この記事で紹介されている商品

安い焚き火台のおすすめ18選!ソロキャンプ用や軽量タイプなど人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

焚き火はキャンプの魅力のひとつですが、近年では直火禁止のキャンプ場が増えているため「焚き火台」は欠かせないものになっています。 安い商品は軽量でコンパクトなタイプが多いので、ソロキャンプ用や初期投資を抑えたい初心者の方にもぴったりですよ。この記事では、安い焚き火台の選び方やおすすめ商品をご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

焚き火台とは

焚き火台とは、薪を入れて焚き火を楽しむための台のことです。 網や鉄板を設置すれば、焚き火だけでなく調理ができるタイプもあります。以前のキャンプ場は地面がむき出しのところが多く、焚き火は直火で行われることが常識とされていました。 しかし、近年は芝生が整えられているキャンプ場が多いため、芝生を傷めてしまうことや環境を保全することを理由に、ほとんどのキャンプ場で直火が禁止されています。 また、山火事の原因として焚き火が3割程度をしめていることも、直火を禁止している場所が多い理由のひとつです。そのため、焚き火台はキャンプには欠かせないアイテムとなっています。

焚き火台の選び方

焚き火台を選ぶ際には、「人数に合わせたサイズ」「収納性」「調理可能かどうか」などのポイントに注目することが大切です。ソロキャンプ用や軽量で持ち運びしやすい焚き火台の選び方について、詳しく解説します。

1.人数に合わせてサイズで選ぶ

焚き火台は大きすぎたり小さすぎたりすると、焚き火台の機能が十分に発揮できなくなる可能性もあるため、使用する人数に合ったサイズを選ぶことが重要です。 商品の詳細に「1~2人用」「2~3人用」など、目安人数が記載されていることも多くあります。ソロキャンプで使用するなら、直径30cm程度で重量1kg程度と、コンパクトなタイプを選ぶのがおすすめですよ。

2.収納性で選ぶ

キャンプでは多くのアイテムが必要なため、焚き火台の収納性にもこだわりたいものです。折りたたんで小さくまとまるものなら、荷物が少なくなり気軽に持ち運びできますよ。 公式ホームページや商品詳細などを見て、焚き火台を使用するときの大きさや収納時のサイズもチェックしておいてくださいね。また、専用の収納袋がセットになっているものは、ぴったり収納できるので利便性が高くなりますよ。

3.調理可能かどうかで選ぶ

焚き火台は焚き火に特化したものと、調理もできるタイプに分かれます。そのため、焚き火だけを楽しむために使用したいのか、食事も重視しているかによって、適した焚き火台を選ぶようにしましょう。 また、調理ができるタイプでも焼き網やグリルプレートがセットになっているものと、別途に購入しなければならないものがあるので、初心者の方にはセットがおすすめです。

おすすめの安い焚き火台18選

ここからは、おすすめの安い焚き火台をタイプ別に分類してご紹介します。「メッシュタイプ」「調理可能タイプ」「コンパクトタイプ」は、5,000円前後の手軽に購入できる焚き火台を厳選しました。 また、初心者の方におすすめの「セットアイテム付きタイプ」もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

軽量!シンプルなメッシュタイプ4選

メッシュタイプの焚き火台は、焚き火に特化したアイテムです。ステンレス繊維でできたメッシュシートを、脚フレームに取り付けて使用するシンプルな構造になっています。小さく折りたたみできて収納性が高く軽量なので、焚き火を楽しむことを目的としたソロキャンプにも便利ですよ。 火起こしは空気の通りやすさが重要なポイントですが、メッシュシートなら下からの空気も取り込みやすいのが特徴です。おすすめの安いメッシュタイプの焚き火台を4選ご紹介します。

ロゴス(LOGOS) ROSY メッシュファイヤーピット

PR
ロゴス(LOGOS) ROSY メッシュファイヤーピット 81064060

商品情報

総重量:(約)700g
サイズ:(約)43×43×25.5cm
収納サイズ:(約)63×10×10cm
主素材:スチール、ステンレス、アルミニウム
広げて差し込むだけ! 超簡単焚火台
コンパクトな筒型収納
ステンレスメッシュが傷んで来れば、取り換える事ができます

パーツを広げて脚フレームに差し込むだけで、簡単に組み立てられる焚き火台です。下からの空気をしっかり取り込みながら、薪と灰をしっかりキャッチしてくれますよ。 脚の部分は取り外せて、専用の筒型収納袋にコンパクトに収納できるので、場所を取らず持ち運びしやすいです。重量は約700gと軽量なのもうれしいポイントですね。

NANGOGEAR(南湖ギア)ソログリル

PR
NANGOGEAR(南湖ギア)ソログリル SOLO-101 11103

商品情報

総重量:0.9kg
収納時サイズ:(約)φ100×長さ240mm
完成時サイズ:(約)幅41.5×奥行41.5×高さ28.5cm
材質:オールステンレス
特徴:①収納時のコンパクトさを重視ならの3分割式のスタンドです。
特徴:②オールステンレス製である為、従来品の足ゴム部が熱で溶けてしまう問題が解消されました。
特徴:③高さを29cmまでに低くしたロースタイル構造、トライポッド及び市販多くの焚き火スタンドと併用出来るようになりました。

0.36mmの細かい網目のメッシュシートで、空気は通しつつ炭の燃えくずを通さない仕様になっています。3分割式のスタンドで、収納時は幅10cm×長さ24cmとコンパクトに収まるので、収納性を重視している方におすすめです。 完成時は高さ約29cmのロースタイル構造で、市販のトライポットや焚き火スタンドの併用も可能ですよ。

BUNDOK(バンドック) 焚火スタンド ハンディ

PR
BUNDOK(バンドック) 焚火スタンド ハンディ BD-480

商品情報

サイズ(約)/W41xD41xH34.5cm
収納時サイズ(約)/W44xD7xH7cm
材 質/メッシュ:ステンレス・フレーム:ステンレス
組み立て式・折りたたみ式・収納ケース付
重 量(約)/1.0kg
生産国/中国

BUNDOKは安くて便利なアウトドアギアを多く取り扱っており、バイカーの方にも人気のアウトドアブランドです。こちらの焚き火台は、脚フレームを取り外し、メッシュシートを巻いてたためる収納性とコスパよさが魅力ですよ。付属の収納袋には肩掛けベルトが付いているので、荷物を持ち運びするときにも便利ですね。

キャンピングムーン(CAMPING MOON) B4型ソログリル SOLO-202

PR
キャンピングムーン(CAMPING MOON) B4型ソログリル SOLO-202 B093SR2KSH

商品情報

収納サイズ(収納ケース):約285×375mm
組立サイズ(完成時):高さ28.5cm、横31cm×縦31cm
重さ: 約0.9kg(ケース込み時約1.05kg)
材質:ステンレス鋼304
付属品:帆布製収納ケース

グリルブリッジとゴトクがセットになり、調理も可能なメッシュシートタイプの焚き火台です。火床とゴトクとの距離は2段階で調整可能で、強火と弱火の使い分けもできますよ。 脚フレームは歪みを抑えるブレース構造になっており、重いものを乗せても横揺れしにくく安定感があります。B4サイズの広々としたファイアスペースには、約35cm前後の市販の薪をそのまま置くことも可能です。

一台二役!調理可能タイプ4選

ここからは、1~3人のキャンプに活躍する調理可能なタイプの焚き火台をご紹介します。焚き火と調理の両方の用途に対応する焚き火台は、焼き網がセットになっているものも多くあり、バーキューを気軽に楽しむことができますよ。一台二役の便利な焚き火台を探している方は、ぜひチェックしておいてくださいね。

Alpine DESIGN(アルパインデザイン) クイックイージーステンレス焚き火台

PR
Alpine DESIGN(アルパインデザイン) クイックイージーステンレス焚き火台 AD-S21-015-005

商品情報

■本体/ステンレス鋼、脚部/スチール(クロムメッキ)、トレー/ステンレス鋼、焼き網/ステンレス綱
ブランド Alpine DESIGN(アルパインデザイン)
商品の重量 3.8 キログラム

角型の焼き網が付いた焚き火台で、調理と焚き火の両方が楽しめます。耐荷重は約10kgなので、焼き網の上でのダッチオーブンの調理にも対応可能です。焚き火台の下に設置する灰受けトレーもセットになっているので、焚き火シートのみを使用した場合よりも火の粉や灰から地面を守りやすく、環境にもやさしいですよ。

Montagna(モンターナ) 焼き網付きポータブル焚き火&グリル

PR
Montagna(モンターナ) 焼き網付きポータブル焚き火&グリル HAC3162

商品情報

サイズ(約):シェル+フレーム組立時/W38.5×D25.5×H26.5cm、スピット小/W4.7×D28×H0.4cm、スピット大/W6.7×D28×H0.4cm、焼き網/W30×D20×H0.3cm、収納時/W31.5×D1.5×H22.5cm、重量:約785g
素材・材質:ステンレス(シェル、フレーム、スピット)、鉄(焼き網)、ポリエステル(収納袋)
耐荷重:約6kg

燃焼効率を上げるために、風通しをよくする工夫が施された形状の焚き火台です。付属の焼き網を使用してバーベキューをしたり、スキレットやケトルを置いてグリル台として使用したりもできます。シェルはフラットになるため、分解すればA4サイズの収納袋でコンパクトに収納可能です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ヘキサ ステンレスファイアグリル M

PR
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ヘキサ ステンレスファイアグリル M UG-70

商品情報

組立サイズ:(約)幅300×奥行265×高さ220mm
収納サイズ:(約)幅350×奥行330×高さ55mm
製品重量:(約)1.8kg
セット内容:本体×1、スタンド×1、底板×1、目皿×1、バーベキュー網(285×255mm)×1、バッグ×1
材質:本体・ロゴプレート/ステンレス鋼(焼付塗装)、底板/ステンレス鋼、バーベキュー網・スタンド/鉄(クロムめっき)、目皿/鉄(粉体塗装)

六角形のフォルムをした焚き火台は、付属の焼き網を設置して調理したり、取り外して焚き火をしたりするときも、周りを囲みやすく数人でのキャンプにも対応しやすいタイプです。 バランスがよく安定感のある形状で、ダッチオーブンの調理にも使用しやすいですよ。部品はすべてフラットになるので、トートバックタイプの収納袋に収納できます。

BUNDOK(バンドック) 焚き火グリル24

PR
BUNDOK(バンドック) 焚き火グリル24 BD-404

商品情報

サイズ:約260x290x180mm
収納時サイズ:約270×205×35mm
重量:約1.38kg
折りたたみ式
材質:ステンレス鋼・スチール
組立式
付属品:収納ケース
生産国:中国

焚き火と調理の用途に合わせて、火床を2段階で調整できる焚き火台です。薪を落としにくいアームが付いているので、長い薪もそのまま使用できます。焼き網は2枚セットになっており、さまざまな調理に対応可能です。 多用途に使えて便利な焚き火台で、収納時はA4サイズよりも小さい収納ケースに収まるので、ソロキャンプに活躍しますよ。

ソロキャンプにも!コンパクトタイプ8選

バイクや電車での移動やソロキャンプを行う際には、できるだけ荷物を最小限に抑えたいもの。焚き火台もなるべくコンパクトに収納できて、軽量なタイプを選びたいですよね。 そこでここからは、コンパクトタイプの中から厳選したおすすめ安い焚き火台をご紹介します。焚き火に特化したものから調理も可能なものまで、さまざまなタイプをピックアップしているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ロゴス(LOGOS) miniたき火コンロ

PR
ロゴス(LOGOS) miniたき火コンロ 81062820

商品情報

総重量:(約)240g
サイズ:[組立時](約)幅15.3×奥行15.3×高さ10.6cm [焼網](約)幅13.7×奥行13.7cm 収納サイズ:(約)幅15.3×奥行15.3×高さ9.6cm
構成:グリル本体、ストレート網、ロストル、収納袋 主素材:ステンレス
ソロキャンプをより楽しくするミニグリル兼たき火台。

直径約15cmで、重さは約240gの手のひらサイズの焚き火台です。枝や松ぼっくりなどで焚き火をしたり、炭火を使って調理したりと、小さくてもソロキャンプを十分満喫できますよ。 三脚スタンドは折りたたみ式で、よりコンパクトに収納可能です。また、別売りのひとり羽釜土鍋がぴったりはまるサイズになっており、組み合わせれば釜飯も楽しめますよ。

ロゴス(LOGOS) LOGOS BOOKグリル

PR
ロゴス(LOGOS) LOGOS BOOKグリル 81063151

商品情報

総重量:(約)1.1kgサイズ:(約)15×15×16.5cm収納サイズ:(約)20.5×19.5×4.5cm
主素材:ステンレス、スチール
携帯できるKAMADO登場!
火床の四側面を囲ったクローズドスタイルだから高い火力で調理できます。
一面をOPENにして使用する事もできます
ブック型収納ポーチ付き

四角柱型の焚き火台で、収納時はブック型の収納ポーチに収まるコンパクトサイズです。火床の四方が囲まれているので、熱を外に逃がしにくく高火力で調理できますよ。サイドパネルを1枚開放状態にすれば、グリルを使用中に火力を調節することも可能です。 付属のゴトクは四角い面で鍋をしっかり支えるため、ダッチオーブンの調理にも対応しています。別売りの焼き網を使えば、バーベキューも楽しめますよ。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ソロライトグリル

PR
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ソロライトグリル UG-93

商品情報

組立サイズ:(約)幅415×奥行240×高さ230mm
収納サイズ:(約)幅380×奥行300×厚さ20mm(バッグ収納時)
製品重量:(約)950g
ゴトク耐荷重:2kg(ゴトク1個につき1kg)、セット内容:フレーム×2、固定バー×2、本体×2、ゴトク×2、収納バッグ×1
材質:本体・フレーム・ゴトク/ステンレス鋼、原産国:中国

コンパクトながら40cmの薪も切らずに乗せられるので、薪割りの手間がかからない焚き火台です。付属の2枚のゴトクは、好きな位置にスライドしたり、高さを3段階に変えられたりと料理に合わせて自由に調節できますよ。 組み立てにはネジを一切使用しないので、設置も片付けも簡単に行えます。焚き火台を収納できる専用のバッグは、L型ファスナーで出し入れしやいのもうれしいポイントですね。

NANGOGEAR(南湖ギア) ソログリル

PR
NANGOGEAR(南湖ギア) ソログリル SOLO-202-JS 11104

商品情報

▶本体サイズ 収納時:(約)幅32.5cm×縦27cm×厚み2.5cm | ▶本体サイズ完成時:(約)横31.5cm×縦31.5cmx高さ28.5cm
▶重量: 1.65Kg(ゴトク、収納ケース含む) | ▶商品内容:ファイヤーピット、ゴトク(ハードタイプ)、ゴトク(アミタイプ)、帆布ケース
▶材質:SUS304 | ▶静止耐荷重:約10kg

メッシュシートタイプで設置が簡単な焚き火台ですが、アミタイプとハードタイプの2つのゴトクが付いており、焼き物と煮物を同時に調理することもできます。ゴトクの高さは2段階に変えられて、下段で焼いたものを上段で保温するという使い方も可能です。 メッシュシートは空気を取り込みやすい仕様になっており、燃焼効率がいいため炎も立ち上がりやすく、夜には焚き火を楽しめますよ。

ソト(SOTO) ミニ焚き火台 ヘキサ

PR
ソト(SOTO) ミニ焚き火台 ヘキサ ST-942

商品情報

本体サイズ:幅15.5×奥行15.5×高さ7.9cm
本体重量:約235g
材質:ステンレス
セット内容:側面板6枚、ロストル1枚、底板1枚、収納ケース

六角形の底面に特殊な形状をした6枚の側面を組み合わせて作る焚き火台です。付属の焼き網を使用すれば焼き料理ができ、別売りのシェラカップをコンロの上に乗せればお湯を沸かせます。 焚き火や炭火以外にも、固形燃料やアルコールストーブを使って調理することもできますよ。すべてフラットに収納できるため、収納時の厚みが少なく、パッグの隙間に入れられるので便利です。

NOBOX(ノーボックス) ノーボックスフラットストーブ

PR
NOBOX(ノーボックス) ノーボックスフラットストーブ 20237010000000

商品情報

材質 本体素材:亜鉛メッキコーティングされたステンレス鋼
ブランド NOBOX
燃料タイプ 木炭

三脚のようなデザインの焚き火台で、スキレットやダッチオーブンなど鋳鉄製で重い調理器具にも耐えられる設計です。薪や石炭、木くずなどのペレットを使って火起こしできるため、燃料の容器を自宅で保管する必要もありません。シンプルな作りになっているので、約1分程度で組み立てられますよ。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステンレス イージーファイアベース

PR
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステンレス イージーファイアベース UG-6

商品情報

原産国:中国
製品サイズ:(約)使用サイズ最大時/外径260×高さ75mm、収納サイズ/外径170×高さ50mm
製品重量:(約)200g
材質:ステンレス鋼

スライド式で大皿のような形状の焚き火に特化したタイプで、浅型と深型に変形できるので用途に合わせて火力調整をすることも可能です。脚は取り外せるので、収納時は外径17cm高さ5cmとコンパクトに収まりますよ。 別売りのグリルスタンドやグリルプレートと組み合わせれば、簡易コンロとして調理に使用することも可能です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) カマド スマート ストーブ デルタ

PR
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) カマド スマート ストーブ デルタ UG-46

商品情報

セット内容:フロントプレート 1、サイドプレート 2、底板 1、フロントパネル 1、収納袋 1
サイズ:組立時/幅17 奥行15 高さ14.5cm、収納時(袋):幅18 奥行20 厚さ1.5cm
仕様:重量:約 290g
素材・材質:表・側板・底板・前板=ステンレス鋼 収納袋=ポリエステル

底板に正面板と側面板を組み合わせて、三角錐に近い形状をした焚き火台は、煙突効果を利用しているので熱効率に優れています。フロントパネルを薪用トレーにすれば焚き火台に、フロントパネルを閉じて火力を高めれば、シェラカップや小型クッカーを使った調理もできます。 部品が少なく、ネジを使用しないので、組み立ても分解も簡単です。薄型で邪魔になりにくく、ソロキャンプにも活用しやすいですよ。

初心者にも!セットアイテム付きタイプ2選

これからキャンプを始めたいという初心者の方には、焚き火台と周辺アイテムがセットになったものを購入するのもおすすめです。焚き火をするのに必要なものやあると便利なものなどがセットになっているので、単品で揃えるよりもお得になる場合も多いですよ。 ここからは、セットアイテム付きの焚き火台セットを2つご紹介します。

TRAN(トラン) 焚き火台セット

PR
TRAN(トラン) 焚き火台セット N035-a-ortega

商品情報

こちらのセットにはオルテガ柄収納袋が付属されます。【組み立て時間わずか30秒!】焚き火もバーベキューもこれ1台でOK!

焚き火台と焚き火シート、耐熱グローブにオルテガ柄の収納袋のセットです。通常焚き火台を使用する際には、地面を傷めないように焚き火シートを使用する必要があります。そのため、焚き火台を単品で購入した際には、焚き火シートも購入しなければなりません。 また、薪をくべるときには耐熱グローブも必要になるため、セットになっているとそれぞれ探す手間が省けて便利です。焚き火シートには専用収納袋が付いていて、ペグを一緒に収納できますよ。

ガオバブ(Gaobabu) 本格的焚き火オールインワンお得セット

PR
ガオバブ(Gaobabu) 本格的焚き火オールインワンお得セット 001-gset22

商品情報

セット内容:Gaobabuコンパクトメッシュ焚き火台(火吹き棒付き)、Gaobabu杉薪(約5kg)、焚き火シート(耐熱グラスファイバー78cm×57cm)、スタンドロースター(焼き網)、軍手、火バサミ、マグネシウム火打石、麻綿、肉挟みミニトング

マグネシウム火打ち石や麻綿、火吹き棒や軍手などの火起こしに役立つアイテムや、焚き火シートや火バサミなどの焚き火に必要なアイテムがすべて揃ったセットです。必要なものはすべて揃っており、このセットがあればすぐに本格的な焚き火が楽しめますよ。 さらに、焼き網やミニトングも付属しているので、調理やバーベキューに必要なアイテムもこのセットだけで揃えられます。焚き火台にはタレや薬味を入れられるプレートが付いていて、お皿を持たずに食べられるのも便利なポイントです。

焚き火をする時の注意点

焚き火をする際には、以下の項目に注意をしてくださいね。 ・キャンプ場によってルールが異なる為、事前にルールを確認しましょう ・安定した平らな所に設置して焚き火をしましょう ・焚き火シートを使用しましょう ・風向きや頭上の障害物に注意して焚き火をしましょう ・消火できるものを用意しましょう ・焚き火で使用したゴミなどは各キャンプ場のルールに沿って対応しましょう

安い焚き火台で手軽に焚き火を始めてみよう

安い焚き火台でも、コンパクトで扱いやすいタイプが豊富にあります。焚き火に特化したメッシュシートタイプや調理も可能なタイプなど、種類はさまざまなので、用途に合ったタイプを選ぶことが大切です。 これからアイテムを揃えたいと思っている初心者の方には、焚き火に必要なアイテムがセットになっている商品もおすすめですよ。ぜひご紹介した内容を参考にしていただき、ご自宅にぴったりな焚き火台を探してみてくださいね。

※製品画像はAmazon/楽天より

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー