この記事で紹介されている商品
グルテンフリーパスタのおすすめ13選!どこで売ってる?選び方は?疑問も徹底解説

グルテンフリーパスタのおすすめ13選!どこで売ってる?選び方は?疑問も徹底解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

グルテンが含まれる小麦粉を使用せずに作られた「グルテンフリーパスタ」。米粉や豆類が原材料になっているものなど、さまざまな種類があります。そのため、どれを選んだらよいのか、美味しいグルテンフリーパスタはどこで売ってるのか気になりますよね。そこで今回は、グルテンフリーパスタの選び方やおすすめの商品をご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

グルテンフリーパスタの魅力

グルテンフリーパスタの魅力は、小麦が原料となっている食材を摂取できない方やダイエットで控えている方でも、美味しく味わえることです。グルテンは小麦の中に含まれており、パスタに弾力やもちもちとした食感を与えます。

そのため、グルテンを含む食材は美味しいのですが、カロリーが高い傾向にあります。グルテンフリーパスタは、小麦以外の原料を使ってパスタに弾力やコシが出るようにされているのが特徴です。

グルテンフリーパスタはどこで売ってる?

ヘルシーなライフスタイルを求めている方におすすめの「グルテンフリーパスタ」。食べたいなと思ったときには、スーパーや輸入品店、自然食品店などで販売されているのでぜひお試しください。

メーカーによっては、店舗での販売を行っておらず、オンラインのみの購入方法のところもあります。また、グルテンフリーの需要が高まってきていることから、コンビニでグルテンフリーパスタのお惣菜を販売しているところもあるようです。

グルテンフリーパスタの選び方

原料や形状などにより、グルテンフリーパスタの味わいや食感が異なります。そのため、グルテンフリーパスタを選ぶときは、味や食感のもととなる「原材料の種類」や「ロング・ショートなどの形」「乾麺・生麺」「添加物や有機食品」などに着目するとよいでしょう。

以下で選び方について詳しく解説するので、好みのグルテンフリーパスタを選ぶ参考にしてください。

1.原材料の種類(味・食感)で選ぶ

グルテンフリーパスタの原材料は主に、「米粉」「玄米」「とうもろこし」「豆類」「こんにゃく」です。原材料によって味や食感、栄養などがそれぞれ異なりますよ。それぞれの特徴をわかりやすく解説しますので、好みの味や食感を選ぶのにお役立てください。

米粉

もちっとした食感のパスタを味わいたい方は、米粉のグルテンフリーパスタがおすすめです。米粉は小麦粉と比べデンプンの量が多い傾向にあるため、もちっとした美味しい食感を長持ちさせやすい特徴があります。

さらに、米粉は小麦粉よりも油の吸収量が少ないとされています。そのため、米粉のグルテンフリーパスタは、ダイエット中でカロリーを抑えたいと考えている方におすすめです。また、米粉は低GI食品です。低GI食品は、糖質の吸収が穏やかになるので、ダイエットや健康維持を目指している方にも注目されています。

玄米

玄米のグルテンフリーパスタは、精製されていないお米を使って作られます。そのため、丸ごとお米の栄養を食べられるのが魅力。玄米には、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養が豊富に含まれています。

玄米のグルテンフリーパスタには、小麦のパスタよりもギャバの量が多く入っていますよ。また、フラクトオリゴ糖は、お腹の調子を整えるとされています。玄米パスタには小麦や米粉のパスタよりも、フラクトオリゴ糖が豊富に含まれているのもポイントです。さらには、玄米ならではの香ばしさを味わえるのもよいですね。

とうもろこし

小麦のパスタに近い味わいを求めている方には、とうもろこしのグルテンフリーパスタがおすすめです。とうもろこしの黄色い色味が入るため、見た目も小麦のパスタに似ていますよ。味わいや見栄えの特徴から、洋風のパスタと合わせやすいのもポイントです。

しかし、とうもろこしのグルテンフリーパスタは、小麦のパスタと比べもちっとした食感がやや少ない傾向にあります。そのため、もちもち感を味わいたい方は、米粉がブレンドされたとうもろこしのグルテンフリーパスタを選ぶとよいでしょう。

豆類

豆類のグルテンフリーパスタは、小麦のパスタに比べて糖質が少なく、たんぱく質や食物繊維が豊富な傾向にあります。そのため、ダイエットやトレーニングをされている方におすすめです。弾力のある食感や、豆のほのかな香ばしい風味を味わえますよ。

また、豆の種類によっても特徴が異なるため、ライフスタイルに合わせて選ぶのがポイントです。たとえば、黄えんどう豆は大豆よりも脂質が少なく、ポリフェノールが多い傾向にあります。また、大豆やひよこ豆にはイソフラボンが多く含まれていますよ。

こんにゃく

ツルンッとしたみずみずしい食感を味わいたいなら、こんにゃくのグルテンフリーパスタがおすすめです。こんにゃくの原料となるグルコマンナンの働きで、小麦のパスタよりも糖質やカロリーを抑えられるでしょう。そのため、ヘルシーなライフスタイルを希望されている方にぴったりです。

原料の特性により、茹でた後、時間が経っても伸びたりやわらかくなったりしにくい特徴があります。ゆっくり食事を楽しみたい方や、子育てや介護などで自分の食事を作ってから食べるまで時間がかかってしまう方でも美味しく味わいやすいです。

2.ロング・ショートなどの形で選ぶ

料理に合う形のグルテンフリーパスタを選びましょう。たとえば、グラタンやサラダ、スープとして食べるのなら、フリンジやマカロニ、ペンネなどのショートパスタがおすすめです。

チーズ系やクリームソースなど、こってりとした濃厚なソースには、ロングパスタの平たいフィトチーネとの相性がよいですよ。バジルやトマトソース、ペペロンチーノなどのオイル系には、丸麺のロングパスタが絡みやすくなっています。

3.乾麺・生麺かで選ぶ

グルテンフリーパスタは、「乾麺」か「生麺」かによって味わいや食感が異なる傾向にあります。また、麺のタイプによってソースの絡み具合や賞味期限も変わってくるため、味付けやライフスタイルに合わせて選びましょう。

乾麺

乾麺のグルテンフリーパスタは、生麺よりも賞味期限が長くなっています。そのため、お気に入りのパスタを買い置きしておくのにぴったりですよ。また、乾麺の茹で時間は約7分~10分ほどで生麺より長いです。そのため、麺を茹でている間にソース作りをしてじっくりと料理を楽しみたい方におすすめです。乾麺だと少し固めで弾力のあるアルデンテの食感をだしやすいため、好みで麺のタイプを選ぶとよいですね。

生麺

生麺のグルテンフリーパスタは、水分が多めなのがポイント。もちもちっとした食感で、素材の味を感じやすかったりソースに絡みやすかったりする特徴がありますよ。なお、しっとりしている分、乾麺と比べ賞味期限は短めです。また、生麺は茹で時間も乾麺より短くて約1分半~4分ですむので、忙しい方や時短料理をしたいときにぴったりです。

4.そのほかの特徴もチェック!

グルテンフリーパスタには、そのほかにも「添加物・有機食品」や「グルテンフリー認証マーク」などの特徴があります。食生活や栄養、原材料など、ライフスタイルに合った好みのグルテンフリーパスタを選んでくださいね。

添加物・有機食品

原料へのこだわりがある方は、グルテンフリーパスタに添加物が含まれているのか、有機食品なのか確認してから購入しましょう。パスタによっては保存日数が長くなるように保存料が入っていたり、弾力性を増すために添加物の増粘剤が入っているケースがあります。もし添加物が気になる場合は、有機栽培で育てた有機食品のグルテンフリーパスタを選ぶとよいでしょう。

グルテンフリー認証マークも目安として確認

グルテンフリーパスタには、グルテンフリー認証マークがついているものもあります。ダイエットや体質などにより、グルテンが入っていないかしっかりチェックしたいときに役立つでしょう。

小麦等1kg当たりの含有量が10~20ppm 以下であることが認められた食品は、GFCO(10ppm以下)やCODEX(20ppm以下)のグルテンフリー認証マークを表示することができます。認証マークがあるからよいというわけではなく、1つの目安としての選択肢です。

グルテンフリーパスタのおすすめ13選!

ここからは、おすすめのグルテンフリーパスタ13選をご紹介します。平たい形のフェットチーネや、らせん状のフリッジタイプのショートパスタなど種類が豊富なので、さまざまな料理に活用できますよ。ぜひ好みのグルテンフリーパスタを見つけてみてくださいね。

PR
ZENB ゼンブ ヌードル 丸麺

商品情報

商品の重量:320g
商品の形状:乾麺
原産国:日本

ゼンブヌードル丸麺は、原材料が黄えんどう豆100%で作られてます。そのため、糖質が低く、たんぱく質や食物繊維が多く含まれていますよ。原料にこだわっているため、食品添加物や増粘剤、つなぎなどが一切入っていません。グルテンフリーパスタとしてだけでなく、うどんややきそば、ラーメンなど和洋中さまざまな料理に使えます。黄えんどう豆のほのかな香りで、もちもちっとした食感です。

PR
アルチェネロ 有機 グルテンフリー スパゲッティ

商品情報

商品の重量::250g
商品の形状:乾麺
原産国:イタリア 

アルチェネロ 有機グルテンフリースパゲッティは、イタリアで有機栽培されたとうもろこしと米粉のみでできています。日本有機栽培認定食品(有機JAS)とEUオーガニック認証を取得しており、原料にこだわっている方におすすめです。通常の乾麺と同じように調理できます。ほんのりした甘さと弾力ある食感がポイントです。

PR
ラ・モリサーナ グルテンフリーパスタ

商品情報

商品の重量:400g
商品の形状:乾麵
原産国:イタリア

グルテンフリーのロングパスタを探している方には、ラ・モリサーナ グルテンフリーパスタがおすすめです。原材料はとうもろこしや玄米、タピオカでん粉、お米のほかに、スーパーフードと呼ばれるキヌアも入っていますよ。キヌアはミネラルやたんぱく質が豊富な食材なので、健やかなライフスタイルを目指している方にぴったりです。

PR
天長食品工業 お米で作ったパスタ

商品情報

商品の重量:800g
商品の形状:乾麺
原産国:カンボジア

もっちりした食感のグルテンフリーパスタを食べたい方には、お米で作ったパスタがおすすめです。お米100%と水だけで作られていますよ。癖がない美味しい味なので、ボロネーゼやミートパスタなど、さまざまなソースに合わせやすいです。茹で時間は長めの12分となっていますが、冷蔵庫の中で麺を水に一晩つけておくと、茹で時間を3分に短縮できますよ。

PR
波里 こまち麺 フェットチーネ

商品情報

商品の重量:500g
商品の形状:乾麵
原産国:日本

平麺のグルテンフリーパスタを味わいたいなら、波里のこまち麺フェットチーネはいかがでしょうか。秋田県のお米だけで作られたもちもちした食感や、ソースが絡みやすく食べ応えのある平たい形の麺が魅力です。半生麺なので約2分半~4分で茹で上がりますよ。麺がくっつきにくくなっているため、ストレスなく料理ができるのもポイントです。1年間ほど保存できるので、ストックとして置いておくのもよいですね。

PR
大潟村あきたこまち生産者協会 グルテンフリースパゲティ

商品情報

麺の種類:パスタ
原材料:発芽玄米粉(国産)、白米粉(国産)、オリーブ油/加工デンプン、増粘多糖類(アルギン酸エステル、増粘多糖類)
商品の重量:90g/一袋
特徴:発芽玄米使用、一人前パック、小麦粉・食塩不使用、麺の太さ1.7mm

米粉を使った国産のグルテンフリーパスタを探しているなら、大潟村あきたこまち生産者協会のグルテンフリースパゲティがおすすめです。原料の製粉や加工まで、すべて国内の自社で行っていますよ。発芽玄米を使って作られた細麺タイプのグルテンフリーパスタなのですが、小麦のパスタに近いもちっとした食感です。6分茹でたあとに、ほぐしながら2分~4分茹でると美味しく仕上がります。

PR
大潟村あきたこまち生産者協会 グルテンフリーフジッリ

商品情報

商品の重量:900g(150g×6個)
商品の形状:乾麺
原産国:日本

国産の発芽玄米や白玉粉などで作られた、グルテンフリーパスタ。らせん状のフリッジタイプのショートパスタなので、スープやサラダ、グラタンなどにおすすめです。原材料に塩が入っていないため、穀物のやさしい風味を味わえますよ。ソースやドレッシングが絡みやすく、様々な料理に合わせやすいのがポイントです。

PR
メモス ディヴェッラ グルテンフリー スパゲティ

商品情報

商品の重量:400g
商品の形状:乾麺
原産国:イタリア

とうもろこし70%、米粉30%で作られたイタリア産のグルテンフリーパスタです。米粉が合わさることで弾力がある食感となっており、小麦粉のパスタに近い味わいを楽しめますよ。ロングタイプの形状で、カルボナーラやボロネーゼ、ミートソースなどのこってりとした洋風パスタに合うだけでなく、和風パスタにもなじみやすくなっています。

PR
Plus グルテンフリー ライスパスタ フジッリ

商品情報

商品の重量:1.95㎏(130g×15袋)
商品の形状:乾麺
原産国:日本

岐阜県でしか栽培されていない珍しい「ハシツモ」という幻のお米を自家栽培し、米粉にして仕上げたグルテンフリーパスタです。成長した大粒の晩成種はお米の中で一二を争う大きさなのだとか。種まき、苗作り、稲刈り、乾燥まで一貫して行い、米粉専用の工場で作っているこだわりよう。美味しい米粉のグルテンフリーパスタを食べたい方におすすめです。

PR
小林生麺 グルテンフリー ヌードル 玄米フェットチーネ

商品情報

商品の重量:1.28㎏(128g×10袋)
商品の形状:生麺
原産国:日本

国産の玄米から作られたグルテンフリーのフェットチーネを食べたい方には、小林生麺のグルテンフリーヌードル玄米フェットチーネがおすすめ。ミネラルやビタミンが豊富な玄米で作られているので、ヘルシーなライフスタイルをサポートすることが期待できます。小麦粉だけでなく卵などのアレルギー全27項目を使用せずに作っており、グルテンフリー認証マークを取得しているのがポイントです。

PR
RUMMO No.3 ルンモ グルテンフリー スパゲッティ

商品情報

商品の重量:800g(400g×2袋)
商品の形状:乾麵
原産国:イタリア

イタリアの老舗パスタメーカー「ルンモ」によるグルテンフリーパスタです。グルテンフリーの専用工場でこだわって作られています。とうもろこしや玄米、馬鈴薯(じゃがいも)、でん粉を使っているため、小麦のパスタに近い弾力のある食感となっているのがポイント。もちっとしたグルテンフリーパスタを美味しく味わいたい方にぴったりです。

PR
ラ・サルーテ 本田商店 グルテンフリー スパゲッティ

商品情報

商品の重量:600g(200g×3袋)
商品の形状:生麺
原産国:日本

とうもろこしと食塩で作られた本田商店のグルテンフリーパスタ。豊かな穀物の風味と、とうもろこしのほのかな甘みを味わえますよ。やや細くて短めの生麺なので、小さなお子様やご年配の方でも食べやすくなっています。とうもろこしは遺伝子組み換えではなく、原料にこだわって作られているのもポイントです。とくに洋風のソースとの相性がよいので、ぜひお試しください。

PR
創健社 三穀deパスタ

商品情報

商品の重量:720g
商品の形状:乾麵
原産国:日本

日本で古来から親しまれている、うるちキビ、うるちアワ、ヒエを使った三穀deパスタ。このグルテンフリーパスタは、ヘルシーで健康的なライフスタイルを目指している方におすすめです。雑穀のつなぎとしてタピオカでん粉が入っているため、歯ごたえのある食感に仕上がっていますよ。新潟県の尾神嶽の麓から湧き出ている「平成の名水100選」に選ばれた大出口泉水を使って作られているのがポイントです。

グルテンフリーパスタでヘルシーな食生活を楽しもう

グルテンフリーパスタは、小麦粉がメインのパスタと比べカロリーや糖質が低い傾向にあります。米粉や玄米、とうもろこし、豆類など、原材料の種類が豊富です。それぞれ違った味わいや食感となっているため、食べ比べてみるのもよいですね。グルテンフリーパスタで、ヘルシーな食生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー