この記事で紹介されている商品
スープ・ソース付き米粉麺のおすすめ8選!フォーや担々麺などグルテンフリーの商品

スープ・ソース付き米粉麺のおすすめ8選!フォーや担々麺などグルテンフリーの商品

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

小麦粉を使わずに米粉で作られている「米粉麺」。近年種類が増えているので、小麦アレルギーの方やグルテンフリーを意識している方にはうれしいですよね。この記事では、ソースやスープ付きのうどんやフォーなどのおすすめ商品をご紹介します。米粉麺のメリットや商品の選び方なども解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

米粉麺とは?特徴も解説

米粉麺は米粉を加熱して粘り気を出し、小麦粉を使わずに作った麺のことです。中国や韓国、ベトナムなどで古くから食べられており、フォーやビーフンなどがよく知られています。小麦粉を使用していないグルテンフリーの食品なので、小麦を避けたい方でも食べられますよ。

米粉麺はツルっとした食感でくせがないので、さまざまな料理に合わせやすい食材です。

グルテンフリー!米粉麺のメリット

米粉麺の魅力は何といっても小麦に含まれているグルテンが入っていない、グルテンフリーであることです。小麦粉と比べて血糖値の急激な上昇を抑えてくれるのもポイント。油の吸収率が低く、胃もたれしにくいとされていますよ。

ただし、麺自体が米粉のみのグルテンフリーでも、付属しているスープやソースなどにグルテンが含まれている可能性があります。アレルギーをお持ちの方は、パッケージを必ず確認してくださいね。

スープ・ソース付きなら調理も簡単で便利!

米粉麺にはラーメンやうどん、フォーなどのさまざまな食べ方がありますが、ふだん小麦麺を使って料理を作っている場合には、どんな味つけが合うかわからないこともあるでしょう。

そのような場合は、スープやソース付きの商品を使ってみるのもおすすめです。必要な具材や調理方法が書いてあるので、簡単においしい米粉の料理が作れますよ。

スープ・ソース付き米粉麺の選び方

好みに合ったスープやソース付きの米粉麺を選ぶ際には、どのような点をチェックすればよいでしょうか。ここからは、料理の種類や麺の太さ、価格などによってぴったりの商品を選ぶ方法をご紹介します。

1.好きな種類・料理から選ぶ

まずは自分の好きな料理の種類やジャンルから、スープやソース付きの米粉麺をチェックしてみましょう。米粉麺には定番のアジア系だけでなく、和食や中華などの調理方法も合いますよ。

和食系:うどん

和食がお好きな方であれば、米粉麺を使ったうどんはいかがでしょうか。米粉麺を使ったうどんには、日本のブランド米を使用して作られたものもありますよ。

米粉のうどんはくせがなく普段使っている麺つゆでもおいしく調理できますが、スープが付いている商品ならゆでてスープをかけたり、温めたりするだけなので簡単です。

自分で味付けをする際には、ソースや醤油味の焼きうどんにアレンジするのも楽しいですね。

中華系:ラーメン・ビーフン

麺料理の中でも、ラーメンが好きな方は多いもの。米粉を使ったラーメンは、麺にプリッとしたコシがあるのが特徴です。スープもグルテンフリーにこだわった商品であれば、アレルギーが心配な方も食べやすいでしょう。

中華系の米粉麺といえば、もうひとつ代表的なものがビーフンです。米粉麺は糖質の摂取量に配慮できるため、健康食として世界中で食べられており、アスリートの食事にも多く取り入れられていますよ。

ソース付きなら麺にソースを絡めるだけなので、一人分の食事を簡単に済ませたい時にもおすすめです。

アジア系:フォー

ベトナムを代表する米粉の麺は、フォーと呼ばれる平たい麺です。日本のきしめんに似ていますがきしめんよりも少し細めで、ベトナム料理のお店では必ずといっていいほどフォーがメニューに載っています。

フォーのスープの味はベトナムの地域によっても異なりますが、鶏ガラと野菜を使ったスープに香り野菜やスパイスなどが入っています。スープを一から作るのは大変ですが、スープ付きの商品を使えば本場の味が味わえますよ。

2.麺の太さや食感から選ぶ

米粉麺の中でもうどんやフォーには、さまざまな麺の太さの商品があります。とくにうどんは太さによって食感も異なってくるので、自分の好みに合わせたものを選びましょう。

お米ならではのもっちりとした食感とツルっとした舌触りが気持ちよい米粉麺ですが、粘り気のあるグルテンと比べてプツンと切れやすいといった特徴もあります。細い麺はより切れやすいので、長いうどんをすすりながら食べたい方は、太めの麺を選ぶのがおすすめですよ。

3.作りやすさで選ぶ

スープやソース付きの米粉麺を選ぶときには、作りやすさにも注目してみましょう。例えば米粉麺には生麵と乾麺がありますが、麺の太さや種類によって茹で時間が異なります。あらかじめ確認しておくと調理時間が読めるので、よりつくりやすくなりますよ。

時間がない時に作りやすいのは、茹で時間が短い麺にスープやソースが付いている商品です。ビーフンは炒めながら蒸し焼きにする工程のものが多く、野菜や肉などの具材にも火を通すため、その分調理時間は長くなります。

レトルト商品を選べば、鍋やレンジで温めるだけなのでさらに作りやすいでしょう。

4.価格で選ぶ

米粉麺を選ぶ際には、価格も大切なポイントです。米粉麺は小麦粉の麺のように主食として食べる機会が多いので、あまり価格が高い商品だと頻繁に食べるのが難しくなってしまいます。

ただし、国産米を使った米粉麺などのこだわりの商品もあるので、その時々に合わせた価格の商品を選んでさまざまな味を楽しんでみてくださいね。

スープ・ソース付き米粉麺のおすすめ8選

ここからは、スープやソースが付いている米粉麺のおすすめ商品8選をご紹介します。ラーメンやベトナムのフォー、パッタイのほか、日本料理のうどんなどもありますよ。ぜひ好みの味を見つけてくださいね。

ケンミン 米粉専家 ベトナム風フォー

商品情報

麺の種類:フォー
原材料:米めん(米、でん粉)(タイ製造)、粉末スープ(デキストリン、食塩、魚醤(魚介類)、チキンエキス、コリアンダー、オニオンパウダー、ガーリックパウダー、黒こしょう、唐辛子、植物油脂/調味料(アミノ酸等)、酸味料、リン酸カルシウム)、(一部にごま・大豆・鶏肉・魚醤(魚介類)を含む)
内容量: 68.9g×10個

ベトナムの代表的な料理であるフォーは、あっさりとした鶏がらベースのスープとナンプラーやコリアンダーの独特な風味が食欲をそそる麺料理です。米粉麺のツルっとした食感ともっちりした食べ応えを自宅で気軽に味わえますよ。一食分が約240kcalなので、カロリーを制限している方にもおすすめです。

Green インターフレッシュ フォー チキン味袋麺

商品情報

麺の種類:フォー
原材料:めん(米、食塩、砂糖)、植物油脂、香辛料混合品(玉ねぎ、しょうが、唐辛子、にんにく、シナモン、八角、コリアンダー、フェンネル、エシャロット、こしょう、食塩)、食塩、砂糖、ねぎ、マルトデキストリン、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、香料、着色料(ウコン、パプリカ色素)、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(V.E)
内容量: 60g×10個

熱湯を注いで3分間待つだけで、本格的なベトナムの味が食べられる商品です。手軽に調理できるため、時間がないときの朝食や夜食にもおすすめですよ。チキンスープをベースに、ジンジャーやコリアンダーなどの香味野菜を使った風味が特徴です。少し豪華に食べたいときには、お好みで鶏やレモンなどを添えてくださいね。

ケンミン 米粉専家 四川風汁なし担々めん

商品情報

麺の種類:ラーメン
原材料:米めん(米、でん粉)(タイ製造)、液体ソース(砂糖、植物油、しょうゆ、食塩、甜麺醤、ねりごま、みそ、香味油、おろしにんにく、すりごま、、でん粉、唐辛子、黒こしょう/調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、パプリカ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物)、(一部に小麦・ごま・大豆を含む)
内容量:86g(麺50g、液体ソース36g)/一袋
特徴:タイ産米粉麺、ノンフライ麺

もちもちした米粉の平麺が、ピリッと辛いソースにしっかり絡む四川風の担々麺です。麺を約4分間茹でてから器に盛って、付属のソースをかけるだけで食べられます。炒めたひき肉やネギとの相性がよいので、トッピングすれば満足感がアップしますよ。茹でた後に冷水にさらして水を切れば、冷やし麺としても楽しめます。

ケンミン 米粉専家 タイ風焼そば パッタイ

商品情報

麺の種類:パッタイ
原材料:米めん(米、でん粉)(タイ製造)、液体ソース(砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、砂糖、しょうゆ、魚醤、食塩、ガーリックペースト、オニオンパウダー、チキンエキス、ねりごま、オニオンエキス、えびエキス、唐辛子、酵母エキス/調味料(アミノ酸)、増粘剤(加工デンプン)、酸味料、カラメル色素、乳化剤)、(一部にえび・小麦・ごま・大豆・鶏肉を含む)
内容量: 76g×10個

米粉麺のタイ風炒めであるパッタイは、魚醤とごまの香りを効かせた甘辛な味つけが特徴です。そのままでもおいしく食べられますが、豚肉や卵、ニラ、もやしなどのお好みの具材を一緒に炒めれば食べ応えのある一品ができあがりますよ。本場のタイ料理の味が自宅で手軽に味わえるので、タイ料理好きな方にもぴったりです。

ケンミン グルテンフリー醤油ラーメン

商品情報

麺の種類:ラーメンライスヌードル原材料:(米(タイ)/炭酸カリウム、炭酸ナトリウム)、液体スープ(しょうゆ(国内製造)、植物油脂、食塩、みりん、砂糖、かつおぶしエキス、オニオンパウダー、こんぶエキス、でん粉、ガーリックペースト、ジンジャーペースト、たん白加水分解物、混合ぶし粉末/酒精、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素)、(一部にごま・大豆を含む)
内容量:136g

もっちりとした喉越しのよい米粉麺と、鰹昆布のだしを使った醤油味スープのラーメンです。麺もスープもグルテンフリーなのがうれしいですね。ボストンで行列ができる店として知られている「Tsurumen Davis」と共同開発された商品で、さっぱりしながらもコクの深い味わいが特徴です。

Green インターフレッシュ フォートムヤム味袋麺

商品情報

麺の種類:フォー
原材料:めん(米、食塩、砂糖)、植物油脂、混合品香辛料(唐辛子、にんにく)、食塩、砂糖、ねぎ、マルトデキストリン、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、香料、着色料(カラメル、ウコン、パプリカ色素)、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(V.E)、香辛料抽出物内容量:60g×10袋

刺激的な辛さが特徴的なベトナム料理のトムヤムクン風味のスープの米粉麺です。1食分約60gが10袋入っているので、小腹が空いたときや夜食用にストックしておくのにも向いていますよ。異国情緒溢れる本場の味を、自宅で気軽に味わってくださいね。

ケンミン グルテンフリー ベトナム風フォー

商品情報

麺の種類:フォー
原材料:米めん(米、でん粉)(タイ製造)、液体スープ(食塩、砂糖、チキンエキス(鶏肉を含む)、香味油、オニオンパウダー、かつおエキス、ジンジャーパウダー、黒こしょう、こんぶパウダー/調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘剤(加工デンプン)
内容量:75g  

米粉のノンフライ麺を使用した、鍋ひとつで作れるベトナム風のフォーです。あっさりした味のスープは、朝食にもおすすめですよ。鶏肉と玉ねぎがあれば中火で煮込むだけで食べられます。好みの野菜や香草、ライムやレモンなどを添えるとさらに本格的な味わいが楽しめるでしょう。

尾西食品 おにしの米粉でつくった山菜うどん

商品情報

麺の種類:うどん
原材料:【めん】米粉(米(国産))、でん粉/加工でん粉、増粘剤(アルギン酸エステル)
【かやく】食塩、食用植物油脂、ぶなしめじ、乾燥人参、たけのこ、砂糖、乾燥椎茸、なめこ、乾燥きくらげ、水煮わらび、鰹節エキス/ソルビトール、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンE)【調味粉末】食塩、ぶどう糖、コーンスターチ、砂糖、たん白加水分解物、鰹節エキス、酵母エキス、昆布エキスパウダー、食用植物油脂、唐辛子/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料、微粒酸化ケイ素、リン酸Ca
内容量:71.5g×2袋入

こだわりのかつおだしをしっかり効かせた、米粉麺の山菜うどんです。季節の野菜や玉子などを自由にトッピングしてアレンジできますよ。鍋を使って作るほか、袋にお湯を注ぐだけの調理法もあるのでアウトドアに向いています。5年間の長期保存ができるため、保存食にもぴったりです。

全8商品

おすすめ商品比較表

ケンミン 米粉専家 ベトナム風フォー

Green インターフレッシュ フォー チキン味袋麺

ケンミン 米粉専家 四川風汁なし担々めん

ケンミン 米粉専家 タイ風焼そば パッタイ

ケンミン グルテンフリー醤油ラーメン

Green インターフレッシュ フォートムヤム味袋麺

ケンミン グルテンフリー ベトナム風フォー

尾西食品 おにしの米粉でつくった山菜うどん

Amazonカスタマーレビュー
4.0131
3.8173
4.420
4.050
5.01
3.541
4.215
-
最安値
タイムセール
¥980-15%
参考価格¥1,150
タイムセール
¥1,927-15%
参考価格¥2,268
購入リンク

グルテンフリーの米粉麺を自宅で気軽に楽しもう!

米粉麺は、ツルっとした食感ともっちりした食べ応えが楽しめて、小麦粉を控えたい方にもぴったりの食材です。スープやソース付きの商品を選べば調理も簡単ですよ。中華やアジア風だけでなく、和食や洋食にも合わせやすい米粉麺を、ぜひ食卓に取り入れてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー