この記事で紹介されている商品

小型クーラーボックスのおすすめ15選!おしゃれなものや保冷力が高いものなど

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

屋外でのスポーツや釣りなど、アウトドアシーンに活躍する「小型クーラーボックス」。ソフトとハードタイプでそれぞれ保冷力や使い勝手が異なるため、どれを選んだらよいか迷ってしまいますよね。今回は、小型クーラーボックスの選び方とおすすめ商品をご紹介します。コールマンやサーモスなど定番ブランドの商品もピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

小型クーラーボックスって?

小型クーラーボックスは、スポーツやアウトドアの際に、飲み物や食べ物を冷たいまま持ち運べるアイテムです。冷蔵庫のように内部の温度を一定に保てるのがメリットで、大型クラーボックスに比べて場所を取らず気軽に使えますよ。また、テーブルや椅子の代用、お部屋の収納インテリアとして使えるものもあり、冷やすこと以外の使い勝手があるところも魅力です。

小型クーラーボックスの選び方

小型クーラーボックスには、ハードタイプソフトタイプの2種類があります。それぞれクーラーボックスの密閉度や素材が異なるため、保冷力や使いやすさの特徴をよく理解してから選ぶのがコツ。また、スポーツ・アウトドア・魚釣りなど、どのシーンにふさわしいタイプであるかも考えて選ぶようにしましょう。

1.ハードタイプとソフトタイプ何が違う?

小型クーラーボックスには、ハードタイプとソフトタイプの2種類があり、それぞれシーンによって使い分けるとよいでしょう。

ハードタイプ:高い保冷力と収納力

ハードタイプは、頑丈な素材で作られているものが多く、断熱材に厚みがあるので保冷力が長く持続するほか、パッキンで密閉して冷気を逃がさない特徴があります。キャンプやBBQなど長時間使いたい場合におすすめで、ソフトタイプに比べて多くの飲み物や食べ物が入る収納力の高さも魅力です。

また、持ち手やベルトを付属しているものがほとんどで、重たい荷物の移動が楽におこなえます。簡易テーブルや椅子代わりにもなるので屋外の使用に重宝します。ただし、小型ではあるもののソフトタイプより場所を取るので、使わないときの収納場所の確保が必要です。

ソフトタイプ:普段使いもしやすいコンパクトなタイプ

ソフトタイプは、軽量で折り畳みができるやわらかな素材で作られているのが主流。ハードタイプに比べて断熱材の厚みが薄くなり保冷力が劣りますが、持ち運びしやすく使わないときはコンパクトに折り畳んで収納できるのが特徴です。

近所での買い物・部活・運動会などのレジャーにおすすめで、ハードタイプより場所を取らないので車に常備しておくのも便利です。おしゃれなデザインのものが多く、便利な外ポケットなどの機能が付いているものもあります。

2.用途に合わせて特徴をチェック

キャンプ・BBQ・魚釣りなどのアウトドアシーンで使うなら、保冷力の高さがあるハードタイプがおすすめです。食べ物や飲み物を朝から夕方までしっかり保冷してくれて、品質を損なうことを防げるでしょう。

魚を釣ったときに、鮮度を落とさないようスムーズに収納できる小窓が付いたものもあり、本体のフタを開けずに済むので冷気を逃がさずに使えて便利です。テーブルや椅子代わりにもなるので、荷物を減らしたいシーンにも活躍します。

サッカーや野球・部活・運動会などのスポーツシーンで使うなら、軽量で持ち運びがしやすいソフトタイプがおすすめです。保冷の必要がなくなったらコンパクトに折り畳んで収納できるので、帰りの荷物を減らせるのも嬉しいポイント!大きめの持ち手やショルダーベルトが付いたものは、移動時の負担軽減にもつながるでしょう。

3.素材で違う保冷力

小型クーラーボックスにおいてもっとも重要なのは保冷力です。商品によって使われている断熱材の素材が異なるため、どの素材の断熱材を使用しているのか必ずチェックしましょう。

魚釣り用に開発された小型クーラーボックスは、高い保冷力を持つ真空断熱パネルを使用した高価なものが多い傾向にあります。鮮度を長時間キープできるので釣りに行く時におすすめです。

真空断熱パネルの次に保冷力が高いのが、ウレタンフォーム断熱材です。アウトドアメーカーから販売される小型クーラーボックスに多く使われていて、厚みがあるほど保冷力の高さが期待できます。真空断熱パネルに比べて比較的リーズナブルな価格のものが多いので、ある程度の保冷力がある小型クーラーボックスを探す方におすすめです。

その他に、保冷力は劣るものの軽量で持ち運びがしやすい発泡スチロール断熱材もあります。安価なものが多く手に入れやすいのが魅力で、短時間の使用におすすめのタイプです。

4.容量と収納性

小型クーラーボックスを選ぶ際は、持ち運びたい物が収納できる容量やサイズであるかも確認しましょう。

定番の5L容量の場合は350mlの缶が約6本、500mlのペットボトルは約4本まで収納可能となっています。ミニサイズですが、ピクニックのお弁当を入れて持ち歩くのにも便利なサイズです。

小型クーラーボックスのなかでも大きな15L容量の場合は、500mlのペットボトルを約10~15本前後収納することができます。キャンプやBBQなどで必要な食べ物やお酒がたっぷり入るので1度に多くのものを運べて便利です。

また、クーラーボックスの容量だけでなく、フタの開閉がスムーズにおこなえるかどうかも保冷力を持続させるための大きなポイント!特にソフトタイプでチャック式の小型クーラーボックスは、フタの角に引っ掛かりがあるため閉めるのに手間を取られてしまうとその間に冷気が逃げてしまいます。ハードタイプは手を離すと自動でロックするものもあるので、開閉時間を短縮できるでしょう。

5.持ち運びやすさ

小型クーラーボックスであっても、ハードタイプとソフトタイプではもともとの重量が異なり、荷物を入れた際の持ち運びやすさも大きく違ってきます。

ハードタイプは大きめの持ち手やショルダーベルトが付いているものが多く、持ち手によってはふたりで運ぶことも可能です。ベルトを使えば荷物の重さが分散できるので、移動時の持ち運びも楽にすることができるでしょう。

ソフトタイプは持ち手にハンドルが付いていて、普段のバッグを持ち運ぶ感覚で使えます。商品によってはショルダーベルトが付属しているものもあるので、荷物の量に応じて手で持ったり肩に掛けたりして使い分けると便利です。どちらも実際に手に取ってみて、握りやすさやフィット感の違いを試してから購入するとよいでしょう

タイプ別のクーラボックスをご紹介

小型クーラーボックスには、さまざまなメーカーのものがあります。まず、どんな用途で使うのかをイメージして、そのシーンにふさわしい保冷力や容量なのかをよく考えましょう。持ち運びやすさや携帯性も重要ですが、それでも迷うときは、釣りやアウトドアの専門メーカーから販売しているものを選べば失敗が少なく済むでしょう。

ハードタイプで保冷性抜群!クーラーボックス

ここでは、ハードタイプの小型クーラーボックスを紹介します。 頑丈な素材で保冷力が高く、アウトドアシーンにおすすめのタイプです。 

PR
サンカ ふたが外せる両開きフィッシングクーラー

商品情報

●蓋の取り外しが可能なので、お手入れが簡単です。
●大型ハンドルで、持ち運び、受け渡しに便利です。
●ショルダーベルト付きです。

こちらは小型かつ軽量で、家族で釣りを楽しむのに最適なフィッシングクーラーです。両側から開閉可能なので狭いところでも快適に使用できますよ。また、フタを外して丸洗いできるのもうれしいポイント。500mlのペットボトルなら横置きで6本、350mlの缶なら縦置きで8本収納できるちょうど良いサイズ感です。

PR
PYKES PEAK クーラーボックス

商品情報

【かわいいパステルカラー4色】コロンとしたフォルムに合わせてパステルカラーを採用。パールホワイト/ピンクチェリー/パープルタロ/ノルディックブルーと4種類用意していますので、使うシーン、お好みに合わせてお選びいただけます。

350mlの缶を約6本、500mlのペットボトルを横置きで約4本収納可能な、5.5L容量のハードタイプ小型クーラーボックスです。断熱材にはポリウレタンを使用していて、気温30℃の環境で24時間テストをした際に氷が残ったままといった高い保冷力が報告されています。持ち運びがしやすいコンパクトサイズで、パステルカラーの選べる4色も人気ですよ。

PR
ダイワ スノーライン

商品情報

自重:0.8kg
容量:2.9L
内寸(cm):9×17.5×20 / 外寸(cm):13×22×26

釣り用品を専門に取り扱うダイワが販売する、容量2.9Lのハードタイプの小型クーラーボックスです。シンプルなホワイトカラーでランドセルのような縦長の形状で、ハンドルとショルダーベルトを付属しているので持ち運びが簡単におこなえます。断熱材にはスーパースチロールが使用されており、おにぎりやペットボトルなどの軽いランチを収納することができる容量なので、部活・運動会・ピクニックなどのレジャーにおすすめです。

PR
STANLEY クーラーボックス

商品情報

●本体+蓋にもしっかりとフォームが入っており、しかも蓋には冷気を逃がさないようパッキンを装備したことで、気密性が高く保冷性抜群。
●フタのロープにはボトルなどを挟むことが出来ます。

こちらは創業100年を超えるSTANLEY(スタンレー)のクーラーボックス。胴部分だけではなく、フタにも断熱材が使用されているので冷気を逃しません。 保冷力目安は2度以下で24時間、10度以下で36時間とされています。フタ部分のゴムロープにはボトルなどを挟むのも良し、取り外して椅子として使うのも良し!頑丈な造りなので使い勝手抜群です。

PR
JEJアステージ クーラーボックス グラシード5

商品情報

コンパクトサイズで持ち運びに便利!
保冷力に優れ、衝撃に強いクーラーボックスです。

こちらはコンパクトながら保冷力に優れており、普段使いにちょうど良いクーラーボックスです。保冷力の秘密は断熱材に高密度発泡ウレタンを使用していること。さらにボディはポリエチレン製なので衝撃にも強く頑丈です。フタは取り外し可能で裏返にするとトレーとしても使用できます。

PR
Blue garden クーラーボックス

商品情報

サイズ(約):[外寸] 41.5×31×42cm、[キャリーハンドル使用時] 41.5×36×95cm
[内寸] 30×16×33cm
重量:約4.1kg

伸縮式のキャリーハンドルを付属した、容量約18Lのハードタイプの小型クーラーボックスです。縦置きで500mlのペットボトルが約15本、2Lのペットボトルが約5本収納できるサイズで、フタにはドリンクを置けるホルダーが2か所設計されていて便利ですよ。またキャスターが付いているので重たい荷物を持ち運ぶのに便利です。

ソフトタイプで取扱簡単!クーラーボックス

ここでは、ソフトタイプの小型クーラーボックスを紹介します。 軽量で持ち運びがしやすく、レジャーシーンにおすすめのタイプです。 

PR
AND MYSELF クーラーボックス

商品情報

5L収納力:350ml缶×6本
【オススメ】コンパクトなサイズなので、持ち運びがとっても楽々♬置き場所に困りません。デイキャンプやピクニックにどうぞ!

350mlの缶を約6本収納できる、容量5Lのソフトタイプの小型クーラーボックスです。保冷剤を収納できるメッシュポケット付きで、断熱材にはポリエチレンを採用しています。テントの素材にも使用されているオックスフォード生地なので撥水・防水機能も抜群。開閉しやすいダブルジッパーのほか、大きめの持ち手で持ち運びしやすいのもポイントです。

PR
オレゴニアンゴルファー クーラーバック

商品情報

ゴルフシーンから買い物まで! どこでも使える保冷バッグ
オレゴニアンキャンパーが「オレゴニアンゴルファー」の新ラインを立ち上げ、ゴルフラインのロゴも新たにデザイン

まるでリュックサックのようなおしゃれなデザインで、17.2Lと大容量のソフトタイプ小型クーラーボックスです。防水機能のあるアルミを採用しているので、氷を直接投入して保冷することが可能。夏でも常に冷えた飲み物やアイスを持ち運べて便利ですね。ファッション性のあるミリタリーカラーで、タイプはSサイズ、Lサイズ、キューブタイプ、トートタイプの4種類から選べますよ。

PR
Coleman デイリークーラー

商品情報

・折りたたんで収納可能
・クーラー本体と同じカラーのエコバッグ付属
・500mlペットボトル14本
・350ml缶40本

保冷力に優れており、デイリー使いにちょうどいい商品です。使わないときは折りたためるので持ち運びの際にとても便利ですよ。見た目もシンプルな色合いのものとカラフルな柄のものがあるので、お好きなデザインをチョイスできます。

PR
Coleman アルティメイトアイスクーラーⅡ

商品情報

■保冷力42時間だから1泊2日以上のキャンプにも対応可能
■耐水圧25,000mmで雨にも強い
■25Lサイズで500mmペットボトル20本収納可能

なんと保冷力は約42時間とされており、1泊2日以上のキャンプにも対応可能です。さらに耐水圧が25,000mmと雨にも強いので、天候を気にせずアウトドアシーンを楽しめますね。こちらのクーラーボックスも折りたためるので使わないときは小さく収納できますよ。

PR
LOGOS ハイパー氷点下クーラー

商品情報

●驚異の保冷力!氷点下パック使用でアイスクリームが約11時間保存可能!
●コンパクト収納

こちらはロゴスの「氷点下」シリーズのクーラーボックスで、保冷力に優れている商品です。別売りの「氷点下パックGT-16℃」と組み合わせることで保冷効果がさらにUPし、アイスクリームが最大7時間〜12時間保存可能になります。ジッパーで大きさを調整できるので、小さく畳んで収納も可能。デイリー使いからアウトドアまで幅広く活躍します。

PR
サーモス ソフトクーラー

商品情報

●「冷たさと鮮度を運ぶ!5層断熱構造」
●インナーボックス付きで、食材が詰めやすい&取り出しやすい。
●外生地ははっ水加工生地採用

こちらは断熱容器などを取り扱うサーモスが販売するクーラーボックス。週末のまとめ買いからアウトドアまで、幅広いシーンで大活躍の容量です。インナーボックス付きなので物を詰めやすく、取り出しやすいですよ。さらに小さく折りたためるので使わないときはコンパクトに収納できます。

PR
アシックス COOLERBAG

商品情報

●表地: 合成皮革
●収納可能サイズ: B5サイズ収納可能

こちらはアシックスのクーラーボックスで、ワンポイントのブランドロゴがおしゃれです。ペットボトルの飲料だけではなくお弁当箱もしっかり収納できるのでスポーツをする人や部活用にもピッタリですよ。両開きのファスナーは開け閉めしやすく、出し入れしやすいので使い勝手も抜群です。

PR
DODソフトくらら(4)

商品情報

●キンキンのドリンク、それは幸せ。6缶ぴったりサイズのソフトクーラー。
●6缶ぴったりサイズ。一般的な350ml缶が6缶と保冷剤(21cm×14cm程度)がぴったり収まります。

こちらは350mlの缶6本と保冷剤がぴったり入る手頃なサイズのクーラーボックスです。表面は防水加工されてるので雨の日やアウトドアにもピッタリ。シンプルながらキュートなデザインと持ち運びに便利な肩掛けベルトは、デイリー使いに最適ですよ。

PR
キャプテンスタッグ リュック型クーラーバッグ

商品情報

使用サイズ:幅34×奥行23×高さ45cm
製品重量:(約)1kg
付属品:中敷2枚

両手がふさがらないよう工夫された、リュックサック型のクーラーボックスです。断熱材には保冷力を高める発砲ポリエチレンフォームを使用。フタの裏部分には保冷剤を収納するポケット、外部にはシートなどを収納できるポケットが付いており、収納の多さも魅力です。上部には持ち手も付いていて、トートバッグのように持ち運ぶことも可能ですよ。

用途に合った小型クーラーボックスを見つけよう!

小型クーラーボックスは、レジャーやアウトドアシーンで一定の温度を保って保冷するアイテムです。飲み物や食べ物を保冷するだけでなく、テーブルやイスに代用できる便利なものもあります。コンパクトに折り畳んで収納できるものなどさまざまなので、シーンにぴったりのものを見つけてみてくださいね。

こちらもチェック!
キャンプ向けクーラーボックスおすすめ12選!容量や人気ブランド、コスパの良いソフトタイプまで人気のアイテムをご紹介

保冷力があり、飲み物や食材を保管して置ける「クーラーボックス」。コスパがいいものやおしゃれなものなど、キャンプ向けのクーラーボックスは多種多様。この記事ではキャンプ向けのクーラーボックスのおすすめをご紹介します。タイプの違いや容量など、選び方のポイントも解説します。自分に合ったアイテム探しの参考にしてください。

こちらもチェック!
釣り用クーラーボックスのおすすめ7選!保冷力の高いタイプや小型のものなど人気のアイテムをご紹介

釣った魚の鮮度をキープするのに必須の「クーラーボックス」。大型や小型などのものの中でもサイズバリエーションは豊富で、保冷力やコスパでも違いがあります。この記事では、釣り用クーラーボックスのおすすめ商品やクーラーボックスを選ぶ際のチェックポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー