この記事で紹介されている商品
エマージェンシーシートのおすすめ13選!登山やキャンプ非常時用にもつかえるアイテムをご紹介

エマージェンシーシートのおすすめ13選!登山やキャンプ非常時用にもつかえるアイテムをご紹介

災害時だけでなく登山やキャンプ、さらには日常使いまで幅広く役立つ、エマージェンシーシート。安いものなら100円ショップでも購入でき、使い方も開封して広げるだけと簡単です。カサカサと音がしにくい静かなものや、寝袋になる袋状のものなど、おすすめの商品もたくさんありますのでぜひチェックしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

エマージェンシーシートとは?

エマージェンシーシートは、水や冷気を通さないようアルミコーティングが施された、大きなシート状の防寒グッズです。


折りたたみの状態ではポケットティッシュ程度の小ささで軽く、広げるとシングルサイズの毛布程度になるので、防災用としてだけでなくアウトドア用としてもよく使われています。
100円ショップでも購入でき、家族分そろえておけばいざというときに身体を冷えや暑さから守ってくれるのでおすすめです。

使い方は、全身に巻きつけて身体をあたためたり、地面に敷いて冷気をシャットアウトしたりとアイデア次第でいろいろと使えますよ。

エマージェンシーシートの選び方

エマージェンシーシートは、商品によって機能性・耐久性・静音性・サイズなどが異なります。

キャンプや登山などのアウトドアでも活用したい方や、非常時にも破れにくい耐久性を求める方は使い捨てではなく繰り返し使えるものがおすすめです。
静音性の高いものなら寝る際にストレスになりにくいだけでなく、非常時の避難所でも気兼ねなく使えますよ。

また寒がりな方は全身が包めるサイズ感も大切なポイントなので、自分が重視したいポイントをしっかり確認しながら選んでみてくださいね。

夏冬対応できるリバーシブルタイプ

リバーシブルタイプのエマージェンシーシートなら、夏の暑さを緩和させることも可能です。

リバーシブルタイプは金色の面と銀色の面で機能が異なっており、寒いときは金色の面を外側にすれば、太陽光の熱を集めてより内側をあたためてくれます。
逆に暑いときは、光を反射する銀色を外側に向けると内側が暑くなるのを防げるという仕組みです。そのため1年中防災リュックに入れておくなら、リバーシブルがぴったりでしょう。

耐久性が高いものを選ぶ

何度も繰り返し使えるものがほしいなら、耐久性の高い商品を選びましょう。

シートタイプのエマージェンシーシートは薄くて軽いものが多いですが、そのぶん破れやすく耐久性は高くありません
しかし耐久性の高い素材にアルミを蒸着させ、多層構造にして機能性と耐久性を高めた商品もあるため、使い捨ての商品に抵抗がある方は要チェックです。


多層型は値段が少し高めになりますが、買い替えの手間が減らせて、また破れにくいので使用時も気兼ねなく使えますよ。

音が少ないタイプが避難所での使用に最適

シートタイプのものはとくにガサガサという音がしやすいため、音に敏感な方や避難所などでの使用の際は要注意。静音性の高いものなら避難所でも周りの迷惑になりにくく、夜寝るときや寝返りをうつときにも音がしにくいので気になりにくいですよ。ただし静音性の高さは実物をみてみないとわからないポイントなので、商品のレビューや口コミを参考にするといよいでしょう。

収納時の大きさと持ち運びやすさ

薄いシートタイプはコンパクトなものがほとんどですが、多層タイプやシュラフ(寝袋)タイプなどを選ぶなら収納時の大きさもチェックしておきましょう。防災用なら持ち出し用のリュックに入るような、なるべくコンパクトなものを選ぶとよいですよ。
なお、繰り返し使うことを想定されていない安い商品は、一度使用すると元のコンパクトサイズに折りたたむのが難しい場合が多いという点も知っておいてくださいね。


繰り返し使えるタイプなら、スマートに収納できる専用の収納袋がついているものもありますよ。

どんなときに使う?タイプ別にアイテムをご紹介

エマージェンシーシートには、大きく分けて薄手のアルミタイプ・厚手タイプ・寝袋タイプの3種類があります。万能に使えるのは薄手のアルミタイプのシートですが、使用シーンにあわせて寝袋や厚手と使い分ければより快適に身を守れるため非常に便利。リュックや手持ちに余裕があれば、ぜひ寝袋や厚手タイプも検討してみてくださいね。

「アルミタイプ」の特徴とアイテム

薄手のアルミシートタイプは、コンパクトに携帯したい方や、いろいろなシーンに使いまわせる万能さを求める方にぴったり。値段も安いものが多く、100円ショップで購入できるのもこのタイプです。身体に巻きつけたり、テントや地面に敷いて断熱材のように使ったり、簡易的な屋根として突然の雨をしのいだりとさまざまな使い方ができますよ。

こちらはポリエチレン素材にアルミコーティングを施した、音がしにくい1人用のエマージェンシーシートです。しなやかな素材感で引き裂きにも強く、多少の傷がついても問題なく使えます。コンパクトに収納できるため、繰り返しの使用もしやすいでしょう。色は万が一の際に発見されやすいよう、目立つオレンジ色になっています。

Eco Ride World カサカサ音が少ないサバイバルシート sb_126-01

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(1,688件)

>

商品情報

カサカサ音が少なく静かな静音タイプの防寒保温サバイバルシート ( アルミシート エマージェンシーシート EMERGENCY SHEET ) です。

こちらは両面が銀色で暑さも寒さもしのげる、シンプルなアルミのエマージェンシーシートです。コンパクトで軽量なので、あまり荷物を増やしたくない方にもぴったり。音もしにくいため、場所やシーンを問わず使いやすく、使用時のストレスも感じにくいでしょう。サイズは上記のSOLよりもほんの少し小さめです。

「寝袋タイプ」の特徴とアイテム

寝袋タイプは、足先までしっかり防寒できるものがほしい方や、そのまま寝袋としての使用を想定している方におすすめです。

薄手のアルミシートを巻きつけるよりも隙間なく身体全体を覆えるため、より本格的な防寒となります。寝袋として使う場合は、単体での使用だと地面の凹凸や硬さが気になりやすいので注意しましょう。なるべく厚手のものを選んだり、ふつうの寝袋の中に入れて使ったりすれば、快適に暖をとりながら寝られますよ。

こちらは緊急用ホイッスルや収納袋も付属している、緊急時にうってつけの寝袋タイプです。収納時は手のひらサイズとコンパクトなので、携帯性もばっちり。広げると長さが200cmにもなるため、身長の高い方もしっかり入ってあたたまれます。またファスナーつきでしっかり閉じられ、隙間風が入りにくいのも魅力です。

Eco Ride World カサカサ音が少ない静音アルミ寝袋

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(64件)

>

商品情報

カサカサ音が少ない静音タイプの非常災害用のアルミ寝袋です。 防寒、保温性に優れていて、災害時や天候の急変時などに 身を守る緊急用寝袋です。

広げればブランケットのようにも使える寝袋タイプです。内側の銀色を外側に向けられるので、寒い季節以外にも日差しよけとして使えます。サイズは200cmなので高身長な方もすっぽり入れて、持ち運びの際はスマートフォン程度のサイズまで小さく折り畳めるのがポイント。音もしにくいため、避難所でも周りの人に迷惑をかけずに使えますね。

「厚手タイプ」の特徴とアイテム

身体に巻きつけるというよりもテントの床や地面に断熱材として敷くことを想定しているなら、適度なクッション性のある厚手のエマージェンシーシートがうってつけです。

厚手タイプは敷布団としてはもちろん、災害時やアウトドアで怪我をしたときにも簡易ベッドとして使えます。薄手のものと比べるとどうしてもある程度の収納スペースが必要になりますが、防災用やアウトドア用として1つ持っておくと便利ですよ。

Eco Ride World カサカサ音が少ない 4層 サバイバルシート sb_128-01

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(672件)

>

商品情報

緊急非常時や災害時、スポーツ観戦時などにブランケットの代用としてご使用いただける、カサカサ音が少ない、コンパクトなアルミ4層ブランケット( サバイバルシート エマージェンシーシート EMERGENCY SHEET ) です。

こちらは4層構造でより防寒性を高めた、ブランケット感覚で使えるエマージェンシーシートです。薄手のアルミシートよりカサカサ音も抑えられており、見た目の光沢感も控えめなので非常時以外でも使いやすいでしょう。一般的な布製のブランケットよりも防寒性が高いので、家の中で使うのもありですよ。

アウトドアや災害時の備えに!8選

ここまでご紹介したもの以外にも、災害時の備えやアウトドア用にぴったりの商品はたくさんあります。
いつどこで被災しても身を守れるようコンパクトに持ち歩けるものや、なかにはアメリカの陸軍などでも使用される耐久性の高いものも。機能性とデザイン性を兼ね備えたものもあるので、自分の使い方や好みにあったものを選んでくださいね。

BORN DIGGERS(ボーンディガーズ)アウトドアブランケット

Amazonカスタマーレビュー

4.0

Amazonカスタマーレビュー

(198件)

>

商品情報

気軽に使えるブランケット - 自然に馴染む緑色のキャンプ用アルミブランケット。緊急時でなくても気軽に使いやすいブランケットです。

非常時用としてだけでなく趣味のアウトドアにも使いたい方は、機能性だけでなくデザインも気になりますよね。そんな方には、こちらの機能性とファッション性を兼ね備えたアウトドアブランケットがぴったり。目立つ色ではなくナチュラルなくすみグリーンで、ブランドロゴが入った収納袋もついています。音もしにくいため、使い心地もよいですよ。

こちらは透湿性の高い素材を使っているため中が蒸れにくく、寒い季節から暑い季節までオールシーズン使いやすい寝袋タイプです。単体ではもちろん寝袋の中に入れたり、上から被せてシュラフカバーとしても使えますよ。足を入れる部分は窮屈にならないようマチつきです。

こちらは金色と銀色のリバーシブルになっており、効率的に保温や断熱ができる薄手のアルミシートです。収納時はコンパクトで持ち運びやすく、広げると210×160cmと大きめのサイズなので、子どもから大柄な大人までゆったり使えますよ。5個セットでもとても安いため、家族分をまとめて購入したいときにもおすすめです。

こちらは2人分の寝袋タイプを探している人にぴったりな、1つの巾着袋に2枚の寝袋が入っている商品です。極薄タイプでありながら引っ張っても強風でも破れにくく、何度も繰り返し使えます。また色も国際救難色のオレンジ色で、巾着袋にはホイッスルがついているため、防災用としておすすめです。

ロゴス LLLエマージェンシーシートゴールド 82100050

商品情報

総重量:(約)50g
サイズ:(約)220×140cm
収納サイズ:(約)12×9×2cm
主素材:ポリエステルフィルム(アルミ蒸着)

こちらは気軽にキャンプが楽しめることで愛されている、日本のアウトドアブランドのエマージェンシーシートです。金色と銀色のリバーシブルタイプで、季節や用途にあわせて使い分けられます。広げたときのサイズは220×140cmと大きく、レジャーシートのように地面に敷いても使いやすいですよ。

こちらは折りたたみ時のサイズがポケットティッシュを2個重ねた程度で持ち運びやすい、シンプルな薄手のアルミシートです。値段も安いので、防災リュックだけでなく車内や子どもの通学バッグなどいろいろなところに常備しておけますね。広げると213×132cmと大きめになるため、緊急時の状況にあわせてマルチに使えるでしょう。

こちらはアメリカ陸軍や救助隊などの機関でも公式備品として認定されている、3重構造で耐久性の高いエマージェンシーシートです。密閉性が高いため防風・防湿・保温にも優れており、四隅のハトメを活用すればタープやレジャーシートとしても使えます。152×213cmと特大サイズなのに約450gと軽量ですよ。

ベーシックスタンダード アルミシート

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(459件)

>

商品情報

サイズ:展開時/1300×2100mm パッケージサイズ/たたむとコンパクトな10×13×2cm(1個)。 重量:軽量 約50g。

こちらは引き裂きや摩耗に強く繰り返し使える、薄手のアルミシート3枚セットです。大柄な男性でも問題なく羽織れる大きいサイズで、折りたたみ時はハンディサイズになるため、家族分を持ち出し用バッグに入れておいてもかさばりにくいでしょう。音もしにくいので、避難所でも気兼ねなく使えますね。

エマージェンシーシートの使用時の注意点

エマージェンシーシートを使ったことがない方は、あらかじめ使用時のポイントや注意点を確認しておきましょう。

使い方を誤ると、保温しているつもりがかえって体を冷やしてしまう可能性もあります。

万が一のときのために、防災グッズを買うだけではなく、正しい使い方もいま一度おさらいしてみてはいかがでしょうか。

素肌に直接使用はNG

エマージェンシーシートは水や風を通さないことが特徴なので、シート内にたまった湿気や汗も逃しません。

そのため長時間使っているとシート内側が結露したり体に汗をかいたりして、その水分がかえって体を冷やしてしまう可能性があります。このような事態を防ぐためには、衣服の上から使用し、素肌にシートが触れないようにしましょう。

緊急事態でやむを得ず素肌で使用する場合は、タオルや新聞紙のように水分を吸ってくれるものを間に挟んで使用してくださいね。

体温保持のために隙間を作らないよう注意!

アルミシートタイプを使用する場合は、できる限り隙間のないようしっかりと身体に巻きつけることがポイントです。

シートのサイズが小さいと隙間なく覆うのが難しくなるので、身体が大きい方はとくに大きめサイズを選んでおくとよいでしょう。
また、少しの動きでもシートがめくれたり隙間ができたりしやすいため、身体に巻きつけたあとは極力動かないようにしてくださいね。

Amazonで人気のエマージェンシーシートをチェック!

ここまではエマージェンシーシートの選び方や使用上の注意、おすすめ商品などをご紹介しました。さらにエマージェンシーシートを探したい方は、Amazonで売れ筋のビバークザック・シートをチェックしてみてくださいね。

全13商品

おすすめ商品比較表

SOL(ソル) エマージェンシーブランケット 1人用

Eco Ride World カサカサ音が少ないサバイバルシート sb_126-01

Tumosando サバイバルシート

Eco Ride World カサカサ音が少ない静音アルミ寝袋

Eco Ride World カサカサ音が少ない 4層 サバイバルシート sb_128-01

BORN DIGGERS(ボーンディガーズ)アウトドアブランケット

SOL(ソル) エスケイプヴィヴィ&ヒートシートサバイバルブランケット 2枚セット

Eco Ride World サバイバルシート sabage-129-03

NGE サバイバルシート ホイッスル付き

ロゴス LLLエマージェンシーシートゴールド 82100050

KAKURI サバイバルシート

Bearhard ブランケット

ベーシックスタンダード アルミシート

Amazonカスタマーレビュー
4.21,861
4.41,688
4.036
4.364
4.1672
4.0198
-
4.1151
3.8133
-
4.0545
4.3191
4.1459
最安値
タイムセール
¥700-29%
参考価格¥990
タイムセール
¥1,799-5%
参考価格¥1,899
タイムセール
¥999-23%
参考価格¥1,299
タイムセール
¥1,590-11%
参考価格¥1,790

-

タイムセール
¥266-31%
参考価格¥385

-

購入リンク

いざというときのために1人1枚は用意しておこう!

エマージェンシーシートは一見すると薄いアルミシートですが、実際に使ってみるとそのあたたかさに驚く人も多い防災グッズです。いつどんな災害が訪れるか誰にもわからないからこそ、思い立ったときにすぐ準備しておけばいざというときに冷えや暑さから身体を守ってくれますよ。

こちらもチェック!
【2024年最新版】防災グッズ・防災セットのおすすめ10選!必要なアイテムリストも

一般的に備えておくと災害時に役立つとされている防災グッズ・防災セット。リュックサックになっているものが多いため、持ち運びがしやすく便利です。そんな防災グッズ・防災セットですが、「本当に必要なのか」「本当に必要なものは何なのか」についてこの記事では解説します。

こちらもチェック!
【2023年】防災頭巾のおすすめ10選!素材や機能性など選ぶポイントを解説

地震などの災害時に頭部を守る「防災頭巾」。もしもの時のために、安全性が高くて使いやすいものを用意しておきたいですよね。そこで今回は、防災頭巾の選び方を詳しく解説!幼児用や小学生用、大人用などさまざまなサイズのものや防炎協会認証製品など、おすすめ商品もご紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー