使われています。断熱材の種類によって保冷力が異なるので、魚の鮮度をキープするために断熱材の種類もチェックしておきたいポイント。求める性能に合った断熱材が使われているものを選んでくださいね。

保冷力が高く1泊以上の釣りにもおすすめの「真空断熱パネル」

保冷力にこだわるなら「真空断熱パネル」を使用したものがおすすめ。断熱材の中で最も保冷力が高く、数日間保冷できるものも。釣りでは魚の鮮度を保つことが大切なので、釣り用クーラーボックスとしては主流な素材でもあります。
炎天下での釣りや長時間の利用を想定するなら真空断熱パネルを使用したクーラーボックスがおすすめです。ただし、保冷力に優れている分、価格も高くなる傾向があるのが難点かもしれません。また、素材の特性上、重くなりがちなので、持ち運びやすさをチェックしておく必要があります。

保冷力と価格のバランスがいい「発泡ウレタン」

保冷力と価格のバランスがいいのが「発泡ウレタン」です。一般的なクーラーボックスの断熱材としては主流な素材であり、カラーやデザインのバリエーションも豊富。真空断熱パネルよりも比較的リーズナブルに手に入れることができます。
保冷力は真空断熱パネルに及ばないものの、厚みを持たせて真空断熱パネルにも匹敵する保冷力を備えたものもありますよ。長時間使うなら断熱材の枚数や厚みもチェックしてくださいね。

安価で短時間の釣りなら「発泡スチロール」

短時間の釣りになら「発泡スチロール」を使用したクーラーボックスもおすすめ。断熱材の中では最も安価で、小型なものなら100均で手に入れることもできます。軽量なのでひとりで持ち運びやすいのも発泡スチロールのメリットです。
保冷力は低いので、長時間の使用や真夏での使用にはあまり向いていません。耐久性も高くないため劣化しやすく、買い替えが必要になる頻度も高くなる可能性があります。

外寸ではなく内寸をチェックしよう

釣り用クーラーボックスのサイズ選びで重要なのが、外寸ではなく内寸です。釣り用クーラーボックスは壁が分厚いものが多く、見た目よりも内側が狭くなりがち。内部が狭いものを選ぶと魚を折り曲げて入れなくてはならず、その姿で硬直して捌きにくくなってしまいます。
釣った魚をまっすぐ入れられるように、狙う魚のサイズを確認して、十分な内寸のあるクーラーボックスを選ぶようにしましょう。横長のものを選ぶと長い魚も入れやすいですよ。

持ち運びやすさをチェック

クーラーボックスは本体自体も重く、魚や氷、水などが入るとさらに重くなります。1人で持ち運ぶなら特に持ち運びやすさもチェックしましょう。
持ち手が太いとクーラーボックスを持った際にも手が痛くなりにくいですよ。ショルダーベルトが付いていると肩に掛けられるので、さらに負担を軽減することができます。ホイールやハンドルが付いているとキャリーケースのように転がして持ち運べるので楽ですよ。

魚の大きさに合わせて容量を選ぶ

クーラーボックスは大きいサイズを選べばいいわけではありません。中に余分な空きスペースができると保冷力が下がる原因になってしまいます。魚のサイズに合わないと魚が傷つく場合もあるので、狙う魚の大きさに合わせて容量を選びましょう。

アジやキスなどの小型魚なら6〜15L

アジやキス、メバルなどの小型魚を狙うなら6〜15Lで選ぶのがおすすめです。サイズ感もコンパクトなものが多く、1人でも持ち運びやすいのも特徴。頻繁に場所を変えて釣りをする際にも便利です。ショルダーベルトが付いていると肩に掛けて持ち運べるのでさらに楽に移動できるでしょう。

PR
キャプテンスタッグ クーラーボックス

商品情報

保冷|断熱

小型魚を入れるのにぴったりの、容量12Lのクーラーボックス。マイナス10度まで耐えられるようになっており、氷や保冷剤を適切に入れればしっかりと魚を冷やすことができます。
フタはワンプッシュで開けられるので片手でも簡単に開閉できて便利。両サイドから持ち手が伸びているので2人でも持ち運びやすくなっています。ブルーのほかにベージュのカラーバリエーションもありますよ。

ハマチやメジナなどの中型魚なら15〜30L

ハマチやメジナといった中型魚を狙うなら、15〜30Lの容量がぴったりでしょう。最も汎用性が高いサイズでもあるので、釣りを始めたばかりの初心者にもおすすめです。幅広い魚を入れることができるので、堤防釣りや船釣りでも使いやすいサイズと言えるでしょう。

プロックス クールマックス 24 CMAX24PR

ワンタッチでフタが開閉でき、両側のどちらからでも開けられる両開きタイプのクーラーボックスです。フタは取り外せるので丸洗いもしやすくなっています。大型のハンドルで持ちやすく、持ち運びに便利なショルダーベルトも付属しています。
釣具や小物などを整理して収納するのに便利な小分けトレーもセット。ホワイト一色のシンプルなものとレッドがアクセントになっているものが選べ、釣りだけでなくキャンプなどのアウトドアにもぴったりでしょう。

プロックス クールマックス 24 CMAX24PR

マダイやヒラメなどの中型〜大型魚なら30〜60L

マダイやヒラメ、ブリなどの中型〜大型魚を狙うなら、30L以上の大型サイズがおすすめです。サイズが大きい魚でも折り曲げずにすっぽりと入れることができますよ。氷がたくさん入れると重くなりやすいので、ホイールやキャリーハンドルがあるタイプが良いでしょう。水抜きが簡単にできる水抜き栓もマストで備えておきたい機能です。

PR
igloo(イグルー) クーラーボックス MARINE ULTRA

商品情報

原産国:U.S.A
サイズ: 65x46x39cm
本体重量: 4.5kg

フィッシャーマンに長年愛されているマリーンウルトラシリーズのロングランモデル。フタにも断熱材を使用しており、太陽からの熱の影響も抑えるため、高い保冷力をキープできます。
UV対抗剤が入ったプラスチックを使用しているので、紫外線によって劣化しにくく、長く使えるのも嬉しいポイントです。排水プラグや持ち手などのパーツも耐久性が高い素材にこだわっており、すべてのパーツが交換できるようになっています。

あると便利な機能をチェック

頻繁に釣りをするならクーラーボックスの使いやすさも大切です。ここでは、使い勝手のいいクーラーボックスを選ぶ際にチェックしておきたいポイントについて解説していきます。

投入口がついていると冷気を逃しにくい

クーラーボックスは開けるたびに中の冷気が外に逃げてしまうため、開閉が多いとその分、保冷力の低下につながります。冷気の放出を最小限に抑えるには、メインの開口部以外に小さな投入口が付いているものが役に立つでしょう。わざわざフタを開けなくても投入口から魚を入れることができます。長時間釣りをするなら備えておきたい機能です。

フタがワンアクションで開くと便利

フタがワンアクションで開くものだと、片手が釣具で塞がっていても開け閉めでき、親子で釣りに行くときも子どもでも開けやすいでしょう。
さらにフタは両側のどちらからでも開けられるものだと、船の上でクーラーボックスの向きを変えにくいときでも素早く魚を入れられ、より利便性が高くなります。早くクーラーボックスに入れたほうが魚の鮮度が落ちにくくなるため、両開きができると、より実用的ですね。

強度が高いと椅子としても使える

ハードタイプのクーラーボックスは硬い素材で作られており、頑丈なのが魅力です。耐久性が高く、中には大人が腰掛けて簡易的な椅子として使えるものもあります。椅子としても兼用できれば別に椅子を持参する必要もないため荷物が減るメリットもあります。また、座ることで体の疲れを軽減することができるでしょう。作りが丈夫でも人が座ることを想定していないものもあるので、事前に商品説明をチェックしてくださいね。

トレーやロッドホルダーなどのパーツもチェック

釣り用クーラーボックスには、快適な釣りをサポートしてくれるオプションパーツが付いたものがあります。複数本のロッドを持ち歩くならロッドホルダー付きが便利です。釣った魚の針を外すときや、ルアーを変えるときにも活躍します。
細かいパーツを整理して収納したいならトレー付きが便利。ルアーやエサのような、魚とは別で入れておきたいものの収納に役立ちます。
モデルによってはクーラーボックスの外側にサイドポケットが取り付けられるものもあります。ルアーやハサミ、ペットボトル飲料などを入れて持ち運ぶのに便利ですよ。

お手入れのしやすさをチェック

クーラーボックスはきちんとお手入れしないと魚のにおいが残ってしまったり、雑菌が繁殖してしまう場合もあります。クーラーボックスを清潔に保つためにも、気になる商品はお手入れ方法も確認して、お手入れしやすいかどうかもをチェックしておきましょう。

水抜き栓がついていると排水が簡単

クーラーボックスを使っていると、氷が溶けて中に水がたまっていきます。クーラーボックスをひっくり返せば水を抜くことができますが、サイズが大きいものだと重いのでひっくり返すのにも一苦労。そんな場合でも水抜き栓が付いていると、栓を抜くだけで排水できるので簡単です。栓を開けたままにして水を流しながら洗えるメリットもあります。

フタが取り外せると洗いやすい

お手入れのしやすさを重視するならフタが完全に取り外せるものが良いでしょう。フタが取り外せないと本体を洗う際に、フタが邪魔になってしまいます。フタが取り外せると本体が洗いやすいだけでなく、フタも簡単に丸洗いできますよ。また、フタと本体の取り付け部分も汚れがたまりやすいポイントですが、フタが外れることで簡単に洗えます。

においが気になるなら消臭効果がある素材を使用しているものを

クーラーボックスは釣った魚を入れるので、においが気になりますよね。クーラーボックスの中には、魚のいやなにおいや雑菌の繁殖を抑えやすくするために、消臭に優れた素材を使用したものや抗菌加工されているタイプもあります。お手入れしやすいように、消臭や抗菌加工についてもチェックすると良いでしょう。

人気のメーカーで選ぶ

釣り用のクーラーボックスはさまざまなメーカーから販売されているので、評判や実績のある人気メーカーから選ぶのも一つの手です。ここでは釣り用クーラーボックスで人気のメーカーをご紹介します。

ダイワ

フィッシングメーカーのトップブランドである「ダイワ」。リールのダイワと言われるほど性能の高いリールが人気で、ルアーやロッドなど幅広いフィッシングアイテムを展開しています。クーラーボックスも便利な機能を備えた高性能のものが多く、容量や形状なども幅広く展開しています。商品ラインナップが豊富なので、きっと用途に合ったクーラーボックスが見つかるでしょう。

PR
ダイワ(DAIWA) クーラーボックス プロバイザートランクHD II

商品情報

容量:35L / カラー:ゴールド
自重(kg):7.6
内寸(cm):24×55×25 / 外寸(cm):32.5×71.5×35

大人が座れるほどの頑丈なボディを備えたクーラーボックス。フタは片手で開けられる設計になっており、両サイドのどちらからでも開けることができます。内寸は55cmあるので、中型魚から大型魚まで幅広く対応可能です。ホイールとハンドルが付いているので持ち運びしやすい点もいいですね。本体内部には消臭剤を配合しています。

約4kgとダイワのクーラーボックスの中で軽量化を実現したクーラーボックスながら、椅子としても使える頑丈さがあります。両開きのフタは片手で開けることができ、取り外せるので丸洗いもしやすくなっています。大型のハンドルで持ちやすく、別売りのショルダーストラップを付けるとさらに持ち運びやすくなりますよ。

シマノ

ダイワと並ぶ釣具メーカーのトップブランド「シマノ」。釣具だけでなく、自転車の部品やボード用品など幅広いアイテムを展開しています。シマノのクーラーボックスは保冷力と耐久性を兼ね備えているのが魅力。さまざまなサイズ展開があり、軽量で持ち運びやすいモデルも多いのでソロの釣りやキャンプにもおすすめです。

PR
シマノ(SHIMANO) フィクセル ウルトラ プレミアム

商品情報

カラー:ホワイト / 容量:22L / 重量(kg):5.7
外寸(mm):530×300×332
内寸(mm):391×211×250

極厚真空パネルと発泡ウレタンを使用しており、シマノのクーラーボックスの中でも最高峰の保冷力を誇るアイテムです。フタ部分にも断熱材が入っているので、太陽からの熱の影響も受けにくくなっています。本体の内側には抗菌剤を配合したプラスチック素材を使用しています。片手でフタの開閉やロックができるのもいいですね。

PR
シマノ(SHIMANO) 釣り用クーラーボックス スペーザ・ベーシス

商品情報

色:ピュアホワイト
容量(L):35、重量(kg):7.1
外寸:320×347×794mm

内寸60cmサイズで、大型魚も真っ直ぐ入れることができるクーラーボックスです。保冷力に優れた真空パネルと軽量な発泡ポリスチレンを組み合わせることで、保冷力と軽さを兼ね備えています。キャスター付きで持ち運びがしやすいのも嬉しいポイント。フタは両側のどちらからでも開けられるようになっており、ロックもワンプッシュで簡単にできます。

Amazonで人気の釣り用クーラーボックスをチェック!

ここまでは釣り用クーラーボックスの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。さらに釣り用クーラーボックスを探したい方は、Amazonで売れ筋のフィッシングクーラーをチェックしてみてくださいね。

機能性の高い釣り用クーラーボックスを探そう

釣り用クーラーボックスのおすすめと、クーラーボックスの選び方について詳しくご紹介しました。保冷力の高い釣り用のクーラーボックスがあれば、釣り以外にもキャンプやアウトドアなど幅広いシーンで活躍します。ぜひこの記事を参考にして、クーラーボックスを選んでみてくださいね。

こちらもチェック!
保冷力最強のクーラーボックスおすすめ10選!キャンプや釣りにぴったりなものも紹介

保冷力がありキャンプや釣りに重宝する「クーラーボックス」。小型、中型、大型などサイズや種類豊富なので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では保冷力最強のクーラーボックスをご紹介します。選び方のポイントも解説しているので、お気に入りのクーラーボックスを探すための参考にしてください。

こちらもチェック!
防水ソックスのおすすめ11選!釣りや登山で便利な商品や選び方も解説

アウトドアに便利な「防水ソックス」。釣りや登山愛好者には古くから愛用されてきましたが、最近は機能性の高い商品が数多く販売されています。今回は、用途に合わせて選べるおすすめの防水ソックスをご紹介します。ウェーディングやトレイルランニングなどのアウトドアを快適に楽しむために、防水ソックスの力を借りてみませんか?

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー