この記事で紹介されている商品

レトルト離乳食のおすすめ15選!無添加タイプや持ち運びに便利なタイプまで人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

赤ちゃんに欠かせない離乳食ですが、毎日手づくりするのは大変ですよね。「レトルト離乳食」は、外出時に持ち運びできたり冷凍して長期保存できたりと便利なアイテムです。

本記事では、おすすめのレトルト離乳食や選び方を解説します。出産祝いにぴったりなものや無添加のものもご紹介するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

レトルト離乳食を選ぶ時のポイント

開封したらそのまま食べられるレトルト離乳食は、家でも外出先でも手軽に使えるのが魅力です。しかし、多くのメーカーからさまざまな商品が販売されているので、どの商品を選んだらいいのか迷いますよね。ここでは、レトルト離乳食を選ぶポイントをご紹介します。

1.赤ちゃんの月齢に合わせて選ぼう

レトルト離乳食は、赤ちゃんの月齢に合わせてやわらかさや味が調整されています。パッケージにも適した月齢が記載されていますが、月齢によって赤ちゃんが食べられる食材や形状を知っておくと商品を選びやすくなるでしょう。

離乳食を始めた5~6か月は、なめらかにすりつぶしてペースト状にしたイモや豆腐、白身魚など。7~8か月になると赤ちゃん自身の舌でつぶせるやわらかさの食材が食べられるようになり、うどんや鶏肉、卵、白身や赤身の魚など食べられる食材が増えてきます。

また、9~11か月はパスタやバナナなど歯ぐきでつぶせる固さの食材を、12~18か月になると肉団子やハム、きのこなど歯ぐきで噛める固さの食材を選んでOKです。赤ちゃんによって食べられる食材や固さには差があるので、あくまでも目安として参考にしてみてくださいね。

2.アレルギー表示を必ず確認しよう

赤ちゃんが食物アレルギーかもしれない場合、アレルゲンが含まれる商品は避けたいですよね。どの食品もアレルギーの要因になる可能性はありますが、特にアレルギーの発症に注意が必要なのは、えび・かに・小麦・そば・卵・乳・落花生(ピーナッツ)の7品目です。これらは「特定原材料」として表示が義務づけられているので、商品を選ぶときの参考にしましょう。

また、アレルゲンをできるだけ避けたい場合は、アーモンドやあわび、くるみなど、特定原材料に準ずる21品目に指定されている食材も確認しておいてくださいね。

参照:国民生活センター アレルギー表示

3.添加物については原材料を確認しよう

レトルト離乳食は赤ちゃんが食べるものなので、添加物が含まれているのかどうかは気になるポイントです。着色料や香料、保存料、増粘剤などさまざまな種類がありますが、いずれも安全基準を満たしているので、あまり気にする必要はありません。

とはいえ、購入前に成分表を確認し、どのような添加物が含まれているのかを直接把握しておけば安心して食べられるでしょう。どうしても気になる場合は、オーガニックのレトルト離乳食も検討してみてくださいね。

4.お出かけには持ち運びパックがおすすめ

レトルト離乳食を外出先でも食べさせたい場合は、容器のまま持ち運べるタイプを選ぶのがおすすめです。特に袋状のパウチタイプは保管しやすく、常温で食べられるので、温める手間がかかりません。食べるときは中身をお皿に移す必要がありますが、使い捨てできる紙皿などを一緒に持って外出すれば使いやすいですよ。

また、カップタイプは、フィルムを剥がすだけでそのまま食べられるのが魅力です。お皿は不要で、スプーンがあればすぐ赤ちゃんに食べさせられるので、お出かけ先でも活躍してくれます。

お出かけに便利!そのまま食べられるレトルト離乳食4選

レトルト離乳食の魅力のひとつは、家だけでなくお出かけ先でも手軽に食べられることです。バッグに入れて持ち運びしやすい、パッケージ自体が容器になってお皿がいらないといった特徴があり、赤ちゃんの食事の準備を手軽におこなえます。

ここでは、お出かけに便利なレトルト離乳食をご紹介します。

PR
キユーピーベビーフード 瓶詰 バラエティセット

商品情報

対象年齢:5か月
内容量:70g (6種×2個)
商品サイズ(高さx奥行x幅):62mmx128mmx379mm
ブラント名: キユーピー

離乳食初期の赤ちゃん向けレトルト離乳食です。ガラス瓶に入っているので外出時に持ち運びしやすいうえに、開封したらすぐ食べさせられるのでとっても便利!野菜の裏ごしとおかゆ、おかずを組み合わせた6種類が各2個ずつセットになっているので、まとめ買いしておくのもおすすめですよ。

PR
キユーピー ベビーフード すまいるカップ アソートセット

商品情報

対象年齢: 12~24か月
内容量:6種×2個
商品サイズ(高さx奥行x幅):120mm×175mm×258mm

離乳食完了期に入る12か月頃からの赤ちゃん向けレトルト離乳食です。歯ぐきでつぶせる固さのメニューが6種類12個セットになっています。持ち運びしやすいカップタイプなので、お皿を使う必要がなく外出先でも使いやすいです。加熱OKなので電子レンジで少し温めることもできますよ。

PR
キユーピー ベビーフード こだわりのひとさじ

商品情報

内容量:5種 12個セット
商品サイズ(高さx奥行x幅):62mm×128mm×379mm
7ヵ月頃からの赤ちゃんに。

7か月頃からの赤ちゃんが食べやすいやわらかさと味で、原材料の産地や栄養バランスにもこだわった5種類12個入りのアソートセットです。食材を変えてアレンジすれば離乳食完了期まで継続して使えますよ。フタをあけてそのまま食べられるため、お皿を使わずに済むのが便利ですね。

PR
the kindest(カインデスト)野菜ピューレセット

商品情報

商品タイプ ‎ピューレ
成長期別 ‎5か月頃~
メーカー ‎株式会社MiL

常温でも手軽に食べられるレトルト離乳食です。5種類の野菜ピューレがパウチされたセットで、使いたい分だけ出して使用できます。常温保存だけでなく冷凍保存も可能です。国産の食材にこだわり、化学調味料や着色料、香料、保存料を最小限にしています。安全基準をクリアした乳児用規格適用食品なので安心して使えますよ。

無添加・オーガニックのレトルト離乳食3選

レトルト離乳食を使いたいけれど添加物が気になるという人もいるでしょう。過度に心配する必要はありませんが、安全性を重視したい場合は添加物が入っていない商品を選ぶのがおすすめです。

また、日本では有機JASマークがついた商品が、オーガニック商品にあたります。原材料の産地や食品添加物の有無、製造方法などの情報がラベルに表記されていれば、内容を確認できるので安心ですね。

ここでは無添加・オーガニックタイプのレトルト離乳食をご紹介します。

PR
GreenMind(グリーンマインド) ベビーフード オーガニック

商品情報

適齢期:離乳食前中期(目安:生後7~8ヶ月頃)
原材料:有機米(オーガニック:兵庫県産コシヒカリ)、だし(かつお節:鹿児島県枕崎産、こんぶ:北海道黒口浜産)
内容量:80g×5個

素材にこだわったおかゆがセットになったレトルト離乳食です。兵庫県産の有機米を原材料としており、生後7~8か月頃の赤ちゃんが食べやすいよう、つぶつぶが少し残った状態でやわらかく仕上げています。特定原材料を使用していないオーガニック商品で、かつお節と昆布のだしが効いたやさしい風味が特徴です。

PR
ベビービオ 有機ベビースムージー

商品情報

原材料:有機りんご、有機にんじん、有機レモン、有機さつまいも、有機いちご、有機バニラ有機オレンジ、有機バナナ有機プルーン有機キウイフルーツ、有機マンゴー、有機ココナッツミルク
商品サイズ(高さx奥行x幅):20cm×15cm×7.24cm
原産国:フランス

野菜や果物の自然な甘みがおいしいレトルト離乳食です。有機栽培でつくられた野菜と果物をブレンドした商品で、砂糖などの甘味料や添加物は一切含んでいません。6種類の味がセットになっていて生後6か月頃から利用できます。スムージーになっているので開封してすぐ使えるうえ、パウチタイプのため外出先で離乳食を食べさせたいときにも便利ですよ。

PR
リトルワンズ 無添加 国産有機野菜・天然食材の離乳食

商品情報

・12ヶ月頃から
・6個セット(3種×2袋) Cセット

厳選された食材を使って仕上げられたレトルト離乳食です。有機・無農薬で育てられた国産野菜や天然の魚介類、無投薬で育てた牛や豚や平飼い鶏など、こだわりをもって選んだ食材だけでつくられています。かつお節と昆布からとった天然だしや有機醤油などで味付けたやさしい味が特徴です。乳児用規格適用食品なので、安心して食べさせられるのもうれしいですね。

お財布にやさしい!まとめ買いできるレトルト離乳食8選

赤ちゃんの食事として活用できるレトルト離乳食は、いざという時に使えるようストックしておくと便利です。また、毎日レトルト離乳食を利用する場合は添加物が含まれているかどうかも気になりますね。ここからは、まとめ買いにおすすめのレトルト離乳食をご紹介します。

PR
キユーピー レンジでチンするハッピーレシピ

商品情報

対象年齢 ‎9か月~
商品の個数 10個
ブランド キユーピー ベビーフード

電子レンジで温めるだけで食べられるレトルト離乳食です。パウチの上部だけを切り取り、電子レンジで10秒温めるだけなので簡単に準備をおこなえます。パウチのまま中身をすくって食べさせられるため、食器がいらないのもポイントです。ごはん3種類、スープとシチューの5種類の味が各2個入った味のバリエーション豊富なセットです。

PR
キユーピー ハッピーレシピ バラエティセット

商品情報

成長期別:‎9か月
内容量:80g×12袋(6種×2袋)
着色料・保存料・香料不使用

月齢9か月以降の赤ちゃん向けでご飯やおかず、麺のメニュー6種類が各2パッケージ入っています。日替わりで使えるので献立を考える手間がかかりません。野菜がたっぷり入っているため、栄養バランスも整っています。そのまま食べてもご飯にかけて食べてもOK。常温だけでなく少し温めるとさらに食べやすいですよ。

PR
和光堂 具たっぷり グーグーキッチン 7か月頃から

商品情報

対象年齢:7か月頃から
全8種×2 計16個アソート

16種類のメニューがセットになったレトルト離乳食です。離乳食中期に入る7か月頃からの赤ちゃんが食べやすいよう、具材の大きさややわらかさを工夫してあります。ご飯やおかず、麺類など8種類のメニューが各2個あるので、日替わりで使えば離乳食を準備する負担も減らせますよ。外出先でも使いやすいカップタイプです。

PR
和光堂 具たっぷり グーグーキッチン 9か月頃から

商品情報

対象年齢:9か月頃から
16種アソート

多彩な味が楽しめるレトルト離乳食です。9か月頃からの離乳食後期の赤ちゃんに適した具材の大きさややわらかさで仕上げてあり、赤ちゃんが食べやすいよう工夫されています。ご飯やおかず、麺類など16種類ものメニューが1セットになっているので選ぶ楽しみも味わえますね。ストックしておけば忙しいときにも重宝しますよ。

PR
和光堂 具たっぷり グーグーキッチン 12か月頃から

商品情報

対象年齢:12か月頃から
6種×2袋(12袋)

栄養素がたっぷり入ったレトルト離乳食で、手作りメニューでは不足しがちなたんぱく素材を補うことができます。鉄やカルシウムも含まれているのがうれしいですね。肉や魚、レバーなど、離乳食完了期に取り入れたい食材がしっかり入っているだけでなく、味のバリエーションが豊富なのも魅力です。ご飯にかけるだけのメニューもあるので、準備が簡単ですよ。

PR
和光堂 栄養マルシェ しらすの雑炊

商品情報

7か月頃から
内容量:80g×2
原材料:野菜(にんじん、キャベツ、たまねぎ)、精白米(国産)、しらす、ちりめんエキス、米酢、増粘剤(加工でん粉)

カップタイプで持ち運びしやすいレトルト離乳食です。容器をそのまま食器として使えるだけでなく、使い捨てスプーンが付いているため外出先で気軽に食べられます。しらすの美味しさがしっかり感じられる味で、にんじんやキャベツ・玉ねぎも入っているため栄養バランスは抜群ですよ。7か月頃からの赤ちゃんが食べやすいやわらかな食感の雑炊です。

PR
ママセレクト SO・DA・TU 野菜フレーク 4袋セットB

商品情報

・じゃがいもフレーク 60g
・スイートコーンパウダー 50g
・かぼちゃフレーク 50g
・ほうれん草パウダー 40g

裏ごし野菜が簡単にできるレトルト離乳食です。野菜フレークをお皿に入れ、湯ざましで溶かすだけなのでとても簡単。水やミルクでも溶かすことができ、成長に合わせてスープやおかゆ、ハンバーグなどさまざまなメニューに使えます。食塩や砂糖などの調味料や保存料・着色料が使われておらず、食材のひとつとして取り入れやすいのがポイントです。

PR
the kindest(カインデスト)ライスシリアル はじめてのおかゆ

商品情報

商品の形状: 粉末
対象年齢: 5か月頃~
個数: 3

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんも食べられるレトルト離乳食です。国産コシヒカリを100%使用し、粉末にしてお湯かミルクと混ぜて食べるシリアルタイプのおかゆとなっています。ピューレ状にした野菜と混ぜれば、栄養満点な離乳食に仕上がりますよ。保存料・香料・着色料は使われていません。月齢が進めばパンケーキやクッキーの材料に混ぜて使えるため、離乳食完了期まで続けて使えます。

レトルト離乳食の注意点

離乳食が始まった赤ちゃんは日々成長しますが、月齢によって食べられる食材のやわらかさが異なります。離乳食を始めた5~6か月はペースト状、離乳食中期の7~8か月は舌でつぶせるやわらかさ、後期に入った9~11か月は歯ぐきでつぶせる状態、完了期の12~18か月は歯ぐきで噛める状態のメニューを選ぶことが大切です。個人差もあるため目安としておいて、商品パッケージに表示された月齢を参考に選びましょう。

また、食物アレルギーが気になる場合は、アレルゲンが含まれる商品を避けるのがおすすめです。特に、アレルギー発症の事例が多く症状が重篤になる可能性がある特定原材料(えび・かに・小麦・そば・卵・乳・落花生)の7品目が入っていないかを確認してくださいね。

レトルト離乳食は自宅でも外出先でも手軽に使えて便利!

毎日の離乳食づくりをサポートしてくれるレトルト離乳食。選ぶときは、月齢やアレルギー表示を確認することはもちろん、添加物や食べやすさなどの項目をチェックするのも大切です。今回ご紹介した内容を参考にしていただき、赤ちゃんにもお父さん・お母さんにもうれしいレトルト離乳食を選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のベビー・マタニティカテゴリー

新着記事

カテゴリー