この記事で紹介されている商品
ハイボールに合うウイスキー15選|安いものから高級品まで!プレゼントにおすすめな商品もご紹介

ハイボールに合うウイスキー15選|安いものから高級品まで!プレゼントにおすすめな商品もご紹介

すっきりとした味わいが特徴の「ハイボール」。お店ではもちろん、自宅で作って飲むという方も多いのではないでしょうか。おいしいハイボールを楽しむには、ウイスキーの味も重要です。そこで今回は、ハイボールにピッタリなウイスキーと選び方をご紹介。初心者向けのアイテムも登場しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

知っておきたい!ハイボールとウイスキーの基礎知識

ハイボールとは、ウイスキーを炭酸水で割ったカクテルのこと。簡単に作れるため、お店はもちろん家庭でもよく飲まれています。スーパーなどのお酒を扱っているお店では、カクテルのコーナーに置かれています。

ハイボールの元となったウイスキーについても知っておきましょう。ウイスキーは大麦やライ麦、トウモロコシなどの穀物をもとに造られた蒸留酒です。日本を含めた世界各地で生産されており、産地やメーカーで味わいがそれぞれ異なります。

おいしいハイボールをつくるには、ウイスキーごとの違いを理解し、相性のよいものを選ぶ必要があります。

ハイボール用ウイスキー選びのポイントとは?

では、ハイボールと相性のよいウイスキーとは、どんなものなのでしょうか。求める味により注目するポイントは異なりますが、共通しているのは後味の爽快感と、豊かな香りです。

ハイボールは炭酸でウイスキーを割るため、雑味が残ると飲みにくいです。また、炭酸の刺激でウイスキーの香りが消えてしまうと、おいしさが半減します。後味のキレがよく、ピートやモルトの香りが炭酸に負けない銘柄を選びましょう。

基本の特徴に加え、飲むシーンや好みの味わいにも注目すると、よりおいしいウイスキーを見つけられます。たとえば、食事中にゴクゴク飲みたいなら後味のキレとコクがしっかりしたブレンデッドウイスキーがおすすめです。

炭酸水と一緒に飲んでもウイスキーの香りを楽しみたいなら、香り豊かなモルトウイスキー。軽やかでクセのない味わいを楽しみたいならグレーンウイスキーが最適。ウイスキーを選ぶときは、基本の特徴を押さえつつ、自分好みの味わいのあるものを選ぶと、飲み飽きない銘柄に出会えます。

絶対におさえておきたい【世界五大ウイスキー】とは?

ウイスキーを選ぶうえでまず押さえておきたいのが、世界五大ウイスキーです。それぞれ個性があり、カクテルにしたときの味わいも異なります。どれもおいしく飲めますが、人により好みが異なるため、有名なウイスキーの特徴は押さえておきましょう。

スコットランド産の「スコッチウイスキー」

スコッチウイスキーは、独特なスモーキーさを味わえるウイスキーが多いです。これは、香り付けに植物が蓄積してできた泥炭(ピート)を使っているためです。ピートの香りを堪能できるものから、薄めのものまであるので、ハイボールに使うときは香りに注目しながら選びましょう。

味わいは濃厚な甘い香りを楽しめるものから、ドライな辛口まで実にさまざま。そのまま飲むとクセが強すぎるものでも、ハイボールにすると飲みやすいこともあります。ウイスキーの香ばしさをカクテルにしても楽しみたいならおすすめです。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年

商品情報

内容量:700ml
種類:ウィスキー
アルコール度数:40%
原産国:イギリス・スコットランド

12年以上熟成された厳守をブレンドして造られたウイスキー。18世紀から続くブレンド技術により、豊かな香りとコクを楽しめる味わいです。スモーキーで奥深い香りは、ハイボールにもピッタリ。 スムーズな口当たりで、スルスルと飲めます。飲みやすく、スモーキーな香りを楽しみたい方におすすめの銘柄です。

アイルランド産の「アイリッシュウイスキー」

アイリッシュウイスキーは、癖のない軽やかな味わいを楽しめます。ピートを使わないため、スモーキーさはあまりありませんが、青りんごやかんきつ類を思わせるような香りが特徴です。

ハイボールにすると、ほんのりとした甘みと口当たりのよさを楽しめます。ウイスキーの主張が強すぎると飲みにくい方は、アイリッシュウイスキーを使うと飲みやすいですよ。

ジェムソン スタンダード

商品情報

アイリッシュウイスキー【原産国】アイルランド
アルコール度数:40%
おすすめの飲み方:ジェムソン・ソーダ

ピートを使わず、大麦、モルト、グレーンの3つを原材料に、3回蒸留することで造られたウイスキー。豊かな香りとスムーズな味わいを楽しめます。まろやかな香ばしさを感じられる銘柄です。 ハイボールにすると、滑らかで自然な甘みを味わえます。もともと飲みやすいウイスキーですが、炭酸水で割るとさらに飲みやすくなるので、飲み過ぎに注意してくださいね。

アメリカ産の「アメリカンウイスキー」

アメリカンウイスキーのなかには、バーボンと呼ばれるものがあります。バニラやキャラメルを思わせるような香りがあり、まろやかかつドライな味わいを楽しめます。ハイボールにすると、甘い香りが炭酸で引き立ちます。

香りが特徴的なため、ほかの銘柄よりもウイスキーの存在感を感じられるでしょう。食事と一緒に飲むというよりは、バーボンを主役にナッツやチョコなどのおつまみと一緒に飲む方がおいしく飲めますよ。

スーパーなどでもよく見かける、入手しやすいバーボンです。熟成樽によるバニラやキャラメルのような香りと、まろやかな味わいが特徴。後味がドライなので、ハイボールにするとスッキリとしたのど越しを楽しめます。 手に入れやすく、飲みやすいことから、手軽にカクテルを作れる銘柄といえます。ウイスキーの香りを楽しめるハイボールを飲みたい方にもおすすめです。

カナダ産の「カナディアンウイスキー」

カナディアンウイスキーは、あっさりとした薄口と軽めの口当たりが特徴です。生産数は少ないですが、飲みやすい特徴からカクテルによく利用されています。

ジンジャーエールにも似た苦みとフルーティーさがあり、ハイボールにすると一気に香りが立つのも特徴です。原料であるトウモロコシの甘さとライ麦のキレよいスパイシーさを楽しめます。

日本向けに造られた限定品で、芳醇な香りと柔らかな口当たりを楽しめます。ソーダ割りや水割りに適した味わいで、ハイボールに最適です。スムーズでありながらしっかりした味わいがあります。 ウイスキーカクテルにして飲みたい方におすすめです。クセのない味わいを好む方もおいしく飲めるでしょう。

日本産の「ジャパニーズウイスキー」

ウイスキーを生産しているのは、イギリスやアメリカ、カナダだけではありません。日本でもさまざまな銘柄が造られています。当然、ハイボールにして飲まれているものも多いです。

ここからはそんなジャパニーズウイスキーの特徴と、ハイボールとの相性や味わいについて解説します。ジャパニーズウイスキーを単体で飲んでも十分おいしいですが、先ほど解説したウイスキーと一緒に飲み比べてみるのも面白いですよ。

「ブラックニッカ クリア」は、ピートを使用せずに乾燥させたノンピート・モルトと、高品質なグレーンウイスキーをブレンドして作られたウイスキーです。甘味と香味成分のバランスが取れた、やわらかな香りとクリアな味わいが特徴です。クセがなく、非常に飲みやすいため、カジュアルな晩酌から、おもてなしの席まで幅広く楽しめますよ。

【ジャパニーズウイスキー】はハイボールに合う?!

ジャパニーズウイスキーは、ほかの国に比べると歴史は浅いですが、世界五大ウイスキーのひとつとして数えられるほど、高く評価されています

そんなジャパニーズウイスキーは、甘い香りとドライな後味による繊細な味わいが特徴です。カクテルにすると繊細な味にさわやかさが加わり、スッキリとした飲み心地を楽しめる一杯に。

また、ジャパニーズウイスキーは高級なものほど、単体でも楽しめるような複雑な香りを持っています。ハイボールのように爽快感も味わいながら飲むカクテルは、安価な銘柄のものでも十分おいしく仕上がることもあるんですよ。これも、ジャパニーズウイスキーならではの面白い特徴といえます。

ジャパニーズウイスキーの種類とは?

ジャパニーズウイスキーでハイボールをつくるときは、ウイスキーの種類にも注目しましょう。たとえば、マイルドな味わいが好みならブレンデッドウイスキーを、クリアな味わいやアルコール特有の味を楽しみたいなら、グレーンウイスキーを選ぶとよいでしょう。

シングルモルト

シングルモルトは、大麦麦芽だけを原料に造られるウイスキーのうち、単一蒸留所のモルトウイスキーのみボトリングしたものをさします。ほかの蒸留所の原酒とブレンドされないため、個性がはっきりとしているのが特徴です。

キリン シングルモルトジャパニーズウイスキー 富士

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(185件)

>

商品情報


ブランド 富士
アルコールタイプ モルトウイスキー
ユニット数 1 本
商品の個数 1
アルコール含有量 46 容量パーセント

このシングルモルトウイスキーは、クレームブリュレのような甘い香りと熟した白桃の濃厚な果実香が特徴です。フルーツタルトを思わせる芳醇な風味が口中に広がり、とろりとしたやわらかな口当たりと、熟成感あふれる香味の心地よい余韻が楽しめますよ。

グレーン

グレーンとは、穀物をさす言葉です。トウモロコシ、ライ麦、小麦などを主原料として造られます。製法上、蒸留機の中で何度も蒸留されるため、アルコール度数が高くクリアな味わいが特徴です。

このウイスキーは、「軽やかな風」をイメージしており、ほのかな甘さと滑らかな口当たりが特徴です。色は明るい黄金色で、香りはピュアでハチミツや和菓子のような甘さがあります。ロックやソーダ割りがおすすめで、すっきりとした後味は和食との相性が抜群ですよ。

ブレンデッド

ブレンデッドウイスキーは、複数の原酒をブレンドしたものです。モルトやグレーンを卓越した技術をもつブレンダーが混ぜることで、マイルドかつ調和のとれた味わいを楽しめます。

甲州韮崎の地で、八ケ岳の麓の豊かな自然の中で熟成されたブレンデッドウイスキーです。メープル、レーズン、チョコレートを思わせる芳醇でリッチな味わいが特徴で、ストレート、ロック、ハイボールなど、様々な飲み方で楽しむことができます。特にソーダ割りがおすすめで、レモンやライムの果汁を加えることでさらに風味が引き立ちますよ。

ピュアモルト

ピュアモルトは、日本独特の呼び方です。複数の蒸留所のモルトをブレンドし、モルトのみのウイスキーをさします。世界的にはブレンデッドウイスキーが主流のため、このような呼び方で区別しているのです。

ニッカのピュアモルトウイスキーは、上質なモルトをブレンドした、香り高く飲みやすい一品です。甘くやわらかな香りと、果実のような華やかさが調和し、豊かなモルトのコクを感じさせます。このウイスキーはロック、ハイボールなど、さまざまな飲み方で楽しむことができますよ。

初心者におすすめ!安くておいしいウイスキー

ウイスキーは、手ごろな値段のものから高級品まで価格もさまざま。高級なお酒ほどおいしいイメージをもっている方もいますが、そうとは限らないのがウイスキーの面白いところです。

初めてハイボールやウイスキーを飲むなら、挑戦しやすい価格帯のものを購入しましょう。具体的には、1,000円前後のウイスキーをいくつか購入して飲み比べてみてください。

何度か飲めば、自分がおいしいと感じる銘柄が分かります。あとはその銘柄と同じ特徴や味わいを持つウイスキーを選んでいけば、おいしいものをいつでも楽しめるようになりますよ。

サントリー角瓶 700ml

商品情報

【産地】 日本
【生産者】 サントリー
【度数】 40度
【内容量】 700ml

角ハイボールでおなじみのウイスキー。サントリーが唐揚げとともにハイボールを推奨しているように、手軽に飲める銘柄です。日本人の舌に合わせた味わいに作られており、初めてウイスキーを飲む方でも挑戦しやすいでしょう。 カクテルとして飲むことを前提とした味わいでもあります。「これぞハイボール!」と思えるような味わいを楽しみたいなら、ぜひ挑戦してほしいウイスキーです。

サントリー トリスエクストラ [ ウイスキー 日本 700ml ]

商品情報

ウィスキー
お酒の製法/ベース/種類: ブレンデッド

トリスもハイボールとしてよく飲まれている銘柄です。ハイボール缶も販売しており、手に入れやすく挑戦しやすいウイスキー。 丸みのある甘くなめらかな味わいの「クラシック」と、すっきりとしたキレのよい味わいの「エクストラ」の2種類あります。 ロックや水割り、ハイボールなどいろいろな飲み方で楽しみたい方は「クラシック」、よりハイボールに合うウイスキーを求めている方は「エクストラ」がおすすめですよ。

飲みやすく軽やかな味わいを楽しめる銘柄。ピートを使わず、熱風だけで乾燥させたノンピートモルトを使ったモルト原酒と、ほのかに甘いグリーンウイスキーを使ったブレンデッドウイスキーです。 クセのないさわやかな後味で、ハイボールにするとスッキリとした味わいを楽しめます。単純に炭酸水と割っても十分おいしいですが、レモンピールなどを足すとよりおいしく飲めますよ。

飲み慣れた上級者向け!高級ウイスキー

ウイスキーに飲み慣れてきたら、上級者向けのウイスキーや高級銘柄に挑戦してみましょう。熟成されたウイスキー特有の複雑な香りや味わいは、ハイボールにすることでまた違ったおいしさを味わえます。

上級者向けのウイスキーや高級ウイスキーはギフトにも最適です。特別な日を彩る一品としてウイスキーを贈れば、忘れられない思い出を作れます。あわせて高品質な炭酸水を持っていき、ちょっぴり高級なハイボールを作って飲むのも面白いかもしれませんね。

サントリー シングルモルトウイスキー山崎ギフト カートン付き [ ウイスキー 日本 700ml ]

商品情報

ウィスキー
アルコール度数: 43%
やわらかく華やかな香り、甘くなめらかな味わいが特長。山崎の伝統であるミズナラ樽貯蔵モルトと革新のワイン樽貯蔵モルトを使用

ワイン樽貯蔵モルトとミズナラ樽貯蔵モルトを合わせることで、やわらかく華やかな香りと甘く滑らかな味わいを楽しめるウイスキー。化粧箱入りのため、そのままプレゼントとしても活用できます。 じっくりと仕込まれた山崎モルトの原酒は高い品質を誇り、割っても香りが崩れにくいのが特徴。ハイボールとして飲んでも、香り高い味わいを楽しめますよ。

サントリー ウイスキー 知多

商品情報

内容量: 700ml
アルコール度数: 43%
原産国:日本
ギフト、プレゼント、贈り物向けにぴったりなカートン入り ※グラスは付いてません。

軽やかな風をイメージして造られたウイスキー。グレーン原酒によるほのかな甘さと滑らかな味わいが特徴です。ほのかな甘さがありつつも、キレ味がよくハイボールにしてもおいしく飲めますよ。 軽やかで飲みやすいウイスキーが好きな方におすすめです。

森の若葉のようなみずみずしさを楽しめる「ライトリーピーデットモルト」と、白州らしい複雑さと奥行きを持つ原酒をブレンドしたウイスキー。複雑に絡み合った個性が、フレッシュな香りとさわやかで軽快なキレを生み出しています。 さわやかな味わいはハイボールにもピッタリ。さわやかかつウイスキーらしい香りを楽しみたい方におすすめです。

おいしいハイボールの作り方

せっかくハイボールを飲むなら、おいしく飲みたいもの。自宅で飲むときにもぴったりの、おいしいハイボールの作り方を知っておきましょう。

おいしいウイスキーを作る手順は、以下のとおりです。

1 グラスいっぱいに氷を入れ、マドラーで混ぜてグラスを冷やす。

2 溶けた氷水を捨てて再度グラスいっぱいに氷を入れる。

3 ウイスキーを適量、大体30ミリリットルほど入れる。

4 マドラーでウイスキーを軽くかき混ぜて冷やしたら、炭酸水を1:3になるようゆっくり注ぐ。

5 マドラーで一度だけ縦にかき混ぜたらできあがり。

製氷機の氷は溶けやすいため、すぐに薄まってしまいます。ハイボールに使う氷は、お店で販売されている氷の方がおすすめ。また、本格的に作るならウイスキーや氷だけでなく、炭酸水にもこだわってみるのもよいでしょう。

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまではハイボールに合うウイスキーの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。さらにウイスキーを探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

自分好みのウイスキーでおいしいハイボールを作ろう

ハイボールはウイスキーで味わいが決まります。ハイボールをつくるときは、自分がおいしいと感じるウイスキーを使いましょう。お気に入りのウイスキーを使い、好みにピッタリのハイボールを楽しんでくださいね。

こちらもチェック!
【2023年】ウイスキーのおすすめ11選!スコッチウイスキーや初心者に飲みやすいものなど

芳醇な香りとコクが楽しめる「ウイスキー」。ハイボールとして提供している店も増えてすっかり幅広い世代から愛されるお酒となりましたが、自分で買うとなると種類や産地などどのように選べばよいか迷ってしまいますよね。そこでこの記事では、初心者でも楽しめるおすすめウイスキーの選び方と人気の銘柄をご紹介します。

こちらもチェック!
国産・ジャパニーズウイスキーのおすすめ9選!香り豊か・味わい深い商品をご紹介

豊かな香りや味わいを楽しめる「国産ウイスキー」。ジャパニーズウイスキーとも言い、シングルやブレンデッドなど種類が豊富です。そこで今回は、国産ウイスキーのおすすめ商品と選び方について詳しくご紹介します。ストレートやハイボールなどさまざまな飲み方を楽しめるものもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のドリンク・お酒カテゴリー

新着記事

カテゴリー