目次

Amazon「配達中」の荷物はいつ届く?届かない、キャンセルしたい場合の対処法

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonでの注文が「配達中」ステータスにある場合、通常であればその日のうちから遅くとも数日以内には商品が到着します。しかし、さまざまな事情により遅延やトラブルが発生することもあります。

この記事では、Amazon商品の到着予定について解説し、「配達中」の荷物が届かない場合やキャンセルをしたいときの対処法もあわせてご紹介します。

Amazonの「配達中」の商品はいつ届く?

「配達中」のステータスは、Amazonで購入した商品が「配送先近くの営業所」から持ち出され、「配送先」に向かっていることを示しています。

配達中のステータスになっているということは配送の最終段階にあるので、荷物はその日に届くことがほとんどです。また、配達時間を指定しているのであれば、原則としてその時間帯に届きます。

それでも「なかなか届かない」という場合には、置き配されていないか、不在票がポストに入っていないかを念のため確認してみましょう。

また、配送業者やトラッキングIDがわかるのであれば、注文の進捗状況をネットや電話で確認することも可能です。

こちらもチェック!
【Amazonの配達状況】追跡や確認をトラッキングIDで行うには - 問い合わせ方法も解説

Amazonで商品を購入したとき、今どこにあるか、いつ届くか、配達状況が気になることもあるでしょう。 そこで、本記事ではAmazonで購入した商品の配達状況を追跡して確認する方法を解説します。 Amazonサイトや各配送業者のサイトから配達状況を問い合わせする方法について詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

「配達中」と「輸送中」の違いは?

「輸送中」のステータスは、「商品が在庫されている倉庫」から「配送先近くの営業所」へ運ばれていることを示しています。それに対して、「配達中」は最終目的地の近くの営業所から指定した配達先に運ばれていることを意味します。

つまり、輸送中が「始点→中継点」の段階を指しているのに対して、配達中は「中継点→最終目的地」の輸送段階を示しているということです。

Amazonの「配達中」の商品が届かない場合の対処法

「配達中」のステータスにある商品が届かないと、不安になりますよね。ここでは、「配達中」になっている荷物なかなか届かない場合の対処法について解説します。

1.置き配されていないかを確認する

「置き配」とは、配送業者が荷物を受取先の住所に直接置く配達方法です。対面での受け取りではなく玄関先に荷物を置くだけで配達が完了するため、物流業界の人手不足もあいまって近年広く利用されている配送方法といえるでしょう。

配達中の荷物が届かないという場合、配送方法が「置き配」になっていることも考えられます。念のため、玄関や庭先などに荷物が置かれていないか置き配がすでに行われていないか確認しましょう。

なお、置き配が完了している場合は、ステータスが「配達済み」になっているはずです。

こちらもチェック!
Amazonの荷物が勝手に置き配されてしまう原因は?置き配を解除する方法やトラブル時の対応も紹介!

「Amazonで注文した商品が設定していないのに勝手に置き配された!」「今後トラブルを避けたいから勝手に置き配しないようにクレームを入れたい!」と考える方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、置き配を解除や変更する方法、トラブル時の対応方法を中心に解説します。

2.配送業者に問い合わせる

配送ドライバーや配送会社でトラブルが起きた場合、Amazonの商品が配送中であってもなかなか届かない可能性があります。

考えられるトラブル

・交通渋滞や悪天候:配送業者が商品を届けている途中、交通渋滞や悪天候に見舞われることがあります。これにより配達スケジュールに遅れが生じる可能性があります。

・車両故障や事故:配送業者の車両に故障やトラブルが発生した場合、車両修理や代替車両の手配に時間がかかることもあります。

・情報不足や不正確な住所:注文時に入力された住所が不正確であったり、不足したりする場合、配達先を特定するのに時間がかかっていることが考えられます。

・地域の制約や制限:山間地域や離島など、特殊な配送先の場合は通常よりも配達に時間がかかることがあります。

配送中に避けようのないトラブルが起こることは、当然あります。もし急ぎの荷物でないのであれば、欲しかった商品が届くのを楽しみに待ちましょう。

ただ、「どうしてもすぐに必要」「本当に届くか不安」という方は、配送業者に問い合わせれば荷物の状況を調べられます。

発送済みの商品が「配達中」にならない場合の対処法

Amazonで発送済みになった商品が自宅に届くまでには、一般的に「発送済み→輸送中→配達中→配達済み」の流れでステータスが変わっていきます。もし発送済みの商品が「配達中」にならない場合は、まだ輸送段階なのかもしれません。

注文履歴から配達予定日を確認し、予定日まで余裕があるのであればもう少し待ってみましょう。
万が一配達予定日を過ぎても配達中に切り替わらない場合は、以下の対処法を試してみてください。

①トラッキング情報を確認する:注文履歴から該当する注文を選択し、トラッキングIDや配送状況を確認します。トラッキング情報が提供されている場合、配送業者のウェブサイトで進捗状況を追跡できます。

②お届け予定日を確認する:注文履歴や注文確認メールで表示されるお届け予定日を改めて確認してみましょう。

③カスタマーサービスに連絡する:注文に問題があると考えられる場合、Amazonのカスタマーサービスを通じて状況報告をすることもできます。明らかに異常が発生している場合は、Amazonのウェブサイトやアプリ内でカスタマーサービスにアクセスしてみましょう。

こちらもチェック!
AmazonのトラッキングIDの調べ方は?追跡できない時の対処法や原因を徹底解説

「Amazonで注文した荷物の配送状況を調べたい」「いつ届くのか知りたい」という時に便利なのがトラッキングIDです。 荷物の出荷後に発行されるトラッキングIDを使えば、荷物が今どこにあるのか、到着予定日はいつなのかなどの配送状況を調べられます。 本記事では、AmazonのトラッキングIDの調べ方や追跡できない時の対処法・原因について解説します。

Amazonの「配達中」の商品はキャンセルできる?

 「誕生日会用の商品が本番当日までに届かなかった」「クリスマスプレゼントをAmazonで買ったけど配送が遅れたので返品したい」…Amazonの商品がなかなか届かない場合、キャンセルは可能なのでしょうか?

ここでは、「配達中」の商品に関するAmazonのキャンセルルールや注意点を解説します。

基本的に「配達中」の商品はキャンセルできない

Amazonにおいて注文後に商品をキャンセルできるタイミングは、基本的に「出荷準備開始前の商品のみ」です。注文履歴に「注文をキャンセル」のボタンが表示されていれば、その段階でキャンセルは可能です。

一方で、一度出荷されてしまうと原則キャンセルはできないため、「配達中」の商品がキャンセル不可であることを覚えておきましょう。

例外でキャンセルできる場合もある

注文したAmazonの商品が「配達中」になっている場合、原則としてキャンセルできませんが、一部例外的なケースも存在します。

配送状況の確認画面上に「この注文をキャンセルする」というボタンが表示されている場合、出荷済みでもキャンセルをリクエストできることがあります。リクエストが承認されれば、商品自体が届くことはなく、返金も数日以内に行われます。

こちらもチェック!
Amazonのキャンセルリクエストとは?ペナルティやキャンセルできる商品についても確認

「Amazonで注文した商品をキャンセルリクエストしたい!」「キャンセルしたらペナルティがあるのかな?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、Amazonのキャンセルリクエストについて、ペナルティの有無やメッセージを送るときのコツなどを中心に解説します。

「配達中」の商品の配達日時は変更できる?

「配達中」の商品は、基本的に配達日時は変更できません。配達中ということは、すでに配達ドライバーが営業所から荷物を持ち出して、トラックで運んでいる状況です。そのため、配達中のステータスになったあとで、配達の日時を変えるのは難しいといえるでしょう。

ただし、Amazonのアカウント内で「注文履歴」→「この注文を変更」→「配送方法を変更」と進んでいくと、指定配送日時を変更できることがあるので試しに確認してみましょう。

また、「どうしても変更したい」という場合は、配送業者に直接問い合わせをすると相談に乗ってくれることがあります。

Amazonで気持ちよくネットショッピングを楽しもう

Amazonでのお買い物は、便利で素早い配送が魅力です。「配達中」のステータスになっていれば、基本的にはその日か、遅くとも翌日に届くことがほとんどです。しかし、何かしらのトラブルによって、配達中でもなかなか届かないケースも存在します。

特に急ぎの荷物ではない場合、気長に待ちましょう。一方で、何らかの事情がある場合には、配達業者に問い合わせをするといいでしょう。そうすることで、荷物がどのような状況にあるのかを教えてくれるはずです。

なお、いつでもどこでもネットショッピングが楽しめるのも、陰ながら物流を支える配送ドライバーさんあってのこと。感謝の心を忘れずに、気持ちよくネット通販を満喫しましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazonの困ったを解決!のカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー