この記事で紹介されている商品

【2023年】食器乾燥機おすすめ12選!容量・サイズの選び方を解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

洗った食器を時間をかけず乾燥させる「食器乾燥機」。大人数の家族で使える大容量タイプや、少量を乾燥させるのに適したコンパクトな小型タイプなど、各メーカーによってサイズや機能が異なります。そこでこの記事ではおすすめの食器乾燥機をご紹介。選び方のポイントを解説しているので参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

食器乾燥機の選び方

食器乾燥機は洗った食器を温風で乾かすアイテムですが、商品によってサイズや容量、あれば便利な機能などがそれぞれ異なるため選び方をチェックしてから購入するのがおすすめです。

そのため、食器乾燥機を選ぶときは「サイズ・容量」「設置場所」「機能」「手入れのしやすさ」の4つに注目しましょう。それぞれ選び方のポイントを押さえて、ぴったりな食器乾燥機を選んでみてくださいね。

サイズ・容量で選ぶ

何を基準に選べばよいかわからないという人は、使う人数に合ったサイズと容量のものを選ぶのがおすすめです。1~2人で利用するなら皿や食器が12点前後入るコンパクトタイプを選びましょう。使う人数が少なくてもコップや皿をたくさん使う場合は食器かごが2段になったタイプや、食器が16点~24点前後入るタイプを選ぶと一度でたくさんの食器を乾燥できますよ。

また、4~6人で使うなら大容量タイプがうってつけです。縦に長いタイプも多く、大皿も一緒に入れて乾燥できるのでワンプレートで食事を済ませる家庭にもぴったりですね。

設置する場所のスペースで選ぶ

  設置場所が狭く限られているなら、横幅が狭く縦に長い縦型が向いています。コンパクトな小型タイプが多く少量の食器を乾燥するのに向いているので、キッチンの空きスペースを有効に活用できますよ。中の食器かごが2段になっているものもあるため、コップやマグカップを同時に乾燥できるのも魅力です。

もし設置場所が広く使えるなら横型の食器乾燥機をチョイスしましょう。大容量タイプが多く、横型ならまな板も一緒に乾燥できるので作業効率もアップしますね。出し入れもスムーズに行えるため毎回洗う食器の数が多いにぴったりです。  

便利な機能や仕様で選ぶ

食器乾燥機には低温乾燥や静音などさまざまな機能や仕様がついたタイプがあります。低温乾燥機能付きは熱に弱い樹脂製の食器が使えますし、静音仕様なら小さな子どものいる家庭でも稼働音を気にせず使えますよ。それぞれの機能や仕様によってメリットが異なるので、ポイントや特徴をふまえて自宅に適したタイプを選びましょう。

低温乾燥機能

  子ども用の食器や弁当箱に樹脂製のものを使っているなら低温乾燥機能がおすすめです。通常の食器乾燥機は約70~100℃前後の温風で乾燥させるので、樹脂製の食器は変形や劣化の可能性が高まります。

しかし低温乾燥なら約40~50℃で乾燥させるため、耐熱温度の低い樹脂製の食器にも対応できますよ。毎日樹脂製の食器を使う家庭にぴったりですね。※必ず手持ちの食器の耐熱温度を確認の上、使用してください。  

タイマー機能

電気代を節約したい人はタイマー機能付きのもをチョイスしましょう。食器乾燥機は高温の風を出すため、電源を付けたままだと電気代がかかります。そのため、食器が少ないときは短時間に、多いときは長時間に設定するとしっかりと乾燥させつつ電気代を節約できますよ。

毎回時間を設定するのが苦手なら、稼働時間を自動で設定するオート乾燥機能付きのものを選んでみてくださいね。周辺の温度を感知し、自動で乾燥時間を決めて稼働するので自分で設定する手間が省ける上、電気代も節約できますよ。

静音仕様

夜間や早朝に使うことがあるなら静音仕様のタイプがうってつけです。食器乾燥機の構造上使用時にモーター音が鳴りますが、静音機能付きなら夜間や早朝に使っても音が小さく気になりにくいのが魅力。音に敏感な赤ちゃんや子どもが寝ているときにも使えるため、家庭のライフスタイルを崩すことなく利用できますよ。

選ぶときの目安として、音の大きさを表すdBが30~40dBのものをチョイスするのがおすすめ。ただしdB表記がないモデルも多いので、静音性が気になる人はメーカーに問い合わせしてみましょう。

抗菌加工・UVライト機能

衛生面が気になる人は抗菌加工やUVライト機能付きのものを選んでみてください。水滴を温風で乾燥させる食器乾燥機に抗菌加工がされていれば、雑菌の増殖を防ぐ効果が期待できるため乾燥機の内側を清潔に保てます。

そのため分解して掃除が可能なパーツそれぞれが抗菌加工されているものを選んでおきましょう。また、UVライト機能付きなら抗菌効果に加え除菌効果も併せて期待できるのでおすすめですよ。

省エネ機能

より電気代を節約したい人は省エネ機能付きのものはいかがでしょうか。消費電力を抑えたタイプや、残った温風を風で巡らせて効率よく乾かすタイプなら電気代を抑えて乾燥できます。メーカーによって独自の省エネ機能を備えているものがあるため、しっかりとチェックしておきましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れの手間を省きたいならお手入れのしやすいモデルを選びましょう。濡れた食器を乾燥させる食器乾燥機は、水の溜まる部分にどうしても水アカやぬめりが発生しやすいもの。全て分解し、丸ごと洗えるタイプなら汚れる前に簡単にお手入れができます。さらに、かごや蓋など各パーツを取り外せるタイプなら細かい部分までお手入れが可能ですよ。

ただし組み立てる手間がかかるので、組み立てが苦手な人は各パーツが細かすぎないものをチョイスしてくださいね。

食器乾燥機おすすめ12選

ここからはおすすめの食器乾燥機を13選ご紹介します。それぞれ特徴やメリットが異なるため、自分が利用するシーンにぴったりなものをチョイスしてみてくださいね。

PR
山善 食器乾燥器 5人分 YD-180

商品情報

ブランド: 山善(YAMAZEN)
設置タイプ: カウンタートップ
商品の寸法: 40.5D x 41W x 34.5H cm
特徴: タイマー, 全国対応(電源 AC100V 50/60hz)

約5人分の食器を一度で乾燥できる食器乾燥機です。最大120分のタイマー機能が付いており、食器の数に合わせてしっかりと乾燥できるのが特徴。食器かごとはし立てパーツは抗菌・防カビ仕様で衛生面が気になる人にもぴったりです。

また、水受け皿部分は丸洗いが可能なため簡単にお手入れができるのもうれしいポイント。23cmの大皿も収まるサイズなので、日常で使うあらゆる食器を乾燥できますよ。

PR
コイズミファニテック 食器乾燥機 KDE-5000

商品情報

ブランド: コイズミ(Koizumi)
設置タイプ: カウンタートップ
商品の寸法: 47.7D x 47W x 42.7H cm
特徴: タイマー, 全国対応(電源 AC100V 50/60hz)
色: ホワイト
材質: かご材質:樹脂かご

約6人分の食器を乾燥できるこちらの食器乾燥機は、コンパクトなサイズでキッチンの限られたスペースに配置できるのが特徴です。90℃のパワフルな温風で乾燥させるため、6人分の食器を入れても標準乾燥時間約45分と短い時間で乾燥できるのも魅力。

また、樹脂かごやはし立てには抗菌作用がある銀イオンを練り込んでいるので、食器や乾燥機内を清潔に保つ効果が期待できますよ。さらに別売りの排水ホースを取り付ければ、水捨ての手間も省けます。

PR
タイガー魔法瓶 食器乾燥器 サラピッカ 6人用 DHG-T400W

商品情報

サイズ:50.2×37.2×37.6㎝(幅×奥行×高さ)ふたを開けた時の高さ38.4cm 本体質量:4.4kg
電源:AC100V最大消費電力:305W
保証年数:1年

衛生面が気になる人におすすめなのがこちらの食器乾燥機です。空気を吸い込む吸気口にAg抗菌加工フィルターが付いているため、フィルターを通してきれいな空気で乾燥させるのが特徴。水アカが発生しやすい水受け部分にもAg抗菌加工が施されているのもポイント。

そのほかに約100℃の高温(吹き出し口温度)が出るのも魅力のひとつ。食器やまな板、ふきんまでしっかりと乾燥させられます。タイマー付きで電気代を抑えられるのもうれしいですね。

PR
象印マホービン 食器乾燥機 EY-GB50AM-HA

商品情報

外形寸法(幅×奥行×高さ 約cm):44.0×31.0×54.0
本体重量(kg):5.5
消費電力(W):265
設置タイプ: フリースタンディング

限られたスペースに設置できる食器乾燥機をお探しならこちらがおすすめ。たて型タイプながら食器約5人分を乾燥できるのが特徴で、コップやまな板もすっぽり収まります。食器が少ないときは25分、標準食器5人分を乾燥できる40分、夏や暑い日に使って電気代を節約できる送風仕上げ55分の3つのコースから選んで乾燥可能。各パーツは分解し丸洗いできるため、清潔に保ちたい人にも向いていますよ。

PR
三菱電機 食器乾燥機 TK-E50A

商品情報

材質: ステンレス鋼
商品寸法 (長さx幅x高さ): 42.6 x 48.8 x 35.4 cm
ブランド: 三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
商品の重量: 4.1 キログラム

まな板専用乾燥室付きの食器乾燥機です。庫内を邪魔せずまな板を乾燥できるため、一度に約6人分の食器とまな板を同時に乾燥できるのが特徴。大容量タイプで27cmの大皿も2枚まで乾燥できるのも見逃せません。

また、ロング排水ホースが付属しており、左右どちらにシンクがあっても排水可能なので置き場所に困らないのも助かりますね。最大60分まで設定できるタイマー付きなので食器の数に合わせて調節できるのもうれしいポイントです。

東芝 食器乾燥機 VD-B5S(LK)

静音性の高い食器乾燥機を探している人におすすめ。静音設計で約32dBと、稼働音が小さく夜間の使用や子どものいる家庭にもぴったりです。抗菌はし立てや抗菌包丁ケースなど、庫内を清潔に保てるよう工夫が凝らされています。

さらに6人分の食器とまな板が入るのに幅が44.4cmとコンパクトなサイズで配置できるので狭いキッチンでも置きやすいですね。最大60分のタイマー設定が可能です。

PR
コイズミ 食器乾燥機 KDE-6000/W

商品情報

サイズ:高さ42.7×幅47.7×奥行47cm
電源:AC100V 50Hz/60Hz
消費電力:270W
保証期間:1年
付属品:はし立て、取扱説明書、保証書

約90℃(吹き出し口温度)の温風でしっかりと食器を乾燥できる食器乾燥機。約6人分の食器を乾燥でき、ハイパワーながら静音設計で稼働音が気にならないのが特徴のひとつです。庫内は銀イオン加工されているため毎日気持ちよく使えます。ステンレス製のかごは錆びにくく頑丈なので長く使えますよ。タイマー付きで食器に合わせた乾燥時間を設定でき、6人分の食器は約45分で乾燥が完了しますよ。

象印 食器乾燥機 EY-JF50-HA

80cmのロング排水ホースが付いたこちらの食器乾燥機は、コンパクトサイズなのに約5人分、27点もの食器が入ります。ワイドオープンふたを採用し大皿でも出し入れしやすく、セルフスタンド構造により深めの食器も立たせた状態で乾燥できますよ。

ステンレストレーやはし立て、本体など乾燥ユニットを除いて丸洗いができるのもポイント。お手入れの手間を省きたい人にもぴったりです。水受けやはし立ては銀イオンを配合した抗菌加工を施していますよ。

PR
BelleLife 食器乾燥機 5人分

商品情報

ブランド: BelleLife
設置タイプ: フリースタンディング
商品の寸法: 31.8D x 36.9W x 47.7H cm
特徴: Uv 滅菌
制御タイプ: タッチ
動作周波数: 50 Hz

おしゃれで実用性の高いの食器乾燥機を探している人におすすめ。4つのモードを選べるスマートタッチパネルを採用しており、一目で残りの乾燥時間や設定時間が分かります。拭き出し口が3ヶ所あるため、効率よく食器を乾燥できますよ。

限られたスペースにも配置できる縦型で、まな板や包丁を置ける場所があるのもポイント。各パーツは丸洗い可能なのでお手入れも簡単です。おしゃれな見た目ながら55dBと、静音設計なのも魅力のひとつ。デザイン性と実用性を兼ね備えているため、プレゼントにもぴったりな一品です。

PR
サンコーシンク横に置ける食器乾燥機Slim

商品情報

■シンク横に置けるコンパクトな食器乾燥機
■60~90度の温風でしっかり乾燥
■UVライトで除菌
■2人分の食器が乾燥できる 

コンパクトなサイズと90°に開くスライド式の蓋が特徴の食器乾燥機。2人分の食器乾燥が可能で、シンクの横に置いても邪魔になりません。蓋を開けても高さがあまり変わらず片手で開閉しやすいですよ。電源を入れて蓋を閉めれば自動で乾燥を行うので、消し忘れの心配がないのも魅力です。除菌効果が期待できるUVライトを内蔵しており、清潔な状態をキープできますよ。

PR
三菱電機 食器乾燥機 ダイヤル式 6人用 TK-TS20A-H

商品情報

容量(約):6人分
消費電力:285W
本体サイズ(約):幅48.8×奥行42.6×高さ35.4(ふた開口時:37.8)cm
重量:4.5kg
付属品:1m抗菌ロング排水ホース、はし立て  

まな板専用乾燥室のついたこちらの食器乾燥機は、タイマー操作部分やはし立てにSIAA認定抗菌加工がされており清潔さを保てるのが特徴です。約6人分の食器を同時に乾燥できるのに加え、まな板専用乾燥室付きなので乾燥スペースを圧迫しにくいのも魅力。

シンク部分はいつでも取り外して洗えるので、汚れが気になったときもお手入れが簡単にできますよ。100cmのロング排水ホースで、左右どちらでも排水できるため置き場所に困らないのも助かりますね。

PR
象印 食器乾燥器 EY-SB60-XH

商品情報

  本体寸法:410mm*520mm*415mm(6kg)
・かごをセットしたまま、出して洗えるステンレストレー
・汚れがつきにくい「クリアコートステンレスボディ」
・分解して洗える「とことんキレイ」  

お手入れのしやすさが魅力の食器乾燥機。食器を乗せた状態でステンレストレーを洗えるため、汚れに気付いたときにさっと洗える手軽さが特徴です。かごやはし立て、ボディはステンレス製で汚れがつきにくく、全て分解して洗えるため清潔な状態を保ちやすいのもポイント。ソフト乾燥コースが付いているので、耐熱温度内であれば樹脂製の食器も乾燥可能です。

食器を拭く手間を省ける食器乾燥機で衛生面にも配慮しよう

食器乾燥機は自然乾燥よりも早く乾き、ふきんで拭いたときのようなわずかな水気も残しません。毎回食器を拭く手間も省けるため、夜遅く帰宅したときや子どもがいて時間がないときにも活躍してくれますよ。タイマー機能や静音が付いたものをライフスタイルに合わせて有効活用していきましょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

新着記事

カテゴリー