この記事で紹介されている商品

【2023年】小学生におすすめの水筒16選!容量や軽いタイプなど人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

水分補給に便利な「水筒」はバリエーションが豊富で、小学生向けのものも多数販売されています。容量や直飲みタイプ、コップ型タイプ、かわいいデザインなど、選択肢が多くて選ぶのに迷いますよね。そこでこの記事では、小学生向けの水筒の選び方やおすすめ商品をご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

小学生の水筒、どう選ぶ?

飲み物を外へ持ち運べる水筒は気密性が優れており、倒れても中身が漏れにくいのが特徴。
保温や保冷機能が備わった製品が多く、飲み物を夏は冷たく・冬は温かく維持できるのが魅力です。特に暑い季節は、水筒に氷を入れてしっかり冷やすこともできるので重宝しますよね。

学校に通う小学生は、水筒を利用する機会が増える年頃です。夏場はもちろん、年中通して水筒を持参する方も多いのではないでしょうか。使用頻度が高くなるからこそ、使いやすい水筒を選ぶことが大切!小学生向けの水筒も多く販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

小学生向け水筒を選ぶときの注意点

小学生向けの水筒はさまざまな種類がありますが、選ぶときには注意点があることを覚えておきましょう。ここでは、2つの注意点について詳しく解説します。

子どもの年齢や成長に合わせる

小学生になると活動量が増え、こまめな水分補給が必要になります。小学生といっても年齢や体格によって必要になる水分量は異なるので、子どもの年齢や成長に合わせて容量を決めることが重要なポイントですよ。下記に容量の目安をまとめているので、チェックしてみましょう!

容量特徴・適した学年
500ml以下ランドセルに入るサイズで持ち運びがしやすい低学年や運動量の少ない子ども向き
500~800ml定番のサイズで種類も豊富中学年~高学年向きで、春秋用にも
800ml以上活動量が多い子ども向きスポーツをするときや夏用にも

季節によって水筒を使い分ける

小学生の水筒を選ぶときは、季節によって使い分けましょう。
汗をかきやすい夏場は水分を飲む量が多くなるため、暑さが厳しい時期はいつもより容量が多い水筒にしておくと安心ですよ。帰宅後に子どもに水筒の容量は足りたのかどうかをヒアリングして、飲み物の量を調整するのもよいですね。

一方寒い季節は水分を飲む量が減るため、小さいサイズの水筒にすると持ち運びがしやすくなります。また温かい飲み物を入れる場合は、注いで使えるコップ型の水筒がおすすめ!コップに一旦飲み物を入れることにより、熱さの確認や調整をしやすいですよ。直飲みやストロー型は直接口に水分が入るため、温かい飲み物を入れる場合は注意が必要です。

小学生向けの水筒の選び方

注意点がわかったところで、ここからは実際に水筒を選ぶときに注目したい5つのポイントをご紹介します。ポイントを参考に、使いやすくて子どもに喜ばれる水筒を見つけてくださいね。

1.洗いやすいものを選ぶ

小学生にとって水筒は使用頻度の高いアイテムです。そのため洗いやすいものを選んでおくと、お手入れがしやすくなりますよ。ここでは洗いやすい水筒の特徴を解説するので、さっそく見ていきましょう!

パーツが少ないものや洗い口が大きいものがおすすめ

水筒を洗うときに気になる点が、パッキンや飲み口などのパーツや口の大きさ。洗いやすい水筒を選ぶときは、「パーツが少ない」「洗い口が大きい」などに注目するのがおすすめです。また、食洗機が使える水筒も洗う手間を省けるので併せて確認しておきましょう。
少しでも洗い物の手間を抑えたい方は、水筒のパーツやデザインをチェックしてみてくださいね。

PR
象印マホービン (ZOJIRUSHI) 水筒 スクリュー ステンレスマグ

商品情報

ブランド 象印マホービン(ZOJIRUSHI)
容量 250 ml
色 ミッドナイトネイビー
商品の推奨用途 保温保冷
特徴 保温/保冷

栓とパッキンが一緒になった商品!お手入れが簡単で、パッキンをなくす心配もありません。ボトルの内側に撥水加工が施されているのでニオイや汚れが付きにくく、サッと洗いやすいですよ。コンパクトで軽量のため、ランドセルに入れやすいのも注目ポイントです。

PR
MOTTERU モッテル カラビナ ハンドル サーモ ボトル

商品情報

ブランド MOTTERU/モッテル
容量 250 ml
色 スモークブルー
特徴 保温/保冷
材質 ステンレス鋼, ポリプロピレン

飲み口の広いサーモボトルは、飲み物を入れやすく洗うときにも便利。カラビナフックが付いているのでランドセルのフックに取り付けたり、手に引っかけて持ち歩いたりもできますよ。保温や保冷機能も搭載されているのも魅力です。

2.使いやすい飲み口を選ぶ

小学生向けの水筒の飲み口は大きく分けて、「直飲み型」「ストロー型」「コップ型」の3つのタイプがあります。

サッと飲むには直飲み型やストロー型がおすすめですが、学校内で飲むのであればコップ型も使いやすいですよ。シーンによって使い分けてみてくださいね。また学校によっては衛生面の関係から、直飲み型やストロー型を推奨していない可能性もあります。学校の方針によって変わるため、あらかじめ確認しておくことが大切です!

ここからは「直飲み型」「ストロー型」「コップ型」の3つの飲み口を解説するので、チェックしていきましょう。

直飲み型タイプ

直飲み型タイプは、フタを開けて飲み口から直接飲むのが特徴。動作が少なく、飲みたいときにサッと飲めるのが魅力です。ほかのタイプと比較するとシンプルな構造なので、お手入れもしやすいですよ。ただし、勢いよく飲むとこぼれやすいのが難点。扱いが慣れないうちは、注意して飲んでくださいね。

PR
スケーター(Skater) 子供用水筒 2WAY 直飲み コップ式

商品情報


ブランド スケーター(Skater)
容量 350 ml
色 ピンク
商品の推奨用途 水筒
特徴 保冷専用

いちご柄がかわいい水筒です。直飲みとコップ飲みの2通りに使い分けられるので使い勝手がよいですよ。熱い飲み物を入れるときはコップ飲みがおすすめ。ショルダーベルトは肩にかけられるため、持ち運びするときにも役立ちます。

PR
象印マホービン(ZOJIRUSHI) 水筒

商品情報

ブランド 象印マホービン(ZOJIRUSHI)
容量 480 ml
色 サンドベージュ
商品の推奨用途 保温保冷
特徴 保温/保冷

軽くて小さいステンレスマグは、あらゆるシーンで使いやすいのが特徴。優れた保温・保冷力を持っており、飲み物の温度を長時間維持できます。丸みのある飲み口は優しい口当たりで飲みやすいですよ。

ストロー型タイプ

どんな体勢でも飲みやすいので、飲み物をこぼす心配がある方はストロー型タイプを選んでおくのがおすすめですよ。ただ、ストロー内は汚れが溜まりやすく、お手入れに手間がかかります。ストロー内の洗浄は専用のブラシを使うと便利。100円ショップなどでも購入できるのでチェックしてみてくださいね。また洗ったあとに充分に乾かしたい方は、予備のストローを準備しておくとよいでしょう。

FJbottle 真空断熱2ウェイボトル

1.7Lとたっぷり入る大容量タイプの水筒。直飲みかストローかを選べるので、シーンによって使い分けられますよ。しっかり密閉できるフタと本体は逆さまにしても漏れにくく、カバンの中に入れやすいのもうれしいポイントです。

サーモス 真空断熱ストローボトル

ワンタッチでオープンする水筒は飲みやすさが抜群!いつでもどこでもサッと飲めるので、さまざまな場面で活躍しますよ。ステンレス製魔法びんの内部は保冷専用のため、温かい飲み物は入れないように注意しましょう。

コップ型タイプ

コップ型タイプはコップに飲み物を注いで飲むので、食べカスや唾液などが水筒内に入り込むのを抑えられますよ。また温かい飲み物を入れるときにも重宝し、コップに移すことによって自分好みの熱さでゆっくりと飲めるのも魅力。

飲み物を一度コップに移す必要があるので、サッと飲みたいスポーツ中には不便に感じるかもしれませんね。またコップを損失すると使えなくなるので、大事に扱うことも大切ですよ。

PR
ドウシシャ 水筒 キッズボトル 2WAY こども水筒

商品情報

ブランド ドウシシャ(DOSHISHA)
容量 ‎0.6 L
素材 ‎ステンレス鋼, プラスチック
付属品 ‎本体、コップ

コップと直飲みの2wayで使用できる水筒です。飲み口、フタ、パッキンなどのパーツは分解しやすくお手入れもしやすいのがうれしいポイント!内部は真空二重構造なので、温めても冷やしてもどちらでも使えますよ!

PR
アイリスオーヤマ ディズニー水筒 お手入れ簡単マグボトル

商品情報

ブランド アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
容量 600 ml
商品の推奨用途 保温保冷
特徴 2WAYボトル(直飲みタイプ, コップ飲みタイプ)

ピンクの色合いがキュートなコップ型の水筒。本体のロックボタンを押して傾けると、飲み物をコップに注げます。人気キャラクターが印刷された表面のポーチは衝撃に強い底面設計なので、水筒をしっかり守ってくれますよ。

3.軽さで選ぶ

通学中の荷物の負担を抑えたい方は、水筒の素材にも注目してみましょう。ここでは小学生でも扱いやすい軽い素材をご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

軽さで選ぶなら「プラスチック」「アルミ」がおすすめ

小学生でも扱いやすい素材なら、プラスチック素材やアルミ素材がおすすめです。

プラスチック素材は子どもの手に優しくフィットし、軽くて持ち運びやすいのが魅力。一方アルミ素材も軽さがあり、プラスチックに比べると割れにくく長持ちもしやすいです。どちらの素材も軽さを重視するならよいですが、保温や保冷ができないというデメリットがあります。

最近ではステンレス素材でも軽量タイプが販売されているので、夏場に使う場合はチェックしてみましょう。また、ランドセルの中に入れやすいスリムやコンパクトタイプなどもあるので、併せて確認してみてくださいね。

PR
タイガー 水筒 かめいち堂

商品情報

容量 350 ml
本体サイズ 6.6×7.0×18.0(幅×奥行×高さcm)
商品重量 ‎0.17 キログラム
特徴 片手でラクラク開閉、オートロック機能

軽量な水筒は持ち運びがしやすく、ランドセル中にもすっきりと入れられます。フタにはオートロック機能が付いているので、うっかり開いて中身がこぼれる心配もありませんよ。底面が樹脂製になっているので、机の上に置く際も静かに置けます。

PR
スケーター(Skater) 子供用 水筒 クリアボトル

商品情報

容量 480ml
商品重量 ‎0.16 キログラム
材質 ステンレス鋼, シリコーン, ポリエチレンテレフタレート, ゴム, ポリプロピレン
色 クリア

軽いプラスチック素材のクリアボトル。中身が透明なので残量も分かりやすく使い勝手がよいですよ。広口タイプの本体は氷を入れやすく、洗いやすさも兼ね備えているのでお手入れが簡単!食洗機に対応しているのも魅力の一つです。

4.頑丈なものを選ぶ

水筒は落としたりぶつけたりすると壊れやすい素材があるため、水筒を頻繁に使う小学生でも使いやすい頑丈な素材を選ぶことも重要です。頑丈な素材ならステンレスが最適!耐久性に優れ、保温や保冷機能も備わっているのでオールシーズン使いやすく便利ですよ。

また、さらに丈夫さをアップしたい場合は、水筒カバーを使うのがおすすめ。水筒カバーは耐久性やクッション性の高い素材で作られており、外部からの衝撃を抑えられます。結露による水漏れなども防げるので、より快適に水筒を持ち運べますよ。

PR
サーモス 水筒 真空断熱2ウェイボトル

商品情報

容量 1 L
サイズ(約) 8.5×10×28.5cm 本
体重量(約):0.5kg
商品の推奨用途 保温保冷

ステンレス製で耐久性の優れた2wayボトル。キャップを付け替えるだけで直接飲めるスポーツボトルや、保温・保冷対応のコップ付きボトルとしても使えるので、多彩な使い方を楽しめますよ。フルオープン型の中栓は注ぎやすく、洗いやすさも抜群です。

象印マホービン クール スポーツボトル

ポーチ付きの水筒は底面に樹脂カバーが付いていて、傷やへこみから守ってくれるため長く愛用できるでしょう。斜めカット設計の飲み口は唇がフィットしやすく、空気を塞がないので飲み物をスムーズに飲めますよ。

5.デザインで選ぶ

おしゃれな水筒が欲しい方は、デザインにこだわってみるのがおすすめ。小学生向けの水筒にはシンプルでスポーティー、キュートな花柄や星柄、人気キャラクターなど、幅広いデザインのものが販売されています。カラーバリエーションも豊富なので、お気に入りの水筒を見つけられますよ。

また水筒カバーも、ファンシーな柄やアニマルキャラクターなどさまざまなデザインがあるので、複数購入して気分によって取り替えてみるのもよいですね。

スケーター 水筒 ポケットモンスター

かわいいキャラクターが勢揃いの水筒は、ボタンをワンプッシュするだけでサッと飲めるのが特徴。軽くて持ちやすい形状なので使いやすいですよ。付属のシールに名前を書いておけば、万が一同じ水筒を持っている方がいても区別ができそうですね。

PR
OSK すみっコぐらし ダイレクトステンレスボトル

商品情報

ブランド OSK
容量 0.8 L
サイズ 約直径8.5×10×25.5cm
色 ピンク
特徴 保冷専用

ファンシーなデザインがかわいいステンレスボトル。保冷タイプの真空二重構造なので、冷たい飲み物をキープできますよ。フタに搭載されたロック機能や肩にかけられるショルダーベルトなど、持ち運びしやすい要素が詰まった商品です。

水筒にスポーツドリンクを入れても大丈夫?

クラブ活動やスポーツをするお子様は、水筒にスポーツドリンクを入れたいと思っている方も多いはず。しかし、内側が金属製の水筒に塩分を含むスポーツドリンクを入れると、サビや腐食をする恐れがあります。

メーカーによっては、スポーツドリンク対応の水筒も販売されています。水筒にスポーツドリンクを入れたい方は、メーカーの公式サイトを確認してみてくださいね。

スポーツドリンク対応の水筒

スポーツドリンク対応の水筒は、フッ素コーティングが2層になっているのが特徴。安心してスポーツドリンクを入れられると思いきや、扱い方によってはサビや劣化に繋がる可能性もあります。使用後は放置せず塩分を落とすために、直ちに本体内側を水ですすぎましょう。

金属製や目の粗いたわしで内側を強くこするとフッ素加工が剥がれる恐れがあるので、やわらかいスポンジで優しく洗ってくださいね。

PR
サーモス 水筒 真空断熱スポーツボトル 0.5L

商品情報

ブランド サーモス(THERMOS)
容量 0.5 L
サイズ(約) 7×8×21cm,本体重量(約):0.2kg
商品の推奨用途 保冷専用
保冷効力 10度以下(6時間)

コンパクトなボトルは持ち運びしやすく、スポーツドリンクも入れられて便利!底面には頑丈なシリコンカバーが付いているので、衝撃を防ぐのに役立ちますよ。すぐに飲めるワンタッチオープンの飲み口は、スポーツ用にもおすすめです。

サーモス 真空断熱スポーツボトル

スポーツドリンク対応で、機能性の優れた水筒。耐久性のよいポーチ、飲みやすい飲み口、大きな氷を入れられるワイドな口径、肩に負担をかけない幅広のストラップなど、さまざまな便利機能が搭載されていますよ。

お気に入りの小学生向けの水筒を見つけよう!

小学生向けの水筒は、年齢や成長に合わせて容量を決めることが大事。子どもにとってベストなサイズを選んでくださいね。飲み口、素材、デザインなどさまざまなポイントに注目し、お気に入りの水筒を見つけましょう!

※製品画像はAmazonより

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー