この記事で紹介されている商品
七輪のおすすめ9選!卓上で使えるタイプやバーベキュー向けなど人気アイテムをご紹介

七輪のおすすめ9選!卓上で使えるタイプやバーベキュー向けなど人気アイテムをご紹介

自宅の庭先やアウトドアで炭火焼きが楽しめる「七輪」。最近はおしゃれなデザインのものもあり、一人バーベキューを楽しみたい方にもおすすめです。そこで今回は、七輪の特徴や選び方を丁寧に解説。卓上タイプや家族で使えるサイズのもの、持ち運びやすい金属製の商品も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

七輪とは

七輪とは土製の小さなコンロのことで、通常は木炭を燃料とします。炭の燃焼効率がよく、炭が七厘程度で足りることから名づけられたとも言われているんですよ。実際に、珪藻土で作られている七輪は炭で熱することで本体から遠赤外線を発するため、木炭からの遠赤外線との相乗効果もあり、少量の炭でしっかりと焼くことができます。

七輪は、コンパクトで場所を取らず、炭も少量で済むことから、気軽に炭火焼きを楽しめるのが魅力です。炭火で焼くことで遠赤外効果で食材の旨味が引き出され、よりおいしくなります。高温で食材の表面を素早く焼き固めてくれるので、外側はパリッと、中はふっくらジューシーな理想的な焼き加減に仕上げることができますよ。

七輪の選び方

七輪にはさまざまなタイプのものがあるため、家庭に合うものを選ぶことが大切です。たとえば、家族の人数や焼きたい食材によって、向いているサイズや形が異なります。また、使いたい場所も重要で、卓上で使えるものやアウトドアに向いているものなどもあるんですよ。掃除のしやすさや、デザインの好みなどもポイントになりますね。チェックしたいポイントについて、細かい違いを見ていきましょう。

1.形で選ぶ

七輪の形には、大きく分けて丸型と四角型があります。それぞれ特徴や適した使用人数、食材が異なるため、実際に使うシーンをイメージしながら選んでみてくださいね。

少人数におすすめな「丸型」

七輪といえば、昔ながらのベーシックな丸型を思い浮かべる方も多いですよね。丸型は、焼き網だけではなく、鍋やフライパンなどものせられる形なので、幅広い用途で使えるのが魅力です。焼き面は四角型に比べると小さいので、少人数での使用に向いています。また、さんまなどの長い食材を置くと網からはみ出してしまうことがあるので、購入前にサイズをよく確認しておきましょう。

1~2人用にぴったりのコンパクトな丸型七輪です。火力を調整するための空気窓がついているので、簡単に好みの焼き加減に仕上げられますよ。使う炭の量も少なく価格も手ごろなので、初めて七輪を使うという方にもおすすめです。

約25.5㎝の丸型七輪です。珪藻土からの赤外線と炭の熱で食材をおいしく焼き上げることができます。珪藻土は熱伝導率が低いため、七輪の熱が下がりにくく、少量の炭でも長時間燃焼させられるのもうれしいポイントです。

大人数でも安心な「四角型」

四角型には、長方形の「角型」と正方形の「正角」の2種類があります。
角型は焼き面が大きいため、さんまなどの長さがある食材もはみ出さず焼きやすいのが魅力です。ただし、鍋やフライパンなどをのせるには向いていない場合もあります。炭もたくさん必要なため、どちらかといえば大人数で使用するときにおすすめですよ。

正角は、丸型と角型の中間のようなイメージです。コンパクトながら食材を置きやすく、鍋なども乗せられるので、焼き物と煮物のどちらも対応できます。一人用の商品も多く、収納場所も取らない点がうれしいですね。

[キャンパーズコレクション 山善] しちりん角型ワイド

商品情報

・シンプルな角型七輪。
・燃焼室が2つに分かれているので、焼き分けもできます。
・空気取り入れ口があり、火力調整もラクラク。

こちらの商品は、幅の広い角型ワイドの七輪です。焼き面が大きいため、魚を頻繁に焼く方や、大人数で使う場合におすすめ。炭を置く場所が2つに分かれているため、強火と弱火で焼き分けることもできますよ。

幅40㎝×奥行24㎝の角型七輪です。火皿2枚と、40×24㎝の焼き網1枚が付属しています。約9㎏と重めですが焼き面が広いので、庭先での大人数のバーベキューなどにおすすめですよ。

2.つくりで選ぶ

七輪には、塊の珪藻土から直接七輪の形に切り出す「切り出し」タイプと、砕いた珪藻土を成形する「練り」タイプの2種類のつくりがあります。つくりによって耐久性や値段に差があり、焼きあがりの質も異なってくるので、それぞれの特徴を知ったうえで選ぶとよいでしょう。

切り出しタイプ

切り出しタイプは、珪藻土の組織がそのまま残っているため、練りタイプに比べてひび割れしにくく、耐久性に優れています。また、素材の旨味を引き出す調理が得意だとされており、料亭などで使用される場合も多いです。職人の熟練の技が必要なため、練りタイプより値段は高めの傾向にあります。

練りタイプ

砕いた珪藻土を型に入れて成形する練りタイプは、切り出しタイプに比べてリーズナブルな価格が魅力です。まずは七輪を使ってみたいという初心者の方は、入門編としてこちらのタイプを試してみるのもおすすめですよ。ただし、切り出しタイプよりひび割れしやすいため、取り扱いには少し注意が必要です。

3.大きさで選ぶ

七輪は、人数や使う場所に合わせた大きさのものを選ぶことも大切です。たとえば、少人数でおもに室内やベランダで使うなら、置き場所を取らないコンパクトなタイプがおすすめです。逆に大人数で、キャンプなどのアウトドアで使うなら大きめのタイプがよいでしょう。

卓上で使いやすい小型タイプ

ひとりでも気軽に楽しめる卓上サイズの七輪も売られています。のせられる食材の量は少なめですが、お酒を飲みながら熱々のおつまみを食べるといった楽しみ方ができますよ。

こちらの商品は、大きさ14×14㎝のコンパクトなサイズが魅力。焼き網、敷板、固形燃料が付属しており、気軽に使い始められるのもうれしいポイントです。炭火焼にも対応しているので、気分に合わせて使い分けられますよ。

約20.2x14.3㎝の一人用角型七輪です。小さいながらも本格的な作りで、気軽に炭火焼料理が楽しめますよ。焼き網と木製土台が付属しており、卓上でも安心して使用できます。

4.素材で選ぶ

七輪は珪藻土などの土製のものが一般的ですが、近年は金属製の商品も増えてきています。自宅で使う場合は土製の本格的なものがおすすめですが、アウトドアで使うなら耐久性があって持ち運びやすい金属製のものを選ぶと安心です。

合金鋼製の2~4人用七輪です。火力調整窓がついており、少ない炭でも効率的に使用できます。また、五徳もついているため鍋をのせることも可能。アウトドアで活躍すること間違いなしの1台です。

グリーンライフ 少煙シチリン

大きさ25×39㎝、スチール製の角型七輪です。炭に直接油が落ちにくい構造になっているため、煙の発生量を約90%カットすることが可能。庭など煙をなるべく抑えたいところでも気軽にバーベキューを楽しむことができますよ。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 七輪 炭焼き名人 万能七輪 ポータブル 水冷式七輪 M-6482/UG-89

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(1,091件)

>

商品情報

サイズ(約):外径280×高さ210mm
セット重量(約):2.7kg
材質:本体:鉄(エポキシ樹脂塗装)、目皿:普通鋼板(表面加工:ほうろう)、バーベキュー網・ゴトク・ハンドル:鉄(クロムめっき)

こちらは鉄製の丸型七輪です。本体の下の部分に水を入れる水冷式で、断熱効果が高く、卓上で使ってもテーブルが熱くなりにくいので、安全に炭焼きを楽しめますよ。焼き物と鍋もののどちらにも対応でき、使い勝手のよい商品です。

全8商品

おすすめ商品比較表

BUNDOK(バンドック) 七輪 BD-385 【1~2人用】 炭火 バーベキュー

武田コーポレーション 【バーベキュー・コンロ・七輪】 しちりん26cm

[キャンパーズコレクション 山善] しちりん角型ワイド

コーナン オリジナル 七輪角型ワイド

和平フレイズ 七輪 焼き鳥 BBQ 飛騨コンロ ほんわかふぇ

BUNDOK(バンドック) 俺用 七輪 角 BD-384 【1人用】 バーベキュー ホワイト

ホンマ製作所 SunField 丸型バーベキューコンロ福七輪

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 七輪 炭焼き名人 万能七輪 ポータブル 水冷式七輪 M-6482/UG-89

Amazonカスタマーレビュー
4.01,077
3.6128
-
3.9101
3.9189
3.6550
4.0224
4.21,091
最安値
タイムセール
¥2,427-52%
参考価格¥5,060
タイムセール
¥1,612-14%
参考価格¥1,870
タイムセール
¥1,182-64%
参考価格¥3,300
タイムセール
¥3,980-40%
参考価格¥6,600
購入リンク

おいしい炭火焼きを手軽に!七輪を使ってみよう

七輪は、少ない炭で手軽に炭火焼きを楽しめる便利な調理器具です。七輪でじっくりと焼いた食材は、驚くほどおいしくなりますよ。ぜひこの記事を参考にしていただき、お好みに合った七輪を探してみてはいかがでしょうか。

※製品画像はAmazon/楽天より

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー