この記事で紹介されている商品

エッグスチーマーのおすすめ10選!調理時間は?温泉卵に特化したアイテムもご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ゆで卵や温泉卵を手軽に作れる「エッグスチーマー」は、1台あると重宝するキッチンアイテムです。コイズミやレコルトなどさまざまな有名メーカーから販売されていますよ。今回は、加熱時間や火加減を気にせずに使えて便利なエッグスチーマーの選び方や、おすすめの商品をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

エッグスチーマーとは|魅力は?

エッグスチーマーは、ゆで卵や温泉卵を手間をかけずに作れるキッチングッズです。水と卵をセットしてスイッチを押したり、電子レンジで加熱するだけで簡単にゆで卵を作れるのが特徴。固ゆで卵、半熟卵、温泉卵などゆで加減を設定できるタイプもあり、自分好みの固さで卵を食べられますよ。エッグスチーマーでゆで卵を作る際は、沸騰時間やゆで時間を計測する必要がないので、ほかの家事や調理も同時に進められて効率良く時間を使えるのも嬉しいポイントです。作りたい個数をセットできるものやお手入れのしやすいものを見つけて、日々の料理にエッグスチーマーを活用してみましょう。

完成までにどのくらい時間がかかるの?

エッグスチーマーによる調理時間は、固ゆで卵なら約12〜16分、半熟卵なら約10〜14分が目安とされていますよ。完成までの時間は製品により異なりますが、速いものでは約6分ほどで半熟卵を作れるタイプも。調理時間は家事の効率を考えるうえで大切なポイントです。気になるものが見つかったら、購入前にぜひ調理時間をチェックしておいてくださいね。

エッグスチーマーの選び方|5つのポイント

エッグスチーマーにはさまざまな種類があるので、いざ購入しようとしてもどれを選ぶか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?エッグスチーマーを選ぶ際は以下の5つのポイントに注目してみてください。

・調理法の違いによるタイプ

・調理できる卵の個数

・サイズと重さ

・便利な機能

・お手入れのしやすさ

使いやすい加熱方法や作りたいゆで卵の数はもちろんですが、安心して使うための機能や取り扱いのしやすさも重要です。1つずつポイントをチェックして、お気に入りの1点を手に入れましょう。

1.タイプで選ぶ!それぞれの特徴を解説

エッグスチーマーは「コンセントタイプ」「電子レンジタイプ」「お湯タイプ」の3種類に分類できます。タイプにより得意な卵の固さや調理時間が異なるので、それぞれの違いを確認して自分に合うものを選んでみてくださいね。以下で詳しく解説していきます。

「コンセントタイプ」ほったらかしでOK

とにかく簡単にゆで卵を作りたい方には「コンセントタイプ」がおすすめです。作業工程は卵をセットして水を入れスイッチを押すだけ。固ゆで卵、半熟卵、温泉卵などいくつかのモードを搭載したものがほとんどで、待っているだけで好きな固さの卵に仕上がりますよ。

コンセントタイプならガスコンロや電子レンジがふさがっていても使えるため、ほかの作業をしながらでもゆで卵を用意でき、時短調理にも繋がりますね。使い方はとても簡単で、一台あると重宝するでしょう。

「電子レンジタイプ」少量ならこれ!

少量のゆで卵を手軽に作りたい方は「電子レンジタイプ」のエッグスチーマーに注目しましょう。2〜3個と少なめの量を作れる製品が豊富に揃っていて、お手頃価格で購入できる商品が多くあるのも魅力のひとつです。試しにエッグスチーマーを使ってみたいという方にもおすすめですよ。

水と卵をセットして電子レンジで加熱するだけなので、作業はとても簡単。一定時間電子レンジで加熱したあとは、余熱で固ゆでにする製品もあります。

「お湯タイプ」電気不使用!アウトドアにも

電気不使用でゆで卵を作りたい場合は「お湯タイプ」のエッグスチーマーを選んでみてはいかがでしょうか。エッグスチーマーに入れた卵にお湯を注いで待つだけで簡単にゆで卵を作れます。温度管理が難しいとされる温泉卵を作りたい方にもおすすめです。

また、キャンプやバーベキューなどの電気を使えない場所でも、焚き火で沸かしたお湯を使えば、できたてのゆで卵や温泉卵を味わえますよ。

一方で、「コンセントタイプ」や「電子レンジタイプ」に比べて調理時間がかかるといった難点も。あまり時間をかけずに急いで作りたい方は、他のタイプも検討しましょう。

2.調理できる卵の個数で選ぶ

エッグスチーマーは商品により一度に作れる個数が異なります。そのため家族の人数や作りたい個数に合うものを選びましょう。

一度に調理できる個数は1〜6個が主流ですが、なかには10個以上作れる製品も販売されています。豚の角煮やポテトサラダなど、ゆで卵をたっぷり使用したレシピを作りたい方は要チェックです。しかし、調理できる卵の個数が多くなると調理にかかる時間も長くなってしまう可能性があります。購入する際は調理時間もあわせて確認しておきたいですね。

3.サイズ・重さをチェック

エッグスチーマーを選ぶときは、サイズと重さの確認も大切です。特に「電子レンジタイプ」を購入する場合は、使用する電子レンジの中に入るかどうかを必ず確認しましょう。

なかには、2段構造で本体サイズが大きいものも。エッグスチーマーを使わないときにしまっておくなら、キッチンボードの棚といった収納したい場所に入るサイズかもチェックするとよいですよ。

また、重さは1kg未満のタイプがベター。軽量なものなら取り扱いがしやすく、キャンプやバーベキューなどに持参する際の負担も軽減できるでしょう。

4.便利な機能に注目!

エッグスチーマーは一見シンプルな構造の調理器具ですが、あると嬉しい機能が付いた製品も豊富です。ここでは「ゆで加減調節機能」「空焚き防止機能」「蒸し調理機能」の3種類について解説します。

「ゆで加減調節機能」仕上がりにこだわる!

ゆで卵の仕上がりにこだわりたい方は「ゆで加減調節機能」が搭載された商品に注目しましょう。固ゆで卵、半熟卵、温泉卵など、1台でさまざまなゆで加減が調節できれば食事の楽しみが広がりますね。特に「コンセントタイプ」のエッグスチーマーはゆで加減を細かく設定できるものが多い傾向にあります。スイッチを押すだけでゆで加減を決められる手軽さも魅力ですよ。

「空焚き防止機能」安心安全!

エッグスチーマーには「空焚き防止機能」が搭載されたものもありますよ。水が空っぽになると自動で電源を切ってくれるため、家事や朝の準備で忙しいときも安心してゆで卵を作れます。ほったらかし調理ができるエッグスチーマーならではの便利な機能ですね。

「蒸し調理機能」

汎用性の高いエッグスチーマーが気になる方は「蒸し調理機能」のある製品がおすすめです。ゆで卵だけでなく、茶碗蒸しやシュウマイ、サラダチキン、オムレツなど蒸し調理を気軽に楽しめます。

蒸し調理専用の深めのケースが付いたものや食材をたっぷり入れられる2段式タイプが多く、通常のエッグスチーマーよりもサイズが大きめに作られているのが特徴です。一方、機能性に優れている分、価格が高い傾向にあるため予算に見合っているかもチェックしてくださいね。

5.お手入れのしやすさも大事

エッグスチーマーは調理器具なので、しっかりとお手入れをして清潔に保ちたいもの。卵を置くトレイや水を張る容器などのパーツをすべて取り外せるものだと洗いやすく便利です。本体も含めて丸洗いしたいなら、「電子レンジタイプ」や「お湯タイプ」から丸洗い可能な製品を探してみてください。

とにかく簡単にお手入れをしたいなら、食洗機対応のものをチェックしましょう。特にエッグスチーマーを頻繁に使用する方は、日々のお手入れがラクになると嬉しいですよね。

タイプ別!おすすめエッグスチーマー10選

ここからは、おすすめのエッグスチーマーを「コンセントタイプ」「電子レンジタイプ」「お湯タイプ」の3つのタイプ別にご紹介します。調理の手軽さや作れるゆで卵の特徴、価格、プラスアルファ機能など、それぞれの魅力をチェックして使いやすいものを選びましょう。

ほったらかしでOK!コンセントタイプ4選

電気コードを繋いで好きな場所で使える「コンセントタイプ」のエッグスチーマー4点をご紹介します。ほったらかしで作れるので、忙しい朝や家事の合間にゆで卵を作りたい方にもおすすめです。ゆで加減を細かく設定できるものもピックアップしたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

PR
コイズミ(Koizumi) エッグスチーマー プラス ゆでたまご器 KES-0401/S

商品情報

色: シルバー、ブランド: コイズミ(Koizumi)、商品寸法 (長さx幅x高さ): 23 x 11 x 13 cm、商品の重量: 0.6 キログラム

こちらはゆで卵を6個、温泉卵を3個まで作れるコイズミの「エッグスチーマープラス」です。固ゆで卵、半熟卵、温泉卵の3つの固さを選べます。蒸し用プレート付属でゆで卵だけでなく、温野菜やシュウマイの温めなどの蒸し料理にも使えて便利です。計量カップや掃除用のブラシもセットになっているため、これ1つで準備から後片付けまで行えますよ。

PR
THANKO超高速エッグスチーマー S-3ES21S

商品情報

【サイズ】高さ136×幅195×奥行84(mm)【重量】約390g(蓋含む)【ケーブル長】約70cm 【電源】AC100V 50/60Hz 【定格消費電力】210W

ゆで卵を最短約6分で作れるため忙しい方や時間のない朝にぴったりです。卵は3個までセットでき、1〜2人分のゆで卵を作れますよ。水量と調理時間を調節することで、超半熟、半熟、やや半熟、固ゆでの4段階の固さにできるのも魅力的。幅と奥行きが500mlペットボトルとほぼ同じ大きさなので使わないときも収納しやすいですね。

PR
レコルト エッグスチーマー RES-1 recolte Egg Steamer

商品情報

色: ホワイト、ブランド: Récolte、商品寸法 (長さx幅x高さ): 8 x 6.5 x 15.5 cm、商品の重量: 270 グラム、容量: 500 ml

鶏卵だけでなく、うずらの卵もセットできるレコルトのエッグスチーマーです。鶏卵は1個、うずらの卵は5個までを一度に調理することができ、ゆで卵をときどき作りたい方や一人暮らしの方におすすめです。計量カップには、卵の殻を剥きやすくするための穴開けピンが付いています。縦長のスタイリッシュな形状が特徴的。500mlペットボトルよりもコンパクトなのでキッチンに置いても場所を取りにくいですね。

PR
Qurra(たまくっく) ゆでたまご器 3R-EGG01WT

商品情報

色: ホワイト、ブランド: Qurra、商品の寸法: 17.8L x 7.3W x 8.3H cm

最大3個のゆで卵を作れるエッグスチーマー「たまくっく」。半熟も固ゆでも好みやレシピに合わせて作れますよ。付属品には給水に欠かせない計量カップのほか、便利なエッグカッターもあるのが嬉しいポイント!キッチンや食卓に馴染みやすいカラーと丸みのあるデザインも素敵ですね。

レンチンするだけ!電子レンジタイプ3選

以下では「電子レンジタイプ」のエッグスチーマーを3点をご紹介します。電子レンジで加熱したあとは調理時間の半分を予熱で補える製品もあり、電気代を少しでも節約したい方にもぴったりです。すべて1,000円台というお手頃価格の3点を集めました。エッグスチーマーがどのようなものか試してみたい方にもおすすめですよ。

PR
曙産業 ゆでたまご器 3個用 RE-278

商品情報

本体: ポリプロピレン・耐熱温度120℃、耐冷温度-20℃手順もカンタン、時間も短縮メーカー型番: RE-278寸法:約全幅15×奥行12.4×全高13.7(cm)

ゆで卵型のデザインがかわいい電子レンジタイプのエッグスチーマーです。水と卵をセットして、電子レンジでチンするだけなので工程はとても簡単。一度に3個のゆで卵を作れます。電子レンジで加熱したあとは、予熱を利用するため電気代の節約にも繋がりますね。樹脂製の持ち手や2か所のロックがついているのもメリットです。

PR
和平フレイズ 電子レンジでらくちん! ゆで卵 2個用 AME-7392

商品情報

サイズ(外寸):約16.7×10.3×10.7cm、重量:約150g、樹脂部:ポリプロピレン(耐熱温度140度/耐冷温度-20度)、金属部:アルミニウム(アルマイト加工)

卵を2個セットできる電子レンジ専用のエッグスチーマー。コンパクトサイズのため、一人暮らしで使用する小さめの電子レンジでも使いやすいのが嬉しいですね。両サイドに持ち手がついているため、電子レンジに出し入れする際も扱いやすいのがメリット。500〜600Wの電子レンジで約7分加熱したあと、残りの7分間は余熱調理が可能となっています。

PR
パール金属 レンジ 調理 ゆで卵 たまご 3個用 レンジピヨ 日本製 C-248

商品情報

サイズ:(約)幅150×奥行130×高さ135mm、重量:(約)160g、材質:樹脂部/ポリプロピレン(耐熱温度120度、耐冷温度-20度)、金属部/アルミニウム合金(アルマイト加工)

こちらのエッグスチーマーは、卵を3個セットできる電子レンジタイプです。卵型のデザインに加えて、ひよこのイラストが描かれたデザインもかわいいですね。持ち手が付いているため扱いやすく、電子レンジへの出し入れもスムーズ。加熱中はフタをストッパーでしっかりとロックできるのも魅力的です。

温泉卵を作るなら!お湯タイプ3選

温度や時間調節が難しく作るのが大変とも言われる温泉卵。そんな温泉卵の調理に便利なお湯タイプのエッグスチーマーをご紹介します。カレーやつくね、サラダうどんなど温泉卵を乗せると美味しいレシピにも大活躍。おすすめ商品3点をぜひご覧になってくださいね。

PR
セイエイ(Seiei) 新温玉ごっこ 4個用 18536

商品情報

サイズ:17×14×12.5cm、材質:ポリプロピレン、ポリエチレンフォーム、生産国:日本、耐熱温度:外装材/120℃、断熱材/100℃、耐冷温度:-20℃

こちらは一度に4個の温泉卵を作れるエッグスチーマーです。夕飯のメニューに温泉卵を追加したいときなど、ファミリーの食卓にうってつけ。容器に卵をセットしてお湯を注ぐだけなので、工程はとても簡単です。保冷性も高いため、使わないときはアイスペールとして代用できますよ。

PR
アンドエヌイー(&NE) nikii 抗菌加工 温泉卵 エッグメーカー NSS-216

商品情報

商品サイズ( 約 ):幅14.8×奥行11.5×高さ10.5cm、材質:外装材/ポリプロピレン・断熱材/ポリエチレンフォーム、抗菌加工、生産国:日本

自宅で手軽に温泉卵を2個まで作れるコンパクトサイズのエッグスチーマーです。丸みのあるフォルムが可愛らしく、キッチンに馴染むベーシックなカラーも素敵ですね。保温保冷効果の高い容器は、3重の断熱構造。卵以外の保温容器としても使用でき、こちらもアイスペールとして氷を入れられます。

PR
曙産業 温泉卵器 ezegg EZ-290

商品情報

サイズ:約203×186×133mm、重量:約312g、容量(内容器):約900ml、材質:ポリプロピレン(耐熱温度120℃/耐冷温度-20℃)、生産国:日本

4個の温泉卵を作れる日本製のエッグスチーマー。卵をセットする穴が4つあり、お湯を注いでもぐらつきにくく綺麗な温泉卵を作れますよ。フタには作り方のイラストと文章がプリントされているのもポイント。使い方や目安の時間を忘れてしまったときに、取り扱い説明書が無くてもすぐに確認できるのが嬉しいですね。

エッグスチーマーがあればゆでたまごを簡単&きれいに作れる!

ゆで卵をラクに作れるエッグスチーマーの選び方や、おすすめの商品をご紹介しました。自分で作ると、固さや黄味の位置が思いどおりにならないゆで卵。エッグスチーマーなら容器にセットして加熱するだけで、簡単に綺麗なゆで卵を用意できます。卵の固さを調節できるものや蒸し料理に使えるものなど豊富な種類から、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

※製品画像はAmazonより

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー