この記事で紹介されている商品

中華鍋のおすすめ10選!女性でも使いやすいものやIH対応タイプも

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

チャーハンや炒め物など中華料理の調理に向いている「中華鍋」。形やサイズ、素材などによってもさまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、中華鍋の選び方について詳しくご紹介します。メーカー別に使い勝手の良いおすすめ商品やお手入れの仕方もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

中華鍋の選び方

中華鍋は一般的なフライパンよりも底が丸くなっており、中心に食材が集まるため炒めたり揚げたりしやすくなっているのが魅力。強火で豪快に調理したい中華料理に最適です。ここではそんな中華鍋の選び方について詳しく解説していきます。

1.中華鍋の種類をチェック

中華鍋には大きく「北京鍋」「広東鍋」があり、それぞれ形状や適した調理方法も異なります。用途や好みの使い心地によって、自分のニーズに合う方を選んでみてください。

片手持ちの「北京鍋」は炒め物にぴったり

一般的なフライパンのように持ち手が一つついており、底が深く丸みを帯びている「北京鍋」。フライパンと同じような感覚で扱えるため、初めて中華鍋を購入する方にもおすすめです。 片手で鍋を振って使えるので、チャーハンや野菜炒めなどの炒め物にぴったり。ただし、持ち手が長いため慣れないうちはバランスを崩しやすく、一般的なフライパンより安定しにくくなります。また商品によっては重たく片手で扱いにくいものもあるので、力に自信がない方は要注意です。

パール金属 中華鍋 ブラック 33cm 鉄製 北京鍋 HB-4216

商品追加をお願いします!

両手持ちの「広東鍋」は揚げ物や蒸し料理に

「広東鍋」は、鍋の両側に一つずつ持ち手がついています。持ち手が二つあるので安定性も抜群。底が浅く面積も広いのが特徴です。 広東鍋は揚げ物や蒸し料理など幅広く使え、食材にも熱が伝わりやすいため、効率的に調理をすることができます。炒め物もできますが、持ち手を持って左右に揺らしながら炒めるのでコツが必要です。プロのように本格的な調理がしたい方におすすめです。

カンダ 神田鉄鍋 両手 中華鍋 鉄製 33cm 板厚1.2mm 日本製 001013

商品追加をお願いします!

2.素材による違いをチェック

中華鍋は素材によって使用感も異なります。それぞれ異なるメリットやデメリットもあるので、特徴をチェックして自分にとって使い勝手のいいものを選んでください。

高火力でカリッと仕上がる「鉄製」

中華鍋の素材として最も主流なのが「鉄」です。鉄製の中華鍋は耐久性が高く強火でも使えるので、短時間で食材にさっと火を通すことができます。お肉はカリッと、野菜はシャキッと仕上げることができますよ。

一方で、重さがあるので力に自信がない方は片手で扱うのが難しく感じることも。また鉄はサビやすいためこまめなお手入れが必要になります。しかし、きちんとお手入れをすればだんだん油なじみがよく、焦げつきにくい使いやすい鍋になりますよ。

中華鍋 GOEN ゴエン 深型鍋 背徳ぱん 鉄フライパン 炒め鍋 24cm IH対応 日本製 鉄鍋 フライパン 鉄 中華鍋 ih

商品追加をお願いします!

軽くてお手入れしやすい「チタン製」

軽量で扱いやすいものを選びたいなら「チタン製」がおすすめ。鉄よりも軽く、片手で振って使う北京鍋の場合でも重さが軽減されて使いやすくなります。また、耐久性が高くサビにも強いため、お手入れが簡単なのもメリットですね。

鉄に比べると熱伝導率は悪いため、鉄鍋のように素早く調理したい方には不向き。またチタン製の中華鍋は高価なものが多く、一般に一万円以上の予算は必要になります。高くても性能がいい中華鍋を選びたい方におすすめです。

EBM 純チタン 超軽量 中華片手鍋 33cm

商品追加をお願いします!

食材が焦げつきにくい「ステンレスとアルミの多重構造」

焦げつきにくく、調理しやすい「ステンレスとアルミの多重構造」の中華鍋もおすすめ。焦げつきを防ぐ表面加工が施されており、少量の油でも焦げつかず調理できます。さっと洗うだけで汚れも落ちるのでお手入れも簡単にできます。 ただし、チタン製よりもさらに価格が高い傾向にあるため、十分な予算が必要です。また鉄製のものに比べてバリエーションも少ないため、好みのサイズで選びにくいデメリットもあります。

3.用途に合わせてサイズを選ぶ

中華鍋にはさまざまなサイズのものがありますが、基本的には普段使っているフライパンよりも一周り大きいサイズのものを選ぶと失敗が少ないでしょう。大き目のサイズならたくさんの食材を炒めることができ、鍋を振っても食材がこぼれにくくなります。

おおよその目安として、一人暮らしなら直径24〜27cm程度、3人以上の家族で使うなら30cm以上のサイズであれば、人数分の料理を作るのに十分でしょう。ただし、コンロよりも大きすぎるサイズを選んでしまうとうまく熱が伝わらないため、コンロの大きさも確認して選ぶようにしましょう。

4.持ち手の素材もチェック

北京鍋は持ち手を持って片手で使うことが多いため、持ちやすさも重要なポイントです。木製やシリコンの持ち手だと調理中にも熱くならず、鍋つかみを使わなくても持てるので便利です。

ただし、長く使っていると本体とのつなぎ目がゆるんで外れてしまう可能性もあるので注意が必要。 安定性を重視するなら、鍋と同じ素材の持ち手で一体になっているものを選びましょう。ぐらつかず持ち手が外れる心配もないので長く使い続けることができますよ。

5.IH?ガス?対応熱源をチェック

中華鍋は、ガス対応のものとIH対応のもので形状が違うケースがあります。ガス対応のものが主流なので、IHを使っている方は必ずIH対応かどうかをチェックしてから購入するようにしましょう。

IHでは、ガスで使用するときのように中華鍋を持ち上げて振りながら料理することができません。IHヒーターに中華鍋を置いてゆすりながら使うため、IHに対応している中華鍋は鍋底が平くなっているものが多くなっています。ガス対応のものをIHで使うと安定感がなく使いづらいので注意しましょう。

反対に、IH対応のものをガス火で使おうとすると底が平たいため、使いづらく感じることも。必ずご家庭の熱源に対応している中華鍋を選ぶようにしてくださいね。

【メーカー別】おすすめの中華鍋をご紹介!

中華鍋はさまざまなメーカーから販売されているので、中華鍋選びで迷ったらおすすめのメーカーから選ぶのも一つの手です。ここではおすすめのメーカー3つと、メーカー別におすすめ商品についてもご紹介していきます。

山田工業所

「打ち出し式」という鉄をたたき出す作り方で本格的な中華鍋を作っている日本唯一のメーカーである「山田工業所」。プロにも愛用者が多く、高性能な中華鍋で本格的に中華料理を作りたい方におすすめのメーカーです。

PR
1枚の鉄板から作る打ち出し式の中華鍋
山田工業所 鉄製 打出片手中華鍋

商品情報

サイズ:300×H90mm
板厚:1.2mm
重量:980g
材質:鉄
対応熱源:ガス

一枚の鉄の板を何度も叩きながら、鍋のかたちに形成して作る打ち出し式の中華鍋です。打ち出し式で作られた中華鍋は表面に凹凸があり、油なじみがよく食材がくっつきにくくなる特徴があります。プロも愛用する本格的な中華鍋が欲しい方におすすめの商品です。 本体と持ち手が一体になっているので、持ち手だけ外れる心配もなく安定感も抜群。調理中に持ち手が熱くなるため、火傷をしないようにミトンなどを使うようにしてくださいね。

PR
打ち出し式の本格広東鍋
山田工業所 鉄製 打出中華両手鍋

商品情報

サイズ:300×H80mm
板厚:1.2mm
重量:930g
材質:鉄
対応熱源:ガス

本格派におすすめの、打ち出し式で作られた中華鍋(広東鍋)です。手ごろなサイズ感で、鉄製ながら重すぎないのが魅力。30cmで大きすぎないため、スペースが狭いキッチンでも使いやすいです。 程よい深さがあるため、揚げ料理やスープ料理、煮込み料理などにもぴったり。鍋本体と同じ素材の持ち手が一体になっているため、持ち手部分も熱くなるのは要注意です。

遠藤商事

日本のキッチンメーカーで、業務用の厨房用品やプロ向けのキッチングッズを展開している「遠藤商事」。鉄製やチタン製などバリエーション豊富な中華鍋を販売しているので、好みの使い勝手に合わせて選べます。

PR
メラミン樹脂塗膜加工で錆びにくい
遠藤商事 SA鉄プレス北京鍋

商品情報

サイズ:330×H106mm
板厚:1.2mm
重量:1300g
材質:鉄
対応熱源:ガス

使うほどに油がなじんで焦げつきにくくなっていく鉄製の中華鍋です。鉄製ながら重さも比較的軽量で、片手で持って振りながら調理するときの負担が抑えられます。また、深さもあるのでチャーハンや野菜炒めなどの炒め物に重宝します。 一人暮らしには少し大きく、2〜3人にちょうどいいサイズ感。ファミリーキャンプでの料理にも役立ちます。持ち手は本体と一体型なので安定性がありますが、熱くなるのでタオルを巻いて使うようにしましょう。

PR
軽量で扱いやすいチタン製中華鍋
遠藤商事 SA純チタン北京鍋

商品情報

サイズ:270×H85mm
板厚:1.2mm
重量:450g
材質:チタン
対応熱源:ガス

軽量で扱いやすい中華鍋を選びたい方におすすめのチタン製の中華鍋です。重さが約480gほどしかなく、力に自信がない方でも片手で持って調理しやすいのがメリットです。長時間、料理していても腕や手首への負担を軽減してくれます。 純チタン製は温度が上昇するのも速いので、素早く食材に火を通すことができます。強度にも優れているので長く使うことが可能。性能を重視したい方におすすめの中華鍋です。

和平フレイズ

フライパンを中心に、さまざまなキッチングッズを展開している日本のメーカー「和平フレイズ」。初心者でも扱いやすいものからプロ御用達のものまで、幅広い中華鍋を販売しています。

PR
女性でもあおり調理がしやすい軽量設計
和平フレイズ enzo 鉄中華鍋

商品情報

サイズ:49×26.2×12.5cm
板厚:1.2mm(底厚)
重量:1100g
材質:鉄(内面・外面/シリコン樹脂塗装)
対応熱源:ガス、IH

IHとガスのどちらにも対応している使い勝手のいい中華鍋です。鉄製ながら重さも1kgほどしかなく、力に自信がない方でも片手で持って振りながら調理する際の負担が軽減できます。 ステンレスと天然木を組み合わせた持ち手で、フラットで握りやすい形状に。調理中でも熱くなりにくいのも魅力です。28cmの手ごろなサイズのほか、いくつかのサイズ展開があるのでお好みのものを選んでみてくださいね。

PR
和平フレイズ 味道 鉄製中華鍋

商品情報

サイズ:356×301×113mm
板厚:ー
重量:1010g
材質:鉄(黒皮鋼板・クリアー塗装)
対応熱源:ガス

深さがしっかりとあるので油がとびはねにくく、一度にたくさんの食材を調理できる中華鍋です。4人以上の家族にもぴったりの30cmや33cmのサイズのほかに、45cmや60cmまでの業務用でも使える大きいサイズもあります。使いたい人数によって適したサイズが選べるのはメリットです。 耐久性が高い鉄製で高火力でも使えるので、キャンプで使うのにもぴったり。重さも1kgほどなので、持ち運びもしやすいですよ。

中華鍋の使い方とお手入れ方法

鉄製の中華鍋は、適切なお手入れをすることで長持ちします。使い始める前からお手入れをする必要があるので、中華鍋を購入する前に正しいお手入れ方法と使い方をチェックしておきましょう。

使う前に「油ならし」をしよう

一番の基本は商品の説明書に合わせたお手入れをする必要がありますが、ここでは新しい中華鍋を使い始める前に必要とされる一般的なお手入れをご紹介します。

手順1

中華鍋にはサビ止めの薬剤が塗られているので、まず初めに「から焼き」をして薬剤を落とす必要があります。中性洗剤をつけたスポンジで軽く洗って水気を切ってからよく拭き取ったら、中火にかけて煙が出たら強火にします。鍋の表面が青白く変化したら薬剤が落ちた合図になります。そしたら中華鍋を傾けて側面も回しながら全体を焼いていきます。から焼きのときに何も加工されていない持ち手なら熱くなるのでミトンなどを使用してください。

手順2

全体をから焼きしたら火を止めて鍋を冷まし、もう一度中性洗剤で洗います。水気を拭き取ったらもう一度鍋を火にかけ、お玉一杯分ほどの油を入れて「油ならし」を行います。鍋全体に油がなじんだら油を捨てて、野菜くずを入れて慣らし炒めをしましょう。

手順3

慣らし炒めが完了したら、洗剤を使用せず水だけで鍋を洗います。洗い終わったら水気をしっかりと拭き取り、キッチンペーパーで油を薄くなじませたら油ならしは完了です。

普段のお手入れに洗剤はNG

油ならしをした中華鍋で調理をしたあとは、必ず洗剤を使わずに洗うようにしましょう。洗剤を使うと鍋の表面に作った油の膜が落ちてしまうので、もう一度油ならしをする必要があります。こびりついた汚れもたわしでこすって水で流すようにしましょう。 洗い終わったらしっかりと水気を拭き取り、キッチンペーパーでサラダ油を塗ってコーティングします。油を塗り忘れるとサビの原因になってしまうため、忘れずに塗るようにしてくださいね。

中華鍋の特性が活かせる中華料理

高火力で食材にさっと火が通せる中華鍋は中華料理を作るのにうってつけです。

炒め物に適した北京鍋ではチャーハンや野菜炒めがおいしく作れます。ホイコーローやチンジャオロース、マーボー豆腐作りにも重宝しますよ。

深さのある広東鍋は、唐揚げやユーリンチーなどの揚げ物にも最適。八宝菜や酢豚なども作りやすいので、ぜひ中華鍋を活用してご家庭で本格的な中華料理に挑戦してみてください。

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまでは中華鍋の選び方や種類、おすすめ商品をご紹介しました。さらに中華鍋を探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

中華鍋で本格的な中華料理を楽しもう

中華鍋の選び方と、メーカー別におすすめの中華鍋について詳しくご紹介しました。中華鍋があれば高火力で一気に炒め物や揚げ物をすることができ、プロ顔負けの本格的な中華料理を自宅で楽しむことができます。ぜひこの記事を参考にして、中華鍋を選んでみてくださいね。

こちらもチェック!
南部鉄器フライパンのおすすめ10選!IH対応タイプや選び方・お手入れまで解説

フライパンランキングのなかでも人気の高い「南部鉄器」のフライパン。蓄熱性に優れているので、旨味を逃さず調理ができると人気がありますが値段もピンキリなうえ、IH対応や取っ手が取れるといった機能性もさまざま。種類が豊富で選ぶのが難しいですよね。そこで今回は、南部鉄器フライパンのおすすめの選び方をご紹介します。

こちらもチェック!
プロおすすめのフライパン11選!シェフが実際に愛用している商品をご紹介

この記事では、料理のプロが愛用するおすすめのフライパン11選とフライパンの上手な選び方をご紹介します。今回紹介してくださるのは9名のシェフ。長持ちする鉄製のフライパンや熱伝導に優れたアルミ製のフライパンなど、実際にお店でも使用されている実用性の高い商品ばかりです。シェフのおすすめレシピも登場しますのでぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー