この記事で紹介されている商品
タープのおすすめ10選!アウトドアに役立つおしゃれなアイテムを厳選

タープのおすすめ10選!アウトドアに役立つおしゃれなアイテムを厳選

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

デイキャンプや登山だけでなく、森の中での焚き火や家での庭でBBQなどさまざまなアウトドアシーンで活躍する「タープ」。ソロや2人用、ファミリー向けの大型サイズなど種類が豊富で、どれを選ぶか悩みますよね。そこで今回はタープの選び方をはじめ、折りたたみ可能なものやおしゃれなものなどタープのおすすめ商品をご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

タープとは?

タープとは、日差しや雨風を防ぐアウトドアアイテムのことです。防水シートという意味を持ち、建設現場やトラックの保護カバーなどにも活用されています。寝床になるテントとは異なり、リビングスペースとして利用できる点がタープの魅力です。

シェードと異なり防水性や防風性に優れているのも特徴で、単体はもちろんテントや車と組み合わせて使用することもできます。ひとつ持っておくと汎用性の高いアイテムなので、屋外でゆったり過ごしたい方におすすめのアイテムですよ。

タープが役立つシーンは?

キャンプはもちろん、庭先や公園でのデイキャンプ、海やプールに登山などタープが役立つシーンは幅広いです。これ以外にも、子どもの運動会やスポーツ大会の応援、野外フェスやイベントなど「ここに屋根があったらいいな」というシーンで重宝します。

コンパクトに収納できるため、車に積んでおけば災害時の備えにもぴったり。見た目もスタイリッシュなので、アウトドアをおしゃれに演出したいシーンでも活躍しますよ。

キャンプをより快適に!タープのメリット

タープはテントより設営が手軽なうえ、生地が少ない分開放感があります。さらにテントと組み合わせれば、快適な空間を拡大できる点もメリットです。テーブルやチェアを置きやすく、なかには焚き火ができるタイプもあるんですよ。

先にタープを張っておけば日除けや雨避けになり、落ち着いてテントの設営に取り掛かれます。「荷物置き場を確保したい」「木と木の間や車の屋根に設置をしてくつろぎたい」など、自由な発想で活用できる点もタープの魅力です。

タープの選び方

自分に適したタープを選ぶためには「種類・タイプ」「使う人数・サイズ」「耐水性・防風性」「好みの色・デザイン」の5つのポイントに着目することが大切です。以下で、それぞれ詳しい内容をご紹介します。

1.タープの種類・タイプで選ぶ

タープの種類・タイプは、大きく「レクタタープ」「ヘキサタープ」「スクリーンタープ」「ウィングタープ」「オクタゴンタープ」「カーサイドタープ」「ワンタッチタープ」の7つに分類されます。それぞれの特徴をチェックしましょう。

レクタタープ

レクタタープは、長方形でシンプルかつ広い屋根を確保できるところが大きな特徴です。三角の屋根にしたり、広げて大きな日陰を作ったりと自在にアレンジできます。大人数での活用に向いており、ファミリーキャンプや野外イベントなどにぴったりですよ。

直線的に設営できるため、初心者でも比較的扱いやすい形状です。一部を地面まで下げれば、プライベート空間を作ることもできます。ソロキャンプに活用するなら、面積の小さいサイズのものから選びましょう。

ヘキサタープ

六角形を意味する、ヘキサゴン状の見た目が特徴のヘキサタープ。2本のポールを立ててしまえば、あとはロープを張るだけなので比較的設営が簡単です。尖った雰囲気の屋根に仕上がり、スタイリッシュな見た目も楽しめます。

コンパクトに折りたためるため、収納性に優れている点も大きな魅力です。スペースの狭い場所でアレンジしやすく、木と木の間に屋根を作ることも可能ですよ。有効面積が狭いため、少人数での使用に向いています。

スクリーンタープ

スクリーンタープは名前の通り、壁付きの屋根を確保できるタイプです。見た目はテントのような構造ですが、側面にメッシュや布が付いている点が異なります。テントよりも風通しがよく、虫除けや目隠しもできるため夏場の利用に最適です。

ペグを打たない手軽な自立式もあり、地面が固い場所でも利用できます。テントと並べて、リビングスペースにするのもおすすめですよ。冬キャンプでは、雨や雪除けとして活用すると結露の軽減に役立ちます。

ウィングタープ

さまざまなタープの中でも、最もコンパクトなのがウィングタープです。ひし形の形状が特徴的で、ロープを張るとシャープな印象を与えます。省スペースに設営しやすく、垂直張りや斜め張りなどアレンジしやすい点も魅力です。

サイズも比較的小さいため、1人での設営もさほど難しくはありません。テントを張る前の荷物置き場として、急な雨避けとしてなど便利に活用できますよ。コスパもよく、荷物を必要最低限に抑えたいソロキャンパーにおすすめです。

オクタゴンタープ

オクタゴンタープは、八角形の形状をした比較的大きなサイズのタープです。8箇所すべてにポールとグロメットを取り付け可能で、耐風性を高められます。横の広がりを活かしてリビングスペースにしたり、テントの上に設営して雨避けにしたりなど活用方法はさまざま。

低く設営させるローススタイルにも最適です。ただし、設営に手間がかかる点は考慮しておきましょう。

カーサイドタープ

車中泊キャンプが注目される中、登場したのがカーサイドタープです。車のリアドアやバックドアに固定をし、屋根のあるスペースを拡張できます。景色のよい場所でデイキャンプをするのに最適です。車とタープを行き来できる利便性も備えています。

使用時は車の中が丸見えになるため、プライバシーが気になる方はシェルター式のタープやカーサイドテントを検討するとよいでしょう。また、車のサイズに適したアイテムの中から選ぶのが失敗を避けるコツですよ。

ワンタッチタープ

ワンタッチタープとは、フレームとタープが一体化となった自立タイプのことです。傘を広げる要領でフレームを広げたら、生地をかぶせるだけで完成します。運動会やフリーマーケットなどの野外イベントでも多く活用されており、庭先でバーベキューをする際にも利用しやすいタイプです。

壁がない分開放感はありますが、プライバシーが気になりやすく日差しが入りやすい点は考慮したいポイント。メッシュパネルやサイドカーテンを活用するとうまくカバーできますよ。

2.使う人数・サイズで選ぶ

タープのタイプにより、適した使用人数が変わります。ソロキャンプや少人数向け、ファミリーなど大人数向けのものをそれぞれ比較しながら自分の目的に合うタープを選択しましょう。

ソロ~2人用

ソロキャンプや2人用なら、コンパクトなうえ設営が楽な「ヘキサタープ」や「ウィングタープ」がおすすめです。面積は少なめですが、その分軽量で簡単に持ち運べます。急な雨のときにもサッと設営でき、斜めやロースタイルで設営すると耐風性も高まりますよ。

アレンジ性も高く、木陰でくつろぐ際にも役立ちます。また「レクタタープ」より小さい「スクエアタープ」や五角形の「ムササビタープ」なども少人数での使用にぴったりです。

ファミリー用・大型タイプ

3人以上の大人数で使用するなら、「レクタタープ」や「オクタゴン」の大型タイプがぴったり。野外でのバーベキューはもちろん、テントの上に設営をして雨避けに活用できます。面積が広いものほど雨の影響が大きくなるため、耐水圧の高いものから選びましょう。大雨が降っても雨漏れのないタープであれば、災害時にも役立ちますよ。

小さいお子様連れでファミリーキャンプをするなら、簡単に設置できる「ワンタッチタープ」も便利です。虫や人が多い場所なら「スクリーンタープ」を選ぶと、授乳やお昼寝をする際にも役立ちそうですね。

3.耐水性や防風性をチェック

タープは自然の中で使用するアイテムなので、耐水性や防風性の高さも忘れずにチェックしましょう。防水性の高いポリエステルやポリコットン素材を使用しており、耐水圧は1,500mm以上のものがおすすめです。

形状としては「レクタタープ」「ヘキサタープ」などアレンジ性の高いタイプの方が、雨や風の影響を受けにくい傾向にあります。焚き火を楽しみたい方は、耐火性も必ず確認するようにしてください。さらにUVカット率が高いものなら、まぶしい季節にも活躍しますよ。

4.好みの色・おしゃれなデザインで選ぶ

日除けや雨避けなど実用性をそなえるタープですが、せっかく入手するなら好みの色やおしゃれなデザインのものを選びたいですよね。定番の緑や紺色のタープは景色になじみやすく、強い日差しをカットできます。

ベージュの色はナチュラルな雰囲気があり、熱がこもりにくい性質があるため夏場のデイキャンプにぴったり。形状ごとに異なるフォルムにも注目しながら選択するのがポイントです。手持ちのテントとタープを同じブランドで揃えると、統一感がアップしますよ。

全10商品

おすすめ商品比較表

MOON LENCE レクタタープ

DOD いつかのタープ

アイリスオーヤマ ヘキサタープ

BUNDOK ミニ ヘキサゴン タープ

キャプテンスタッグ トレッカー レクタタープ

DOD オクラタープ

ogawa システムタープ ペンタ3×3

コールマン タープ ヘキサライトII

キャプテンスタッグ クイックシェード 375×250UV- S

キャプテンスタッグ プレーナメッシュタープセット

最安値
タイムセール
¥9,547-16%
参考価格¥11,320
タイムセール
¥18,000-18%
参考価格¥22,000
タイムセール
¥9,980-24%
参考価格¥13,200
¥13,180
タイムセール
¥20,345-46%
参考価格¥38,000
¥10,300
Amazonカスタマーレビュー
3.9150
4.54,018
4.2258
4.048
4.1122
4.6253
4.4183
4.4471
4.0132
3.9560
購入リンク

おすすめのタープ10選

ここからは、機能的で初心者でも設営しやすいおすすめのタープ10選をご紹介します。ソロキャンプからファミリーキャンプまで、おしゃれに活用できるアイテムを揃えました。アウトドア活動が楽しくなるタープを選んでみてくださいね。

PR
MOON LENCE レクタタープ

商品情報

サイズ:300×300cm
収納サイズ:23×18×7cm
重量:1.08kg(ペグ・ロープ含む) 
カラー:ブラック
素材:190Tポリエステル、ブラックガム塗層
耐水圧:3,000mm
内容物:タープ本体×1、自在付きロープ×8本、ペグ×8本、収納袋×1枚

初心者でも扱いやすく、焚き火やバーベキューもできる「MOON LENCE」の「レクタタープ」です。設営が簡単かつコンパクトに持ち歩ける点が大きな魅力。耐水圧は3,000mmと高いため、雨漏りしにくく乾きやすいです。ブラックガム塗層加工により中が透けにくく、UVカット率は99.9%を実現しています。これだけ機能的なのに、低価格帯で入手できるのはうれしいですね。

PR
DOD いつかのタープ

商品情報

サイズ:W420×D410×H230cm(付属ポール使用時)
収納サイズ:W67×D14×H14cm
重量:5.4kg
カラー:ブラック、タン、カーキ、
素材:生地/150Dポリエステル(PUコーティング)、ポール/スチール
耐水圧:2,000mm
付属品:ペグ×8、ロープ×8(黒自在×4、シルバー自在×4)、ポール×2、延長ベルト、キャリーバッグ

「いつかのタープ」は、国内ブランド「DOD」のロングセラー商品です。初心者でも設営しやすいバランスのよいサイズに設計され、仲間とワイワイ楽しむのに最適な空間が広がります。必要なパーツは全て揃っているため買い足しは不要です。延長ベルトはランタンフックとしても利用できます。おしゃれなデイキャンプを楽しみたい方におすすめですよ。

PR
アイリスオーヤマ ヘキサタープ

商品情報

サイズ:W440×D440×H231cm
収納時:W68×D11×H11cm
重量:4.4kg
カラー:カーキ、ベージュ
素材:生地/ポリエステル100%、ポール/スチール、エポキシ樹脂塗装
耐水圧:2,000mm
付属品:タープ、ポール×2本、センターロープ×2本、サイドロープ×4本、ペグ×8本、キャリーバッグ(収納袋)

張り方次第で3WAYの使い道ができる「アイリスオーヤマ」の「ヘキサタープ」。デュオキャンプやファミリーキャンプにちょうどよく、コスパにも優れています。約4.4m幅の大判サイズが大きな日陰を作り、目隠しにもなる設計です。紫外線にも大雨にも強く、耐久性にこだわったパーツにも注目ポイントですよ。

PR
BUNDOK ミニ ヘキサゴン タープ

商品情報

サイズ:W420xD320cm
収納時:48×13×13cm
重量:2.2kg
カラー:カーキ、ベージュ
素材:シート/ポリエステル、ポール/スチール
付属品:ペグ×8、ロープ×8、収納ケース
耐水圧:1,000mm

3〜4人でのレジャーに最適な国内ブランド「BUNDOK」のヘキサゴンタープです。ミニサイズなので初心者でも扱いやすく、収納時はコンパクトに折りたためます。UVカットや防水機能も備えており、8本のペグが強風にも耐えてくれますよ。屋根を高くしたりロースタイルにしたりなど、自由なアレンジを楽しみましょう。色はカーキとベージュから選べます。

PR
キャプテンスタッグ トレッカー レクタタープ

商品情報

サイズ:290×180cm
収納時:20×10×10cm
重量:0.45kg
カラー:グリーン、ホワイト
素材:タープ/ポリエステルリップストップ210T(PU2,000mm)シルバーコーティング加工
付属品:収納バッグ※ポール・ガイドロープ・ペグは付属しておりません。
耐水圧:2,000mm

国内アウトドアブランド「キャプテンスタッグ」の「トレッカー レクタタープ」は、わずか450gの軽量さが魅力のモデル。タープの中央にフラップを装備し、引っ張り強度も強化させたタフなタープです。シームレス加工により雨漏りを防ぎ、紫外線もしっかりカットしてくれます。ソロやデュオキャンプにおすすめのコンパクトサイズです。

PR
DOD オクラタープ

商品情報

サイズ:W510×D510cm
収納時:W61×D18×H18cm
重量:4.2kg
カラー:ブラック、タン
素材:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
最低耐水圧:350mm
付属品:ロープ、キャリーバッグ

大人数でアウトドアを楽しみたい方には「DOD」の「オクラタープ」をおすすめします。直径5m10cmの大型サイズなので、広い日陰を作りたいシーンにぴったりです。風の抵抗を受けにくい形状で、張り方次第で目隠しも作れますよ。燃えにくいポリコットン素材を使用しているため、バーベキューや焚き火も行えますよ。

PR
ogawa システムタープ ペンタ3×3

商品情報

収納サイズ:33x15x12cm
重量:総重量/1.02kg、タープ/0.56kg
カラー:ブラウン、ブラック
素材:ポリエステルリップストップ75d
付属品:セッティングテープ(3.3m)、張り綱、収納袋※ポール、ペグ、ハンマー別売り
耐水圧:1,800mm

老舗アウトドアブランド「ogawa」の「システムタープペンタ3×3」は、スタイリッシュな五角形が最大の魅力。グロッケの前室としてはもちろん、付属のセッティングテープで小型テントとの連結も可能です。防水性や耐水性が高く、UVカット機能も優れています。張り方のアレンジも楽しみたいソロキャンパーにおすすめですよ。

PR
コールマン タープ ヘキサライトII

商品情報

サイズ:W420×D420×H220cm
収納時:17×43cm
重量:4.7kg
カラー:オリーブ、シルバー
素材:タープ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)、ポール/スチール 
付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ
耐水圧:1,200mm

「コールマン」の「ヘキサライトⅡ」は、ファミリーキャンプにおすすめのヘキサタープ。おしゃれなデザインカラーにブランドロゴが入り、見た目もスタイリッシュです。極太ポールが耐風性を向上させ、コンパクトに折りたためる収納性も備えています。まぶしい太陽光をカットし温度上昇も抑えるため、真夏のデイキャンプにぴったりですよ。

PR
キャプテンスタッグ クイックシェード 375×250UV- S

商品情報

サイズ:375×250×高さ269cm
収納時:144×21×21cm
重量:16.5kg
素材:フライ/ポリエステル150D・シルバーコーティング(1,000mm防水)UV加工、フレーム/鉄(紛体塗装)
付属品:ペグ8本、ガイドロープ4本、ペグ用収納袋1枚、キャスターバッグ1枚

ワンタッチタープをお探しなら「キャプテンスタッグ」の「クイックシェード」がおすすめです。定番タイプなので催事や野外イベントで使いやすく、簡単に設営できる手軽さも大きな魅力といえます。会議用のテーブルを2台横並びできるサイズです。紫外線は99%カットし、サビや傷に強い耐久性も備えていますよ。

PR
キャプテンスタッグ プレーナメッシュタープセット

商品情報

サイズ:310×330×H200cm
重量:6kg
カラー:グリーン
素材:タープ/ナイロン190T(PU加工・防水)、スカート/PEクロス、メッシュ/ポリエステル1mmメッシュ、ポール/スチール

リビングスペースを設置するなら「キャプテンスタッグ」の「プレーナメッシュタープセット」はいかがでしょうか。メッシュ素材が虫や日差しをさえぎり、虫刺されの不安を軽減します。仲間とバーベキューをしたり、くつろいだりするのにぴったり。コンパクトに収納できるため、小型車の荷台にも積んでおけますよ。

タープを活用してアウトドアシーンを盛り上げよう

タープは庭先やレジャーで役立つのはもちろん、テントとの組み合わせでより快適になります。おしゃれなキャンプを楽しみたい方にも最適なアイテムです。本記事でおすすめした商品を参考に、アウトドアシーンが盛り上がるタープを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー