この記事で紹介されている商品

おしゃれなコーヒーポットのおすすめ9選!直火タイプと電気ケトルをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ドリップポットやコーヒーケトルとも呼ばれる「コーヒーポット」は、ハンドドリップでコーヒーを淹れる際に便利なアイテムです。直火式や電気ケトル、おしゃれなデザイン、初心者の方でも扱いやすい細口など、種類が豊富でどれを選べばよいのか悩みますよね。この記事では、コーヒーポットの選び方やおすすめ商品をご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

コーヒーポットでおいしいコーヒーを淹れよう!

コーヒーポットはハンドドリップコーヒーを淹れるときに使うアイテムですが、お湯を注ぐだけなら注ぎ口の太いやかんでもよいのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか。 しかし、やかんでお湯を注ぐと勢いよく出てしまいコーヒーの粉から雑味やえぐ味が出やすくなってしまいます。一方コーヒーポットは注ぎ口が細くなっているので、決まった量のお湯をゆっくりと注げるのがポイント。お湯を一定に注ぐと、コーヒー本来の旨味をしっかりと引き出せますよ。 コーヒーをおいしく抽出したい場合は、ドリッパーに挽いた粉を入れ「の」の字を書くようにゆっくりと丁寧にお湯を注ぎましょう。少し手間はかかりますが、より風味豊かなコーヒーに仕上がりますよ。 またコーヒーポットは、ドリップポットやコーヒーケトルと呼ばれる場合もあります。もともとの英語の意味によると、コーヒーポットやドリップポットは「抽出したコーヒーを入れておくもの」、コーヒーケトルは「コーヒーを淹れるためのお湯をわかすもの」となります。しかし、日本では商品名においては双方が混同しているものが多く、厳密には使い分けられていません。

コーヒーポットのタイプは2つ!

コーヒーポットのタイプは「直火式」と「電気式」の2つがあります。それぞれ特徴が異なり、使いやすさも変わってきます。自分に合ったタイプを見つけて、おいしいコーヒーを淹れてみてくださいね。 ここでは、コーヒーポットのタイプについて解説するので、さっそく見ていきましょう!

直火式ケトル

直火式ケトルはご自宅のガスコンロのほかに、バーナーや焚き火などの直火でもお湯を沸かせるのが特徴です。バーベキューやキャンプなどのアウトドアでも使いやすく、屋外で淹れたてのコーヒーを楽しめます。 素材によっては熱伝導性がよかったり美しいデザインがあったりと、さまざまな種類があるのも魅力です。 ただし直火式ケトルは、好みの温度に調整するのが難しいというデメリットも。温度計を併用すると温度管理がしやすくなるので便利ですよ。本体に取りつけられるクリップ付きや、フタに温度計が埋め込まれているものなら、より使いやすさがアップします。

電気ケトル

電気ケトルは注ぎ口が細くなっており、コンセントに接続するだけで短時間でお湯を沸かせます。そのため、コンロやIHヒーターのない場所でもサッとお湯を沸かせるのがメリット。製品によってはコーヒーの焙煎具合に合わせて温度設定が細かくできるものや、スイッチを入れると前回淹れた温度に自動で合わせてくれるもの、お湯の温度を維持できる保温機能付きのものなど、機能性に優れた電気ケトルもありますよ。 使い勝手のよい電気ケトルですが直火式に比べると高価なものが多いため、安いコーヒーポットを探している方には不向きでしょう。

コーヒーポットはどう選ぶ?

さまざまな種類があるコーヒーポットですが、どうやって選んだらよいか迷いますよね。選ぶときは「注ぎ口の種類」「本体の素材」「ハンドルの太さや素材」「容量」「おしゃれなデザイン」の6つのポイントをピックアップしてみましょう。 ここからは、コーヒーポットの選び方を詳しくご紹介します。お気に入りのコーヒーポットを見つけて、カフェタイムを楽しんでくださいね。

1.注ぎ口の種類

コーヒーポットの注ぎ口の種類は大きく分けて「細口」と「鶴口」の2種類があります。注ぎ口の形状は、湯量をコントロールするのに大事なポイントです。 ただし形状によって淹れ方の難易度が違うので、自分のレベルに合わせて選ぶのがおすすめですよ。ここでは注ぎ口の種類について解説するので、チェックしていきましょう。

初心者向けの細口

初心者の方におすすめなのが細口タイプ。注ぎ口が均一な太さで作られているので、どんな角度に傾けても一定の湯量で注ぎやすいですよ。コーヒーの粉を均一に蒸らしやすく、簡単においしいコーヒーを淹れられます。 注ぎ方が慣れてくると一滴ずつ落とす点滴投下もでき、コーヒーの成分を引き出し旨味がアップしますよ。口が上向きのデザインは細く注ぐのに向いているので、気になる方は確認してみてくださいね。

中・上級者向けの鶴口

鶴のくちばしのような形をした鶴口は、根元が太く傾ける角度によって湯量が異なり、コントロールが難しいのが特徴です。慣れてくると湯量や注湯スピードが調整できるようになり、自分好みのコーヒーを淹れられるようになりますよ。 軽い味わいや深い苦味など、気分によってコーヒーのテイストを変えたい方は鶴口を試してみてはいかがでしょうか。ただし鶴口は、ドリップに慣れている中・上級者向けなので、初心者の方は細口から始めてみてくださいね。

2.本体の素材

コーヒーポットには「ステンレス」「銅」「ホーロー」「ガラス」といった素材があります。本体の素材によってデザイン性や扱いやすさが異なるので、自分に合ったものを見つけましょう。 ここでは、コーヒーポットの素材について解説するので、参考にしてみてくださいね。

ステンレス製

ステンレス製は耐久性がよく錆に強いので、長く愛用できるのが魅力です。熱効率がよいので、短時間でお湯を沸かせますよ。 デザインや重量、容量など種類が豊富なため、初めてコーヒーポットを購入するという方にもおすすめです。ほかのタイプと比べると安価なものが多く、手に取りやすいのもうれしいポイント!ただし、お湯が沸くのは早いですが保温力は欠けるというデメリットも。お湯を沸かしたら、できるだけ早くコーヒーを淹れるとよいでしょう。

銅製

銅製は熱伝導率が高く、スピーディーにお湯を沸かせるのが特徴です。保温性にも優れているので、お湯の温度を維持できますよ。 また、使い続けるうちに変色し独特の風合いに仕上がり、レトロな雰囲気が漂うのでインテリアとしても活躍します。ただし、ほかのタイプと比べると価格は高くなるので注意しましょう。扱っていくうちに錆びやすくなるため、定期的なお手入れは忘れないでくださいね。

ホーロー製

金属の上面にガラス質の素材がコーティングされたホーローは、保温性が優れているのがメリットです。ニオイ移りがしにくく、耐熱性や耐食性も優れていますよ。カラーバリエーションが豊富で選ぶ楽しさもあり、インテリアにこだわりたい方にもぴったりです。 急激な温度変化は苦手なので、使用後は熱いポットは冷ましてから洗いましょう。また、傷も付きやすいので丁寧に扱うのが大切ですよ。

ガラス製

おしゃれなコーヒーポットが欲しい方はガラス製がおすすめ。カフェタイムをスタイリッシュに演出できるほか、価格も比較的リーズナブルなのがうれしいポイントです。 耐熱ガラス製なら直火が使えたり電子レンジで温めたりできるので、使い勝手がよいですよ。ただし、耐熱ガラスといっても長時間火にかけているとヒビが入ってしまう恐れがあるため、使用前は取扱説明書を確認しておいてくださいね。

3.ハンドルの太さや素材

扱いやすいコーヒーポットを選ぶには、ハンドルの太さや素材もチェックしておきましょう。ハンドルの太さは2cm以上且つ突起のないものがおすすめ。片手でもたくさんのお湯を注ぎやすく、重宝します。 コーヒーポットにお湯を入れると持ち手が熱くなりがちですが、樹脂製や木製のオープンハンドルにするとお湯の熱が伝わりにくく扱いやすいですよ。また、取っ手から本体までの距離を確認しておくのも重要なポイント。本体から近い位置なのか離れているタイプなのか、使いやすさは人それぞれなので自分に合ったものを見つけましょう。

4.容量

コーヒーポットは飲みたいコーヒー量に合わせて、容量やサイズを選びましょう。1~2杯なら700ml前後、3~4杯なら1L以上が使いやすいですよ。 ハンドドリップに慣れていない方や、一人暮らしの方なら300~400ml程度の少量タイプが最適です。大きいサイズほど重量が増え、お湯のコントロールが難しくなりますよ。使用する人数や飲む量に合わせて、ぴったりサイズのコーヒーポットを見つけてみてくださいね。

5.おしゃれなデザイン

キッチンやダイニングに置いても馴染むよう、おしゃれなデザインで選ぶのもおすすめです。アンティークなレトロデザインや部屋のアクセントになるカラー付きなど、さまざまな製品がありますよ。フタや取っ手に木製の素材を使っているものなら、温かみがあり落ち着いた雰囲気を演出できます。 ご自宅やアウトドアなど、利用するシーンに合わせておしゃれなコーヒーポットを選びましょう。

コーヒーポットのおすすめ9選

ここからは、コーヒーポットのおすすめ商品を9選ご紹介します。 アウトドアでも活躍する「直火式」と、手軽にコーヒーを淹れられる「電気ケトル」の2つのタイプに分けてご紹介するので、チェックしてみてくださいね。どの商品も使い勝手がよく、便利な商品ばかりですよ。

アウトドアでも大活躍!直火式ケトル

まずは、アウトドアでも活躍する直火式ケトルを5選ご紹介します。 熱伝導性の優れた銅や錆びにくいステンレス素材、一人暮らしの方でも使いやすい小型タイプ、ホーローでおしゃれなデザインなど、ぜひご覧ください!

PR
カリタ Kalita Cuケトル600 #52260

商品情報


色 銅
材質 銅
ブランド カリタ(Kalita)
商品の重量 360 グラム
スタイル 銅製

熱伝導性がよく、温まりやすい銅製のポット。本体重量が500g以下と軽いため、持ち上げるときも手が疲れにくいですよ。細口ノズルはお湯を注ぐ量を調整しやすく、時間をかけて抽出できます。ポットに水を入れて沸かす際は、吹きこぼれしないように7~8分目くらいまでにしておきましょう。

PR
珈琲考具 KOGU 下村企販 ドリップケトル コーヒー 40437

商品情報

サイズ(約):幅32.5×奥行14×高さ16cm、底径14cm、底接地面径12.5cm
容量:満水1L・適正0.7L、ガス火・IH対応

糸のように細い注ぎ口のポットは、雫のようにそっと注ぐことができ、お湯を注ぐ量も調節しやすいですよ。天然木を使用した持ち手は温かみがあり、持った際に傾けやすいように設計されています。錆びにくいステンレス素材は、長く愛用できますね。

PR
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) コーヒーポット UW-3544/UW-3545

商品情報

製品サイズ:(約)幅195×奥行80×高さ110mm
製品重量:(約)200g
満水容量:(約)380ml、適正容量:(約)200ml

一人暮らしの方におすすめな小型タイプのケトル。アウトドアでも使いやすく、手軽にドリップコーヒーを楽しめますよ。注ぎ口の先端が鋭角なため、ムラのない安定したおいしいコーヒーを淹れられます。本体に印刷されているロゴマークもおしゃれですね。

PR
パール金属 ホーロー コーヒー ポット HB-730

商品情報

製品サイズ:(約)幅205×奥行110×高さ195mm
製品重量:(約)480g
満水容量:1.1L

鮮やかな赤色が魅力的なホーロー素材のコーヒーポット。何度使用してもニオイが移りにくいので清潔に使えますよ。酸やアルカリに強く腐食しにくいのもポイントです。IHだけは使用できないので注意してくださいね。

PR
月兎印 スリムポット

商品情報

サイズ幅19.5×奥行き9.5×高さ16.0cm
重量420g
容量0.7L
材質ホーロー
デザイナー山田耕民

どこか懐かしい雰囲気のあるレトロなポットは、どんなキッチンにも馴染みやすいシンプルなデザインです。ガラス質のコーティングはツヤがあり、美しさが際立ちます。カラーはホワイト、ブラック、ネイビー、レッド、ブルー、キャメルの6色から選べますよ。

電気で沸かせるケトル4選

PR
デロンギ(DeLonghi)電気ケトル KBOE1230J-GY

商品情報

サイズ:幅270x奥行220x高250mm / 本体質量:1.4kg
容量:1L 注ぎやすさとデザインにこだわった、デロンギ史上初の細口ケトル

50~100℃まで5段階の温度設定ができる便利な商品。コーヒーのほかに煎茶、紅茶、中国茶など、幅広いドリンクを淹れられます。20分の保温機能が搭載されているので、慌てず落ち着いてコーヒーカップやドリッパーなどを準備できますよ。

PR
OXO 電気ケトル

商品情報

本体重量】1.1kg、【電源】AC100V、50-60Hz、【消費電力】1250W
40~100℃まで1℃単位でお好みの温度設定ができる

シンプルなステンレス製のコーヒーケトルは、LEDディスプレイで見やすさも抜群です。40~100℃まで1℃単位で温度を合わせられるので、飲み物の種類によって適切な温度で淹れられますよ。プラスチック製のハンドルは握りやすく、手に負担がかかりにくい設計です。

PR
アイリスオーヤマ 電気ケトル IKE-C601T-CW

商品情報

商品サイズ(cm)/電源プレート含む:幅約26.6×奥行約22.3×高さ約22.2
湯沸かし容量:約0.6L
電源コード長さ:約1.2m

明るく清潔感のあるホワイトカラーのポットは、優しい雰囲気のキッチンを演出できます。電源を入れてお好みの温度を選び、ボタンを押すだけなので操作も簡単ですよ。お湯が沸騰したらスタートボタンが点灯し、ブザーでお知らせしてくれるので朝の忙しい時間でも使いやすいですね。

PR
大石アンドアソシエイツ ラッセルホブス 電気ケトル 7410JP

商品情報

サイズ:幅25.5×奥行13×高さ22cm
本体重量(kg):0.73
自然保温力が高く電気代もお得

コードレスタイプで室内でも移動させやすい電気ケトル。キッチン、リビング、寝室などさまざまな部屋でコーヒーを淹れられますよ。プラスチック製のハンドルは熱さを感じにくく、持ちやすいように設計されています。注ぎ口は下側に付いているので、最後までお湯を注ぎやすいですよ。

さまざまなシーンでコーヒーポットを活用してみよう!

コーヒーポットはご自宅やアウトドアなど、さまざまシーンで活用できるアイテムです。コーヒー本来の旨味を引き出せるので、ぜひ利用してみてくださいね。直火式や電気式があるので、自分にとって使いやすいものを見つけることが大切ですよ。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー