この記事で紹介されている商品

コーヒー急須おすすめ7選!常滑焼や萬古焼のものをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

お茶を淹れるような手軽さでコーヒーが淹れられる「コーヒー急須」。ペーパーフィルターなしで気軽にコーヒーを楽しめます。

常滑焼や萬古焼といった、職人手作りのものを中心におすすめの商品をご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

コーヒー急須とは?

コーヒー急須は、通常のハンドドリップよりも簡単においしいコーヒーが淹れられるのが売り。お茶を淹れる急須のようなコーヒー抽出器具です。

ハンドドリップよりも必要な粉の量が少なく済み、加えて抽出時間も短い点が特徴。コーヒーメーカーよりもパーツがシンプルで洗い物が少ないため、より気軽に本格的なコーヒーが楽しめるようになっています。

過去にはコーヒー急須のクラウドファンディングも行われ、目標を大幅に上回る金額が集まりました。コーヒー急須を知らなかった方も、ぜひこの機会に試してみてくださいね。

コーヒー急須のメリット

コーヒー急須のメリットといえば、「手軽さ」「使い勝手のよさ」「お手入れの簡単さ」の3つが代表的です。急須のようにシンプルな道具なので、使い方もお手入れ方法も簡単。

コーヒーの知識があまりない初心者の方でも迷わず使えますよ。急須ならではの味わいの違いもあるので、以下のポイントをチェックしてみてください。

手軽にコーヒーを淹れられる

コーヒー急須の最大のメリットは、誰でも簡単においしいコーヒーが楽しめることです。コーヒー急須さえあればほかの専用器具がなくても、コーヒーパウダーとお湯を用意するだけで気軽にコーヒーが淹れられますよ。

一般的においしいコーヒーを抽出するためには、器具やフィルターにこだわったり、抽出の際にテクニックが必要だったりしますが、コーヒー急須には必要ありません。初心者の方から上級者の方まで誰でも使いやすいという点は、コーヒー急須ならではのメリットともいえるでしょう。

お湯でも水でもコーヒーが作れる

お湯を注いでホットコーヒーを作れるだけでなく、50℃前後のお湯でもしっかりと抽出でき、暑い季節には水を注いで水出しコーヒーを作ることも可能です。

水出しコーヒーの場合は、コーヒーパウダーに水を注いで、一晩置いておくだけで完成します。低めの温度のお湯でも淹れられるのは、淹れたてをすぐに飲みたい方や熱い飲み物が苦手な方にとってもうれしいポイントですね。

お手入れが簡単

コーヒー急須は構造がシンプルなので、使用後のお手入れは軽くすすぐだけで大丈夫です。ハンドドリッパーを使う際に必要なペーパーフィルターなども必要ないため、余分なコストがかからないだけでなくゴミも出ません。

お手入れが簡単なものなら毎日使っても面倒になりにくいので、飽きずに長く使い続けやすいでしょう。

コーヒー急須のデメリット

コーヒー急須は手軽に使えることがメリットですが、その分デメリットもあります。たとえば素材の特性上、本体価格が高くなりやすいことや、ハンドドリップと比べると風味が弱く仕上がるなどの点が挙げられます。

ここからはコーヒー急須のデメリットを詳しくご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

価格が高くなる傾向にある

コーヒー急須の素材である陶器は大量生産が難しく、職人によって手作りされていることがほとんど。本体価格が高くなる傾向にある点はデメリットといえるでしょう。

一般的には5000円〜1万円台が相場といわれており、場合によってはハンドドリップの道具を揃えるよりも高額になることがあるため、価格が気になる方は要注意です。とはいえ、使用の際に必要なものが少なくランニングコストはほとんどかからないので、長期的に見れば安くなる場合もありますよ。

ハンドドリップより風味が落ちる

コーヒー急須でコーヒーを淹れる際はお湯を注いでからたった2〜3分待つだけとスピーディーにできあがる点が魅力ですが、その分ゆっくり抽出するハンドドリップと比べると、風味が劣る点はデメリットです。

一般的にコーヒーは、ゆっくり抽出するほど風味の濃い仕上がりになります。コーヒーの濃厚な風味が好きな方が急須で淹れる場合は、最初に少量のお湯を注いで30秒ほど蒸らせば、コーヒーの香りがしっかり出ますよ。

多くの量を一度に淹れられない

コーヒー急須は400ml前後の容量が主流。一般的なマグカップは多くて200mlほど入るため、約2杯分のコーヒーが淹れられます。1回に2杯以内しか飲まない場合は気になりにくいですが、一度にたくさん作りたいときには、不便に感じる場合もあるので要注意です。

そのため急須は、2杯以内のコーヒーを作るとき専用と割り切って使うのもよいでしょう。3杯以上作る際は、数回に分けて作る必要がありますが、それでも10分以内に2回作れるのはうれしいポイントですね。

コーヒー急須の選び方

コーヒー急須を選ぶ際には、急須の大きな特徴である素材に注目するとよいでしょう。同じ陶器製でも、どの地域の土を使っているかによって性質が異なります。

鉄分を多く含む土を使っている陶器は耐熱性と保温性が高くホットコーヒーが熱いまま長時間楽しめたりといったメリットがあるので、よりコーヒーのおいしさにこだわりたい方はしっかりチェックしておきましょう。

陶器の種類で選ぶ

コーヒー急須は基本的に陶器製ですが、陶器の種類によって特性が異なり、耐久性が高かったりとそれぞれにメリットがあります。

中でも有名な常滑焼と萬古焼のコーヒー急須について解説しているので、陶器についてよく知らなかったという方はぜひこの機会に知識を深めてみてくださいね。

常滑焼

常滑焼(とこなめやき)は、愛知県の常滑市周辺で作られる、なめらかな質感の陶器です。

常滑焼きは知床半島の鉄分を多く含む陶土を使用して作られており、鉄分が多いため温かみのある深い朱色の焼き上がりになります。

萬古焼

萬古焼(ばんこやき)は三重県の四日市市を中心に多く生産されている、陶器と磁器の中間の性質をもつ半磁器です。萬古焼の最大の特徴は耐熱性の高さ。

土鍋をはじめとしたなどの調理器具にも使われており、直火や空焚きにも耐えられるほどとされています。また萬古焼の製品は遠赤外線効果により保温性が高く、ホットコーヒーを淹れると長時間あたたかさをキープしてくれるのが魅力です。

非常に硬くて耐久性も優れているので、割れにくくて長く使い続けられるでしょう。

二重フィルターがあるかどうかで選ぶ

陶器製のコーヒー急須でさらにすっきりとした味わいのコーヒーを楽しみたい方は、二重フィルターを採用しているものを選びましょう。

二重フィルターの急須は、一般的についている注ぎ口のフィルターに加えて茶こしのようなフィルターも付属しています。商品によってはフィルターでコーヒーパウダーを取りきれずコーヒーを飲んだ際に粉っぽさが残るのが気になることもありますが、二重フィルターならそういった点もある程度解消されるでしょう。

コーヒー急須おすすめ7選

ここからはコーヒー急須のおすすめ商品を、7つご紹介します。常滑焼や萬古焼の本場で作られている高品質なものを中心にご紹介しているので、ぜひお気に入りの一品を見つけてみてくださいね。

一見似たデザインでも、窯元によって、また商品によっても細やかな工夫が凝らされていますよ。注ぎやすさやお手入れのしやすさなど、使い勝手にこだわったものもあるので要チェックです。

PR
富仙窯 お手入れがラクな珈琲急須

商品情報

サイズ(約)/全長19.5×奥行11.5×高さ11.2cm(持ち手、ふた含む)
重さ(約)/390g
満水容量(約)/550ml
素材/【急須】陶土 【かご網フィルター】18-8ステンレス鋼
安心の日本製!

急須を作っているメーカーがコーヒーのおいしさを引き出すために工夫を凝らした、コーヒーのための常滑焼の急須です。

二重構造になっているので、熱湯を注いでも持ち手が熱くなりにくいのも魅力。満水容量は550mlと大容量で、コーヒーカップに対して3〜4杯分のコーヒーが淹れられますよ。

PR
常滑焼 珈琲の旨味を引き出す急須

商品情報

■品名:常滑焼 珈琲の旨味を引き出す急須
■色柄:黒天目
■材質:本体:陶器  網:ステンレス
■生産国:日本製 [ made in Japan ]
■容量:(約) 400ml

コーヒー粉を入れたりお手入れもしやすい、広口の急須です。400mlとコーヒーが2〜3杯作れるので、数人分を一度で淹れたい時にも役立ちますよ。

持ち手とフタは片手で一緒に押さえやすい形状で、使い勝手も良好。底部分は少し赤みのある色合いで自然なグラデーションが美しく、シンプルながらも飽きにくいデザインです。

また内蔵フィルターのメッシュが非常に細かいため注ぐ際にコーヒー粉が流れ出にくく、最後までおいしく飲めますよ。液だれしにくい細めの注ぎ口も特徴的です。

PR
四日市のばんこ焼 珈琲急須

商品情報

●サイズ/幅約17.5cm×奥行約13.5×高さ約9.5cm、フタ:直径8×高さ2.5cm
●重さ/本体:約200g、フタ:約50g
●素材/陶器(萬古焼)
●製造国/日本製

光沢のあるなめらかな素材感が上品でおしゃれな、萬古焼のコーヒー急須です。萬古焼の本場である三重県四日市市の職人が、伝統的製法のろくろ引きで1つ1つ丁寧に手作りされています。

全体的に丸みのあるデザインで、持ち手も握りやすい大きめなので手にフィットしやすいでしょう。

PR
常滑焼トコクラlab 玉光窯 急須

商品情報

素材:陶器
商品サイズ:約17.5×14×11cm
商品重量:0.32kg
容量:約480ml

愛知県の常滑市の窯元で3代続いている窯元「玉光窯」の、伝統的な手作り急須です。ころんとしたフォルムがかわいらしく、均一で繊細なラインとカラーが高級感を醸し出しています。まるで体の一部のように手に馴染む、持ちやすさも特徴的です。

また容量は約480mlと3〜4杯分のコーヒーが作れるので、1日に何杯も飲みたい方や、水出しコーヒーを作り置きしたい方にもぴったり。

PR
一心窯 焼締コーヒー急須 常滑焼 SOLO 280cc

商品情報

一人で贅沢なコーヒータイムを味わいたい方にピッタリな、丁度一杯分のコーヒーが淹れられます。またマグカップと一緒に収納できるので場所も取りません。

常滑焼の本場、愛知県の伝統工芸士「土平栄一」氏が手作りしている、素朴であたたかみのあるコーヒー急須です。容量は1杯分にちょうどよい280mlで、一人で贅沢にコーヒータイムを過ごしたい方にもぴったり。

一般的な急須のように持ち手が飛び出しておらずマグカップのような形状のため、収納スペースにも困りにくいでしょう。フィルターは取り外して洗えるため、お手入れもしやすいですよ。コーヒー好きな方へのプレゼントにもいかがでしょうか。

PR
珈琲の旨味を引き出す急須

商品情報

日本遺産認定、常滑焼の職人が作るコーヒー専用の急須です。常滑急須の特徴である、内側が素焼きの凸凹が「酸味」や「苦み」を抑えてまろやかな味わいに。

約400mlと、一度で約2杯分のコーヒーが淹れられるコーヒー急須です。片手で持ちやすいフォルムと持ち手が特徴的で、手首を返すだけで簡単に注げます。またフタと本体のサイズがぴったり合うので、コーヒーの香りやあたたかさを逃しません。広口でコーヒー粉を入れたり使用後のお手入れも簡単です。

フィルターは細かいメッシュで、粉が流出しにくく、コーヒーの旨みをしっかりと抽出してくれますよ。職人歴40年以上の職人が1つ1つ手作りしている逸品です。

PR
常滑焼 コーヒー急須

商品情報

今までのコーヒーの淹れ方に囚われない新たなコーヒーの淹れ方お茶を淹れる感覚で気軽にコーヒーが淹れられます。

シンプルで光沢のない黒のデザインがおしゃれで、和洋どちらのインテリアにも合う常滑焼のコーヒー急須です。紅茶を淹れるティーポットのような感覚で使えるので、急須をあまり使ったことがない方も使いやすいでしょう。

450mlと大容量で、1日に何杯も飲みたい方はもちろん来客時にも便利ですよ。使用後のコーヒー粉を捨てやすいよう、フチの段差をなくした「楽捨て構造」になっています。

コーヒー急須で手軽においしいコーヒータイムを楽しもう

コーヒー急須は、ペーパーフィルターで濾過されてしまうコーヒーオイルまで楽しみたい人や、水出しコーヒーを手軽に作りたい人にもおすすめのアイテムです。

コーヒーを飲みたいけれど淹れるのが手間に感じるという方は、ぜひこの機会に試してみてくださいね。焼き物の急須は長く使えるのでコスパもよいですよ。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー