この記事で紹介されている商品

バーベキューと兼用できる焚き火台のおすすめ12選!ソロキャンプ用やファミリータイプなど人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

バーベキューと焚き火を1台で楽しめる「バーベキューコンロ兼用の焚き火台」。大勢で囲めるファミリーサイズのものからソロキャンプ向けまで、さまざまなサイズのものが販売されています。そこで今回はバーベキュー兼用焚き火台の選び方やおすすめアイテムをご紹介。購入を検討している方はぜひチェックしてみてください!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

バーベキュー兼用焚き火台を使うメリット

自然の中でおいしいバーベキューを楽しんだあとは、焚き火を囲んでゆっくりくつろぎたいという方も多いのではないでしょうか。

キャンプ場にバーベキューコンロと焚き火台の2つを持って行くのは大変ですが、バーベキュー兼用焚き火台なら1台で済みます。

一般的な焚き火台と違い、調理のための網や五徳を載せやすい構造になっていて、付属品としてあらかじめ網や五徳、トング、鉄板が付いているモデルも多くあります。購入後そのままキャンプ場へ持ち込んで使えるのも嬉しいポイント。

バーベキュー兼用焚き火台は、炭を使って調理できるモデルが多いのも特徴です。初めに軽く焚き火を楽しみ、途中で炭を投入してバーベキューをし、食事後に再び焚き火に戻すことも可能。面倒な炭起こしも簡単にできるのがよいですね。

バーベキュー兼用焚き火台を選ぶポイント

「バーベキューと焚き火を1台で楽しみたい」という方におすすめのバーベキュー兼用焚き火台。いざ購入しようと思っても、ネットショップではいろいろな種類の焚き火台が販売されているのでどれを選ぶか迷ってしまいますよね。

そこでここからは、バーベキュー兼用焚き火台を選ぶ際にチェックしておきたい5つのポイントをご紹介します。

  • 1.サイズ 
  • 2.浅型か深型か 
  • 3.作りたい料理や機能性 
  • 4.オプションの豊富さ 
  • 5.耐荷重

各ポイントについて詳しく解説していきます。

1.人数に合わせてサイズを選ぶ

バーベキュー兼用焚き火台を購入する際は、使う人数に合わせたサイズ選びも重要です。

ソロキャンプやバイクツーリングなど1~2人で使用する場合はSサイズ(幅30~40cm程度)の焚き火台がおすすめ。1~2人分の調理に十分な広さがあり、コンパクトになるので持ち運びしやすいのも魅力です。

2~3人で使うならMサイズ、4人以上なら幅40cm以上の大きめのものを選びましょう。人数が増えると一度に調理する量も増えるので、調理スペースが広い方がスムーズに作業できます。バーベキュー兼用焚き火台のパッケージに推奨人数が記載されている場合は、それを参考に選んでくださいね。

なお、焚き火に使用する市販の薪は30~40cmのものがほとんど。薪割りの手間を省きたい場合は、薪よりひと回り大きいサイズのバーベキュー兼用焚き火台が必要になります。

2.形状で選ぶ!浅型or深型

バーベキュー兼用焚き火台の形状は「浅型」と「深型」の2種類があります。

浅型は、火加減を調整しやすく、炎を眺めてゆったりくつろぎたい派の方におすすめ。上部と火床の距離が近いため、食材に火が通りやすい点も魅力です。深さがない分、風の影響を受けやすく、火の粉や灰が舞い上がりやすいのはデメリットといえます。

深型は、鍋などを使ってじっくり調理したい方にぴったり。深さがある分だけ薪や炭をたくさん入れられるので、大火力で料理を作れます。風の影響を受けにくく、火の粉や灰が舞い上がりにくいのも嬉しいポイント。浅型に比べ、薪や炭の継ぎ足しがしにくいのはデメリットです。

3.作りたい料理に合わせて!機能性で選ぶ

バーベキュー兼用焚き火台を選ぶ際には、どんな料理を作りたいかをイメージすることも大切です。

バーベキューのような串焼き料理をしたいなら、焚き火台の上に網を載せられるモデルを選びましょう。網を付属している商品も多くありますが、別で購入する場合は、焚き火台に合う網の形状・サイズ・載せ方を確認しておくとよいですよ。

頑丈な素材で作られた網なら、スキレットや小さめの鉄板を載せることも可能。加えて、耐荷重の大きい焚き火台であれば、ダッチオーブンや鍋を載せて調理することもできます。

また、鍋を使った料理を作りたいなら、五徳のあるバーベキュー兼用焚き火台が使いやすいですよ。五徳に鍋を載せたまま、炭の入れ替えや他の調理ができる焚き火台などもあります。ケトルを載せれば湯沸かしも可能です。

4.オプションの豊富さで選ぶ

バーベキュー兼用焚き火台には、調理に便利な付属品や別売オプションが用意されている商品も豊富に揃っています。

バーベキューに必須の「焼き網」や鍋料理に必要な「五徳」は、バーベキュー兼用焚き火台のサイズに合ったものでなければ調理中にズレたり落ちたりする可能性があります。専用の焼き網や五徳があればその心配がなくなりますね。

ダッチオーブンを使いたい場合は「ロストル」付きの焚き火台がおすすめです。ロストルとは熱に耐性のある網のこと。風通しをよくしてくれて、燃焼効率を高めることができ、非常に頑丈なつくりなので、重いダッチオーブンを載せられるものも多くありますよ。

バーベキュー兼用焚き火台の下部に「灰受け」を備えたタイプなら、地面を汚す心配を低減できます。また、使用後の灰の処理が簡単に行えるのであると便利です。

5.鍋を使うなら!耐荷重をチェック

バーベキュー兼用焚き火台で鍋を使いたい場合は、必ず焚き火台の耐荷重をチェックしてください。耐荷重が不足していると、火入れの最中に焚き火台が倒れて大惨事になる可能性があります。耐荷重は【鍋の重さ+食材の重さ】を目安に選びましょう。

キャンプ時にはダッチオーブンを使いたいと考えている方も多いのではないでしょうか。ダッチオーブンなら「鶏の丸焼き」のようなダイナミックな料理にも挑戦しやすいですね。

ダッチオーブンは10kg以上の重さがあるものが多く、そこに食材や水を入れると考えれば焚き火台の耐荷重は20kg以上が必要となります。

安全にバーベキュー兼用焚き火台を使うためにも耐荷重を守って調理してくださいね!

ブランド別おすすめアイテム7選

バーベキュー兼用焚き火台はさまざまなアウトドアメーカーから販売されています。

アメリカの老舗ブランド「コールマン」や1985年に日本で生まれた「ロゴス」、高品質でコスパのよい「キャプテンスタッグ」、アウトドア上級者にも愛用されている「スノーピーク」などが開発したバーベキュー兼用焚き火台をご紹介します。

ブランドごとに形状やデザインの特徴が異なるので、気になる方は比較検討してみてくださいね。

PR
使い勝手抜群!組み立ても簡単な焚き火台
キャプテンスタッグ ヘキサステンレスファイアグリル M-6500

商品情報

ブランド キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
商品の寸法 41D x 47.5W x 30H cm
重量(約) 3.8kg

キャンプの楽しみを満喫できる1台3役のコンロ。網をのせれば炭火でバーベキューができ、網を外せば焚き火を楽しめ、直径25cmのダッチオーブンも入れて使うことができます。折りたたむとコンパクトになり省スペースに収納できるのも嬉しいポイント。持ち運びに便利な専用バッグ付きです。

PR
1台4役!付属の五徳で鍋料理も楽しめる
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル V型ファイアグリル ワイド

商品情報

ブランド キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
商品の寸法 36D x 39.5W x 34H cm
重量 (約)3kg

網と五徳を使い分けていろいろな調理を楽しめる焚き火台です。バーベキューのほか鍋を使った煮炊きやダッチオーブン料理も作れます。ハーフサイズの網と五徳を使えば、バーベキューと煮炊きの同時調理が可能。

2枚の五徳で大小さまざまなサイズの鍋にも対応できますよ。五徳をスライドさせれば、炭や薪をスムーズに継ぎ足せる仕様。使用後はコンパクトに折りたたんで楽に持ち運べます。

PR
スタイリッシュな見た目と高い実用性が魅力
コールマン ステンレスファイアープレイスⅢ

商品情報

ブランド コールマン(Coleman)
商品の寸法 41.5D x 46.5W x 34.5H cm
重量 6.14 kg

燃焼効率のよい井げた式ボディを採用した、焚き火に最適なデザイン。ハンドルを内側に倒すと五徳になるので、鍋やスキレットなどを置いて料理ができます。

付属の網を使えばバーベキューができ、灰受け皿を上部に置けばダッチオーブンを載せることも可能です。収納や持ち運びに便利な専用ケースが付いています。

PR
複数人で焚き火を囲める半球体形状
VASTLAND アウトドアファイヤーピット M

商品情報

ブランド ヴァストランド(VASTLAND)
商品の寸法 37.5D x 56W x 22H cm
重量 3 キログラム

半球体形状の焚き火台は、全方向から炎を眺められるのが魅力。どの方向からでも薪がくべやすく、灰が中心に集まりやすい構造です。ロストル(底網)があることで、空気が通りやすく燃焼効率がよいのも特徴。

付属の五徳網を上部に載せれば、ケトルやフライパンなどの調理器具を使っていろいろな料理を楽しめます。

PR
重いダッチオーブンでも乗せられる頑丈な造り
ユニフレーム ファイアグリル

商品情報

ブランド ユニフレーム(UNIFLAME)
商品の寸法 43D x 43W x 33H cm
重量 2.7kg

焚き火はもちろん、焼き網を使ったバーベキューや豪快なダッチオーブン料理も楽しめる1台。頑丈なステンレス製の炉やロストル(底網)、耐荷重性を確保した脚など、ウェイトバランスに優れた設計になっています。地面から高さがあるのでフィールドを傷める心配なく使えるのもうれしいポイントです。

PR
炭の量を最適化できるこだわりのデザイン
ロゴス LOGOS the ピラミッドTAKIBI L+ネット

商品情報

材質 合金鋼
ブランド ロゴス(LOGOS)
重量 530g

キャンプ場やバーベキュー場の地面をあまり汚さずに使える灰受け皿付きの焚き火台です。五徳も付属しているので鍋やケトルを載せて使用することもできます。

バーベキュー用の焼き網はハーフサイズのものが2枚セットになっていて、たくさんの食材を焼く場合は網を2枚とも使い、1枚を持ち上げれば炭の継ぎ足しも簡単に行えます。ソロキャンプの場合は網を1枚だけ使い、バーベキューと焚き火を同時に楽しむことも可能ですよ。

PR
丈夫だから長く使える。ファミリーキャンプにぴったりなサイズ
キャンピングムーン バーベキューコンロ X-TWO

商品情報

ブランド Camping moon
商品の寸法 39.3D x 35W x 33.5H cm
総重量:約5.2kg

4人でバーベキューをするのにちょうどよい大きさのバーベキュー兼用焚き火台です。本体は耐久性に優れた厚さ1.0mmの頑丈なステンレス製を採用。バーベキュー用の焼き網は強度があるのでダッチオーブンも載せられます。

グリルブリッジの高さを調整することで、火加減のコントロールも可能です。付属の帆布製キャリーバッグを使えば、本体や焼き網を汚れたまま持ち帰るときも車内や他の荷物を汚す心配がありませんね。

ソロキャンプに!コンパクトタイプ5選

調理や焚き火を楽しみたいソロキャンパーにおすすめのコンパクトなバーベキュー兼用焚き火台をご紹介します。

1人用におすすめなのは幅30cm程度のものです。持ち運びのことを考えるともっと小さいサイズのものを選びたくなりますが、小さ過ぎると燃料の炭や薪をカットして入れなくてはならず手間がかかります。

また、肉や野菜を焼くスペースも狭くなり使いにくくなる場合があるので注意が必要です。

PR
たった3秒で設営できる!初めてのソロキャンプにもおすすめ
コールマン(Coleman) ファイアーディスクTMソロ

商品情報

ブランド コールマン(Coleman) 
商品の寸法 30D x 30W x 16H cm
商品の重量 1kg 

スタンドの上に本体を置くだけで簡単に設営できる焚き火台。直径約30cmのコンパクトサイズでソロキャンパーに最適です。本体はサビにくく頑丈なステンレス製。耐荷重は25kgで、10インチまでのダッチオーブンなら使えます。

重さは900g、収納時の厚さは約10cmと軽量かつスリムで、ロゴ入り収納ケースに入れて楽に持ち運ぶことが可能です。

PR
空気を取り込みやすいオールメッシュの火床
NANGOGEAR ソログリル

商品情報

ブランド NANGOGEAR
商品の寸法 31.5D x 31.5W x 28.5H cm
重量 1.65Kg

よくある箱型の焚き火台と違って、前後にフレームがないのが特徴。横から薪をくべやすく、五徳や網を置いたままでも炭の継ぎ足しがおこなえます。火床は18-8ステンレス製のオールメッシュ。

下から空気をどんどん取り込み燃焼させる一方で、0.36mmの細かい網目で炭の燃えくずを通しにくくなっています。料理に合わせて五徳や網の高さを2段階調節できるのも便利です。

PR
使わないときはB5サイズでコンパクトに収納
キャプテンスタッグ カマド スマートグリル B5型

商品情報

ブランド キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
商品の寸法 18D x 25.5W x 25.5H cm 
重量(約) 1.4kg

折りたたむとB5サイズになる超コンパクトなコンロは、ツーリングやソロキャンプに最適。ネジやドライバーを使わずに簡単に組み立てられるのも魅力です。

網と五徳がセットになっているので、焼き物や煮炊きなどいろいろな調理をすることが可能。使用する炭や固形燃料の種類や大きさに合わせて、炭受けの高さを3段階調節できます。

PR
長い薪でも落ちにくいアーム付き
BUNDOK 焚き火グリル BD-404

商品情報

ブランド BUNDOK(バンドック)
商品の寸法 20D x 26W x 18H cm 
重量 約1.38kg

丈夫なステンレス製の焚き火台。3つの側面がふさがれているボックス形状は熱が効率よく上部に伝わるので、食材に火が通りやすいのが特徴です。焼き網を載せればバーベキューのほかスキレットを使った調理も楽しめます。

焚き火をする際は、薪を支えるためのアームを使い、本体からはみ出た長いサイズの薪が落ちるのを防ぐことが可能です。

PR
コンパクトなのに焼き網広々!焚き火も調理も楽しみたい方に
DOD 秘密のグリルさん

商品情報

ブランド DOD(ディーオーディー)
商品の寸法 47D x 47W x 25H cm
重量(付属品含む)(約)2.2kg

ソロキャンプでもバーベキューやスキレット料理などを楽しみたい方には、焼き網スペースの広いタイプがおすすめ。本商品は直径5mmの丈夫なワイヤーを使用した焼き網と五徳が付属しているのでいろいろな料理ができ、焚き火をしながら調理することも可能です。

折りたたむと42×13×7.5cmまでコンパクトになるので、ザックに入れて持ち運びやすいですよ。

知っておきたい汚れの落とし方とメンテナンス方法

バーベキュー兼用焚き火台を長く愛用したいなら、使用後にきちんとお手入れすることが大切。使用後はすぐ洗うのがベストですが、難しい場合は遅くとも翌日には洗うようにしましょう。

1. まずバーベキュー兼用焚き火台の表面についた灰をブラシで払い落とします。細かい部分まで丁寧に払っておきましょう。

2. 調理の油などが付着している部分は、食器用洗剤とたわしで洗います。汚れがひどい場合は、クレンザーや研磨スポンジを使ってもよいですが、傷がつかないよう注意してくださいね。

3. 汚れと洗剤を洗い流した後、濡れたままだとサビの原因になるのでしっかり乾燥させてから保管しましょう。

収納する前にネジがゆるんでいる箇所を発見したら、締め直しておくとよいですね。

また長期間使用しない場合は、焼き網と火床に薄くオイルを塗り、新聞紙に包んで保管することでサビ防止の効果が期待できるとされていますよ!

焚き火台を使用するときの注意点

焚き火をする際には、以下の項目に注意をしてくださいね。

  • キャンプ場によってルールが異なる為、事前にルールを確認しましょう 
  • 安定した平らな所に設置して焚き火をしましょう 
  • 焚き火シートを使用しましょう 
  • 風向きや頭上の障害物に注意して焚き火をしましょう 
  • 消火できるものを用意しましょう 
  • 焚き火で使用したゴミなどは各キャンプ場のルールに沿って対応しましょう

バーベキューと焚き火を1台で手軽に楽しもう!

キャンプ時に重宝するバーベキュー兼用焚き火台。さまざまなアウトドアメーカーから機能的な商品が販売されています。今回ご紹介した選び方を参考にして、使用する人数や調理したい料理に合う形状・サイズのものを選んでみてくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー