この記事で紹介されている商品
デキャンタとは?ワインの美味しさを引き出す!おすすめ8選と選び方もご紹介

デキャンタとは?ワインの美味しさを引き出す!おすすめ8選と選び方もご紹介

ワインの香りを引き立てる「デキャンタ」。その優雅なデザインは、パーティーのテーブルを華やかに演出してくれますよね。この記事では素材、容量、形状と3つのカテゴリーに分けて、デキャンタの選び方と特徴について解説します。おすすめのデキャンタも合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

デキャンタとは?

「デキャンタ」とは、ワインなどのお酒を移し替えるための容器のこと。ワインをボトルからデキャンタに移し替える作業のことを「デキャンタージュ」といいますが、これはワインを適度に空気に触れさせておいしさを引き出すために行われます。

デキャンタージュには、以下のような効果があると言われています。

デキャンタージュの効果
  • 澱(おり)を取り除く
  • 香りを開かせる
  • タンニン(渋味)をまろやかにする
  • 温度を調節する  

デキャンタージュの方法は、ワインをボトルからデキャンタに移し替えるだけとシンプルです。ボトルに澱が溜まっている場合は、澱が入らないようにゆっくりと移し替え、澱が混ざっている部分は残しておくとよいでしょう。あとは、何度か味見をしながらしばらく待って、ワインの香りが開いて味わいがまろやかになったと感じたら飲み頃です!

また、デキャンタとよく似たものに「カラフェ」がありますが、これら2つの大きな違いは「澱を取り除くことができるか」です。カラフェは注ぎ口が広いので、ワインをボトルから移し替えるときに澱も一緒に注がれてしまいます。ちなみに、カラフェはフランス語で「水差し」を意味するので、水やソフトドリンクを注ぐためにも使われます。

デキャンタの選び方

デキャンタを選ぶポイントは主に「素材」「容量」「形状」の3つ。自身の好みに合っているかを見極めることが重要です。デキャンタは素材によって価格が、容量に応じてワインの量が、形状によって適したワインが異なるので、利用シーンにぴったりなものを選ぶことが大切ですよ。それぞれの違いや選び方を、以下で詳しく見ていきましょう!

1.素材で選ぶ

デキャンタはガラス製のものが多いですが、ガラスはクリスタルグラス、ソーダガラス、耐熱ガラスと3つのタイプがあります。近年は耐久性の高いステンレス製も人気を集めているので、利用シーンに応じてお好みのものを選びましょう。

上品な輝きの「クリスタルガラス」

クリスタルグラスとは、まるで水晶のように光り輝く、透明度の高いガラスのこと。主に有名ブランドのグラスや、ガラス細工などに使われる高級素材です。デキャンタはスタイリッシュなデザインのものが多く、その美しい輝きはテーブルを華やかに演出してくれます。価格は高くなる傾向がありますが、ワインがお好きな方へのギフトにおすすめですよ。

気軽に使える「ソーダガラス」

ソーダガラスとは、グラスやガラス瓶、窓ガラスなどに広く使われる、一般的なガラスのこと。軽くて丈夫なうえ、価格もリーズナブルなので日常使いにぴったりです。ただし、おしゃれなデザインは少なく、カラフェ型のカジュアルなものが多い傾向にあります。気軽にワインを楽しみたい方におすすめですよ。

ホットワインにも使える「耐熱ガラス」

耐熱ガラスとは、その名のとおり加熱に強いガラスのこと。電子レンジで加熱ができるので、ホットワインや熱燗のほか、お茶やコーヒーなど温かいソフトドリンクにも使うことができますよ。食器洗浄機対応のものもあるので、中までしっかりと洗浄したい方にもおすすめです。

日本で唯一、耐熱ガラス工場を保有している老舗メーカーのデキャンタです。特徴はなんといっても使い勝手の良さ!電子レンジや食洗機にも対応しているので、お手入れもラクラクです。ワインはもちろん、ミルクを入れて電子レンジで温めてホットミルクにするなど、幅広い用途に使えますよ。

丈夫で割れない「ステンレス」

近年は、丈夫なステンレス製のデキャンタも人気を集めています。割れる心配がないので、長く使いたい方や、小さなお子様がいるご家庭でも安心です。ステンレスは熱伝導がよいので、白ワインをデキャンタに注いでからワインクーラーにセットすると、すぐに飲み頃の温度になりますよ。ただし、中が見えないので澱を取り除くには不向きです。

BIRDY. TABLE DC700 デキャンタ ステンレス製

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(25件)

>

商品情報

デキャンタを持って数回優しくくるくる回すと、適度に酸化を促してワインの味がまろやかに変化します。

珍しいステンレス製のデキャンタです。内側に微細な凸凹を施してあるので、短時間でワインのおいしさを引き出すことができるのが魅力!容量700mlと手頃なサイズなので、手軽にデキャンタージュを楽しみたいときにぴったりですよ。

2.容量で選ぶ

デキャンタの容量は、200〜2000mlとさまざまなサイズがあります。ワインの量はグラス1杯が約120ml、ハーフボトルが375ml、フルボトルが750ml、マグナムボトルが1500mlなので、ワインの量や飲む人数に合わせたものを選ぶのがポイントです。

ひとり飲みなら200~400ml

200〜400mlと小ぶりのデキャンタは、グラスに数杯やハーフボトルのワインを楽しみたいときにおすすめです。フルボトルを半分だけデキャンタージュするときにも使えるので、ひとりで飲むときや、少しの量をゆっくりと飲みたいときにぴったりですよ。

イタリア製の250mlサイズのデキャンタです。グラス2杯ほどの容量は、ひとりでゆったりとワインを楽しみたいときにもってこい!ウォーターピッチャーとして使えば、いつもの食卓が少しだけおしゃれになりますよ。

2〜3人で楽しむなら750ml

750mlのフルボトルサイズは、ワインを1本飲みきるときにちょうどよいサイズです。スタンダードなサイズなので、多彩な素材やデザインを選ぶことができるのもうれしいポイント。ワインを数名で飲むことが多い方は、1本あると重宝しますよ!

フランスの自動車メーカーが手がける、おしゃれな蓋つきデキャンタです。蓋には6本の溝が施してあるので、ワインが溝を伝うように美しく流れ落ちるのが魅力!円盤のようなボディをコロコロと揺らしながら、ワインをたっぷりと空気に触れさせることができますよ。

大人数で楽しむなら1500ml

1500mlと大容量のデキャンタは、マグナムサイズや、2本分のワインをデキャンタージュしたいときにおすすめです。テーブルに置くと存在感があるので、パーティーをパッと華やかに演出してくれること間違いなし!ただし、マグナムサイズはかなり重くなるので、グラスに注ぐ際は少し注意が必要です。

ガラス素材でできた、ワインボトル1本分のデキャンタです。大容量ながらスタイリッシュなデザインで、戸棚や冷蔵庫に収納しやすい高さに設計されていますよ。リンゴ型のフォルムがかわいらしい、パーティーで目を引くこと間違いなしのアイテムです。

3.注ぎ口やボトルの形状で選ぶ

ワインのおいしさを引き立てるために、もうひとつ大切なのはデキャンタの形状です。注ぎ口は広口と細口、ボディは縦型、横型、蓋つきなどがありますが、ワインの熟成具合に適した形状を選ぶことがポイントとなります。

若いワインに!広口タイプ

熟成期間1〜5年と若いワインには、広口タイプのデキャンタがおすすめです。ワインが空気に触れやすいので、閉じた香りをふわっと開くことができますよ。また、洗いやすいのでお手入れが簡単なのも魅力のひとつです。専用のブラシがあれば、繊細なガラスを隅々までしっかりと洗うことができますよ。

1000回落としても割れない「トライタン」という樹脂素材で作られたデキャンタです。ガラスのような透明感のあるプラスチック素材が、お洒落さと丈夫さを両立してくれます。注ぎやすく洗いやすい広口タイプは、ワイン以外にも、フルーツと炭酸水を合わせたドリンクなどにもぴったりですよ!

年代物のワインに!細口タイプ

長期熟成ワインの澱を取り除きたい場合は、細口タイプのデキャンタがおすすめ!澱がデキャンタに入りにくいうえ、空気に触れる面積が少ないので、ワインのおいしさを損なわずにデキャンタージュすることができますよ。ただし、細口タイプは洗いにくいものが多いので、専用のブラシを一緒に購入した方がよいでしょう。

スリムなデザイン!縦型タイプ

縦型タイプのデキャンタは、カラフェのようにスリムなデザインが特徴です。澱がデキャンタに入っても底に沈みやすく、ワインが空気に触れる面積も少ないので、長期熟成ワインに適しています。また、収納に場所を取らないので、手軽にデキャンタを使いたい方にもおすすめですよ。

[正規品] RIEDEL リーデル デカンタ カベルネ・デカンタ 1050ml 1440/13

Amazonカスタマーレビュー

4.7

Amazonカスタマーレビュー

(660件)

>

商品情報

もっともスタンダードなシェイプのデカンタ。ワインの他にソフトドリンクなど、日常的に幅広くお使いいただけます。手にフィットする形状も小ぶりなサイズも、デカンタ初心者の方におすすめです。

オーストリアの老舗グラスメーカーのデキャンタは、ワインの種類ごとに形状が異なるのが魅力です。こちらはカベルネ・ソーヴィニョンに適した形状なので、重めの赤ワインがお好きな方に適しています。すっきりと手に収まるデザインなので、グラスに注ぎやすいのもうれしいポイントです。

多彩なデザイン!蓋付きタイプ

少し変わったデザインがお好みの方は、蓋つきタイプがおすすめです!ホコリが入るのを防ぐことができるので、BBQなどアウトドアのときでも安心して使えるというメリットもあります。また、蓋にポワラーがついているものを選べば、ワインを効率良く空気に触れさせることができますよ。

Cooko ワインデカンタ バブラーワインポアラー内蔵 手吹き クリスタルガラス

Amazonカスタマーレビュー

4.6

Amazonカスタマーレビュー

(286件)

>

商品情報

エアレーションデカンタは、ワインと空気の接触面積を大幅に拡大する最新のウォーターフォール注ぎ設計を採用しています。
酸素を供給し、ワインに閉じ込められた豊かな香りとフレーバーを放出します。

ポワラーとは、ワインをより効率的に空気に触れさせるアイテムのこと。こちらのデキャンタは蓋にポワラーがついているので、ワインの豊かな香りを短時間で開くことができますよ。すぐの飲み頃の味わいを楽しみたい方におすすめです!

香りを開きたいときに!横長タイプ

熟成期間の短いワインには、ボディが広がった横長タイプがおすすめです。「涙滴型」や「ウルトラ型」とも呼ばれるこのタイプは、空気に触れる面積が広いので、若いワインの渋みを和らげて香りをふわっと開いてくれます。おしゃれなデザインのものが多ので、テーブルを華やかに見せたいときにもぴったりですよ。

全8商品

おすすめ商品比較表

HARIO (ハリオ) とっくり デカンタ 400ml GT-2T

BIRDY. TABLE DC700 デキャンタ ステンレス製

Bormioli Roccoミズラ カラフェ 250㏄ ガラス製

プジョー PEUGEOT ワイン デキャンタ デカンタ 若い 赤ワイン向け 750cc

[正規品] RIEDEL リーデル デカンタ アップル 1500ml 1460/13

プラキラ(Plakira) ワインデカンタ 500ml 割れないガラス トライタン 食洗機対応 PTW112_500CL

[正規品] RIEDEL リーデル デカンタ カベルネ・デカンタ 1050ml 1440/13

Cooko ワインデカンタ バブラーワインポアラー内蔵 手吹き クリスタルガラス

Amazonカスタマーレビュー
4.3755
4.325
4.3657
4.5344
4.759
4.246
4.7660
4.6286
最安値
タイムセール
¥785-21%
参考価格¥990
¥20,900
¥14,268
タイムセール
¥6,463-10%
参考価格¥7,150
タイムセール
¥1,634-10%
参考価格¥1,815
¥18,902
購入リンク

自分好みの1本を見つけよう!

今回は、デキャンタの選び方をはじめ、素材、容量、形状と3つのカテゴリーに分けて、それぞれの違いをご紹介しました。デキャンタを選ぶ際は、素材や容量、形状が、利用シーンやワインの種類に合っているかを見極めることが大切です。ぜひ今回ご紹介した記事を参考にして、自分好みの1本を見つけてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

※製品画像はAmazonより

こちらもチェック!
【2023年】赤ワインのおすすめ12選!選び方のポイントとレシピも合わせてご紹介!

渋みや重厚感のある風味を楽しめる赤ワイン。種類によって味わいや香りが大きく変わりますが、自分に合う赤ワインの選び方が分からない方も多いはず。この記事では、赤ワインの選び方、おすすめ商品、赤ワインに合うグラス、パーティー料理にぴったりなおつまみレシピなどをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー