この記事で紹介されている商品

電子レンジで使えるボウルおすすめ12選!ガラス製やザルタイプなど人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

高温の調理をするときに便利な「電子レンジ対応の耐熱ボウル」。プラスチックやガラス、金属やステンレスなど、どの素材に耐熱が備わっているのか分からないという方も多いのではないでしょうか。この記事では電子レンジ対応の耐熱ボウルの素材、おすすめの選び方、人気商品などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

電子レンジ対応のボウルのメリットとは?

電子レンジ対応の耐熱ボウルは使い勝手のよいアイテムで、さまざまなメリットがあります。高温や急激な温度変化に耐えられ、電子レンジのほかにオーブンに対応している製品もあるのが魅力。加熱調理は幅広いので、さまざまな料理にも挑戦できますよ。
また最近では、下ごしらえをした食材や調味料を耐熱ボウルに入れて、電子レンジやオーブンで加熱するだけで簡単に作れるレシピも数多くあります。フライパンや鍋などの調理器具は使わず、洗い物の量も減らせるので調理を時短できるのがうれしいですね。汎用性の高い耐熱ボウルは、持っておいて損のないアイテムですよ!

「耐熱温度」「耐熱温度差」を確認しよう!

耐熱ボウルを選ぶときは、耐熱温度と耐熱温度差を確認しましょう!耐熱温度とは加熱した際に耐えられる温度のことで、製品によっては300℃近くまで耐えられるものもあります。調理するときに耐熱ボウルを何度くらいまで加熱するのか、あらかじめ把握しておくと失敗なく購入できますよ。
また、耐熱温度差とは急激な温度変化に耐えられる温度差のこと。例えば耐熱温度差が120℃の場合、急激な温度差が発生しても120℃以内なら割れないことを意味します。特にオーブン調理後に冷水で冷やす場合は、耐熱温度差が120℃以上あるものだと安心ですよ。

電子レンジ対応のボウルの選び方

電子レンジ対応の耐熱ボウルはさまざまな種類がありますが、選ぶときは「素材」「サイズ」「付加機能」「お手入れのしやすさ」の4つのポイントに注目しましょう。
ここからは、電子レンジ対応の耐熱ボウルの選び方を解説します。ポイントを参考に、使い勝手のよい耐熱ボウルを見つけてくださいね!

①素材で選ぶ

耐熱ボウルの素材は「ガラス」「プラスチック」「シリコン」「ポリカーボネート」などが使われることが多いですが、耐熱性のないものや、電子レンジ対応していないものもあります。購入前は耐熱性があるのかどうかもチェックしておきましょう。
またステンレス製や金属製のボウルは、電子レンジに対応していないものがほとんど。電子レンジが放つマイクロ波を反射し庫内の温度を上げてしまい、マグネトロンというパーツにダメージを与える恐れがあるので使用はやめておきましょう。
ここからは、耐熱性が備わっていることが多い素材を詳しく解説するので、参考にしてみてくださいね。

におい・色移りが少ない「ガラス製」

ガラス製は耐久性が高く、オーブンに対応している製品も多くあります。食材の下ごしらえやお菓子作りなど、幅広い料理で使えるのがうれしいポイント!においや色移りが少ないので、カレー粉やケチャップなどの調味料も使いやすいですよ。
耐久性は高いですが、ぶつけたり落としたりすると割れる恐れがあるため取り扱いには注意が必要。また製品によっては食洗機に対応していないものもあるので、取扱説明書やパッケージの注意書きをしっかり確認してくださいね。

HARIO【ミキシングボウル】

PR
HARIO【ミキシングボウル】

商品情報

ブランド HARIO(ハリオ)
素材・材質 耐熱ガラス
満水容量 (M)1,500ml (L)2,200ml
特徴 電子レンジ加熱OK

シンプルでスタイリッシュなデザインのガラス製ボウルは、そのまま食卓に出しても違和感なく使えますね。深型なので食材を混ぜやすく、お菓子作りでハンドミキサーを使うときにも便利です。電子レンジ、オーブン、熱湯、食洗機に対応しているため使い勝手が抜群!MサイズとLサイズのセットで重ねられるので、収納スペースも抑えられますよ。

軽量で使いやすい「プラスチック製」

軽量の耐熱ボウルが欲しい方は、プラスチック製がおすすめ。軽くて扱いやすく万が一落としても割れにくいので、小さなお子様がいる家庭でも安心して使えますよ。
多くの商品が電子レンジを使えますが、オーブンには対応していないというデメリットも。また食材のにおいや色移りがしやすく傷も付きやすいので、長期で使い続けるのは不向きかもしれません。ほかの素材よりも比較的安価のため、使いにくくなってきたら買い替えることをおすすめします。

シービージャパン【耐熱ボウル 20cm】

PR
シービージャパン【耐熱ボウル 20cm】

商品情報

ボウルの材質 プラスチック
容量 約2L
商品サイズ 約径20×高10.5cm
商品重量 約189g
耐熱温度 -20度~140度

オレンジカラーがかわいいボウルは電子レンジや食洗機が使え、冷凍保存もできる優れもの。おしゃれなデザインなので、レンジで食材を温めてそのまま食卓に出すのもよさそうですね。プラスチック素材のため、軽くて持ちやすいのもうれしいポイント!深さがあるので食材も混ぜやすいですよ。

耐熱性により優れている「シリコン製」

シリコン製は耐熱性が優れており、電子レンジやオーブンに対応しているものがほとんど。やわらかくて汚れが落ちやすいので、お手入れも簡単ですよ。
ただし、においや色移りがしやすいため、食材や調味料を使うときは注意が必要です。

tone たためるシリコンボウル

耐熱性の優れたシリコンボウルは230℃まで対応しているので、オーブン調理もできますよ。さらに冷凍にも対応しており、-30℃までなら使用可能。折りたためる構造のため収納がしやすく、フックホールを使うと吊り下げて収納もできます。内面は丸底で使いやすく、目盛りが付いているので計量もできますよ!

tone たためるシリコンボウルの詳細を【yahoo!】でみる

耐冷性にも対応した「ポリカーボネート製」

ポリカーボネートはプラスチックの一種で耐衝撃性が高く、ヘルメットやゴーグルなどにも使われる素材です。加熱してもそれほど熱くならないので持ちやすく、そのままラップをして冷凍保存もできますよ。耐酸性が備わっているため、ドレッシングやレモンなどを使っても変形や変色をしにくいのも魅力です。
汎用性の高いポリカーボネートですが、傷が付きやすいという難点も。洗うときはやわらかいスポンジを使って優しく洗いましょう。またアルカリ性の食器洗剤を使って放置すると、変形やひび割れする恐れがあるため、丁寧にすすぎ洗いをすることが大切です。

ENTEC【クックボール】

PR
ENTEC【クックボール】

商品情報

ブランド エンテック(Entec)
サイズ 191×191×90mm
本体重量 126g
本体ポリカーボネイト樹脂(耐熱温度140℃)

シンプルデザインのクックボールはサイズ展開が豊富。17や19cmの小サイズ、21や24cmの中サイズ、27や30cmの大サイズがあるので、食材の下ごしらえやお菓子作りなどさまざまなシーンで活躍しますよ。電子レンジはもちろん、食洗機に対応しているのも注目ポイント!お値段も比較的安く、コスパの優れた商品です。

②サイズで選ぶ

耐熱ボウルはさまざまなサイズがあり、作る容量や収納のしやすさを考慮して選ぶのが重要なポイント。サイズが合っていないものを使うとボウルから食材や調味料が飛び散ったり、収納しにくかったりと使い勝手が悪くなります。
何人分の調理をするのか、収納スペースはどのくらいあるのかなどを考えて適切なサイズの耐熱ボウルを選んでくださいね。ここからは「小サイズ」「中サイズ」「大サイズ」の耐熱ボウルをご紹介するので、さっそく見ていきましょう!

直径10~15cm程の小サイズ

コンパクトな小サイズのボウルは場所を取らないので、一人暮らしの方にもおすすめのサイズ。お弁当や少量のおかずを作るときに使いやすく、ドレッシングやソース作りにも重宝します。さまざまなシーンで活用できるので、サブボウルとして持っておくと便利ですよ。

iwaki【ボウル KBC320N】

PR
iwaki【ボウル KBC320N】

商品情報

ブランド Iwaki
ボウルの材質 ガラス
特徴
・電子レンジやオーブンの使用OK
・食洗機対応

小さなガラス製のボウルは電子レンジ、オーブン、食洗機に対応。酸に強くにおいや色移りがしにくいのでレモンや酢、カレー粉やケチャップなどの調味料も入れられますよ。ドレッシングやソース作りにも重宝しそうですね。泡立て器で混ぜるときは音が出にくいため、静かに心地よく使えるのも魅力の一つです。

直径20~24cm程の中サイズ

料理やお菓子作りなど幅広く使える定番の中サイズ。深型のものだと、ポテトサラダを作ったりハンバーグのタネをこねたりするのにも使いやすいですよ。ほどよいサイズ感のため、比較的収納もしやすいでしょう。

PYREX【ボウル CP-8559】

PR
PYREX【ボウル CP-8559】

商品情報

ブランド パイレックス(Pyrex)
製品サイズ(約) 外径23.5×高さ10cm
本体重量(約) 1000g
材質 強化ガラス(全面物理強化)

サラダを和えたり食材の下ごしらえに使ったりと、さまざまな料理で使いやすい商品。電子レンジやオーブンに対応しており、下ごしらえをしたらそのまま加熱できるので料理をスムーズにできますよ。食材の色やにおいも付きにくいためお手入れも簡単!見た目が美しいガラス製のため、そのまま食卓に出すのもおすすめです。

直径25~30cm程の大サイズ

家族が多く、作る量が多いときに重宝する大サイズ。お菓子作りでも活躍し、特に生クリームをハンドミキサーで泡立てるときは飛び散りやすいので、大きいサイズだと使いやすいですよ。大きさがあるので、収納スペースがあるのかどうか確認しておいてくださいね。

ナガオ ボール 耐熱 クックボウル

PR
ナガオ ボール 耐熱 クックボウル

商品情報

ブランド ナガオ(Nagao)
サイズ 外径300xH145mm
素材・材質:ポリカーボネイト(耐熱温度-20度から+140度)
生産国 日本/燕市

軽量で割れにくいポリカーボネート製のボウル。透明デザインなので内容物の状態が分かりやすく、食材を混ぜるときにも便利ですよ。食洗機対応なのでお手入れがしやすいのも魅力。30cmのサイズは、大量の料理やお菓子を作るときに最適です。7~30cmとサイズ展開も幅広いため、ぴったりのサイズを見つけられるでしょう。

③付加機能で選ぶ

耐熱ボウルには付加機能が搭載された製品もあります。使い勝手がよくなるので、耐熱ボウルを使う頻度が高い方は確認しておくとよいでしょう。
ここでは「注ぎ口・目盛り」「フタ」「ざる」の付加機能について解説するので、チェックしてみてくださいね!

「注ぎ口・目盛り」があると使いやすい

耐熱ボウルに入った食材や調味料を別の容器に移し替えようとして、上手く注げずこぼれてしまった経験がある方も多いはず。
耐熱ボウルに注ぎ口が付いていると、溶き卵やドレッシングなどの液状の食材や調味料をスムーズに注ぎやすく、こぼれる心配が少ないですよ。ただし、注ぎ口はほかの箇所よりも薄くて破損しやすいので取り扱うときには注意しましょう。
また、目盛り付きの耐熱ボウルは計量カップを使わなくて済むので、日頃から料理中に計量をしている方にとって重宝する機能ですよ。
目盛りは数字が見えやすいかどうかも確認しておくと使い勝手がよくなります。中には透明で見えにくいものもあるので、購入前にチェックしておきましょう。

リッチェル【らくチンお料理ボウル たれーぬ M】

PR
リッチェル【らくチンお料理ボウル たれーぬ M】

商品情報

サイズ:18.6×15×9.4cm
材質 ポリプロピレン
原産国 日本
容量 1200ml
特徴電子レンジ可能,食洗機可能,

液だれしにくい注ぎ口の付いたボウルは、持ち手も付いているので安定感が抜群!中身がこぼれにくい深型なので使い勝手がよく、付属のフタを使うと冷蔵もできますよ。そのまま食材や調味料を入れて電子レンジで加熱するとスープ、パスタ、パウンドケーキの生地などさまざまな料理を作れます!混ぜて加熱するだけなので、時短調理にも繋がりますよ。

ヨシカワ 耐熱 ボウル

PR
ヨシカワ 耐熱 ボウル

商品情報

サイズ(約):14.9×14.9×7.8cm
満水容量:700ml
素材・材質:ポリメチルペンテン
生産国:日本
電子レンジ使用可

目盛りの付いた耐熱ボウルは、計量がしやすく使い勝手のよい商品。注ぎ口が付いているので、そのまま計量カップとしても使えますよ。食材の下ごしらえや調味料の準備などで使うのがおすすめ。軽くて持ちやすく丈夫さも兼ね備えているため、万が一落とした場合も割れにくいのが魅力です。

「フタ」が付いていると保存にも便利

下ごしらえした食材やできあがった料理を保存したい方は、フタ付きの耐熱ボウルがおすすめ。別の容器に移したり、ラップをかけたりせずに済むので手間が省けますよ。フタをすると重ね置きもしやすくなるため、冷蔵庫や冷凍庫の収納スペースの削減にも役立ちます。
ただしフタの材質によっては、電子レンジ対応をしていないものもあります。レンジ調理で使いたい場合は、購入前に電子レンジ対応しているのかどうかもチェックしておきましょう。

CASUAL PRODUCT【とにかく 使い勝手のいいボウル】

PR
CASUAL PRODUCT【とにかく 使い勝手のいいボウル】

商品情報

特徴
・フタ付きなのでスタッキングも可能。(フタは密閉式ではありません)

機能性の優れた耐熱樹脂製のボウルは電子レンジや食洗機、冷蔵や冷凍保存にも対応しています。付属のフタを使うと重ねて収納でき、透明なので中身も確認しやすいですよ。スタイリッシュなデザインのためサラダやフルーツなどを入れて、そのまま食卓に出すのもおすすめ。ボウルに材料を入れてレンジで加熱すると蒸しパンも簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

「ざる」機能があるものもおすすめ

ざる機能付きの耐熱ボウルは、温野菜を作るときに便利!ざるを付けたまま野菜を入れてレンジで加熱すると、水分をボウルに切り落とせるので、食材本来の旨味をより感じやすいですよ。通常の料理でも水切りするのに役立つため、さまざまな調理シーンで使えます。

リス【ボールコランダーS】

PR
リス【ボールコランダーS】

商品情報

ブランド リス
原産国 日本
梱包サイズ 119.0mm×180.0mm×180.0mm
容量(ボール) 1.2L 本体重量 約0.283kg
材質 ポリプロピレン

ボールとコランダーがセットになった便利な商品。野菜を洗う、水を切る、レンジ調理を一つのボウルでできるので使いやすいですよ。コランダーの上側には流水穴が付いているため、食材を水で洗っていても流れ出るのをしっかり防ぎます。付属のフタを使うと冷蔵保存ができ、ラップを使わなくて済むので経済的ですね。

④お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れのしやすさで選ぶなら、食洗機や乾燥機に対応した耐熱ボウルを選ぶのがおすすめ!油分の含まれた食材や調味料を耐熱ボウルに入れて使うと、洗うときに手間がかかりますよね。食洗機を使うと高温のお湯で洗い流せるため、油汚れも落としやすいです。さらに乾燥機能も備わっていると洗い物の手間をグッと減らせますよ。
ただ食洗機によっては、プラスチックやポリカーボネート製などの軽い素材の耐熱ボウルは洗えない場合もあります。購入前は食洗機対応なのかどうか、しっかり確認しておくことが大切ですよ。

使いやすい電子レンジ対応の耐熱ボウルを見つけよう!

電子レンジ対応の耐熱ボウルは、時短調理もできる便利なアイテムです。素材によっても特徴が異なるので、自分にとって使いやすいものを選んでくださいね。付加機能やお手入れのしやすさにも注目すると、さらに使い勝手がよくなりますよ!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー