この記事で紹介されている商品

【2023年】おしゃれな一輪挿し9選!おすすめの形や素材、デザインを紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

好きな花を手軽におしゃれに飾れる「一輪挿し」。しかし、形や素材などさまざまな種類がありどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。そこでこの記事では、おしゃれな一輪挿しの選び方を徹底解説します。飾る場所や季節、花に合わせた選び方を詳しく解説しているので、ぜひ一輪挿し選びの参考にしてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

気軽に花を楽しめる「一輪挿し」

部屋に季節の花や好きな花を飾ると、日常生活に彩りが感じられて素敵ですよね。ただ「生け花は技術や知識が必要そうでハードルが高い」と思っている方も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめのアイテムが一輪挿しです。一輪挿しなら好みの花を1〜2輪挿すだけなので、気軽に花を生けられます。また、一輪挿しはデザイン性の高いアイテムが多く、飾るだけでインテリアのアクセントになるのもうれしいポイントです。
ただ飾る場所や季節、飾る花によってよく合う一輪挿しは変わってくるので、選び方のポイントをぜひ参考にしてください。

一輪挿しの選び方

一輪挿しにはさまざまな形や素材のものがあり、どのように選べばいいか迷ってしまいますよね。そこでまずは選び方のポイントを4つご紹介します。
・飾る場所
・飾る季節
・飾る花の大きさ
・飾る花の色
一輪挿しに花を飾っておしゃれな空間を楽しむには、一輪差しと花、インテリアのバランスを考えることが大切です。そのため、一輪挿しのデザインだけを見て決めるのではなく、飾る場所や花をイメージしながら選びましょう。

飾る場所で選ぶ

一輪挿しを選ぶ際にまずイメージしておきたいのが、一輪挿しを置く場所です。一輪挿しには「置き型」と「壁掛け型」の2つのタイプがあり、部屋の間取りや花を飾りたいスペースによって最適なタイプが変わってきます。まずは「どこに飾るか」を決めて、その後材質やデザインを考えるのがよいでしょう。

テーブルや棚に飾るなら「置き型」

テーブルや出窓、棚など平らなスペースに飾って楽しむのが置き型の一輪挿しです。スリムな形状のものを選べば、ちょっとしたスペースにも飾ることができます。
一方、華奢なデザインのものが多いため、飾る花の形や長さによってはぐらついてしまうことも。安定性を重視するなら、口径が狭くて底が広いものを選ぶのが良いでしょう。

SPICE OF LIFE(スパイス) 花瓶

PR
SPICE OF LIFE(スパイス) 花瓶 NALG5010CL

商品情報

一輪でもすてきに可愛く飾れます
サイズ: 約直径7cm 高さ10.5cm
重量: 約150g
素材: ガラス

ガラス製でシンプルな置き型の一輪挿しです。直径7cm、高さ10.5cmと小ぶりで置く場所を選ばないうえ、底が広く口径が狭いデザインなので安定感も申し分なし!透けるガラスが涼しげで、どんなインテリアにも馴染みます。色はクリアとグリーンの2色が展開されており、いくつか並べて花を挿せばおしゃれなディスプレイを楽しめますよ。

壁に掛けるなら「壁掛け型」

壁に掛けて花を飾るのが壁掛け型の一輪挿しです。花器を置く場所がなくても飾ることができ、省スペースでインテリアの大きなアクセントになります。
また、飾る高さを調整すれば子どもやペットがいても倒してしまう心配がなく安心です。設置方法はフックやネジを用いるものが主流で、アイテムによっては壁に穴を開ける必要があるので購入時はよく確認しましょう。

PR
BAOYOUNI 壁掛け 花瓶

商品情報

アイアン:四角形 約高さ24cm×幅12cm  
ひし形 約高さ24.5cm×高さ15cm 
ガラス管:約直径6㎝

試験管のようなデザインがかわいい壁掛け型の一輪挿しです。サイズは四角形が高さ24cm、幅12cm、ひし形が高さ24.5cm、幅15cmです。設置は画びょうで壁に刺すだけなので、玄関、リビング、トイレとさまざま場所に飾れます。インテリアを選ばないアンティーク調のシンプルなデザインで、花だけでなくエアプランツなどのグリーンもよく合うでしょう。

季節感のある素材で選ぶ

飾る時期に合わせて一輪挿しの材質を選ぶと、よりセンスよく花を生けられます。「この季節にはこの材質を使うべき」というルールがあるわけではありませんが、材質を意識することでより季節感のある空間になるでしょう。一輪挿しに使われる材質は主に、涼しげな「ガラス製」、あたたかみのある「陶器・磁器製」、季節を問わない「木製」の3種類です。

春夏には涼しげな「ガラス製」

春から夏にかけておすすめなのがガラス製の一輪挿しです。透明感があり、花を生けると中の水が透けて涼しげな印象を与えてくれます。色付きのガラスを選べば、光の反射で空間に美しい光を落としてくれますよ。キッチンや洗面台など水回りに置くのもおすすめです。
また、ガラス製の一輪挿しはシンプルなデザインのものが多く、どんなインテリアにも馴染みやすいのも魅力です。

ガラスの花瓶

PR
ガラスの花瓶

商品情報

材質: ガラス 色:クリヤ、緑、灰、 ブルー
サイズ:高さ6cm~12cm ミニサイズ セット:3つ入り
様式:新しい古典的なかポストモダン

形の違うガラス製の一輪挿しが3点入ったセットはいかがでしょうか。高さはそれぞれ12cm、9cm、6cmで、1~3輪ほどの花を挿すのに最適なサイズです。色は涼しげなクリア、馴染みの良いグリーン、シックな印象のグレーと、3種類あるので、お部屋に合わせて色味を選ぶのもおすすめです。ベーシックなデザインでありながら、経口部分に施された金色の縁がおしゃれで高級感があるので、花を選ばずさまざまな花を生けて楽しめます。

秋冬にはぬくもりを感じる「陶器・磁器製」

秋から冬にかけておすすめなのが陶器・磁器製の一輪挿しです。土の質感があたたかな雰囲気を醸し出し、ぬくもりある空間を演出してくれます。肌寒くなる季節に、視覚からあたたかみを与えてくれますよ。
また、陶器や磁器は透け感がないため、花の茎が見えず花弁のみを印象的に見せられるのもポイント。色味や質感によって、和モダンなものや北欧テイストのものなど、幅広いラインアップがそろっています。

ComSaf 8CM 花瓶

PR
ComSaf 8CM 花瓶

商品情報

綺麗なデザイン:シンプルに精巧なデザイン、エレガントな外形で、この花器はお花を引き立てます。
材質:陶器 サイズ:3点セット

やさしい風合いの陶器の一輪挿し3点セットです。どれもフォルムが個性的で、高さはそれぞれ13cm、8cm、7.5cm。3点とも底の部分が広く作られているため安定感も抜群!土のあたたかみを感じる陶器の風合いは、とくに和テイストの部屋にぴったりですよ。花弁の小さな花や枝など、素朴な花や植物がよく合いそうですね。

一年を通して活躍する「木製」

どんな季節にもしっくり馴染むのが木製の一輪挿しです。素朴でナチュラルな木製の一輪挿しは使う季節を選ばず、またどんな花にもよく調和します。
設置場所は和室、洋室どちらも問題なく馴染みますが、とくに木製の家具が多い部屋によくマッチするでしょう。ガラスや陶器の一輪挿しに比べて、落としたり倒しても壊れにくいという点も木製の一輪挿しのメリットです。

Hyindoor 一輪挿し花瓶

PR
Hyindoor 一輪挿し花瓶

商品情報

色 透明
ブランド Hyindoor
形状 ボトル型
特徴 水耕栽培
適用場所:玄関、リビングルーム、ベッドルーム、オフィス、お店

木製のフレームとガラス瓶でできた一輪挿しです。木製フレームは高さ11.2cm、幅が6.5cm。厚みは4.5cmとスリムで、窓枠などちょっとしたスペースにもフィットします。木の表面がコーティングされているので、台所や洗面台など水回りに置いても問題ありません。ガラス部分の直径は2cmと細めなので、華奢な花や植物を飾るのに向いています。

飾る花の大きさで選ぶ

生ける花のサイズと一輪挿しの形状のバランスを合わせることも、一輪挿し選びの大事なポイントです。サイズのバランスが合っていないと倒れやすい上、見た目もちぐはぐな印象になってしまいます。背の高い花なら「縦長形状」の花瓶、背の低い花なら「丸みのある形状」のものを選べば、より花の美しさを引き立てることができますよ。

背の高い花を生けるなら「縦長形状」

背の高い花を上品かつスタイリッシュに生けられるのが、縦長形状の一輪挿しです。花茎がすっと伸びたチューリップやガーベラなどの花を縦長形状の一輪挿しに挿せば、一輪でも存在感たっぷりな見た目に。
一方、縦長形状の一輪挿しはどうしても倒れやすくなってしまうのが難点です。安定感を求めるなら壁掛け型を選ぶか、置き型であれば底が少し広めに作られているものを選ぶのがよいでしょう。

ComSaf 花瓶

PR
ComSaf 花瓶

商品情報

材質 ガラス
色 広い底
ブランド ComSaf
商品の寸法 8L x 8W x 25H cm
形状 ボトル型

クリアなガラス製で縦長形状の一輪挿しです。高さは25cmあり、背の高い花を一輪挿すのにぴったり! スリムでスタイリッシュなデザインですが、底は厚めに作られており底幅も8cmあるので安定感があります。シンプルなデザインで置き場所も選ばないので、花はもちろん枝ものを挿すのもおすすめです。

背の低い花を生けるなら「丸みのある形状」

短く剪定した花をおしゃれに生けるなら、丸みのある形状の一輪挿しがおすすめです。カスミソウなど小花をつける花を飾れば、清楚でかわいらしい雰囲気を魅力的に見せられます。また、丸みのある一輪挿しは、安定感に優れているのもうれしいポイント!倒してしまう心配が少ないのであらゆる場所に置いて花を飾れます。ただし、あまり大きな花を生けると、アンバランスな印象になってしまうので注意が必要です。

TAMAKI フラワーベース

PR
TAMAKI フラワーベース T-910573

商品情報

商品サイズ: 8×9cm
素材:陶器
原産国:中国
かってきたお花を気軽にサッと飾るだけで、心がほころぶ空間に。手軽に花のある暮らしを楽しめます。

ころんとした丸いフォルムがかわいらしい陶器の一輪挿しは、高さ9cm、幅8cmの手のひらサイズで、さまざまな場所にフィットします。カラーは全9色展開で、どれもナチュラルな色味なのでインテリアを選びません。生花はもちろん、ドライフラワーを生けても楽しめるので、プレゼントにもおすすめですよ。

花の色で選ぶ

花の色も考えて一輪挿しを選べば、より印象的に花を生けられます。さまざまな種類の花を飾るなら「白や透明」の一輪挿し、飾りたい花が決まっているなら「色付き」の一輪挿しを選ぶのもおすすめです。花と花器の色のバランスを考えながら飾ることで、よりおしゃれな空間を演出できるでしょう。

何色にも馴染む「白やクリア」

季節に応じていろいろんな花を飾りたい場合は、白や透明の一輪挿しを選んでみてはいかがでしょうか。シンプルな色味の花器は、飾る花を選ばずどんな花ともよく調和します。とくに白い一輪挿しは、生ける花の色がよく映えるのでおすすめです。
また、白や透明の一輪挿しはどんなテイストのインテリアにも合わせやすいのも魅力!気分や日当たりによって飾る場所を変えても、空間にしっくり馴染んでくれるでしょう。

GULAYI 花瓶

PR
GULAYI 花瓶

商品情報

素材:セラミックス
セット内容:花瓶3箇
サイズ :青緑白セット 高さ18CM * 口径1.8CM ;ホワィトセット 高さ12~14CM * 口径3~4M

真っ白なセラミックの一輪挿しの3点セットです。高さはそれぞれ12.5cm、12cm、10cmで、どれも1~2輪の花を挿すのにぴったりなサイズです。余計な装飾をそぎ落としたシンプルなデザインなので、どんなインテリアにもよく馴染みますよ。色味の強い花、淡い色の花、洋風、和風など、飾る花の色や種類も選ばない、万能な一輪挿しです。

花と花器、それぞれの色を楽しむ「色付き」

「この花を飾りたい」というお気に入りの花がある場合は、色付きのものを選ぶのがおすすめです。例えば花と一輪挿しの色味を合わせて同系色を選べば、花の美しさをより際立たせて、センスよい空間を演出できます。
ただうまく花と一輪挿しの色が調和しないと、ちぐはぐな印象になってしまうので難易度は少し高くなります。すでにベーシックな一輪挿しを持っていて、新たに買い足すときなどにぜひ挑戦してみてください。

Floralies 一輪挿し

PR
Floralies 一輪挿し

商品情報

【材質】アクリル製
【サイズ】高さ16*4.5~幅5cm
【デザイン】花瓶の口が狭くなっているので、少量のお花でもまとまって生けることが出来ます。

ツートンカラーが鮮やかなアクリル製の一輪挿しです。花を挿す部分と外側のアクリルに違う色が施されているため、置くだけでもインパクト抜群!。ツートンのどちらか一色と花の色を合わせて飾れば、一気におしゃれで主役級のインテリアになるでしょう。サイズは高さ16cm、幅5cmの縦長形状で、背の高い花を1~2本挿すのがおすすめです。

一輪挿しで部屋をおしゃれに彩ろう!

好きな花を挿すだけで、おしゃれに花を飾ることができる一輪挿し。生け花ほど難易度が高くなく、気軽に花を飾れるのが魅力です。形や材質はさまざまなものが展開されており、置く場所や季節、飾る花によって最適な一輪挿しは異なります。そのため、どこにどんな風に花を飾りたいのかを意識しながら選ぶことが大切です。自分にぴったりな一輪挿しを選んで、部屋を花でおしゃれに彩りましょう。

こちらもチェック!
おしゃれな花瓶14選!陶器タイプや一輪挿しなど形状別にご紹介

この記事では、おしゃれな花瓶を選ぶポイントを詳しく解説!北欧デザインや陶器タイプ、一輪挿しなどおすすめ商品もご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー