この記事で紹介されている商品
メイソンジャーのおすすめ11選!選び方を徹底解説・蓋の形状についても詳しく深堀り

メイソンジャーのおすすめ11選!選び方を徹底解説・蓋の形状についても詳しく深堀り

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

アメリカ発祥のおしゃれなガラス瓶「メイソンジャー」。食品保存に便利なほか、ドリンク入れや雑貨入れ、ソープボトルなどとしても使えます。また蓋は、口径が大きいワイドマウスや穴あきタイプ、ストロー付きのものなど種類が豊富です。本記事ではメイソンジャーの選び方やおすすめ商品をご紹介します。ぜひご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

メイソンジャーとは

インスタをはじめとするSNSで注目を集めているメイソンジャーとは、食品の保存に適した蓋つきのガラス瓶のこと。デザイン性の高さが魅力ですが、機能性に優れたものが多く、さまざまな用途で活用されていますよ。ここからは、メイソンジャーの魅力について解説していきます。

長期保存に優れた保存容器

メイソンジャーは、1850年代後半にアメリカで誕生しました。メイソンジャーという名前は、発明者であるメイソン氏にちなんでいます。

メイソンジャーはガラスでできた蓋付きの瓶で、食材を入れて煮沸すると内側の空気が抜けて真空状態になるのが特徴です。食材の真空保存が手軽にできることから、長期保存に優れた容器としてアメリカの一般家庭で普及しました。

また、耐熱性も高い素材を使用しているため、煮沸消毒ができるのも魅力です。レトロでおしゃれなデザインでありながら、衛生的に食品を保存できる機能性を備えていますよ。

年月を得て徐々に形を変えていった

古くからアメリカで親しまれてきたメイソンジャーですが、現代のスタイリッシュなニューヨーカーたちがサラダ入れとして使っていたのをきっかけに、日本でもブームが広がりました

メイソンジャーは透明なガラスで作られているので、スムージーやパフェなどを入れても写真映えがよく、SNSでも注目を集めていますよ。

近年は扱いやすいプラスチック製のものや、蓋なしタイプ、蓋に穴があるタイプ、ストロー付きのタイプなども増えました。インテリア性の高いおしゃれな容器として、調味料入れや小物入れ、ソープボトルなど幅広い用途で活用されています。

メイソンジャーの選び方

ネットショップやおしゃれな雑貨店などでメイソンジャーを探すと、デザインも蓋の形状も異なる商品がたくさんあって、迷ってしまいますよね。

ここからは、メイソンジャーを選ぶ際におさえておくべき5つのポイントをご紹介します。

  • 1.フタの形状
  • 2.サイズ
  • 3.耐熱性の有無
  • 4.フタの別売りの有無
  • 5.瓶の口径

各ポイントについて詳しく解説していくので、購入を検討している方はチェックしてみてくださいね。

1.フタの形状で選ぶ

メイソンジャーを選ぶ際に最も重要なのがフタの形状です。食材の長期保存用やドリンク用、調味料入れ用など、用途ごとに適したフタがありますよ。

保存するならダブルキャップ

食品保存や鮮度を保ちたいジャーサラダに使う場合は、密閉性の高いダブルキャップタイプを選びましょう。

ダブルキャップは、内蓋と外蓋が2重構造になっているため、気密性が高いのが特徴です。ダブルキャップなら瓶内の空気を抜く「脱気」が可能で、手作りジャムや梅酒、漬物などの保存に向いています

また、ナッツやマカロニ、海苔などの食品を湿気から守れるほか、食材の鮮度を保ってくれるのでランチとしてジャーサラダを持ち歩く際にも便利です。

食器用途ならプラスチック

メイソンジャーを食器感覚で使いたい場合は、プラスチック製の蓋が付いているメイソンジャーでも十分です。食材の長期保存には向いていませんが、たとえばピクニックで食べるためのクッキーを入れたり、夕飯に使うソースを入れたりするのに便利です。

また、お弁当箱として使うのもおすすめで、そぼろご飯やタコライスを入れると見た目にも色鮮やかに仕上がります。もちろん、ランチのデザート用にカットしたフルーツを入れても素敵ですよ。

雑貨として使うならフタなし

メイソンジャーはレトロなデザインがかわいいので、インテリアとして飾っても絵になります。フタなしのものを一輪挿しやドライフラワー入れ、文房具入れとして使ってもおしゃれですよ。

また、裁縫用のボタンや糸、カラフルなビーズを入れて並べたり、洗面台でコットンを入れたり、キッチンでカトラリーを入れたりして、実用的に使うこともできます。

フタなしタイプはアイデア次第でいいろいろな使い方ができるので、ぜひ工夫してみてくださいね。

ドリンク用ならストローがさせるタイプ

メイソンジャーにドリンクジャーとして使いたいなら、ストローがさせる蓋付きタイプをおすすめします。ストロー付きのものは小さな子どもでも飲みやすく、移動の際もこぼしにくいのがよいですね。

スムージーやカフェオレのほか、レモンやオレンジなどの輪切りが入ったフルーツドリンク、ベリーを入れたヨーグルトドリンクなども中身が見えるメイソンジャーにぴったりです。

ストローがさせるタイプのほか、タンブラーのような飲み口付きの蓋もあるので、ライフスタイルに合わせて選んでみてくださいね。

調味料を入れるなら穴開き・メッシュ式

メイソンジャーに塩・胡椒や顆粒コンソメなどの調味料を入れたい場合は、小さな穴が空いている蓋付きタイプを選ぶとよいでしょう。使いたいときにササッと振りかけられて便利ですよ。

また、小麦粉や片栗粉、ココアパウダーなどの粉類を入れるなら、メッシュタイプの蓋が付いているものをおすすめします。食材に均等に振りかけられるので粉をムダにせずに済みますよ。

おしゃれなメイソンジャーで調味料入れを統一すれば、キッチンのインテリア性がアップしそうですね。

ソープ用ならポンプ付きを

ハンドソープやボディソープを入れる容器としてもメイソンジャーは活用できます。その場合は、ポンプ式のキャップが付いているタイプを選んでくださいね。液状のものなら対応できるので、食器用洗剤やシャンプー・リンスなども入れてもよいでしょう。

メイソンジャーは透明なのでソープの残量がわかりやすいのもよいですね。ポンプ式の蓋はステンレス製やプラスチック製のものがあり、色やデザインも豊富なので、置く場所のインテリアに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

2.用途に適したサイズで選ぶ

メイソンジャーにはさまざまなサイズがあります。食品保存用やドリンク用など、用途に合わせて適した容量のものを選ぶことが大切です。

食材の保存に使うなら240〜500ml程度

自家製ジャムやピクルス、プリンなどを保存する場合は、容量240~500ml程度の小さめサイズをおすすめします。これくらいなら冷蔵庫にも入れやすく、人にプレゼントする際も贈りやすいですよ。

さらに小さい容量110ml程度のメイソンジャーは、調味料入れに適しています。

サラダ・ドリンクジャーなら480〜700ml程度

1人分のサラダやドリンクを入れたり、ランチボックスとして使ったりするなら、容量480~700ml程度のものが使いやすいですよ。食材の出し入れがしやすい口径の大きいジャーを選ぶのがおすすめです。

スープを入れたり、グラス代わりに使ったりできるほか、シリアルや自家製梅酒のような量の多い食品の保存容器にも向いています。

ドリンクサーバーなら3L以上がおすすめ

ホームパーティーやキャンプなどの際にドリンクサーバーとして使いたいなら、容量3L以上のものがよいでしょう。どんなドリンクを入れてもよいですが、容器の透明性を活かしてレモンやミントなどを入れたデトックスウォーターを入れると写真映えしますよ。

3L程度なら一般的な家庭用冷蔵庫にもサーバーごと入れて冷やせるので便利です。ドリンクを注ぎやすい蛇口付きタイプをおすすめします。

3.耐熱性があるかどうかで選ぶ

食材を真空状態で長期保存するための容器として開発されたメイソンジャーは、もともとは熱に強い耐熱ガラスで作られていました。耐熱ガラス製のジャーなら煮沸消毒もできるので、食材を入れるのにも適していますね。

ただし、最近はメイソンジャーの用途が広がったことで、耐熱ガラス製でないものが多数販売されており、購入の際には注意が必要です。

もし、メイソンジャーに温かい飲み物やスープを入れて使ったり、煮沸消毒したりするなら、耐熱ガラス製のものを選びましょう。

4.フタを別途で買えるとシーンが広がる

食品の保存やドリンク入れなど、さまざまな用途で活用できるメイソンジャーのなかには、フタが別売りされているものがあります。フタの種類にはストローがさせるタイプや穴あきタイプ、密閉できるダブルキャップなどがあり、手持ちのジャーの口径タイプに合うものであれば、別のフタに取り替えて便利に使えますよ。

また、フタが破損してしまった場合や、パッキンの汚れが気になる場合に、フタだけ交換できればコスパもよいですね。タイプの異なるフタを用意して、いろいろな使い方を楽しみましょう。

5.瓶の口径タイプで選ぶ

メイソンジャーにはいろいろな口径タイプがあります。口径タイプによって使い勝手や見た目にも違いが出てくるので、用途や好みに合うものを選びましょう。

レギュラーマウス

メイソンジャーの口径タイプのなかでも最もオーソドックスなのがレギュラーマウスです。ジャムやソースなどを入れるのに適した形状で、さまざまな商品がラインナップされています。

デザイン性にこだわって選びたい方はもちろん、メイソンジャーを初めて使う方にもおすすめのタイプです。

ワイドマウス

ワイドマウスとは、レギュラーマウスに比べてフタの口径サイズが大きいのが特徴です。広口なので、中に入れたものの出し入れがしやすく、野菜のピクルスのような大きめの食材の保存に適しています。

また、手やスポンジを入れて内部を洗いやすいので、衛生面を重視する方におすすめです。

エリート・ドリンクボトル

エリートタイプとは、広口で高さのない浅型タイプのことを言います。調味料入れや少量のジャムを保存するのに便利です。深さがなくスプーンが底まで届きやすい容器なので、プリンやババロアなどを作るのにもおすすめします。

ドリンクボトルは、飲み物を入れられるタイプです。ストローがささるフタ付きの商品なら、スムージーやジュースなどを入れておいしく飲めますよ。

メイソンジャーのおすすめ11選

ここからは、数あるメイソンジャーのなかからおすすめの11商品を厳選してご紹介します。

耐熱ガラス製のものや、たくさんの食材を保存できる大容量タイプ、穴あきキャップ付きのもの、ストローがさせるタイプなど、いろいろなメイソンジャーを集めているので、自分に合うものを見つけてみてくださいね。

Libbey ドリンキングジャー 穴ありキャップ付 絵柄あり

商品情報

メーカー:Libbey(リビー)
サイズ:(約)ボトル/径6.5×高さ13cm、蓋/径7.3×高さ1.5cm
材質:ボトル/ソーダガラス、蓋/ステンレス・シリコン
特徴:フタ付き

世界的なグラスメーカーであるLibbey社のドリンキングジャーは、ステンレス製のフタにストローを差し込める穴が空いているのが特徴です。容量490ccなのでお気に入りのスムージーやカフェオレを入れてカフェ気分を楽しめます。本体は厚みのあるソーダガラス製です。口径は約6.5cmと広めなので、内部にスポンジを入れてすみずみまで洗いやすいですよ。

Fishs Eddy メイソンジャー

商品情報

メーカー:Fishs Eddy(フィッシュズエディ)
サイズ:W75 D75 H128mm
材質:陶器
特徴:個性的なデザイン、ハードユースにも耐えられる

1986年の創業以来、おしゃれなニューヨーカーたちに愛用されているFISHS EDDYのメイソンジャーです。ガラスではなく陶器で作られているので、カトラリーやキッチンツールを入れたり、フラワーベースとして使ったり、サボテンや多肉植物を植えたりするのにも向いています。かわいいレリーフ柄と、ヴィンテージ感のあるカラーリングもおしゃれですね。

contento Homemade メイソンジャー 6個セット

商品情報

メーカー:contento (コンテント)
サイズ:直径10 x 15 cm
容量:450 ml
材質:‎ガラス
特徴:ストロー付き

直径10×高さ15cmのガラス製メイソンジャーは、フタにPP製ストローが付いているのでドリンクジャーとして使えます。ホームパーティーや屋外でのバーベキュー、子どもの誕生日会などで重宝する6個セットです。フタの柄はギンガムチェックと水玉模様の2種類で、カラーは3色あるので、自分が飲んでいるジャーを見分けやすいのもよいですね。

Fishs Eddy ワイドマウスメイソンジャー

商品情報

メーカー:Fishs Eddy(フィッシュズエディ)
サイズ:16.8x8cm
容量:696ml
材質:陶器
特徴:電子レンジ・食洗器・フリーザー・オーブン対応

ニューヨークの有名食器店Fishs Eddyのメイソンジャーは、レトロ感たっぷりのデザインとカラーが魅力です。本商品は16.8×8cmの縦長タイプで、ガラスではなく陶器で作られています。ポプリや生花を飾ったり、ペン立てやキッチンツール入れとして使ったりできるほか、インテリア雑貨としてカウンターに置いておくだけでも素敵ですよ。

BALL メイソンジャー ワイドマウス

商品情報

メーカー:BALL
サイズ:直径9×高さ16.5cm
容量:940ml
材質:ソーダガラス、ブリキ、パッキン
特徴:フタ・ストロー付き、ダブルキャップ式

アメリカの一般家庭で100年以上愛され続けるBALL社のメイソンジャーは、ニオイ移りがしにくく煮沸消毒もできるのが特徴です。キャップは内側と外側に分解できるダブルキャップ仕様になっており、密閉性が高く、食材の長期保存にも適しています。ジャーの前面に「Ball」ロゴのレリーフがあしらわれているほか、側面には便利な目盛りが付いた、レトロで愛着の湧くデザインです。

Le Parfait ガラスボーカルジャー

商品情報

メーカー:Le Parfait (ル・パルフェ)
サイズ:直径×高さ(mm) 110×175
容量:1L
材質:ガラス
特徴:密閉瓶

1935年にフランスで創業したル・パルフェ社の密閉ビンは、レトロ感あふれるデザインと高い品質が魅力です。煮沸真空保存ができる容器なので、中に食材を入れてフタを閉め、瓶ごと鍋で煮沸すると、長期保存も可能になりますよ。容量は約1000mlと大きめなので、湿気やすいコーヒー豆や小麦粉、乾物、お手製の梅シロップなどを保存するのにも適した容器です。

アラジン オリジナルメイソンフードジャーL

商品情報

メーカー:Aladdin (アラジン)
サイズ:幅8.64×奥行8.64×高さ14.5cm
容量:590ml
重量:130g
材質:プラスチック
特徴:サイドには目盛り、軽くて扱いやすい、BPA(ビスフェノールA)フリー

おしゃれな家電で知られるAladdin社のオリジナルフードジャーです。アンティークレトロな雰囲気と高い密閉性が特徴的なメイソンジャーを、より扱いやすいプラスチック製で仕上げています。シリアルやナッツ類、ドライフルーツ、キャンディなどを入れて置くだけで、キッチンをポップでかわいい空間に見せてくれますよ。雑貨を入れて飾ったりフラワーベースとして使ったりするのもおすすめです。

Libbey ドリンキングジャー 穴ありキャップ付 無地

商品情報

メーカー:Libbey(リビー)
サイズ: (約)ボトル/径6.5×高さ13cm、蓋/径7.3×高さ1.5cm
容量:490 ml
材質:ボトル/ソーダガラス、蓋/ステンレス・シリコン
特徴:フタ付き

アメリカにおけるグラスメーカーの老舗、Libbey社が手掛けるメイソンジャーです。ストロー用の穴あきフタが付いているタイプなので、ジュースやアイスコーヒーなどのドリンクを入れてマイストローを差せばドリンキングジャーとして楽しめます。ジャーの側面に何も装飾のないシンプルなデザインは、フタを外していろいろな用途に使いやすいですよ。

Libbey ドリンキングジャー 穴なしキャップ付 絵柄あり

かわいいレリーフ柄があしらわれたソーダガラス製のメイソンジャーです。容量490ccでステンレス製のフタが付いているので、サラダジャーやタコライスなどの食べ物を入れてランチボックス代わりに使えます。また、コーヒー豆やお茶のティーバッグ、マカロニなどの保存容器としても便利です。食品のほかボタンやビーズのような細々とした物を入れておくと、中身が見えるので使いやすく、見た目もおしゃれになりますよ。

CASUAL PRODUCT ヴィンテージスタイル ダブルウォールジャー

商品情報

メーカー:CASUAL PRODUCT
サイズ:W120×D88×H147mm
容量:450ml
材質:プラスチック
特徴:ストロー長さ20cm

2重構造のドリンキングジャーは保冷力に優れているので冷たいドリンクをおいしく楽しめます。また、水滴が表面につきにくいのもよいですね。ストローはストッパー付きでボトルから抜け落ちることがなく、万が一落としても壊れにくいアクリル製なので、子どもにもおすすめ。ポップなカラーリングは、スムージーやジュースにぴったりですよ。

直径8×高さ13.6cmのメイソンジャーは、片手でも持ちやすい大きさです。フタ付きなのでサラダジャーとして使ったり、プリンやゼリーを作ったりするのに向いています。フタを外してストローを差せば、カフェ風のドリンキングジャーとしても使えますよ。使っていないときは、おしゃれな雑貨としてキッチンのカウンターに並べておいても素敵ですよね。

全10商品

おすすめ商品比較表

Libbey ドリンキングジャー 穴ありキャップ付 絵柄あり

Fishs Eddy メイソンジャー

contento Homemade メイソンジャー 6個セット

Fishs Eddy ワイドマウスメイソンジャー

BALL メイソンジャー ワイドマウス

Le Parfait ガラスボーカルジャー

アラジン オリジナルメイソンフードジャーL

Libbey ドリンキングジャー 穴ありキャップ付 無地

CASUAL PRODUCT ヴィンテージスタイル ダブルウォールジャー

Bormioli Rocco Q.S.ドリンキングジャー

Amazonカスタマーレビュー
4.181
5.01
3.82
4.62
-
4.2220
4.53
3.920
4.2237
3.740
最安値
購入リンク

使いやすいメイソンジャーを見つけよう!

レトロな雰囲気がおしゃれなメイソンジャーは、食材を手軽に真空保存できるのが魅力です。近年は、素材や形状、フタの種類なども豊富になり、いろいろな用途に使われるようになりました。本記事で紹介したメイソンジャーの選び方やおすすめ商品を参考にして、使い勝手のよいメイソンジャーを探してみましょう!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー