この記事で紹介されている商品
スープ保存容器のおすすめ12選!ガラス製やホーロー容器のアイテムなど

スープ保存容器のおすすめ12選!ガラス製やホーロー容器のアイテムなど

スープや汁気のあるおかずの保存に便利な「スープ保存容器」。ニトリやジップロックなどさまざまなメーカーから販売されており、ガラス製やホーロー製など素材によっても種類が豊富です。そこで今回は、スープ保存容器のおすすめ商品と選び方をご紹介します。ぜひこの記事を参考にして、自分にあう1点を見つけてください。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

スープ保存容器は必要?使うメリットを解説

スープや汁気のあるおかずを保存する際に一般的な保存容器を使うと、容器が傾いたときに汁が漏れてしまう場合があります。スープ保存容器にはパッキンやバルブが付いており、しっかりと密閉できるので汁漏れのリスクを減らせるのが魅力です。電子レンジに対応している商品ならそのまま温め直しもできるので、作り置きにも重宝しますよ。

なかには、オーブンに対応していてさまざまな調理に活用できるものもあります。料理の幅を広げたい方にもおすすめですよ。

スープ保存容器の選び方

スープ保存容器はさまざまなメーカーから販売されているため、どれを選べばよいか迷いますよね。選ぶ際は、次の5つのポイントに着目しましょう。

選び方
  • 容量
  • 密閉性
  • 素材
  • 電子レンジ対応
  • 食洗機対応

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

1.容量で選ぶ

スープ保存容器を選ぶ際は、まず容量をチェックしましょう。1人分なら250ml、2人分の場合は500ml程度を目安にして、一度に保存しておきたい量にあわせて選ぶのがポイントです。4人以上の家族なら、1L以上の大容量のものがおすすめですよ。

また、容量だけでなく高さも確認しておきましょう。高さがないと、電子レンジで加熱した際にふきこぼれてしまう可能性があります。深さがある商品のなかには、側面に目盛りが付いていてひと目で容量がわかるものもありますよ。

2.密閉性が高いものを選ぼう

液漏れを防ぐために、スープ保存容器は密閉性の高さが重要なポイントです。フタの構造によって密閉性が決まるので、フタにどのような工夫が施されているのかをチェックして選んでくださいね。

パッキン・バルブ付き

密閉性の高さで選ぶなら、フタにパッキンやバルブが付いているものがおすすめです。フタの裏にパッキンが付いていると、フタを閉めた際にすき間なく密着して液漏れを防いでくれます。また、バルブ付きのものは、バルブを閉じることで容器内の空気を抜いて密閉状態にします。中身の酸化を防ぐ効果も期待できるので、おいしさを保ちやすくなりますよ。

スクリュータイプの蓋付き

手軽に使えるものを選びたいなら、フタがスクリュータイプになっているものはいかがでしょうか。フタを回すだけで簡単に開閉できるので、誰でも使いやすいのが魅力です。そのままスープの容器として使いやすい形状のものが多く、盛り付けや洗い物にかかる時間も減らせますよ。

3.素材で選ぶ

スープ保存容器には、主に耐熱ガラス製・ホーロー製・プラスチック製・保存袋の4種類があり、素材によって見た目や使い勝手に違いがあります。ここではそれぞれの素材の特徴について解説します。

耐熱ガラス製

耐熱ガラス製は透明度が高く、フタを開けなくても中身を確認できるのが魅力です。汚れやにおいが付きにくいため、トマト系のスープやカレーなどの保存にも適しています。電子レンジで加熱できるのも便利なポイントで、なかにはオーブンに対応している商品もありますよ。また、熱湯消毒もできるので、衛生的に保ちたい方にもおすすめです。

ホーロー容器

お手入れのしやすさで選ぶならホーロー容器がぴったりです。においや色移りがしにくく、漬物やジャムの保存にも向いています。電子レンジが使えない反面、そのまま火にかけられる商品が多く、出汁を作ったりお湯を沸かしたりする際にも便利ですよ。見た目がおしゃれなものも多いので、デザイン性にこだわりたい方にもおすすめです。

プラスチック製

プラスチック製は軽量で、スープをたっぷり入れても持ちやすいのが特徴です。落としても割れにくいので、子どもでも扱いやすいですよ。他の素材に比べると価格もリーズナブルで、保存容器を複数買い揃えたい方にもおすすめ。また、シンプルなものからカラフルなものまで色やデザインのバリエーションが豊富なのも魅力です。

保存袋

コンパクトに保存したいなら、保存袋タイプを検討してみてください。ジッパー付きで密閉できるものなら、スープや汁気のあるおかずも保存できます。サイズ展開も幅広く、小分けにして保存したい場合や作り置きの保管にも重宝しますよ。また、袋に文字を書き込めるものもあり、作った日をメモしておけるのも便利なポイントです。

4.レンジ・対応可否をチェック

電子レンジに対応しているものなら、冷凍庫で保存しておいたスープをそのまま温め直せるので、器に移し替える手間を省けるうえに洗い物も減らせます。電子レンジを使用する際はフタを外すものが多いですが、なかにはフタをしたまま加熱できるものもありますよ。ラップをする必要がなく手早く温められるので、スープを作り置きすることが多い方はチェックしてみてくださいね。

5.食洗機対応か確認しよう

食洗機を使用している方は、食洗機対応の保存容器を選ぶと便利です。手洗いをする必要がなく他の食器と一緒に洗えるので、お手入れにかかる手間を省けます。保存容器を複数個使用している場合でも、まとめて洗えて時短につながりますよ。なかには容器本体のみ食洗機に入れられるものもあるので、フタと容器それぞれ対応しているかを確認しましょう。

スープ保存容器のおすすめ12選

ここからは、スープ保存容器のおすすめ12選をご紹介します。耐熱ガラス製やプラスチック製などさまざまな素材のものをピックアップするので、用途にあわせて選んでみてくださいね。

本体とフタのどちらも耐熱140℃・耐冷-20℃で、フタごと冷凍保存から電子レンジ加熱までできて便利です。同じサイズだけでなく異なるサイズ同士も積み重ねられるので、冷蔵庫内がすっきりと整理できますよ。

岩崎工業 スクリュートップキーパー

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(44件)

>

商品情報

本体サイズ:約10.9×10.9×7.9cm
材質:本体・フタ/ポリプロピレン、パッキン/シリコーン
原産国:ベトナム
容量:約500ml

スクリューフタを採用していて密封性が高く、汁物はもちろんにおいの強い食品の保存にもぴったりです。フタを外せば電子レンジでも加熱が可能で、素材には銀イオンが練り込まれているのも特徴です。食洗機に対応しているのでお手入れも簡単ですよ。

iwaki 密閉パック&レンジ

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(5,681件)

>

商品情報

サイズ:W18.5×D18.5×H11cm
容量:1.5L
素材・材質:本体/耐熱ガラス、フタ/ ポリブチレンテレフタレート(耐熱温度140度)、バルブ/シリコーンゴム (耐熱温度200度)

フタの中央にバルブが付いており、バルブを押すとしっかり密封できます。フタをしたまま冷凍や電子レンジ加熱ができるので便利ですよ。パッキンとフタは一体になっており、洗う際に外す必要がありません。

そのまま火にもかけられる
野田琺瑯 ホワイトシリーズ 持ち手付きストッカー丸型

Amazonカスタマーレビュー

4.6

Amazonカスタマーレビュー

(360件)

>

商品情報

ブランド 野田琺瑯(Nodahoro)
色 ホワイト
材質 エナメル
容量 1 L
商品の寸法 12.3L x 18W x 13.5H cm

熱伝導や耐熱性に優れた琺瑯(ほうろう)を使用しており、そのまま火にかけられるので湯沸かしやジャム作りなどにも役立ちます。酸や塩分に強く汚れやにおいも付きにくいため、長期間の貯蔵や醸造にもぴったりです。

フタの中央にバルブが付いており、別売りのポンプを使用すればボタンを押すだけで真空状態にして保存できます。S・M・Lの3サイズがセットになっていて、サイズ違いはスタッキングが可能なので省スペースで収納できますよ。

サーモス Myフードコンテナー

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(21件)

>

商品情報

サイズ(約):幅11.5×奥行11×高さ12cm
本体重量(約):100g
容量:700ml
素材・材質:フタ:ポリプロピレン / 本体:ポリプロピレン / パッキン:シリコーンゴム

フタに減圧対策が施されており、熱い料理を入れたあとに中身が冷めて減圧状態になっても簡単に開けられるのが特徴です。半透明でフタを開けなくても中身を確認しやすく、食洗機に対応しているのでお手入れも簡単にできます。

フタとパッキンの一体構造でしっかりと密封でき、汁物がこぼれにくくなっています。420℃まで耐えられる耐熱ガラスを採用しており、電子レンジだけでなくオーブンでも使えるためさまざまな料理に活躍してくれますよ。

アスベル Sサークルポット

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(216件)

>

商品情報

サイズ:Φ7.5×10.3cm
本体重量:0.052kg
材質:本体・フタ/ポリプロピレン,パッキン/シリコーンゴム
容量:260ml

フタにパッキンが付いていてしっかりと密封でき、スープや汁気のあるおかずの保存にぴったりです。銀イオン抗菌仕様のうえ、食洗機に対応しているので手軽に清潔な状態をキープできますよ。フタを外せば電子レンジでの加熱も可能です。

サンプラテック ハイパック容器

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(15件)

>

商品情報

サイズ:外径×高さ(mm)125×159
本体重量:140g
素材・材質:プラスチック本体・蓋、ポリプロピレン樹脂、中栓、ポリエチレン樹脂
容量(L):1.5

ペースト状の食材や粉ものの保存にぴったりな保存容器です。1Lと1.5Lの2サイズがあり、用途にあわせて選べます。どちらのサイズもフタのサイズが同じなので、積み重ねて省スペースで収納できますよ。

OXO ロックトップコンテナ

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(121件)

>

商品情報

サイズ:11.5×11.5×12cm
本体重量:143g
素材・材料:フタ/シリコン ポリプロピレン 容器/飽和ポリエステル樹脂

密閉性が高く傾けても液漏れしにくいので、お弁当箱として学校や職場などに持って行くのにも向いています。容器はクリアでフタも半透明になっており、どの角度から見ても中身を確認できて便利です。

ライクイット 保存容器

Amazonカスタマーレビュー

3.6

Amazonカスタマーレビュー

(100件)

>

商品情報

本体サイズ:約W20.3×D10×H5.5cm
本体重量: 約185g
素材: 本体・フタ/ポリメチルペンテン、パッキン/シリコーンゴム

プラスチック製ながら、ガラスのような透明感がおしゃれな保存容器です。汚れや色が移りにくい素材を採用しており、撥水性が高くお手入れしやすいのが魅力。側面には取っ手があるので持ち運びもしやすいですよ。

ニトリ 耐熱ガラス保存容器 正方形

商品情報

主な素材:耐熱ガラス・ポリプロピレン


サイズ(約):(外寸)幅16.1×奥行16.1×高さ6.9cm
重量:約510g


容量(約):780mL

フタの4面にロックが付いており、しっかりと密閉できるのが特徴です。電子レンジやオーブンに対応しているので、幅広い調理に活用できます。また、熱湯消毒ができるため衛生的に使えるのもうれしいポイントです。

全12商品

おすすめ商品比較表

ジップロック スクリューロック

岩崎工業 スクリュートップキーパー

iwaki 密閉パック&レンジ

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 持ち手付きストッカー丸型

ツヴィリング フレッシュ&セーブ 真空プラスチックコンテナ

サーモス Myフードコンテナー

ティファール【マスターシール グラス レクタングル】

アスベル Sサークルポット

サンプラテック ハイパック容器

OXO ロックトップコンテナ

ライクイット 保存容器

ニトリ 耐熱ガラス保存容器 正方形

Amazonカスタマーレビュー
4.51,202
4.544
4.55,681
4.6360
4.03,440
4.221
4.3149
4.4216
4.215
4.2121
3.6100
-
最安値
タイムセール
¥242-27%
参考価格¥330
タイムセール
¥2,322-16%
参考価格¥2,750
タイムセール
¥3,800-9%
参考価格¥4,180
タイムセール
¥789-24%
参考価格¥1,045

-

タイムセール
¥582-41%
参考価格¥980
タイムセール
¥1,350-12%
参考価格¥1,540
購入リンク

密閉性の高いスープ保存容器を活用しよう

スープ保存容器のおすすめ商品と選び方をご紹介しました。スープ保存容器は密閉性が高いものが多く、スープや汁気のあるおかずを保存する際に重宝しますよ。ぜひこの記事を参考にして、使い勝手のよい1点を見つけてみてくださいね。

こちらもチェック!
保存容器のおすすめ10選!耐熱タイプから小麦粉や顆粒だしにも使えるものまでご紹介

食材の保存に必要な「保存容器」。プラスチック製やガラス製などさまざまな素材のものがあり、それぞれ保存に適した食品も異なります。そこでこの記事では、保存容器のおすすめの選び方について解説します。密閉できるタイプやおしゃれなデザインのものなどもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらもチェック!
保存容器のおすすめ14選!調味料や食材を便利に保管できるアイテムをご紹介

普段の食材保管に便利な「保存容器」。ガラス製やプラスチック製など様々な素材があり、おしゃれなものもたくさんあります。また、粉物を入れるのに便利な密閉容器や、食洗機対応型など便利な機能を搭載したものもたくさんあって、どれを使ったらいいか迷ってしまいますよね。今回はそんな保存容器のおすすめの選び方をご紹介します。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー