この記事で紹介されている商品

【2023年】圧力鍋のおすすめ10選!初心者でも安心な選び方を機能別で解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

角煮や煮込み料理など、時間のかかるレシピを時短でおいしく調理できる「圧力鍋」。素材や機能もさまざまなので、初心者の方はどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、圧力鍋のおすすめの選び方をご紹介します。一人暮らしや家族向けにぴったりな容量も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

圧力鍋を使うメリットは?

圧力鍋とは、鍋の圧力を上げ食材を高温で調理できる鍋のこと。密閉した状態で加熱するため、短時間で食材にしっかりと火を通すことができ、時短調理を叶えてくれるすぐれものなんですよ。 また、食材の旨味を逃さずに調理できるので、豚肉や魚をふっくらとおいしく仕上げられるのも魅力。料理初心者の方でも、簡単においしい料理を作ることができますよ。 ちなみに圧力鍋には、ガスやIHクッキングヒーターで加熱する「圧力鍋タイプ」と電気を使って圧力調節をする「電気圧力鍋タイプ」の2種類があります。圧力鍋は電気圧力鍋に比べて安価で購入できる場合が多く、様子を見ながら自分で火加減を調節できるのが特徴です。

圧力鍋の選び方のポイント

ご自宅に合った圧力鍋を選ぶためには下記のポイントを押さえておくことが大切です。

・圧力をかける方法 ・鍋の素材 ・容量 ・タイマー機能

それぞれ詳しく解説しますね。

圧力をかける方法で選ぶ

まずは、圧力調節の方法を確認していきましょう。圧力をかける方法は「おもり式」と「スプリング式」の2つ。それぞれの特徴や違いを把握しておくと、自宅にぴったりな圧力鍋を選びやすくなりますよ!で選ぶ

初心者におすすめの「おもり式」

蒸気の噴出口におもりがついているタイプのことを「おもり式」といいます。圧力がかかると「シュシュッ」という音ともにおもりが揺れ、鍋にどれくらいの圧力がかかっているのかを把握できる仕組みです。 圧力の状況を音やおもりで確認できるので、圧力鍋を使うのが初めてという方でも使いやすいのがうれしいですね。ただし、音が大きいものも多いので、音が気になるという方にはあまりおすすめできません。

アサヒ軽金属 ゼロ活力なべ S

PR
アサヒ軽金属 日本製 圧力鍋 2.5L ゼロ活力なべ S (3.5合炊き) [レシピ付き] IH対応 ガス対応

商品情報

安心・安全設計の日本製の圧力鍋。
【容量】Sサイズ(2.5L / 3.5合炊き) 【サイズ】外径22cm×高さ17.7cm(本体高さ8.6cm)×最大長38.2cm 【重量】約2.0kg 高さ、重量はすべて蓋・ゼロオモリを含みます。
使用可能熱源:ガス・IH対応 電気クッキングヒーター ハロゲンヒーター

146kPaもの圧力で超時短調理を叶える圧力鍋です。「ゼロ活力」という名の通り、カレーや肉じゃがなどの料理を加圧時間0分で調理できるんです!調理方法も簡単で、沸騰しておもりが振れたら、火を消すだけ。素材本来の旨味を逃さず、おいしい一品を作れるのが魅力です。 また、2つのおもり式なので、圧力設定がしやすいのがポイント。圧力がかかり始めたタイミングもわかるので、圧力鍋が初めての方にもおすすめです。

静かに調理できる「スプリング式」

おもり式と違って静かに調理できるのが「スプリング式」です。圧力表示のビンを内蔵しており、圧力がかかるにつれてビンが上昇していきます。その上昇していくビンの状態に応じて、火力を調節する仕組みです。 どれくらいの圧力がかかっているかを自分で確認しなければいけませんが、食材に合わせて火力を細かく調節できるので、好みの食感や口あたりに仕上げられますよ。

フィスラー ビタクイック

PR
Fissler Vitaquick Autocuiseur

商品情報

火加減の調整は白線の本数でわかるから簡単調理!低圧なら1本目、高圧なら2本目で弱火に。

こちらの圧力鍋は、加圧中に音や蒸気をほとんど出さないスプリング式が特徴です。静かに調理ができるので、夜中の調理や小さなお子様がいる家庭でも安心して調理をすることができます。 また、高圧と低圧の2段階設定が可能で、野菜やお肉、魚を短時間でふっくら仕上げられるのも魅力。持ちやすい取っ手やシンプルな圧力表示など、使い勝手も抜群なので、初めて圧力鍋を使う方にもおすすめですよ。

WMF (ヴェーエムエフ) パーフェクトプラス

PR
WMF パーフェクトプラス 圧力鍋 2.5L

商品情報

ワンタッチで着脱可能の持ちやすいハンドルにより、毎ご使用後にすみずみまで洗うことができ、いつまでも清潔にご使用いただけます。

こちらはスタイリッシュな見た目の圧力鍋で、ワンタッチで取っ手の取り外しが可能なので、汚れてもすぐに洗えて衛生的に保てるのが最大の特徴です。また、過度に熱し過ぎてしまっても自動的に圧力を下げる機能が備わっているのでお子様のいる家庭や料理初心者の人でも安心して使うことができますね。

鍋の素材で選ぶ

圧力鍋を選ぶときは、鍋本体の素材をチェックしてみるのもひとつの方法です。素材として主に使われているのはアルミとステンレスですが、その両方のよさを兼ね備えた多重構造タイプも存在します。 それぞれの魅力や特徴をご紹介するので、使用用途に合わせて選んでみてくださいね。

熱伝導性に優れた「アルミ製」

熱が伝わりやすく、短時間で圧力をかけられるのがアルミ製の圧力鍋です。比較的軽量なので扱いやすく、洗うときはもちろん、収納するときにも便利ですよ。 ただし、熱伝導性が高い分保温力は劣るため、余熱調理には向いていない傾向にあります。

パール金属  ホットクッキング

PR
パール金属 ホットクッキング 3.0L

商品情報

ガス火はもちろん、IHクッキングヒーターやハロゲンヒーターなどオール熱源に対応。

こちらはアルミ製なので軽量かつ、全ての熱源対応なのでとても扱いやすい圧力鍋です。さらにコンパクトなので場所を取らず、気軽に使いたいという人におすすめですよ。

北陸アルミニウム 圧力鍋

PR
北陸アルミニウム 圧力鍋 3L

商品情報

・材質 アルミニウム
・色 ブラック
・仕上げタイプ チタン

こちらはアルミ製でありながら緩やかに温度が上昇する造りのため、じっくり均一に食材に火が通ります。さらにフッ素樹脂加工されているので、こびりつきやすい調理もしやすく、毎日のお手入れも簡単です。

丈夫で冷めにくい「ステンレス製」

アルミ製に比べて保温性に優れているのがステンレス製です。熱は伝わりにくいですが、一度熱すると冷めにくい素材なので、余熱調理にも適しています。また、ステンレス製は丈夫でサビにくい特徴もあるので、お手入れをしっかりすれば長く使い続けられるでしょう。 しかし、重量があるため、場合によっては使いづらいと感じることも。重量とサイズのバランスを考慮しつつ選んでみてくださいね。

LA BETTOLA da ochiai ステンレス圧力鍋

PR
LA BETTOLA da ochiai ステンレス圧力鍋 6L

商品情報

・サイズ:38×21.5×25.5cm
・本体重量:3.42kg
・作動圧力:80kPa

こちらは落合務シェフ監修の圧力鍋で、鏡面仕上げの美しい見た目と軽さ・手入れのしやすさに優れた商品です。両手で持つタイプなので持ちやすく、ステンレス製の中でも比較的軽めなので圧力鍋デビューにもおすすめですよ。

熱伝導性と保温性を兼ねそなえた「多重構造」

多重構造とは、アルミとステンレスの機能を兼ね備えたタイプのこと。熱伝導性と保温性の両方に優れているモデルが多く、圧力値も高い傾向にあります。 高機能なので値段もやや高めですが、とにかく便利な圧力鍋がほしい!という方はチェックしてみてもよいでしょう。価格と使用頻度を考えて選ぶのがおすすめですよ。

【光熱費節約・時短】アイリスオーヤマ 圧力鍋

PR
アイリスオーヤマ 圧力鍋 5.0L

商品情報

「圧力鍋=難しい」のイメージ軽減!開閉が簡単!開閉ボタンを押してスライドするだけ。
料理に合わせて低圧・高圧の切り替えが可能。2段階安全システム構造。安全ロック構造。

こちらはステンレスとアルミの多重構造になっているので、保温性と熱伝導率のどちらも叶えた圧力鍋になっています。ガラス蓋もついているので圧力調理だけではなく、普通の鍋としても使用可能です。難しい操作もないので料理初心者の人にもおすすめですよ。

容量で選ぶ

家族の人数や作りたい料理の量に合わせ、圧力鍋の容量を確認することも欠かせません。たとえば、一人暮らしの場合は小さめの2.5~3L、2人~4人家族の場合は3~5Lがおすすめです。大人数の場合やたくさん調理して作り置きしたいときには、6L程度の圧力鍋があると重宝しますよ。 ただし、容量が大きければ大きいほど、サイズも大きくなるので注意が必要です。あまりにも大きすぎると収納場所にも困ってしまうので、キッチンのどこに置くかをイメージしてから購入するほうがよいかもしれませんね。

ティファール クリプソ ミニット デュオ プラム

PR
【オンライン限定】ティファール 圧力鍋 5.2L 3~5人用 IH ガス火対応 カンタン開閉 2in1なべ 「クリプソ ミニット デュオ プラム」

商品情報

【2in1】
圧力なべモードとなべモードで、圧力なべとなべが1つに
【セレクター】
なべと圧力なべが簡単に切り替えOK
2つの調理器具の必要なく、収納に便利
【調理時間最大1/3】
加圧調理 (65kpa)で時短に

5.2Lの容量を誇り、3~5人の家族用としておすすめの圧力鍋です。圧力鍋と普通の鍋が1つになっており、セレクターを回すだけで簡単に調理モードを切り替えられます。 密閉して100℃以上の高温で加熱する圧力調理のため、調理時間を大幅に短縮でき、食材の栄養を逃さずおいしく仕上げられますよ。安全ロックピンや圧力調整弁など安心の安全設計も特徴のひとつです。

シロカ  おうちシェフ PRO

PR
シロカ 自動減圧機能付き電気圧力鍋

商品情報

火を使わないから怖くない。より幅広い調理ができていつも手軽に本格料理。とことんこだわりたい!なら、より幅広い調理ができるフラッグシップモデル。

こちらは電子式なので火力調整をする必要がなく、ガス式に比べて比較的気軽に使用できるのが特徴です。小型ながら、炒め・無水・低温調理に対応しており、この一台でさまざまな料理が楽しめます。さらにレシピ本も付いており、何と言っても食材を入れてスイッチを押すだけで良いので一人暮らしの人や忙しい人にもおすすめです。

マルチ電気圧力鍋 Instant Pot(インスタントポット)

PR
マルチ電気圧力鍋 Instant Pot 3.0L

商品情報

・本体サイズ(幅×奥行×高さ):29cm×25.5cm×28.5cm/本体重量:3.7kg
・1台7役 簡単操作のマルチクッカー / 日本語パネル

こちらも電子式の圧力鍋で、容量が3L~6Lがあるので生活スタイルに合わせてチョイスできます。1台9役の多機能モデルで、通常の圧力調理に加えておかゆや手作りヨーグルト、マルチグレインの調理まで使い方はさまざま。学習機能も搭載されているので、常にお好みの設定で調理できるのもうれしいポイントです。

タイマー機能もチェック

タイマー機能がある圧力鍋は、加圧や減圧のタイミングを自動で知らせてくれるのでとっても便利!火加減の調節も教えてくれるので、圧力鍋を使ったことがないという方はタイマー機能が搭載されているモデルを選ぶのがおすすめです。 タイマーと一言でいっても、デジタル表示やアラームなどタイプもさまざま。ご自身が使いやすい、好みのモデルを選ぶとよいでしょう。

自宅に合った圧力鍋で時短調理を叶えよう

今回は、圧力鍋のおすすめ商品と選び方について解説しました。圧力鍋のタイプや容量などに合わせて選べば、ぴったりの商品を見つけられますよ。 今回ご紹介した内容を参考にしていただき、お好みの圧力鍋でいつもの料理をグレードアップさせてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー