目次

Amazonの本日到着予定の荷物が届かない!配達時間や配送状況の確認方法についても解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「Amazonで注文した商品が配達時間を過ぎても届かない!」「荷物を追跡したいけどトラッキングIDのどこで確認できるのだろう?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、Amazonの本日到着予定の荷物が届かない方に向けて、注文確認方法や配送状況の確認方法についてご紹介します。

Amazonの荷物の本日到着予定は何時から何時までを指す?

Amazonの荷物の本日到着予定は何時から何時までのことを指すのかわからないといった方も多いのではないでしょうか。ここでは「Amazonが配達」している場合と、「ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便が配達」している場合の2パターンについてご紹介します。

  • Amazonが配送している場合は、7時~22時まで
  • ヤマト運輸や佐川急便、日本郵便が配送している場合は、8時~21時まで

それぞれについて以下で詳しく解説します。

こちらもチェック!
Amazonの商品が何時に届くか知りたい!配達時間と配送状況の確認方法を解説

Amazonで購入した商品が何時に届くか分からない場合、自宅にいる必要があり、商品が届くのを待つのに煩わしさを感じることもあるでしょう。 しかし、Amazonで購入した商品の場合、受け取り方法を工夫することでおおよその配達時間を把握したり不在でも商品を受け取ったりすることができます。 そこで本記事では、配達時間を選ぶ方法や、確実に商品を受け取る方法などについて解説します。

・Amazonが配送している場合は、7時~22時まで

本日到着予定の荷物でAmazonが配送している場合は、7時~22時までに配送される場合が多いです。ただし、配送地域によっては配送可能時間が短くなる場合もあります。

また、本日到着予定の荷物で22時までに届かない場合、天候などのトラブルにより配送に遅れが生じている可能性があります。

そのため、出荷元の地域から配送先までの地域で災害など起こっていないか確認するのも配送が遅れている理由を知る1つの手です。

・ヤマト運輸や佐川急便、日本郵便が配送している場合は、8時~21時まで

ヤマト運輸や佐川急便、日本郵便が配送している場合は、8時~21時までに配送される場合が多いです。Amazonが配送している荷物と同様に、配送地域によっては配送可能時間が短縮される場合もあります。

日本の配送業者は海外と比べて正確に荷物を運んでくれますが、それでも時間通りに配送できないこともあります。運送会社もスムーズに配送できるようにシステムを導入している企業もありますが、通信障害が発生した場合システムの動作が止まったり遅延やタイムラグが発生したりするのも現状です。

21時を過ぎても届かない場合、天候やシステムなどのトラブルが発生している可能性があります。そのため、配送業者のホームページで配送に関するお知らせが出ていないか確認してみましょう。

Amazonの本日到着予定の荷物が届かない!まずは配送状況の確認を

Amazonの本日到着予定の荷物が届かない場合、まずは配送状況の確認をしましょう。

  • Amazonアプリから配送状況を確認する
  • Amazon.co.jpのサイトから配送状況を確認する

それぞれ詳しく説明します。

・Amazonアプリから配送状況を確認する

Amazonアプリから配送状況を確認したい場合、注文履歴から確認できます。注文履歴から該当の注文を選び配送状況を確認しましょう。

配送状況の画面では、現在の荷物がどの地点にあるのか確認可能です。また、配送業者と荷物のトラッキングIDも確認できるため、ある地点で荷物が長期間止まっている場合、配送業者の荷物を預かっている営業所に連絡することをおすすめします。

・Amazon.co.jpのサイトから配送状況を確認する

Amazon.co.jpのサイトからでも配送状況を確認できます。確認手順は以下のとおりです。

1.Amazon.co.jpのサイトにログインし、右上の注文履歴をクリック

出典:Amazon

2.該当の注文の「配送状況を確認」をクリック

出典:Amazon

以上の手順で配送状況を確認できます。

アプリと同様に長期間一か所にとどまっていたり、怪しい動きがあったりした場合は、配送業者の荷物を預かっている営業所に電話をして問い合わせてみましょう。

こちらもチェック!
【Amazonの配達状況】追跡や確認をトラッキングIDで行うには - 問い合わせ方法も解説

Amazonで商品を購入したとき、今どこにあるか、いつ届くか、配達状況が気になることもあるでしょう。 そこで、本記事ではAmazonで購入した商品の配達状況を追跡して確認する方法を解説します。 Amazonサイトや各配送業者のサイトから配達状況を問い合わせする方法について詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

Amazonの本日到着予定の荷物が22時になっても届かない場合の対処法は?

Amazonの本日到着予定の荷物が22時になっても届かない場合の対処法を紹介します。

  • 配送状況が「配達完了」になっている場合
  • 配送状況が「発送済み」になっている場合
  • 配送状況が「未発送」になっている場合

それぞれ詳しく説明します。

・配送状況が「配達完了」になっている場合

配送状況が「配達完了」になっている場合、以下の可能性があります。

  • 同居する家族がすでに受け取っている
  • 配達先の住所が間違っている
  • 玄関前やポスト、宅配ボックスに届いている(置き配)
  • 置き配された荷物が盗難されている

それぞれ詳しく説明します。

同居する家族がすでに受け取っている

配送状況が「配達完了」になっている場合の1つ目の可能性としては「同居する家族がすでに受け取っている」ことです。同居家族がいる場合は、ご家族に配達荷物を受け取っていないか確認してみましょう。

配達先の住所が間違っている

配送状況が「配達完了」になっている場合の2つ目の可能性としては「配達先の住所が間違っている」ことです。

たとえば、久々にAmazonを利用したため引っ越し前の住所で注文してしまったケースなども考えられます。そのため、配送業者やAmazonに問い合わせる前に配達先住所が間違っていないか確認しましょう。

玄関前やポスト、宅配ボックスに届いている(置き配)

配送状況が「配達完了」になっている場合の3つ目の可能性としては「玄関前やポスト、宅配ボックスに届いている(置き配」ことです。

たとえば、置き配指定場所がいつもは玄関前に置かれるところを、雨が降っていたため配送業者が気を使ってガスメーターボックスに入れるなど、いつもと違った場所に置かれている可能性があります。置き配指定している方はいつもと違う場所も確認してみましょう。

こちらもチェック!
Amazon「置き配」の設定方法 - 盗難されたら補償はある?

Amazonには、「置き配」を設定できることをご存知でしょうか?商品を配達する場所を購入時に指定することのできるオプションです。 この記事では、置き配の設定方法をはじめ、万が一盗難にあってしまった場合の対処法について解説します。置き配の利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

置き配された荷物が盗難されている

配送状況が「配達完了」になっている場合の4つ目の可能性としては「置き配された荷物が盗難されている」ことです。置き配は手渡しで荷物を受け取るより盗難リスクが高くなります。そのため、置き配として配達完了後に盗難されている可能性は大いにあります。

置き配荷物を探しても見当たらない場合、配送業者とAmazonへ問い合わせましょう。

場合によっては、注文品を再送してもらえたり返金を受けたりできる可能性があります。置き配を指定した場合、長時間家の外に放置しないように注意しましょう。

・配送状況が「発送済み」になっている場合

配送状況が「発送済み」になっている場合、残念ながらまだ配送が完了していません。道路の混雑状況やトラブルの影響で遅れている可能性があります。遅れている状況によってはしばらくして配送されるか翌日以降に配送される可能性もあります。

しかし、なかには本日中に受け取る必要がある荷物もあることでしょう。その場合、配送業者に連絡し本日中の配達で問題ないか確認しましょう。

・配送状況が「未発送」になっている場合

配送状況が「未発送」になっている場合、いまだに商品が発送されていない状態です。Amazonの注文履歴から出品者に連絡し、状況を確認しましょう。

出品者のミスでステータス変更を忘れていることも考えられます。その場合は、出品者に配送業者と荷物のトラッキングIDを聞き配送業者に連絡しましょう。

22時以降の連絡となると遅い時間のため出品者からすぐに連絡がこない可能性も考えられるため、配送日当日になっても未発送になっていれば、できるだけ早めに問い合わせることをおすすめします。

こちらもチェック!
Amazonの出品者に連絡する方法は?返信がないときの対処法も解説

Amazonサイトにて商品を販売および出荷するのは、AmazonだけではなくAmazonマーケットプレイス出品者であることも考えられます。 そのため、商品に破損や不具合があった場合は、AmazonではなくAmazonマーケットプレイス出品者に連絡することもあるでしょう。 本記事ではAmazonマーケットプレイス出品者に連絡する方法や返信がないときの対処法などについて解説します。

Amazonの本日到着予定の荷物が届かない原因は?

Amazonの本日到着予定の荷物が届かない原因は以下のようなことが考えられます。

  • 天候不順や交通トラブルなどで遅延している
  • デリバリープロバイダや、amazon Flexが配送を担当している
  • 海外から発送されている
  • 配送中の損傷などでAmazonに荷物が返品されている
  • 不在票がすでに届いている、あるいは、不在票が間違って投函されている
  • 再配達依頼がうまくできていない

それぞれ詳しく説明します。

・天候不順や交通トラブルなどで遅延している

季節によっては台風や大雪、豪雨によって自然災害が発生し、出荷元から配送先がその地域に関係して配送に遅れが生じている可能性があります。また、自然災害や人的災害による交通トラブルも配送遅延の原因になりえます。

日本は自然災害が発生しやすい地形でもあるため、毎年何かしらの災害が発生しています。天候不順や交通トラブルが原因でAmazonにかかわらずネットショッピングの配送が遅れやすいといえるでしょう。

・デリバリープロバイダや、amazon Flexが配送を担当している

デリバリープロバイダはAmazonが委託している配送業者でamazon Flexは配送業務を請け負っている個人の事業者です。

デリバリープロバイダやamazon Flexが配送を担当する場合、大手の配送業者に比べてトラブルが発生しやすいという懸念点があります。

・海外から発送されている

海外から発送されている場合、国内商品より移動に時間がかかったり輸入手続きなどで時間を要したりすることで遅延が発生しやすくなります。海外からの輸入品の場合、遅れる可能性が高いことを理解しておきましょう。

・配送中の損傷などでAmazonに荷物が返品されている

送中の損傷などでAmazonに荷物が返品される場合があります。その場合、Amazonに問い合わせて改めて配送日時を確認しましょう。

・不在票がすでに届いている、あるいは、不在票が間違って投函されている

すでに配送業者がご自宅に荷物を配達して不在と認識し、荷物を営業所に持ち帰っている可能性があります。その場合再配達を依頼して、再度荷物を配送してもらいましょう。

・再配達依頼がうまくできていない

再配達依頼がうまくできていない場合、当然ながら荷物は配達されません。再配達依頼が完了しているか確認するためにも再配達依頼時にメールアドレスを登録して、再配達依頼完了のメールを受け取って確認できるようにしましょう。

Amazonの荷物を確実に受け取りたい場合は?

Amazonの荷物を確実に受け取りたい場合の対処法を紹介します。

  • 店頭で受け取る(コンビニ・配送業者)
  • Amazon Hubのロッカーやカウンターで受け取る
  • クロネコメンバーズに登録して日時指定する【配送業者がヤマト運輸の場合のみ】
  • 置き配を指定する

それぞれ詳しく説明します。

・店頭で受け取る(コンビニ・配送業者)

Amazonの荷物を確実に受け取りたい場合の対処法の1つ目は「店頭で受け取る(コンビニ・配送会社)」ことです。注文時に配送先をコンビニまたは配送会社にすることで、コンビニや配送業者で受け取りできます。

コンビニや配送業者で受け取ることで、勝手に置き配されるリスクを避けられるメリットがありますが、デメリットとしては荷物のサイズが大きい場合、自宅まで持ち帰るのに手間がかかります。

手で持ち運べる荷物だとコンビニ受け取りの場合24時間営業している店舗が大半のため、ご自身のライフスタイルに合わせて受け取りたい方にはメリットが大きいといえるでしょう。

・Amazon Hubのロッカーやカウンターで受け取る

Amazonの荷物を確実に受け取りたい場合の対処法の2つ目は「Amazon Hubのロッカーやカウンターで受け取る」ことです。Amazon HubとはAmazon専用のロッカーやカウンターで、注文時の配送先を指定するときに選べます。

ロッカーの場合お好きなタイミングで受け取れ、カウンターの場合は営業時間に限り受け取り可能です。保管期間が過ぎると返品されてしまうため、注意が必要です。

こちらもチェック!
【Amazon】宅配ロッカーの暗証番号がわからないときの対処法とは?Amazon Hubロッカーの使い方ついても解説

Amazonで注文した商品を宅配ロッカーに配達してもらったけれど、暗証番号が配達通知書や不在連絡票に記載されておらず、暗証番号がわからなくてロッカーが開けられない!という時の対処法をお伝えします。 ほかにも暗証番号が不要な「Amazon Hubロッカー」の使い方についても紹介するので、ぜひ本記事を参考にしてください。

・クロネコメンバーズに登録して日時指定する【配送業者がヤマト運輸の場合のみ】

Amazonの荷物を確実に受け取りたい場合の対処法の3つ目は「クロネコメンバーズに登録して日時指定する」ことです。

配送業者がヤマト運輸の場合、クロネコメンバーズに登録することで日時指定や営業所受け取り、コンビニ受け取りへの変更、ロッカーでの受け取り変更が可能になります。

ご自身のライフスタイルにあわせて受け取り方法を変更できるため、忙しい方でも安心して受け取り変更が可能です。

・置き配を指定する

Amazonの荷物を確実に受け取りたい場合の対処法の4つ目は「置き配を指定する」ことです。注文時に置き配を指定することで、22時を過ぎても本日到着予定の荷物を待つ必要がありません。

ただし、置き配の場合盗難のリスクがあるため、高価なものなどは置き配は控えたほうがよいでしょう。

Amazonの本日到着予定の荷物が届かないときは、配達状況をまず確認しよう

今回は、Amazonの本日到着予定の荷物が届かない方に向けて、注文確認方法や配送状況の確認方法について解説しました。

本日到着予定の荷物は、Amazonの配送の場合22時、Amazon以外の配送の場合21時を過ぎても届かない場合配送業者に問い合わせを行ないましょう。

荷物が届かず不安に思う方は、本記事を参考にして対処してみてはいかがでしょうか。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon入門ガイドのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー