この記事で紹介されている商品

ベビーローションのおすすめ14選!市販のものやオーガニックタイプなど人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

敏感な赤ちゃんの肌を乾燥から守ってくれる「ベビーローション」。顔に塗るのはもちろんのこと、全身までくまなく使えますよ。今回は、ベビーローションの選び方のポイントとおすすめの商品をご紹介します。新生児から使える無添加や、オーガニック成分でつくられたものがありますのでぜひチェックしてみてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ベビーローションは必要?赤ちゃんの肌の特性についても解説

赤ちゃんの肌は生まれたばかりで皮膚が薄いため、うるおいを守る皮脂の分泌量が非常に少なく乾燥しやすい状態だといわれています。肌トラブル防止の観点から、常日頃ベビーローションでたっぷり保湿してうるおいを補ってあげることで、赤ちゃんの肌を健やかな状態に導いてくれますよ。

ベビーローションを選ぶ際のポイント

ベビーローションの目的は「保湿」です。ベビーローションを選ぶ際は、保湿力の高いものであるかが重要なポイントで、ベビーローションに含まれる保湿成分はメーカーによってさまざま。肌が敏感な赤ちゃんのことを考えて、できるだけ無添加なものを選んでいたわってあげたいですよね。その際、開閉のしやすさやベビーローションのテクスチャーがどんなものかも合わせてチェックしておくと、毎日のスキンケアがスムーズに行えるコツにもなりますよ。

1.保湿力が高いもので選ぶ

ベビーローションを選ぶなら、保湿に役立つとされる成分が含まれたものがおすすめです。敏感な赤ちゃんの肌を乾燥から守ってくれる高保湿で、たっぷりうるおいを与えてあげましょう。保湿力の高いベビーローションは、次にベビーローションを塗るまでの間も肌をしっとり保ってくれます。また、塗り広げやすいなめらかなテクスチャーのものなら、動きが活発な赤ちゃんでもサッと時短で塗れて楽にスキンケアが行えますよ。

2.成分で選ぶ

商品の成分表示を見ると詳しく知ることができるため、合成着色料・アルコール・界面活性剤といった、赤ちゃんの肌負担になりうる成分が含まれていないか確認することが重要です。保湿に役立つ成分などで、デリケートな赤ちゃんの肌を守ってあげてくださいね。

3.使いやすさで選ぶ

ベビーローションを選ぶ際は、ボトルキャップの開閉のしやすさや、押しやすい形状のポンプであるかも大切なポイントです。毎日使うものなので、キャップの開閉やポンプの動きがスムーズなものだとストレスなく使えるでしょう。また、自宅で使うなら片手でも使いやすい大容量のポンプがおすすめ!旅行先や外出中に使いたい場合は、小容量で持ち運びしやすいボトルタイプが便利ですよ。

気になるポイントでアイテムをご紹介

ベビーローションは、使う際に求めるポイントを押さえたものを選びましょう。無添加やオーガニック成分でつくられたものは、通常より低刺激で肌に負担が少なく済みますね。何かと手が塞がりがちな新生児のスキンケアには、片手でも使えるポンプ式が便利です。持ち運び可能なボトルタイプもありますので、使い勝手の良さも合わせて選ぶようにましょう。

無香料など気になる成分で6選

ここでは、無香料など比較的に低刺激でつくられたベビーローションをご紹介します。 できるだけ肌への刺激が少なく済むものを探したいという方はチェックしてみてください。

anonebaby(アノネベビー) ファーストミルクローション

PR
anonebaby(アノネベビー) ファーストミルクローション

商品情報

ブランド はぐくみプラス
特徴
・生まれたての赤ちゃんから使用OK
・米発酵エキスが乾燥しやすい赤ちゃんの肌をしっかり保湿
・28種類のアレルギー物質を不使用(石油系合成界面活性剤・合成着色料・パラベン・フェノキシエタノール・鉱物油・ナノ原料・合成香料など)

日本人の赤ちゃんの肌を徹底的に研究し、天然由来成分99%でつくられたベビーローションです。28品目のアレルギー物質が不使用の無添加商品となっており、アレルギーテストとパッチテスト済みで新生児から使えます。乳酸菌と米由来の発酵液が善玉菌を増やすサポートをしながら、水の10倍の浸透力で保湿してくれますよ。

Mama&Kids(ママ&キッズ) ベビーミルキーローション

PR
Mama&Kids(ママ&キッズ) ベビーミルキーローション

商品情報

ブランド ママ&キッズ
特徴
・ベビーの毎日の全身ケアにべたつかない乳状ローション
・生まれたばかりの赤ちゃんから使用OK
・無添加成分(無香料 無着色 弱酸性 低刺激 パラベン無添加 アルコール(エタノール)無添加 鉱物油無添加 石油系界面活性剤無添加)

8種のバリア胎脂成分のベビーズエマルジョンと、独自のアミノ酸保湿成分が含まれたベビーローションです。スルスルと伸びが良くベタつかないテクスチャーで、生後間もない新生児期から全身の保湿に使えますよ。皮膚科・小児科・産婦人科医の協力のもと開発された商品で、アレルギーテストやパッチテストを行い、品質と低刺激にこだわった製品なのも安心できますね。

キュレル ジェルローション 220ml

PR
キュレル ジェルローション 220ml

商品情報

ブランド キュレル
特徴
・すっとなじんで、さっぱりみずみずしいジェルタイプ
・赤ちゃんから大人まで敏感肌へ使用OK
・弱酸性  無香料 無着色 アルコールフリー(エチルアルコール無添加)

乾燥以外の汗による肌荒れやあせもなどの肌トラブルも防いでくれる、ジェルタイプのベビーローションです。水のような伸びの良いみずみずしいテクスチャーで、弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリーとなっており、敏感な赤ちゃんの肌にもおすすめできますよ。保湿に役立つ成分として、セラミド・ユーカリエキス・アスナロエキスなどが含まれ、健やかな肌へ導いてくれます。

ジョンソン ベビーローション

PR
ジョンソン ベビーローション

商品情報

ブランド ジョンソンベビー
特徴
・生まれたその日から使えるやさしいローション
・大切な赤ちゃんのための低刺激処方&弱酸性
・デリケートな赤ちゃんのお肌をやさしく保湿

肌にうるおいを与えることが報告されている、グリセリンが含まれたベビーローションです。パラベンフリー・無着色・無香料の低刺激性で、パッチテストとアレルギーテストも行われています。伸びが良くさっぱりとした気持ちの良い使い心地で、ベタつかずに使えるのも嬉しいですね。

Mamafy(ママフィ) 潤いミルキーローション

PR
Mamafy(ママフィ) 潤いミルキーローション

商品情報

ブランド Mamafy(ママフィ)
特徴
・赤ちゃんの未来をまもる「予防スキンケア」の考えに基づいてつくられたローション
・天然由来の保護膜を肌表面につくり、外的刺激を防ぎながら肌内部のうるおいを守る
・高い基準をクリアした国内工場で製造

赤ちゃんの肌を守る「予防スキンケア」の考えに基づいてつくられた、乳液タイプのベビーローションです。ベタつかずにもっちりうるおう「リッチミルクタイプ」と、さらっとうるおう「ミルキーローションタイプ」の2種類があり、肌の状態やお好みのテクスチャーに合わせて選べるのが魅力!天然由来のうるおいベールが、外的刺激から肌を守りトラブルを防ぎながら内部の水分を閉じ込めて保湿してくれますよ。

メリーズ ベビーローション

PR
メリーズ ベビーローション

商品情報

ブランド メリーズ
特徴
・新生児から使用OK
・肌研究生まれのベビーローションでしっかりうるおう
・赤ちゃん想いの肌にやさしい処方(無香料・無着色・低刺激・弱酸性)

肌内部にうるおいをキープするセラミドの働きに着目したベビーローションです。全身しっとりとベタつかずに保湿してくれて、無香料・無着色・弱酸性・アルコールフリーの低刺激性なのも特徴。中身が空気に触れないよう工夫されたフレッシュポンプを採用しており、新生児からうるおいを守るスキンケアが行えますよ。

手が塞がってても使いやすいポンプ式タイプ3選

次に、手が塞がった状態でも片手で使いやすいポンプ式のベビーローションをご紹介します。 手が塞がってしまうことの多い新生児や、月齢が低い赤ちゃんのスキンケアをする際におすすめですよ。

ピジョン(Pigeon) ベビーミルクローション

PR
ピジョン(Pigeon) ベビーミルクローション

商品情報

ブランド ピジョン
特徴
・赤ちゃんのお肌に近い弱酸性
・シアバター(保湿成分)配合で、もっちりやわらか肌へ
・家族みんなでたっぷり使える大容量ポンプタイプ

赤ちゃんの肌へのやさしさを第一に考えたベビーローションで、肌をしっとりさせてくれるシアバターを配合しています。新生児から使える乳液状のローションが特徴で、しっとりうるおうのにベタつきが少なく、伸びが良いので擦らず塗り広げやすいのもポイント!300gの大容量なポンプ式で惜しみなく使えるところも魅力ですね。

和光堂 ミルふわ 低刺激 ベビーミルキーローション

PR
和光堂 ミルふわ 低刺激 ベビーミルキーローション

商品情報

ブランド 和光堂
特徴
・赤ちゃんの肌を考えて、水と油のバランスに着目したベビーミルキーローション
・新生児から使用可能
・水溶性保湿成分&うるおい脂質成分配合

オリゴ糖などの水溶性保湿成分や、うるおい脂質成分を配合した乳液タイプのベビーローションです。伸びが良くベタつきが少ないためサッと伸ばせて広範囲に満遍なく塗るスキンケアが可能。同シリーズにはジェルタイプのベビーローションもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

アベンヌ(Avene) トリクセラNT フルイドミルク

PR
アベンヌ(Avene) トリクセラNT フルイドミルク

商品情報

ブランド アベンヌ(Avene)
特徴
・生後1ヵ月の赤ちゃんから使用可
・家族みんなのための全身用保湿ミルク
・やわらかくなめらかなテクスチャーのクリームがお好みの方に

南フランスのアベンヌ温泉水を配合した全身用の保湿ミルクです。生後1ヶ月以上の赤ちゃんから使える製品で、みずみずしいなめらかなテクスチャーのミルクが、肌の熱を抑えながら静かに落ち着かせてくれます。角層のつっぱり感を和らげて保護力を高めるのに役立つとされる「セレクチオーズ」を配合しており、肌なじみが良く乾燥から肌を包み込むところもポイント。3つの植物性うるおいバリア成分の働きにより、外的刺激からも守り健やかな肌をキープしますよ。

オーガニックタイプで選ぶなら

続いて、オーガニック成分でつくられたベビーローションをご紹介します。 有機栽培した植物を原料にして作られており、添加物や化学的合成成分が使われていない、もしくは比較的少ない種類です。

WELEDA(ヴェレダ) カレンドラ ベビーミルクローション

PR
WELEDA(ヴェレダ) カレンドラ ベビーミルクローション

商品情報

ブランド ヴェレダ(WELEDA)
特徴
・オーガニック認証「NATRUE(ネイトゥルー)」取得
・カレンドラエキスをはじめとする、ベビーの肌に適したオイルとエキスを厳選配合
・やさしいハーブの香りで、スキンケアがベビーとママの楽しいリラックスタイムに

天然由来成分とオーガニック成分を配合し、全身のすみずみまでしっとりと包み込む乳液タイプのベビーローションです。赤ちゃんのデリケートな肌を、キメ細かでやわらかな状態に整えてくれますよ。伸びの良い軽い使用感でサッと濡れるテクスチャーは、動きが活発な月齢の赤ちゃんにもおすすめです。

ALOBABY(アロベビー) アロベビーミルクローション

PR
ALOBABY(アロベビー) アロベビーミルクローション

商品情報

ブランド ALOBABY
特徴
・ 国産オーガニックベビースキンケアブランド
・0歳の赤ちゃん(新生児)からこども、敏感肌の大人の方までご家族で使用可能
・天然の皮脂がたっぷり配合の高保湿、100%以上天然由来成分

顔から全身までたっぷり保湿できる、大容量な380mlでボトルタイプのベビーローションです。100%天然由来成分を使用し、8つの無添加なので、新生児期の赤ちゃんから使えますよ。皮脂に近い成分を配合することで、内部にしっかりうるおいを閉じ込めて、もちもちに保湿するのも魅力ですね。

ベビーセバメド モイスチャーミルク

PR
ベビーセバメド モイスチャーミルク

商品情報

ブランド セバメド
特徴
・皮膚科学が生んだドイツのスキンケアブランド
・肌荒れやアレルギーで敏感な状態のお肌を整える
・「pH5.5」のスキンケア

赤ちゃんの肌表面を弱酸性のpH5.5に合わせ、カモミールの保湿成分を配合したミルクタイプのベビーローションです。みずみずしいテクスチャーでなめらかに伸び広がるので、塗りやすいベビーローションを探している方にもおすすめ!4つのフリー処方と2種類のビタミンも含んでおり、スッと浸透してベタつかないところも嬉しいポイントですね。

持ち運びに便利!ボトルタイプで選ぶなら

最後に、小容量ボトルタイプのベビーローションをご紹介します。 比較的に軽量でコンパクトサイズのため、鞄に入れて持ち運びしやすいのがメリットです。

メディスキンベビー ナチュラルベビーローション

PR
メディスキンベビー ナチュラルベビーローション

商品情報

ブランド メディスキンベビー
特徴
・皮膚科医が開発したベビースキンケアシリーズ
・天然成分のみでつくったベビーローション
・こだわりの国内製造

日本の現役皮膚科医が開発した、天然由来成分を100%使用してつくられたベビーローションです。乳化剤不使用の2層式なのが特徴で、保湿に役立つ成分としてオリーブオイルやラベンダーエキス、ビデンスピローサエキスなどを配合しています。容量は190mlであり、片手で開閉しやすいキャップの付いたスリムなボトルで持ち歩きにも便利ですよ。

ジョンソン すこやかナチュラルローション

PR
ジョンソン すこやかナチュラルローション

商品情報

ブランド ジョンソンベビー
特徴
・新生児から使えるやさしいローション
・カサカサ乾燥肌の赤ちゃんの肌も1日中しっとり
・低刺激・無着色・無香料

天然由来のオリーブ葉エキスを配合した、伸びが良くさっぱりとした使い心地のベビーローションです。無着色・無香料・アレルギーテスト済みで、生まれたての新生児から使えるのもポイント!顔や身体の全身にたっぷり使えて、一日中しっとりうるおって保湿してくれるところも魅力的です。

ベビーローションを使う際の注意点

ベビーローションを使う際は注意点もあります。 正しく使用しないとスキンケアするつもりが、逆に肌トラブルを引き起こしてしまうこともあるため、注意すべき点をよく理解してから使うようにしてくださいね。

用法用量と使い方について

ベビーローションを使いはじめるときは、少量から使いはじめるのが基本。その際はまず、腕や足に少量のベビーローションを塗ってパッチテストを行うようにしましょう。赤ちゃんが使うことを想定しており、あらかじめパッチテストやアレルギーテストを実施しているものが多いですが、テストで問題なくても必ずしも赤ちゃんの肌に合うとは限りません。肌トラブルを引き起こしてからでは遅いので、デリケートな赤ちゃんの肌を守るためにも、重要なことといえますね。 また、ベビーローションのパッケージに記載された用法容量を守って使用することも大切です。塗るときはそのまま塗るとベビーローションが冷たくて赤ちゃんを驚かせてしまうため、大人の手のひらに出し、人肌程度に温めてから摩擦を起こさないように、やさしく伸ばして満遍なく塗ってあげましょう。

肌荒れをしてしまったら

いくら気をつけていても、肌トラブルはいつ起きるのか分かりませんよね。 今まで問題なく使用していたベビーローションが、赤ちゃんの体調で合わなくなることもあります。成長により肌質は変化するので、常日頃から肌の様子をこまめに見ておくことも大切です。また、使用中のベビーローションを別の種類に変えることもひとつの手ですが、万が一にも肌トラブルを引き起こしてしまった際は、速やかに小児科を診察することをおすすめします。

赤ちゃんの肌をベビーローションで守ろう

ベビーローションは、敏感な赤ちゃんの肌を乾燥から守るために必要なスキンケアアイテムです。ポンプやボトルがあるので使い勝手の良いタイプを選びましょう。使用前にはパッチテストを行い、用法容量を正しく守りながら保湿してあげてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のベビー・マタニティカテゴリー

新着記事

カテゴリー