この記事で紹介されている商品

【2023年版】家庭用の防犯カメラおすすめ11選!ソーラー付きなどご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

盗難やご近所トラブルの対策にはもちろん、お子様やペットの見守りには「家庭用防犯カメラ」があると安心です。色々な機能がついてるものが販売されていますが、例えばソーラータイプなら給電の手間がなく使えます。今回は家庭用防犯カメラの選び方や機能、おすすめの商品をご紹介。屋内用や屋外用、さまざまなメーカーの商品を紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

防犯カメラを設置して防犯対策しよう

オフィスビルや街中の店舗で見かけることが多い防犯カメラ。近年では犯罪防止や証拠撮影など、防犯対策の一環で家庭に取り付けることも増えています。たとえば、留守中の空き巣や不審者が現れた際に防犯カメラを設置していれば証拠を撮影できるので犯人捜しの手がかりになりますよね。

お子様や高齢の方、ペットなどの見守りに設置する家庭も増えており、外出先からスマホで様子を見たり、カメラとアプリを連動させて音声で会話したりできる機能が付いたものもあります。屋内用と屋外用を選べるので、設置したい場所に合わせた防犯カメラを選びましょう。

防犯カメラの選び方

防犯カメラを設置する際は、屋内と屋外のどちらに取り付けるのかを決めましょう。防犯カメラを設置する目的に合わせて形状を選ぶことも大切です。電源コードやバッテリー式が主流ですが、なかには給電の手間がないソーラータイプもありますよ。

また、高い画素数で360°全方位を確認できる広角カメラなどもあります。夜間撮影や音声録音、ライト点灯など撮影以外の機能にも注目しながら選んでみてください。

1.設置したい場所に合わせて選ぶ

防犯カメラには屋外用と屋内用の2種類があり、設置場所に合わせた形状や機能が付いた商品があります。屋外用なら防犯対策としてあえて目立つ形状や防水機能が付いたもの、屋内用ならインテリアになじむものやスマホと連動していつでも見守れる機能が付いたものが販売されています。設置したい場所に合う防犯カメラを選ぶことで見た目や機能面も含めて防犯性がアップしますよ。

屋外用

屋外用は、玄関先・庭・ガレージなどに設置することを考えて、防塵や防水性能に優れた商品を選ぶのがおすすめです。天候の変化で雨風にさらされる日があっても、「IP65等級以上」のモデルだと安心して使用できるでしょう。あえて目立ちやすいデザインにすることで防犯抑止にも繋がりやすくなります。暗視性能や動作検知機能が付いたものや、充電しにくい場所の設置にはソーラー機能を搭載したモデルがおすすめです。

屋内用

屋内用は、空間内に設置することを前提としているため防水機能が付いていないものがほとんど。また、デザイン性に優れたものが多く、部屋になじんでインテリアの雰囲気を邪魔せずに防犯対策が行えるといった魅力もありますよ。カメラとスマホを連携することで「双方向通話機能」が付いているモデルもあり、お子様や高齢の方、ペットなどの見守りに活用できるところも特徴です。

2.目的に合わせて本体の形状を選ぶ

防犯カメラの本体の形状は、ドーム型・ボックス型・バレット型の3種類が主です。ドーム型は小さめで目立ちにくく威圧感や圧迫感もないため、屋内の設置におすすめです。また、オフィスビルや商業施設のデパートなどにも使われています。

ボックス型は四角い形状でバレット型は砲弾のような形状をしているのが特徴です。人通りが少ない屋外に適しており、存在感があって目立つため、取り付けるだけで不審者の目に付きやすく、犯罪抑止効果が期待できるでしょう。防犯カメラは録画するだけでなく、見た目からも防犯に繋がるため、目的に合わせた形状を選ぶことが大切です。

3.画素数をチェックしよう

防犯カメラを選ぶ際は、画素数をチェックして画質のよさも見極めましょう。防犯カメラを設置したところで、画質がよくないと不審者の顔や服装などの特徴を確認できないことも。画素数が高いほど鮮明に記録できるようになっていますよ。ただし、高画質になるとデータ量が増えて遅延が発生する可能性があります。遅延が気になる方は、画素数を抑えたモデルを選ぶのがおすすめです。  

4.給電方法をチェックしよう

防犯カメラの給電方法は、電源コード式とバッテリー式の2種類があります。電源コード式は、コードをしっかり差してあれば常に給電されるので録画のミスが少ないというメリットがあります。ただし、断線や停電時は記録できず、コンセントを確保しなければならないため設置場所が限られてしまいます。

また、屋外でコンセントの確保が難しい場合はバッテリー式がおすすめです。バッテリーが切れた際に充電する手間はかかりますが、場所を選ばずに自由に設置できますよ。防犯カメラのなかには太陽エネルギーを利用したソーラー給電もあり、充電の手間もかかりません。ソーラーパネルを設置する必要があるためややコストがかかるということも理解しておきましょう。

5.防犯性能をアップさせる付加機能に注目

防犯カメラは撮影するだけでなく、防犯性能をアップさせる付加機能にも注目しながら選びましょう。「夜間撮影機能」や「赤外線撮影機能」は暗いなかでも表情や服装を鮮明に記録できます。

カメラとスマホを連携させる機能が付いたものであれば、「動体検知機能」で不審者を感知した際にスマホに通知が届くので音声を使った威嚇も可能。外出先からも自宅の様子が見られるため異常に早く気付けるでしょう。「双方向通話機能」で声掛けを行えるなどさまざまな付加機能があるので目的に合わせた機能をチェックしましょう。

6.広角レンズなら死角を減らせる

防犯カメラの死角を少しでも減らしたい場合は、広い角度で撮影できる広角レンズを搭載したモデルがおすすめです。メーカーにもよりますが、60~100°の画角があり、カメラが1台しかないときでも広範囲の撮影が行えます。

また、防犯カメラのなかには135°の広角レンズを搭載したものもあり、広範囲を1台のカメラでカバーできるため、防犯カメラの台数を少なく済ませたい際にも助かりますよ。広範囲を撮影することにより人物が小さくなってしまう可能性もありますが、一部始終の様子をすべて撮影できるので使うメリットの方が大きいといえるでしょう。

7.データはクラウド保存が安心

防犯カメラの記録にはさまざまな録画方法があるのでどれがよいか迷いますよね。そんなときは「クラウド保存」できるものがおすすめです。クラウド上に撮影した映像を保存するため、スマホやパソコンを使っていつでもネット上から確認が行えます。SDカードのように盗まれる心配がなくデータを失くす心配もありません。

クラウド保存を利用するためには毎月の維持費が必要ですが、安心性を考慮するならクラウド保存を選ぶのがベスト。複数店舗がある事業者や遠隔で映像を確認したいという事業者などからもニーズが高いネットワークカメラですよ。

防犯カメラのおすすめ11選!

ここからは、防犯カメラのおすすめ商品11選をご紹介します。多くのモデルのなかから特におすすめしたい屋外用と屋内用の防犯カメラをピックアップ。画素数や給電方法、撮影できる範囲なども考慮しながら目的に合う防犯カメラを見つけてみてください。また、データの保存方法にも注目して安心できるものを探しましょう。

屋外用防犯カメラ6選

屋外用の防犯カメラのおすすめ商品6選をご紹介します。屋外用の防犯カメラはボックス型とバレット型が主流です。比較的大きめなサイズで圧迫感や威圧感があるため、取り付けるだけで不審者への威嚇にも繋がるでしょう。

PR
TP-Link WiFi ネットワークカメラ TC65

商品情報

ブランド TP-Link
モデル名 Tapo TC65
接続技術 無線
特徴 暗視 , モーションセンサー
屋内/屋外使用 屋外用

300万画素で記録できる防犯カメラで、有線と無線接続を選択することができます。カメラが動きを検知したらアプリに通知を送ったり、ライトと効果音を使って不審者に警告を出したりと機能面も充実しています。内蔵マイクとスピーカーを使用した音声会話も可能です。夜間でも最長30mまで撮影でき、IP66防水で雨の日の記録も心配ないでしょう。

PR
ieGeek 防犯カメラ 強化版300万ジュアルライト

商品情報

ブランド ieGeek
モデル名 5MPメンテナンスフリー ZS-GX4S
接続技術 無線
特徴 PTZテクノロ, モーションセンサー
屋内/屋外使用 屋外用

2K・3MPの高画質記録が可能で、ソーラーとUSBのダブル給電機能を搭載した防犯カメラです。低消費電力技術により、ソーラーパネルをフル充電すれば4ヶ月と長持ちするのも特徴。360°全方位を監視でき、人体を感知した場合はスマホに通知するほか、自動で録画する機能も付いています。LEDも内蔵しており、音声で声掛けも可能です。

PR
ネットワークカメラ ATOM Cam 2

商品情報

商品の推奨用途 保安,ベビーモニター,モニタリング
モデル名 ATOM Cam 2
接続技術 赤外線
特徴 防水・防塵
屋内/屋外使用 インドア, 屋外用
対応デバイス タブレット, スマートフォン

1080Pの高解像度で拡大してもボヤけることなく、細部まではっきり見やすくなっています。カラーナイトビジョン機能搭載で、夜間でも昼間のようなカラー映像で外の景色を確認できます。マルチアングルスタンドで最適な撮影角度を固定でき、AIが動きを感知してくれます。IP67の完全防水機能が付いているので天候を気にせず使用できるでしょう。

PR
GALAYOU 屋外防犯監視カメラ

商品情報

ブランド GALAYOU
モデル名 Y1
接続技術 無線
特徴 双方向オーディオ, 暗視, HD解像度, モーションセンサー
屋内/屋外使用 屋外用

2K・300万画素の高画質により鮮やかな記録が可能。暗視撮影もクリアな映像を撮影できます。365日24時間上書き保存しながら常時録画ができ、外出先からでもスマホで記録を見られるのもポイント。不審な動体検知をスマホに通知する機能やサイレンで不審者に警告する機能も付いています。軽量なので取り付けも簡単です。

PR
パナソニック モニター付き屋外カメラ VS-HC105-W

商品情報

ブランド パナソニック
接続技術 無線
特徴 暗視, モーションセンサー
屋内/屋外使用 屋外用

カメラとモニターの配線工事やネット接続などの設定が不要。センサーが反応する約1秒前から録画してくれる「検知前録画機能」により撮り逃しを防ぐのもポイントです。動作検知と熱人感センサー、マイクを通じた音声会話、ナイトモードの使用で夜間でも外の様子を確認できる機能も搭載。電源ONで直ぐに使えますよ。

PR
SwitchBot 防犯カメラ ソーラーパネル付き

商品情報

ブランド スイッチボット(SwitchBot)
モデル名 W2802002
接続技術 無線
特徴 暗視, モーションセンサー
屋内/屋外使用 屋外用

ソーラー充電式でWi-Fi通信が可能になっているため、配線不要でどんな場所でも取り付けられ、連続給電の手間がないところも特徴です。日当たりのよい正午に1時間充電すると最長1週間待機可能なほか、雨や曇りの日が続いても90日間長持ちします。AIが動体検知しスマホに通知する機能も付いています。

屋内用防犯カメラ5選

屋内用の防犯カメラのおすすめ商品5選をご紹介します。小さめサイズで目立ちにくいので、インテリアの邪魔をしないのも特徴です。リビングや子ども部屋、寝室などの設置におすすめで、お子様や高齢の方、ペットなどの様子を外出先からでも見られるので安心できますよ。

PR
TP-Link ネットワークWi-Fiカメラ Tapo C200

商品情報

商品の推奨用途 ペット,屋内
モデル名 ‎Tapo C200
接続技術 Wi-Fi
特徴 モーションセンサー
屋内/屋外使用 インドア
対応デバイス スマートフォン

1080pの高画質で細かく録画する防犯カメラ。水平に360º・垂直に114ºの首振りができ、ペットの見守りにも向いています。動作検知機能を搭載しており、動きを検知するとアプリに通知。また、不審人物が映った際にはアラームとライトで警告できます。マイクとスピーカーを内蔵しているので、アプリ画面での会話も可能です。

PR
パナソニック スマ@ホーム KX-HRC100-K

商品情報

商品の推奨用途 暗視
ブランド パナソニック(Panasonic)
モデル名 スマ@ホーム
接続技術 無線
特徴 双方向オーディオ
屋内/屋外使用 インドア
対応デバイス スマートフォン

200万画素の広角レンズを使い空間の様子を広々と確認できる防犯カメラです。きれいな画像でペットやお子様などを見守る際にもおすすめ。カメラが水平に動くので広い部屋でも様子を記録可能なほか、動作・温度・音を検知したらスマートフォンに通知される機能もついています。センサー範囲を自由に設定することもできます。

PR
Imou 防犯カメラ Rex 4MP

商品情報

商品の推奨用途 ホームセキュリティ, 赤ちゃんの見守り
モデル名 Rex 4MP
接続技術 無線
特徴 暗視, モーションセンサー
屋内/屋外使用 インドア
対応デバイス スマートフォン

元データにアクセス

400万画素の高品質な画像を確認できます。広い視野での撮影が可能で、回転することによって空間の隅々まで確認ることができます。離れた場所からでもスマホを使って会話できるのでお子様の見守りにもおすすめです。また、不審者を検知したときは自動録画しスマホに通知するほか、サイレンで威嚇することも可能です。

PR
Galayou G2 ネットワークカメラ

商品情報

商品の推奨用途 ペットの監視, 老人高齢者の見守り, 屋内用セキュリティ, 子供の見守り, 赤ちゃんの見守り
接続技術 無線, 2.4Ghzのwifi
特徴 双方向オーディオ, 24時間録画, 暗視, 自動追尾機能, PTZテクノロジー, 動体警報通知(事前設定)

300万画素で360°高視野で確認できる防犯カメラ。水平に355°・垂直に52°でカメラが回転し、アプリを通してさまざまな角度から見ることができます。また、インテリジェント追跡機能により自動追尾が可能。離れていてもリアルタイムで双方向の通話もでき、昼夜を問わず鮮明な画像で24時間監視してくれますよ。

PR
Ring Indoor Cam 第2世代

商品情報

サイズ:4.9 cm x 4.9 cm x 9.6 cm (ジョイントおよびマウント部を含む)
ビデオ:1080p HDビデオ、カラーナイトビジョン
モーション検知:カスタマイズ可能なモーション設定
視野角:対角143°、水平115°、垂直59°

1080pの高画質でクリアに記録でき、平置きや天井、壁などさまざまな場所に取り付けられるのも特徴です。外出先でもスマホを通して見る・聞く・話せるところもポイント。シーンによってプライバシーを守る映像オフ・音声ミュートカバー付きなのもうれしいですね。ホワイトとブラックの2色から選べます。

目的に合う防犯カメラで防犯対策しよう

防犯カメラは、万が一トラブルが起きた際に証拠となる映像を残しておくことができます。また、お子様や高齢者を外出先からでも見守れて安心ですよ。目的に応じて形状や機能を選び、安心して過ごすための防犯対策を行いましょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のカメラカテゴリー

新着記事

カテゴリー