この記事で紹介されている商品

幼稚園・保育園の水筒おすすめ10選!容量やサイズなど選び方と人気アイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

お子様が幼稚園や保育園で一日を過ごす際に必需品となる「水筒」。サイズや容量などが異なるさまざまな種類があるため悩む親御さんもいるのではないでしょうか。そこで今回は、幼稚園生の水筒の選び方とおすすめの商品をご紹介します。ストローや直飲みにコップタイプまで紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

幼稚園で使う水筒の選び方

幼稚園や保育園で使用する水筒は、毎日持参が必要な園もあれば遠足や運動会などの行事にのみ使うというように、通う園によっても違いがありますよね。 お子様の年齢や頻繁に使う場面をポイントに押さえると選びやすいですよ。 また、子どもは大人と違って手が小さいため、持ちやすいデザインであることや、飲みやすい飲み口のタイプかどうかも見極めて選んであげましょう。

デザインで選ぶ

幼稚園生くらいの年齢に向けた子ども用水筒は、ブルーやピンクやイエローなどお子様が好むカラーバリエーションが豊富に揃っています。 乗り物や恐竜、ハートやお星さまなど、ひと目見てかっこいいものや可愛いものを好んで選ぶ傾向にあるのもこの年齢の特徴ですよね。性別で選ぶのもひとつの手ですが、お子様自身が気に入って使えるデザインであるかも見てあげましょう。

サイズや重さで選ぶ

子ども用水筒といっても、商品によってサイズや重さはさまざまで必ずしも軽量だとは限りません。 子どもの手は大人と違って小さいため、大人が簡単に持てるものでも子どもにとっては大きく感じます。 水筒を実際にお子様の手で持たせてみて、落下せず手に馴染むかどうかを見てあげることがポイントですよ。

また、水筒には飲み物を入れて重さが増すほか、夏は氷を入れることでさらに重くなりますよね。 園内で使うのか遠足などで持ち歩くのか、シチュエーションによって持ち運びがしやすいものかどうかもチェックしましょう。 お子様の年齢が上がるにつれて自然と重いものも持てるようになるので、年齢が低いお子様にはできるだけ軽いものを選んであげてくださいね。

幼稚園生の水筒の適切な容量

幼稚園に入園するのはだいたい3歳くらいなので、お子様の年齢を考慮すると500~700mlの容量の水筒がおすすめ。 直ぐに飲み干してしまうと心配だからと大容量のものを選びたいという親御さんもいるかと思いますが、800~1,000mlの水筒ともなると重さがありお子様の負担が増えてしまいます。

子どもたちの水筒が空にならないようにこまめにつぎ足しをしてくれる幼稚園に通っている場合は、カバンにすっぽり入る500mlの水筒でも安心でしょう。 また、飲み物のつぎ足しを行っていない園や、遠足などの遠出のシーンでは、600~700mlの大容量の水筒を用意すると安心ですね。 季節によって年齢やお子様が飲む量に個人差もあるため、成長に合わせて容量を変えてあげるのもコツですよ。

飲み口のタイプで選ぶ

子ども用の水筒の飲み口には、ストロー・直飲み・コップの3タイプがあります。 ストローはフタを開けストローに口を付けて直ぐ飲めることから、幼稚園の年少さんくらいの子どもにおすすめです。 直飲みはボタンを押すことでフタをワンタッチ開閉できるメリットがあり、3歳以上の年中さんくらいの子どもでも飲めるようになってきますよ。 ストローやコップタイプの扱いが苦手なお子様にも選ばれている一方、商品によってボタンが硬いものもあるのでチェックしてみてくださいね。

また、コップタイプはフタをコップ代わりにして注ぐため、水筒の中身を衛生的に保てるところが嬉しいですね。 中身を注ぐ際にある程度の力が必要なので、年中~年長さんくらいのお子様におすすめです。 3歳未満ならストローを、3歳以上なら給食はコップを遠足は直飲みといった2WAYのものもあるので、年齢に合わせて選んであげましょう。

素材で選ぶ

水筒の素材は主に、ステンレス製とプラスチック製の2種類があります。 水筒の素材選びは重さにも関わるため非常に重要!ステンレス製は重量がありプラスチック製は軽量なのが特徴です。 年少さんはステンレス製を持ち歩く際に負担が大きいので、初めはプラスチック製で年中や年長さんになったらステンレス製に変えるといったように年齢に合わせてあげると良いでしょう。

また、ステンレス製は頑丈で壊れにくく、保冷機能に優れているというメリットがあります。 夏は冷たく冬は温かくした飲み物を持参できるため、園内のみの使用であれば重さを気にせず、最後まで美味しく飲ませてあげられるのがうれしいですね。 プラスチック製は保冷力が弱いデメリットがありますが、お子様の負担を考えて持ち歩きがしやすく軽量性を重視したい際におすすめですよ。

お手入れ簡単なものを選ぶ

水筒を選ぶ際は、使用後のお手入れが簡単なものかどうかもチェックしましょう。 毎日幼稚園や保育園に持参する場合は、それ相応の汚れが溜まるためお手入れのしやすさは重要ですよね。

飲み口が大きい水筒は洗いやすく、パーツが分解できるものは細かな部分まで清潔に保てますよ。 ワンタッチタイプはパーツが少なく洗いやすい一方、ストロータイプは洗いにくいためお手入れに時間がかかるかもしれません。日々のお手入れを楽に行いたい場合は、食洗器対応の水筒を選ぶことも時短になるメリットがあるので確認してみてくださいね。

子どもたちが喜ぶ!おすすめの水筒10選

子ども用の水筒は、さまざまなサイズや容量のものがあり、ステンレス製とプラスチック製でもどちらが良いのか迷ってしまう親御さんも多いですよね。 毎日使うものだからこそ、お子様の年齢に合った使いやすいものや、お気に入りのデザインのものを選んであげましょう。 ここからは、幼稚園生におすすめの水筒を10選ご紹介します。 ストロー・直飲み・コップタイプの中から、お子様が喜ぶ種類を見つけてみてくださいね。

PR
サーモス 水筒 コップ付き 真空断熱2WAYボトル 600ml FJO-600WFB

商品情報

ブランド THERMOS(サーモス)
特徴 ストロータイプとコップタイプの2WAY
重量(約)400g

口をつけて直接飲めるストローボトルと、中せんにコップを固定した直飲みの2WAY仕様が魅力の水筒です。 ワンタッチオープン式で広口の中栓はお手入れも簡単。保温・保冷の両方に対応したステンレス製ですよ。

片手で簡単に開閉できるワンプッシュオープンで、口当たりのやわらかいストロータイプを採用した水筒です。 耐久性に優れたステンレス製で、大きな氷も入れやすいワイドな広口なので毎日洗いやすいのもうれしいですね。 赤やピンクの可愛らしい色使いで、ぷっくりした凹凸のあるおしゃれなデザインも魅力的です。

PR
スケーターステンレス 子供用 水筒 380ml ストロー飲み 3D ハローキティ

商品情報

ブランド スケーター(Skater)
材質 18/8 ステンレススティール、シリコン
容量 380 ml
商品重量 ‎0.35 キログラム

片手で簡単に開閉できるワンプッシュオープンで、口当たりのやわらかいストロータイプを採用した水筒です。 耐久性に優れたステンレス製で、大きな氷も入れやすいワイドな広口なので毎日洗いやすいのもうれしいですね。 赤やピンクの可愛らしい色使いで、ぷっくりした凹凸のあるおしゃれなデザインも魅力的です。

PR
タイガー 水筒 600ml 直飲み コップ 付 2WAY ステンレス ボトル ポーチ付き MBR-C06GRN Tiger

商品情報


ブランド タイガー魔法瓶(TIGER)
容量 600 ml
色 ライオン
商品の推奨用途 保温保冷
特徴 保温/保冷

日常と空間をミックスしたユーモラスな世界が魅力の、タイガーが販売するコロボックルシリーズの水筒です。 保冷専用の直飲みタイプで、付属のコップを使えば保温した飲み物も注げます。 耳やたてがみが刺繍で作られた、ライオンをデザインした洗えるポーチ付きですよ。

PR
象印 水筒 子供用 キッズ ワンタッチ ステンレスマグ シームレス 0.48L ユニコーンパープル SM-UA48-VZ

商品情報

ブランド 象印マホービン(ZOJIRUSHI)
容量 0.48 L
容量 480ml
ポーチ込みサイズ 8.5(W)×9(D)×22(H)cm
本体重量 0.21kg

お子様の小さな手にも持ちやすいスリムでコンパクトな形状が特徴の、象印が販売するステンレスマグです。 開閉しやすいクマの耳をモチーフにしたロックがあり、飲み物が口から溢れることを防ぐガイドも付いています。 ワンタッチオープンのボタンが大きめに作られているので、開閉操作がしやすいところもポイントですよ。

PR
リッチェル プラスチック アクリア おでかけストローマグ R ネイビー 200ml

商品情報

ブランド リッチェル
材質 プラスチック
色 ネイビー
容量 200 ml
特徴 保冷 保温

ガラスのような透明感があるトライタン製のストローマグで、左右に取っ手の付いた持ちやすさが魅力の水筒です。 コップ型とストロー型の2WAYで使用することができ、ハンドルを取り外してスリムでコンパクトな形状にも使えます。 可愛い乗り物のイラストがデザインされており、赤色と紺色の色使いは子ども過ぎずにおしゃれに持てますよ。

PR
ピジョン Pigeon ストローボトルトール ブルー 330ml

商品情報

ブランド ピジョン
色 ブルー
商品の重量 0.31 ポンド
哺乳瓶用乳首タイプ 通気孔
容量 330 ml

赤ちゃんから幼児期まで長く愛用できる330mlのストロータイプのマグです。 本体の左右に付属した取っ手で持ちやすさがあるほか、取っ手を取り外してスリムボトルとしても使えます。 優しい色合いのマグで、別売りで替えのストローやパッキンが購入できるのも助かりますね。

PR
ピーコック 子供 用 2WAY 水筒 400ml / 360ml ストロー コップ付き キッズ ボトル 保温 保冷 コーラルドット ASK-W40 CRD

商品情報

ブランド ピーコック魔法瓶工業(The-peacock)
容量 400 ml
色 コーラルドット
商品の推奨用途 保温保冷
特徴 保温/保冷 保冷専用

ワンタッチオープン式で、ストローとコップタイプの2WAYで使える底カバー付きの水筒です。 飲み口やストローなどのパーツを分解でき、成長に合わせて長さ調整が可能なショルダーベルトが付属しているのも便利ですね。

PR
サーモス 水筒 真空断熱キッズケータイマグ 500ml ミッキー ネイビー JOI-500DS NVY8

商品情報


ブランド サーモス(THERMOS)
容量 0.5 L 本体重量(約) 300g
色 ミッキー ネイビー
商品の推奨用途 保温保冷
特徴 保温/保冷

真空断熱構造を採用したステンレス製の水筒で、直飲みタイプのキッズマグです。 飲み口を取り外してしっかり洗えるためお手入れも簡単。紐の長さを調整できるストラップ付きなのも魅力ですね。

PR
サンリオ 子供用 水筒 470ml 直飲み ワンタッチ ステンレス ボトル ハローキティ 保冷専用

商品情報


ブランド サンリオ(SANRIO)
容量 470 ml
本体サイズ 約7×7×23cm
商品の推奨用途 保冷

開閉が簡単なワンタッチオープン式で、直飲みタイプのステンレス製の水筒です。 カバーを取り外しても本体にも可愛いデザインがあり、ホワイト×ピンクで明るい見た目も印象的ですね。

PR
レゴ ブロック タンブラー ウィズ ストロー

商品情報

ブランド レゴ
容量 500ml 重さ 87g
サイズ φ89mm × 158mm
材質 シリコーン ポリエチレン ポリプロピレン

タンブラー式のストロータイプで、使わない時はパーツをスライドさせてストローを収納する仕様です。 お子様の手にしっかりと密着するプラスチック製で、軽量で持ち運びしやすいほか倒した際に漏れにくい点も安心できますね。 子どもが好むカラフルでおしゃれなデザインも人気!仲良しのお友達へのプレゼントにも喜ばれる商品ですよ。

幼稚園生が水筒を使う際の注意点 

幼稚園生の水筒に何の飲み物を入れたらよいか迷ったことはありませんか? ここからは水筒の保冷と保温の必要性や適切な温度の注意点なども解説するので、中身や適温を意識してみてくださいね。

水筒に入れる飲み物の選び方

幼稚園生の水筒に入れる飲み物は、水か麦茶を基本としましょう。 夏場は熱中症対策でスポーツドリンクを入れたくなる親御さんもいるかと思いますが、一日中スポーツドリンクを摂取すると、塩分や糖分の取り過ぎにもなるため控えておくと安心できますね。 水か麦茶であればノンカフェインでありミネラルが豊富に含まれているので、お子様に持たせる飲み物としてもおすすめですよ。 また、ジュースも糖分が多いので避けましょう。どうしてもスポーツドリンクを持たせたい場合は量を調整してくださいね。

保冷・保温の必要性と適切な温度

夏の季節や運動会などで体を動かす日は、汗を掻き頻繁に喉が渇くため冷たい飲み物を入れてあげましょう。 暑い日は氷を入れたくなりますが、直飲みは口が広く飲んだ際に氷が出て喉を詰まらせる恐れがあるため入れない方が安心です。 氷を入れないことでお腹を冷やしすぎてしまうことも防げますよ。 冷たい飲み物を飲ませてあげたい場合は、保冷に優れたステンレス製の水筒を選ぶとよいでしょう。

水筒に飲み物を入れる際、冬なら常温でも大丈夫なのでは?と思うこともありますよね。 しかし、水や麦茶を常温保存すると普段より痛みやすくなるため、冬であっても冷やしたものを入れてあげましょう。 また、冬に温かい飲みものを飲ませてあげたいと思う親御さんもいるかもしれませんが、冬でも冷たい飲み物で問題ありません。 直飲みした際に勢いよく出たり、コップに注ぐ際にこぼして火傷する可能性もあるのでトラブルの観点からも避けておきましょう。

お子様の成長に合わせた水筒を選びましょう

幼稚園生の水筒は、園やお出かけ時のカバンに入る500mlの容量がおすすめです。いつもより活動量が多い時は600~700mlの容量があると安心できますよ。お子様の性別と年齢に合わせてタイプを変えながらお気に入りの種類を見つけてあげましょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー