この記事で紹介されている商品
カニ缶のおすすめ9選!チャーハンや炊き込みご飯などに!贈答品としても

カニ缶のおすすめ9選!チャーハンや炊き込みご飯などに!贈答品としても

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

チャーハンやパスタなどのアレンジで便利に使える「カニ缶」は、贈り物や自分へのご褒美としてもうってつけ。カニ缶の価格帯は高級なものからリーズナブルでお手頃なものまで幅広く、またカニの種類や肉の形状なども商品によって違いがあります。どのカニ缶を選べばよいか迷う方に、カニ缶の選び方とおすすめ商品をご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

カニ缶の選び方

カニ缶は、カニ缶を何に使うかという目的、そしてどんな食べ方をしたいかという点に注目して選びましょう。理想的なカニ缶を選ぶためのポイントについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

1.カニの種類をチェック

「カニ」とひとまとめにして呼ぶことが多いですが、実際にはカニにはいろいろな種類があります。タラバガニや花咲ガニ、ワタリガニ、そしてズワイガニのなかでも紅ズワイガニやオオズワイガニに分かれており、実にバリエーションが豊富。味や身質にも違いがあります。

タラバガニ

カニの王様とも呼ばれるタラバガニは身の大きさや弾力性が特徴で、あっさりとした味わいが魅力です。大きな脚から取れる棒肉やカニ爪肉がそのままごろごろと入っているためタラバガニの缶詰は贅沢感があり、贈り物にもぴったり。自分へのご褒美として購入するのもおすすめです。

紅ズワイガニ

あっさりして淡白な味わいの紅ズワイガニはカニ缶の定番。カニ缶のなかでは比較的お手頃な価格帯ながらカニらしい味わいを楽しめるものも多く、贈答用にも自宅用にもおすすめです。

身質は繊細で味もあっさりしており、松葉ガニとして知られているズワイガニとは明確に味が違います。名前が似ている分間違えやすいので注意しましょう。

マルズワイガニ

リーズナブルで日常使いの食材としておすすめなのがマルズワイガニの缶詰。ヨーロッパでは高級食材である一方、日本ではお手頃な価格のカニです。そのままいただくだけでなく、カニ玉やカニシュウマイの材料、サラダの具材など、料理にたっぷり使うのもおすすめ。

マルズワイガニという名前ではありますが、実際にはオオエンコウガニというカニの仲間でズワイガニとは別の種類のカニなのだそうです。

花咲ガニ

花咲ガニは、かつて乱獲されたことが原因で今は水揚げ量が少なく、なかなか見かけない珍しいカニの一種です。缶詰も珍重されており、その珍しさから贈り物としてもおすすめ。味わいはタラバガニよりもさらに濃厚なのが特徴。カニの風味を存分に味わいたい方におすすめです。

ワタリガニ

カニ缶のなかでも一番お手頃で求めやすい価格帯なのがワタリガニの缶詰。普段使いもしやすい価格なので、カニチャーハンやカニクリームコロッケといったカニのほぐし身をたっぷり使うメニューに使うのがぴったり。ワタリガニはカニのなかでも特に小型の種類ですが、濃厚でカニらしい風味を味わうことができます。

2.身のタイプで選ぶ

カニ缶には、脚やカニ爪の大きな肉がそのまま入っているものと細かくほぐされた身が入っているものの2種類があります。肉の形状でも値段やおすすめの使い方に違いがあるため、目的に合わせて選ぶようにしましょう。

棒肉タイプ

カニが持つ本来の味わいを手軽に楽しむなら、脚の棒肉が詰められた缶詰がぴったり。高級な缶詰が多く、自宅用はもちろんのこと贈り物としても喜ばれます。

缶詰のなかには大ぶりの脚肉がごろごろと入っていて、茹でたカニの本来の味や香り、風味を味わうことができます。料理の具材として使うよりも、そのままいただくのがおすすめですよ。

赤身脚肉タイプ

赤身脚肉とは、製造の工程で割れてしまった肉を指します。この赤身脚肉を集めてつくった缶詰は脚棒肉の缶詰と比べてお値段が若干お手頃ですが、カニ本来の味わいを楽しめる点は共通しています。

そのまま食べるほか、あんかけやカニ玉といったカニがごろごろと入っているような料理に使うのもおすすめ。味はもちろん見栄えも華やかに仕上がります。

脚肉ほぐし身タイプ

脚肉とほぐし身、どちらも入った缶詰は双方のいいとこどりをしたもの。脚肉はそのままいただき、ほぐし身は料理に使うという使い分けがおすすめ。

また脚肉は料理のトッピングとして使えばより一層華やかでリッチな仕上がりに。風味や食感を損なわないよう、加熱のしすぎには注意しましょう。

ほぐし身タイプ

料理に使うためにカニ缶を購入したいという方におすすめなのはやはりほぐし身の缶詰です。シュウマイやコロッケ、サラダ、サンドイッチなど、ほぐし身のカニを使ったレシピはたくさんあります。

用途の幅が広いため、普段使いの食材のひとつとしてストックしておくのもおすすめ。気軽にカニの味を楽しみたい方にはぴったりです。

ツメ肉のみタイプ

脚棒肉よりもさらに希少で贅沢なのがカニのツメ肉のみを集めた缶詰。1匹のカニからふたつしか取ることができない希少な部位であるカニのハサミ部分の肉のみを集めてつくった缶詰で、ゴージャスなカニ缶を味わいたい方にはぴったりです。

ハサミはカニの部位のなかでもよく筋肉が発達している箇所で、身の締まりのよさや弾力、歯ごたえ、味の濃厚さなど、どこをとっても申し分ありません。何も手を加えずそのまま食べたい贅沢な缶詰です。

3.賞味期限・消費期限をチェック

缶詰は基本的に長期保存が可能。カニ缶も賞味期限は長い傾向があり、ストック食材としても優秀です。ただ、長く保存できるからとストックしておくと、いつの間にか賞味期限を過ぎてしまった…ということの無いよう購入前に賞味期限・消費期限は予め確認しておきましょう。

4.贈答品なら詰め合わせセットを

贈り物としてカニ缶を購入するなら、詰め合わせセットになっているものがおすすめ。カニ缶を贅沢に使えると喜ばれることでしょう。1缶ずつ購入するよりもお得な価格で販売されている商品も多いので、自宅用にまとめて購入しておきたい方にもおすすめです。

見た目にこだわるなら化粧箱入り

いくつかのカニ缶が詰め合わせセットになっている商品のなかでも、特に高級感があるのは化粧箱入りのものです。せっかくの贈り物ですから、見た目にもこだわりたいと感じるのは当然のこと。高級感があり贅沢な印象を高めたい方におすすめです。

カニ缶のおすすめ9選

これまでカニ缶の種類や選ぶポイントを紹介してきました。実際におすすめの9商品をご紹介します。カニ缶を購入する際の参考に、ぜひご覧ください。

マルハニチロ まるずわいがにほぐしみ
3.8

Amazonカスタマーレビュー(11件)

商品情報

●原材料
まるずわいがに、食塩、砂糖、たん白加水分解物/増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、リン酸塩(Na、K)、pH調整剤、酸化防止剤(亜硫酸塩)、(一部にかにを含む)
●エネルギー
57kcal/1缶分あたり

弾力と甘味に富むマルズワイガニの身を、料理に使うのにぴったりのほぐし身に仕上げたカニの缶詰です。そのままサラダや酢の物等に使うほか、カニ玉やグラタン、カニクリームコロッケ、パスタなど、さまざまな料理の具材に活用できます。

‎キョクヨー たらばがに
3.3

Amazonカスタマーレビュー(4件)

商品情報

●原材料
たらばがに、食塩、砂糖/調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、増粘剤(キサンタン)、酸化防止剤(亜硫酸塩)、(一部にかにを含む)
●エネルギー
89kcal/100gあたり ※液汁を除く

タラバガニの脚肉と肩肉を丁寧に詰めた、贅沢で豪華な缶詰です。よい素材だからこそ、シンプルな味付けでいただくのがぴったり。タラバガニをまるごと楽しめるため、贈り物にもぴったりの缶詰セットとなっています。

マルヤ水産 紅ずわいがに 赤身脚肉
4.0

Amazonカスタマーレビュー(73件)

商品情報

●原材料
べにずわいがに、砂糖、食塩、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(亜硫酸塩)

水分を多く含んでいてやわらかな身質の紅ズワイガニを、加工する過程で生じた割れ肉を集めた缶詰です。割れ肉は赤みが強く出るため、料理に使うと彩りも鮮やかで目でも楽しめる一品に。割れ肉を使っている分棒脚肉の缶詰よりお手頃価格なのも魅力です。

マルハニチロ まるずわいがにほぐしみ

商品情報

●原材料
まるずわいがに、食塩、砂糖、たん白加水分解物、調味料(アミノ酸等)、酸味料、増粘剤(キサンタン)、リン酸塩(Na K)、pH調整剤、酸化防止剤(亜流酸塩)、水
●エネルギー
25kcal/1缶分あたり

マルズワイガニの身を、料理に使いやすくほぐし身にした缶詰です。お値段も手頃で、普段使いのストック食材としてもおすすめ。サラダをはじめとしたさまざまな料理に使える便利な缶詰のひとつです。

福井缶詰 紅ずわいがに ほぐし身缶詰

商品情報

●原材料
紅ずわいがに、食塩、砂糖、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、増粘剤(キタンサン)、酸化防止剤(亜硫酸塩)(加水)

紅ズワイガニの身を使いやすくほぐして詰めた缶詰です。贈り物としてはもちろん、ご家庭の料理に使うのもおすすめ。カニ玉やカニチャーハンなどの中華をはじめ、グラタンの具材にしてもおいしくいただけます。

ニッスイ 紅ずわいがに ほぐし身

商品情報

●原材料
紅ずわいがに、砂糖、食塩/調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、増粘剤(キサンタン)、酸化防止剤(亜硫酸塩)
●エネルギー
47kcal/100gあたり ※液込み

紅ズワイガニの身をほぐして詰めた缶詰です。料理に使いやすいほぐし身は彩りも鮮やかで、料理の味も見た目も一段上にブラッシュアップしてくれるでしょう。カニ玉やサラダなど、さまざまな料理に使える便利なストック食材です。

キョクヨー 紅ずわいがに ほぐしみ
3.7

Amazonカスタマーレビュー(6件)

商品情報

●原材料
べにずわいがに、食塩、砂糖/調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、増粘剤(キサンタン)、参加防止剤(亜硫酸塩)、(一部にかにを含む)
●エネルギー
34kcal/55gあたり ※液汁を除く

紅ズワイガニを100%使用し、料理に使いやすいほぐし身にした缶詰です。カニクリームパスタのような洋食はもちろん、カニ玉やカニチャーハンといった中華料理にもよく合います。自分へのちょっとしたご褒美として、そして大切な人への贈り物としても喜ばれるカニ缶です。

若狭小浜丸海 ずわいがに水煮缶
3.0

Amazonカスタマーレビュー(1件)

商品情報

●原材料
ずわいがに、砂糖、食塩、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩、酸化防止剤
●エネルギー
71kcal/100gあたり

ズワイガニの脚肉100%の贅沢な缶詰です。ズワイガニ特有のさっぱりとして上品な甘さを存分に味わえる脚肉は、そのまま食べるのはもちろん料理のトッピングなどに使うのもおすすめ。いつもの料理を一段と華やかに仕上げてくれます。

キョクヨー 紅ずわいがに赤身脚肉
4.2

Amazonカスタマーレビュー(2件)

商品情報

●原材料
べにずわいがに、食塩、砂糖、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、増粘剤(キサンタン)、酸化防止剤(亜硝酸塩)

日本海で水揚げされた紅ズワイガニのみを使用したカニ缶です。ほぐし身ではなく脚肉の形が残るよう仕上げられており、料理に入れたときも存在感と食べ応えがありますよ。赤身の脚肉も含まれていて料理の彩りも華やかにしてくれます。

全9商品

おすすめ商品比較表

マルハニチロ まるずわいがにほぐしみ

‎キョクヨー たらばがに

マルヤ水産 紅ずわいがに 赤身脚肉

マルハニチロ まるずわいがにほぐしみ

福井缶詰 紅ずわいがに ほぐし身缶詰

ニッスイ 紅ずわいがに ほぐし身

キョクヨー 紅ずわいがに ほぐしみ

若狭小浜丸海 ずわいがに水煮缶

キョクヨー 紅ずわいがに赤身脚肉

Amazonカスタマーレビュー
3.811
3.34
4.073
-
-
-
3.76
3.01
4.22
最安値
¥17,641

-

タイムセール
¥1,297-12%
参考価格¥1,481

-

購入リンク

贈り物にも自分へのご褒美にもおすすめのカニ缶

カニ缶の種類と、おすすめの商品についてご紹介しました。自宅用に購入する食材としてはもちろん、贈り物としても愛されるカニ缶。食べ方や用途に応じて、自分の目的にぴったりのカニ缶を選んでみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー