この記事で紹介されている商品
タオルハンガーのおすすめ10選!キッチンや洗濯などシーン別にアイテムを紹介

タオルハンガーのおすすめ10選!キッチンや洗濯などシーン別にアイテムを紹介

洗面所やキッチンで手拭きタオルを掛けておくのに便利な「タオルハンガー」。洗濯したタオルを干すことに特化したものや省スペースで収納できる折りたたみ式の商品も多数販売されていますよ。

この記事では、タオルハンガーの種類や選び方のポイントを解説します。おすすめ商品もご紹介するので参考にしてくださいね。 

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

タオルハンガーの選び方

タオルハンガーとひと口にいっても、タオルを掛ける目的や使う場所によって適した形やサイズ、素材は異なるものです。そこで、タオルハンガーを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを4つに絞って解説します。

1.用途に合わせて選ぶ

まずは、タオルハンガーの用途別に使いやすいタイプを解説します。洗濯したタオルを干す場合は、室内干しか屋外干しかによってベストの形は異なるでしょう。手を拭くタオルを掛けておく場合でも、使う場所によって向き・不向きがありますよ。

洗濯したタオルを室内で干すなら

洗濯したタオルを室内干しするなら、床に置くスタンドタイプをチェックしてみてください。タオルを等間隔で効率よく干せるうえ、置く場所を選ばないのが魅力。浴室乾燥機を使用する場合も、スタンドタイプにタオルを掛けて床に置けば、ランドリーパイプのスペースに余裕ができますよ。

商品によって大きさや干せる枚数に幅があるので、タオルの種類や洗う枚数、設置スペースに合うものを選びましょう。収納スペースが限られている方には、コンパクトに折りたためるタイプがおすすめですよ。

洗濯したタオルを屋外で干すなら

タオルを外干しする場合は、物干し竿に掛けられるタイプがおすすめです。ベランダなら床にスタンドタイプを置く方法もありますが、フェンスの構造によっては低い位置に風が通りにくいことも。また、スタンドタイプのなかでも軽量のものは、強風で倒れてしまう可能性もあります。

そこで、物干し竿に吊り下げれば風通しのよい高めの位置に干せるうえ倒れることもありません。風で飛ばされるのが心配な方は、フックがグリップ式でしっかり固定できるものを選ぶとよいでしょう。スタンドタイプを選ぶ場合は、ある程度重量があって風で倒れにくい商品がおすすめです。

トイレや洗面所で使うなら

タオルを1枚だけ掛けるトイレや洗面所には、壁付けタイプのタオルハンガーがぴったりです。スペースをあまりとらないので、狭いトイレや洗面所にも設置しやすいですよ。

設置方法はネジ留めをはじめさまざまなタイプがあるので、壁の素材に合うものを選びましょう。また、水がはねやすい位置に取り付ける場合は、サビや腐食に強い素材を選ぶことも大切です。

キッチンで使うなら

キッチンに手を拭くためのタオルを掛けるなら、引き出しの前板や扉に引っ掛けるだけで使えるフックタイプもチェックしてみてください。取り付けが簡単なうえ、木製やホーロー製といったキッチンの素材を問わないのがポイント。しっかりフィットするように設計されているので、落下の心配もほとんどありません。

キッチンに合うフックタイプが見つからない場合は、トイレや洗面所と同様に壁付けタイプがよいでしょう。素材は、キッチンで使う場合も水に強いものがベター。設置方法も取り付ける面に合うものを選んでくださいね。

2.タオルのサイズに合わせて選ぶ

タオルハンガーを選ぶ際は、タオルを掛けるバーの長さ(内寸)もチェックしておきましょう。ポイントは、タオルのサイズに合うものを選ぶこと。タオルをきちんと広げられる横幅がありつつ、スペースを無駄にとらないものがベストです。

そこで、よく使われているフェイスタオル・スポーツタオル・バスタオルの3種類に合うサイズと選び方のポイントを解説します。

フェイスタオルなら横幅35cm以上を

フェイスタオルは幅が34cm前後、長さが75~90cmのタオルです。洗面所やキッチンで手を拭くために使っている方も多いですよね。

フェイスタオルを掛けるなら、横幅が35cm以上のタオルハンガーがおすすめです。壁付けタイプのなかには幅が半分程度の商品やリング状の商品もありますが、タオルをきちんと広げられるタイプのほうが乾きやすいですよ。

スポーツタオルなら横幅40cm以上を

スポーツシーンの肩掛けタオルでおなじみのスポーツタオル。多くは幅が40cm前後、長さは110cm前後です。

スポーツタオルを干すなら、横幅が40cm以上の商品を選びましょう。バスタオル用のタオルハンガーを使えば余裕を持って干せますが、伸縮式で横幅を変えられる商品を選ぶのも手。タオル幅ぴったりに合わせられるので、干すスペースを最小限に抑えられますよ。

使用しているバスタオルのサイズをチェック

バスタオルは、商品によってサイズが大きく異なります。コンパクトサイズやスタンダードサイズの幅は50~65cmですが、大判サイズのなかには1m前後あるものも。また、長さも130~180cmと開きがあります。

そのため、タオルハンガーを購入する際は、自分が使っているバスタオルの大きさを事前に計測しておくことが大切です。また、スタンドタイプのタオルハンガーで干したい方は掛けたタオルが床につかないように商品の高さも確認しておきましょう。

3.設置方法に合わせて選ぶ

タオルハンガーを使いたい場所が決まっている場合は、設置方法から選ぶのもひとつの方法です。壁付けタイプ・フックタイプ・スタンドタイプ・ハンガータイプの順に、どんな場所や使い方が向いているのかを解説します。

壁付けタイプ

前述の通り、壁付けタイプは省スペースで設置できるので狭い場所でも使いやすいのがメリットです。洗面所やトイレはもちろん、浴室や脱衣所にもぴったり。バーが1本のみのシンプルな商品が多いので、インテリアを邪魔しにくいのも魅力です。

壁にしっかりと固定するならネジで留めるのがベストですが、壁に穴を開けずに設置できる商品もありますよ。安定感はやや劣りますが、吸盤やマグネットで取り付けられる商品なら壁を汚さずに設置可能です。

ただし、吸盤タイプは原則つるっと滑らかな面にしか設置できません。また、マグネットタイプを検討している方は、設置したい場所にマグネットがくっつくかどうかを事前に確認しておきましょう。

フックタイプ

キッチンにぴったりなフック式のタオルハンガーは、サイズが合えばキッチン以外の引き出しや扉にも設置できます。設置する箇所の素材を選ばないだけでなく、ネジやテープを使わないため家具を傷めないのもメリットです。

ただし、引き出しや扉の上部にフックの厚み以上の隙間がないと、フックが引っかかって閉じられなくなります。また、対応する板の厚みは商品によって異なるので、購入前のサイズ計測は必須ですよ。

スタンドタイプ

スタンドタイプの魅力は、設置スペースさえあれば家中どんな場所にも置けることです。普段は陽の当たる窓の近くで干し、来客のある日は目に付きにくい場所に移動させるといった使い方もできますね。

スタンドタイプは安定感があるため、バスタオルを干すのにも向いています。干せる枚数が多い商品は大型になりますが、使わないときはコンパクトに折りたためる商品も多数ありますよ。

ハンガータイプ

ハンガータイプは、衣類用のハンガーをひと回り大きくしたような形状をしています。バスタオルを1~2枚掛けられる商品が多く、シャツや上着などを1枚ずつ干すのにも向いていますよ。

物干し竿や鴨居、ドアなどにも掛けられるので、干すスペースを十分に確保できなくても使えるのがメリット。外干し・室内干しのどちらにも対応できますよ。バスタオル向きのタオルハンガーとしてはコンパクトで、収納スペースをあまりとらないのもポイントです。

4.素材ごとの特徴をチェック

タオルハンガーにはさまざまな素材の商品があり、素材ごとにメリット・デメリットがあります。メジャーなステンレス製・木製・プラスチック製の3種類について特徴を解説するので、使用するシーンやインテリアに合うものを選びましょう。

耐久性に優れた「ステンレス製」

ステンレス製の一番の魅力は耐久性の高さです。サビや紫外線に強いので、トイレ・洗面所・キッチンといった水回りや屋外など使う場所を選びません。高級感があり、モダンなインテリアにもよく合いますよ。

ただし、ほかの素材よりも価格は高めで、大きさによっては重量が気になる可能性もあります。壁や扉に固定して使う場合は心配無用ですが、頻繁に出し入れする場合は重量もチェックしておきましょう。

あたたかみのある「木製」

木製のタオルハンガーは、自然素材ならではのあたたかみを感じられます。壁に据え付けるタイプの商品が多く、アイアンや真鍮と組み合わせたデザイン性の高いものも豊富。カントリー系やナチュラル系、ヴィンテージ系まで、あらゆるテイストの商品がそろっています。

本来は水分に弱く、カビや腐食を起こしやすい素材ですが、表面に塗装を施した商品も販売されています。水回りで使用する場合は、塗装された商品のほうが長く愛用できますよ。

安さで選ぶなら「プラスチック製」

価格重視なら、プラスチック製がおすすめです。軽量なので持ち運びやすいうえ、万一落下しても床や洗面台を傷つけるリスクは低め。ステンレスと同様に耐水性が優れているので、洗濯物を干すのにもぴったりな素材です。

ただし、紫外線には弱いので外干しよりも室内干し向き。屋外で使うと長持ちしない点は覚えておいてくださいね。

シーン別!タオルハンガーのおすすめ10選

ここからは、タオルハンガーのおすすめ10商品を使うシーン別にご紹介します。設置方法は壁付け・フック・スタンド・ハンガーの各タイプをもれなくセレクト。サイズもフェイスタオル向きからバスタオル用までそろえたので、参考にしてくださいね。

タオルを使うときに

まずは、タオルを使うときにぴったりな商品を5つご紹介します。水に強い商品を選んだので、トイレやキッチン、脱衣所などの水回りで使用したい方は要チェックです。

山崎実業 キッチン タオルハンガーバー ブラック

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(2,722件)

>

商品情報

色 ブラック
材質 バー:スチール(ユニクロメッキ+粉体塗装) フック:スチール(ユニクロメッキ)
商品の寸法 19L x 7W x 4H cm
仕上げタイプ 塗装
ブランド 山崎実業(Yamazaki)

山崎実業のtower キッチン タオルハンガーバーは、キッチンや洗面所などの扉・引き出しに設置できるフックタイプです。レールハンドルタイプの扉にもセットできますよ。厚さが約1.4~2.5cmの扉に対応し、扉と上部との隙間が約5mm以上あれば設置可能。扉の厚みに合わせて伸縮できるうえ、ネジでしっかり固定もできるので安定感も抜群です。

山崎実業 石こうボード壁対応 タオルハンガー

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(40件)

>

商品情報

商品の寸法 36L×5W×6H cm
内寸 約W35×D3.7cm
色 ホワイト
材質 ABS樹脂
仕上げタイプ -
耐荷重 約1.5kg
付属品 石こうボードピンセット×2(取り付けピース×2・クギ×12) 木ネジ×2
ブランド 山崎実業(Yamazaki)

山崎実業の石こうボード壁対応 タオルハンガーは、細めのピンで固定する壁付けタイプです。吸盤が付かない壁紙にもしっかり取り付けられるのに、ピン穴が目立ちにくいのが魅力。付属の木ネジを使えば柱や板壁にも設置できますよ。水に強いプラスチック(ABS樹脂)製なので、洗面所や脱衣所での使用にぴったりです。

LEC すごい吸盤 ステンレス タオル掛け

Amazonカスタマーレビュー

3.5

Amazonカスタマーレビュー

(654件)

>

商品情報

商品の寸法 55L×6.8W×6.2H cm
内寸 26~45cm(干し幅)
色 シルバー
材質 本体=ABS、タオルバー=ステンレス鋼管、吸盤=TPU/PU
仕上げタイプ ポリッシュ
耐荷重 約4kg
付属品 -
ブランド LEC

LECのすごい吸盤 ステンタオル掛けは、干し幅を26~45cmに調節できる吸盤式のタオルハンガー。ボタンをプッシュするだけで、強力ジェル付きの吸盤がざらつく壁やスリガラスにもしっかり密着します(※)。吸着状態を目で確認できるうえ、再度プッシュすれば吸着力が復活するのも魅力的。パイプは18-8ステンレス製なので、濡れたタオルを掛けておくのにも便利ですよ。

※すべてのざらざら壁に密着するわけではありません。

シンプルでスタイリッシュなタオルハンガーがほしい方には、SANEIの角タオル掛け W51-365がおすすめです。素材はステンレス鋼で耐久性も申し分なし。付属のビスでしっかり固定できるので、落下の心配もありません。こちらは横幅36.5cmでフェイスタオルを掛けるのにぴったりですが、スポーツタオル向きの45.7cmサイズやバスタオル向きの61cmサイズも選べますよ。

田窪工業所 ステンレス タオルハンガー HMS-3

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(385件)

>

商品情報

商品の寸法 幅31×奥行2.2×高さ6.8cm
内寸 29.5cm(干し幅)
色 シルバー
材質 ステンレス(パイプ・座金・木ネジ)
仕上げタイプ -
耐荷重 500g
付属品 -
ブランド 田窪工業所

田窪工業所のステンレス タオルハンガー HMS-3は、パイプを壁に付けてコンパクトにまとめられるのが魅力です。使うときは広げて、タオルを3枚まで掛けられますよ。干し幅は29.5cmと短めなので、ハンドタオルにぴったり。二つ折りにすればフェイスタオル用としても使えます。木ネジでしっかり固定できるうえ、ステンレス製なので耐久性も良好です。

タオルを干す時に

続いて、洗濯後のタオルを干すときに便利なタオルハンガーを5つご紹介します。スタンドタイプや物干し竿に掛けられるタイプを集めたので、干す場所や量、使っているタオルの種類に合う商品を探してみてください。

全家協 室内物干し

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(612件)

>

商品情報

商品の寸法 奥行約47×幅81×高さ74cm(使用時) 約奥行6×幅47×高さ81cm(収納時)
内寸 約35cm(干し幅)
色 ホワイト
材質 合金鋼
仕上げタイプ -
耐荷重 1本あたり約350g(※均等に干した場合)
付属品 -
ブランド 全家協(Zenkakyo)

全家協の室内物干し ZB-5005は、フェイスタオルを最大20枚干せるスタンドタイプのタオルハンガーです。たっぷり干せるのにコンパクトに折りたためて、ちょっとした隙間に収納できるのがポイント。約350gと軽量なので家の中の移動もラクにできますよ。洗濯物が落ちにくいように設計されているので、毎日快適に使えるでしょう。

アイリスオーヤマのタオルハンガー TH-86KRは、バスタオルが4枚干せるスタンドタイプ。タオルが乾きやすいように段違い構造で風が通りやすく設計されています。奥のバーは高さが85cmあるので長めのバスタオルも干しやすいでしょう。組み立て式ですが、ドライバー不要で差し込むだけで完成するのもうれしいところです。

天馬 物干し

商品情報

商品の寸法 30D×70W×71H cm
色 マットブラック
材質 本体:スチールパイプ粉体塗装、ハンガー:スチール粉体塗装、樹脂部品:ABS樹脂
耐荷重 7kg(※)※ タオルハンガー:1本あたり 1kg
付属品 -
ブランド 天馬(Tenma)

天馬のバスタオルスタンド PSBK-02は、使いたいときにサッと広げられるスタンドタイプ。バスタオルがたっぷり7枚干せるのに、たたむと奥行き3cmとスリムになりますよ。バスタオルのほかに、枕や衣類、小物の平干しにも便利。マットブラックのおしゃれなカラーも見逃せません。

和平フレイズ バスタオルハンガー

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(424件)

>

商品情報

商品の寸法 46~73×2.8(展開時9)×23.5cm
干し幅 42.5~70cm
色 白×グレー
材質 ポリプロピレン
重量 約184g
耐荷重 -
付属品 -
ブランド 和平フレイズ

和平フレイズのバスタオルハンガー AMJ-0685は、干し幅を42.5~70cmに調節できるハンガータイプの商品。フェイスタオルからバスタオルまでジャストサイズで干せるうえ、クリップ付きで洗濯物の落下も防げます。トレーナーやパーカーといった乾きにくい厚手の衣類も、身頃の間に空間ができるので効率よく乾かせますよ。

レック タオル干し ハンガー

Amazonカスタマーレビュー

3.9

Amazonカスタマーレビュー

(871件)

>

商品情報

商品の寸法 39D x 68W x 29.5H cm
色 ホワイト
材質 ハンガー=鋼線(樹脂コーティング)、支持部=鋼板(樹脂コーティング)・鋼線(クロメート処理)・ポリプロピレン
重量 0.71kg
耐荷重 -
付属品 -
ブランド LEC

LECのタオル干しハンガー W-271は、直径約38mmまでの物干し竿に設置できます。フェイスタオルを20枚まで掛けられて、布おむつを干すのにも好適。使わないときは薄くたためるので隙間にも収納しやすいですよ。サビにくくするために鋼素材のバーを樹脂コーティングしているのもポイントです。

全10商品

おすすめ商品比較表

山崎実業 キッチン タオルハンガーバー ブラック

山崎実業 石こうボード壁対応 タオルハンガー

LEC すごい吸盤 ステンレス タオル掛け

SANEI 角タオル掛け ステンレス製 ビス付き

田窪工業所 ステンレス タオルハンガー HMS-3

全家協 室内物干し

アイリスオーヤマ タオルスタンド ホワイト 4枚分 TH86KR

天馬 物干し

和平フレイズ バスタオルハンガー

レック タオル干し ハンガー

Amazonカスタマーレビュー
4.32,722
4.340
3.5654
4.3242
4.3385
4.3612
3.92,207
-
4.2424
3.9871
最安値
タイムセール
¥1,430-18%
参考価格¥1,744
タイムセール
¥2,209-35%
参考価格¥3,400
タイムセール
¥670-32%
参考価格¥990
タイムセール
¥1,660-22%
参考価格¥2,123
タイムセール
¥1,027-31%
参考価格¥1,480
購入リンク

干す・拭くがより快適になるタオルハンガーを探そう!

今回は、タオルハンガーの選び方のポイントとおすすめ10商品をご紹介しました。手拭きタオルを掛けたり洗ったタオルを干したりと、毎日欠かさず使うアイテムです。

本記事を参考に、自分にぴったり合う商品を手に入れてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

「お家の住み心地レベルアップ!」DIY・ガーデン・スマートホーム用品のおすすめはこちら【Amazonプライムデー2024】

「貼っとけばよかった・・・」にならないように!簡単に貼れて画面をしっかり守るスマホのガラスフィルムがこちら!【Amazonプライムデー2024】

「超便利!」「こんなのあるんだ!」色んな種類の両面テープがAmazonプライムデーでお買い得【17日まで】

「定番こそセールで買おう!」Amazonプライムデーでセール中のニューバランスのスニーカーとサンダル【17日まで】

「もっと早く知りたかった!」「こんなのあったんだ!」話題の生活家電をご紹介【Amazonプライムデー2024】

「超便利!」「もっと早く買えばよかった!」話題のキッチン用品がこちら【Amazonプライムデー2024】

「圧倒的な効率で歯が綺麗に!」お買い得な電動歯ブラシで歯を磨こう!【Amazonプライムセール2024】

「狙ってる人は大注目!」「アレがこんなに安く?!」MacBookがAmazonプライムセールで割引中!【17日まで】

「iPadを買うなら今!」「早い者勝ち!」iPadがAmazonプライムデーでセール価格に【17日まで】

スーツケースがAmazonプライムセールでお買い得!「買うなら今!」「二度見する安さ!」【17日まで】

カテゴリー