この記事で紹介されている商品
【2023年】ダクトレールのおすすめ4選!選び方や工事不要でおしゃれな照明が楽しめるものもご紹介

【2023年】ダクトレールのおすすめ4選!選び方や工事不要でおしゃれな照明が楽しめるものもご紹介

ペンダントライトやスポットライトなどの照明を複数付けることができる「ダクトレール」。工事不要の簡易的なものから天井に埋め込むものまで取り付け方によってもさまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこでこの記事では、ダクトレールの選び方について詳しく解説していきます。ダクトレールのおすすめ商品情報も必見ですよ!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ダクトレールとは?

ダクトレールとは、天井に取り付けて照明やフックなどを吊り下げる器具のこと。ライティングレールとも呼ばれ、内部に電気が通っているため好みの場所に照明を設置できる仕組みになっています。

ダクトレールのメリット・デメリット

ダクトレールのメリットは、なんといっても好きな場所に照明を設置できること。ペンダントライトやスポットライトを好きな数だけ設置できるので、簡単に多灯照明が楽しめます。照明だけでなく、フックやスピーカーなども設置できるのでインテリアの幅も広がります。

簡易タイプのダクトレールなら工事不要で簡単に取り付けできますが、自分で取り付けるとダクトレールが浮いて目立ってしまうことも。また色やデザインの選択肢も限られているため、インテリアに合わず統一感を損なってしまう懸念点もあります。

ダクトレールの選び方

ダクトレールは取り付け方法やサイズなどによってさまざまな種類があるので、どのポイントに着目して選べばいいのかが気になるところ。ここではダクトレールの選び方について詳しく解説していきます。

1.取り付け方法をチェック

ダクトレールの取り付け方法には、主に「引っ掛けシーリングタイプ」「直付けタイプ」「埋め込みタイプ」の3種類があります。取り付け方法によって見た目の印象も変わるため、それぞれ特徴をチェックしていきましょう。

工事不要で取り付けるなら「引っ掛けシーリング」タイプ

工事不要で簡単に設置したい方におすすめなのが「引っ掛けシーリング」タイプのダクトレールです。天井に元から設置されているシーリングに取り付けるだけで簡単に設置することができます。天井に穴を開けなくても取り付けられるので、賃貸や工事不可のマンションに住んでいる方にもぴったりです。

引っ掛けシーリングタイプのダクトレールは天井との間にすき間ができてしまうため、天井が低いと圧迫感を感じてしまうことも。また簡易的なため、耐荷重があまりなく取り付けるものも限られてしまう点にも要注意です。

しっかりと取り付けたいなら「直付け」タイプ

ダクトレールを好きな場所に取り付けたいなら「直付け」タイプを選びましょう。天井のシーリング以外にも好みの場所に設置できるため、思い通りのレイアウトが楽しめます。天井に穴を開けて直接固定するため安定感があり、重いものも安心して取り付けられますよ。

一方で、天井に穴を開けるため賃貸には不向き。また商品によってはダクトレール内に電気を通す工事が必要なものもあるため、工事の手間を省きたいならコンセント式のものを選ぶようにしましょう。

すっきりと部屋が広く見える「埋め込み」タイプ

新築やリフォームのタイミングにダクトレールの設置を考えているなら、「埋め込み」タイプも検討してみましょう。天井に埋め込んで設置するためダクトレールが出っぱらず、すっきりと部屋を広く見せることができます。

ダクトレールを天井に埋め込むには専門家による電気工事が必須なため、時間も費用もかかってしまうのは難点。費用を少しでも抑えたいなら、リノベーションやリフォームのタイミングに合わせて取り付けるのがおすすめです。

2.長さ・高さをチェック

ダクトレールを選ぶときは、設置場所や取り付けるライトの数に合った長さのものを選びましょう。ダクトレールが短いと照明が十分に取り付けられなかったり、長いと圧迫感を感じてしまいます。

ダイニングに設置するなら、ダイニングテーブルの天板よりも短いダクトレールがバランスよく見えておすすめ。長さが不安な方は、取り付けた後からでも長さの調節ができる延長タイプのダクトレールを選びましょう。実際に天井に取り付けてバランスを見ながら長さの調節ができるため、長すぎたり短すぎたりといったトラブルも避けられますよ。

3.耐荷重も忘れずに確認しておこう

ダクトレールには商品によってさまざまな耐荷重のものがあり、耐荷重によって取り付けられるものの重さや量も変わります。耐荷重を超える重さのものを取り付けるとダクトレールが落下してしまう危険性もあるため、耐荷重は必ず守るようにしてくださいね。

また耐荷重を守っていても、重いものを取り付けるとダクトレールが傾いてしまう場合もあります。左右非対称にライトを取り付けたいなら、ダクトレールが傾かないように天井とのすき間を固定できるアジャスター付きのものを選びましょう。

4.使いやすさで選ぶならリモコン付きが便利

ダクトレールのなかにはリモコンが付属しており、明かりのオン・オフを遠隔で操作できるものもあります。ベッドに寝転んだままでも電気をつけたり消したりできるので、特に寝室に設置するダクトレールはリモコン付きが便利です。

明かりの消灯に加えて、光の色や強さを調節したりタイマー設定ができたりするものもあります。シーンに合わせて色や明るさを簡単にコントロールできるので、快適に過ごすことができますよ。

5.インテリアに合う色・デザインかチェック

インテリアの統一感にこだわるならダクトレールの色やデザインにも着目しましょう。モダンやスタイリッシュなインテリアに合わせるなら、白や黒のシンプルなデザインのものがぴったり。北欧やナチュラルテイストの温かみのあるインテリアに合わせるなら、木目調のデザインになっているダクトレールがおすすめです。

部屋に置いてある家具や取り付ける照明との相性も考えて、ダクトレールの色やデザインを選んでみてくださいね。

【タイプ別】おすすめのダクトレールをご紹介!

ダクトレールには取り付け方法によってさまざまなタイプがあることをご紹介しましたが、実際にどのような商品があるのか気になった方もいるのではないでしょうか。そこで、ここではタイプ別にダクトレールのおすすめ商品をご紹介します。

工事不要で簡単!引っ掛けシーリングタイプのダクトレール

工事不要で簡単に取り付けられる引っ掛けシーリングタイプのダクトレールは、費用や手間をかけずサッと設置したい方におすすめです。ここでは引っ掛けシーリングタイプのおすすめ商品をご紹介します。

好みのライティングにアレンジできる
共同照明 配線ダクトレール ライティング ダクトレール

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(495件)

>

商品情報

ブランド:共同照明
商品のサイズ(幅):1m
質量:1.1kg
材質:鉄、アルミニウム
耐荷重量:5kg

黒と白の2色から選べるダクトレール。長さ1m、耐荷重は5㎏で、スポットライトやペンダントなどを複数取り付けて多様なライティングが楽しめます。角度調整も可能なため、インテリアの雰囲気に合わせやすいですよ。

プラグをレールに差し込むだけで取り付けラクラク
オーム電機 ライティングダクトレール

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(110件)

>

商品情報

ブランド:オーム(OHM)
商品のサイズ:(約)幅1080×高さ100×奥行160mm(レールの長さ1000mm)
質量:1.1kg
消費電力:600Wまで(安全ブレーカー付き)
耐荷重量:約5kgまで(片側2.5kgまで)

こちらの商品も黒と白の2色から選ぶことができ、別売りのレールライトで好みのインテリアが楽しめます。レールの長さは1m、耐荷重5㎏、合計600Wまでの使用が可能。プラグをレールに差し込んで回すだけと取り付けも簡単です。

重い照明の取り付けにも!直付けタイプのダクトレール

重いものや照明をたくさん取り付けたい方には、しっかり固定でき安定感のある直付けタイプのダクトレールがおすすめ。ここでは直付けタイプのおすすめ商品をご紹介します。

好みの長さに連結することも可能
ダクトレール 黒 1.5m×2本組 3m ジョインタ付属 直付専用型

Amazonカスタマーレビュー

3.9

Amazonカスタマーレビュー

(87件)

>

商品情報

ブランド:NISSIN LUX
商品のサイズ:‎150 x 3.3 x 1.7 cm
材質:アルミニウム、銅

こちらの商品は、1.5mのダクトレールの2本組です。2本のレールをつなげるジョイントも付属しているため、3mの長さにして使うことも可能。厚みのあるアルミと通電性が高い銅線を採用しており、安全性や耐久性に優れています。

白と黒のシンプルなデザインが特徴のダクトレールです。コンセント式になっており、天井にネジで固定してコンセントに差し込むだけで簡単に使うことができます。スポットライトなら取り付けた後でもスライドさせて自由に位置を変更できるので便利です。
0.5mと1mの2サイズがあるので、設置場所に合う長さを選びましょう。延長用のダクトレールを取り付けると自由に長さを延長することもできますよ。

ダクトレールに取り付ける照明もチェック

ダクトレールを選ぶ際は、後から取り付ける照明との相性も重要です。ダクトレールにぴったりの照明をご紹介するので、ダクトレールとあわせて照明も選んでおくようにしましょう。

雰囲気が演出できる「ペンダントライト」

デザインの幅が広く、インテリアに合わせたものが選べる「ペンダントライト」。シェードの素材やデザインによってさまざまな印象があり、インテリアの統一感を損なうことなく合わせることができます。ナチュラルテイストやアンティークテイストなど、カフェのような落ち着いた雰囲気も演出できますよ。

ペンダントライトを購入する際は、設置部分のプラグがダクトレールに対応しているかをチェックするようにしてくださいね。

明るく照らせる「スポットライト」

照らしたい場所をピンポイントで照らすことができる「スポットライト」。ダクトレールに複数取り付けることで、明かりがない場所もはっきりと明るく照らすことができます。角度も自由に変えられるので、壁を照らして間接照明として楽しむこともできますよ。

スポットライトを選ぶ際は、LED電球に対応しているものがおすすめ。LED電球は消費電力も少なく長持ちするため、交換の手間が省けてコストも抑えることができます。写真や絵画などに光を当てても劣化しにくいのもうれしいポイントです。

多灯照明以外にも!ダクトレールの活用方法

ダクトレールに取り付けられるのはペンダントライトやスポットライトなどの照明だけではありません。ダクトレールを活用するとおしゃれなインテリアの幅も広がります。ここではダクトレールの活用方法をご紹介します。

スピーカーを取り付けて迫力ある音を楽しむ

ダクトレールは内部に電気が通っているので、スピーカーを取り付けることもできます。ダクトレールにスピーカーを取り付けると天井から音楽を楽しむことができ、ライブ会場のような臨場感のある音声を楽しむことができます。人がいる位置に合わせてスピーカーの向きも変えられるので便利です。

ダクトレールに取り付けられるスピーカーのなかには、音が出るだけでなく照明としても使えるものもあるのでおすすめです。

シーリングファンで部屋の空気を循環

ダクトレールにはシーリングファンも取り付けることが可能。天井にシーリングファンがあると部屋の空気を循環させてくれるので、空気がこもりにくく快適に過ごすことができます。冷房や暖房をかけた場合でも効率よく部屋を冷やしたり温めたりしてくれるので、電気代の節約にもつながります。

シーリングファンとライトを組み合わせたり、観葉植物を組み合わせたりとレイアウトは自由。お店のようなおしゃれなインテリアが楽しめますよ。

フックをつけておしゃれなインテリアに

ダクトレールにフックを取り付けて、そこにさまざまなアイテムを吊っておしゃれなインテリアを楽しむ方も近年多くなっています。ダクトレール用のフックは1つ数百円と価格もリーズナブルなので、手軽に複数個揃えることができますよ。

フックに吊るすアイテムとして特に人気なのが観葉植物です。天井部分に緑があることで部屋の雰囲気が一気に明るくなり、カフェやレストランのようなおしゃれな空間になります。天井から吊り下げる用のハンギングプランターもあわせてチェックしてみてくださいね。

全4商品

おすすめ商品比較表

共同照明 配線ダクトレール ライティング ダクトレール

オーム電機 ライティングダクトレール

ダクトレール 黒 1.5m×2本組 3m ジョインタ付属 直付専用型

szbritelight ダクトレール

Amazonカスタマーレビュー
4.3495
4.4110
3.987
4.3671
最安値
タイムセール
¥3,940-18%
参考価格¥4,800
タイムセール
¥3,599-8%
参考価格¥3,899
購入リンク

ダクトレールでワンランク上のおしゃれな部屋へ

ダクトレールの選び方や、おすすめ商品について詳しくご紹介しました。簡易的なものから直付けするものまでさまざまな種類があり、照明やフックを取り付けておしゃれなインテリアが楽しめるアイテムです。ぜひこの記事を参考にして、インテリアをワンランク上に格上げしてみてくださいね。

※製品画像はAmazonより

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー