この記事で紹介されている商品

ワンタッチテントの上手な選び方!ピクニックや公園で使えるものもご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

初心者でも手軽に設営できるワンタッチテント。キャンプなどのアウトドアはもちろん、ピクニックなどのレジャーでも活躍してくれます。ワンタッチテントと一口に言ってもさまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。
そこで今回はワンタッチテントの選び方について詳しく解説していきます。用途別やシーン別におすすめのアイテムも紹介しているので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ワンタッチテントの選び方

ワンタッチテントはサイズや機能性・メーカーなどによってさまざまな種類があるので、使用人数や使用シーンなどに適したものを選ぶ必要があります。ここではワンタッチテントの選び方について詳しく紹介していきます。

使用人数+1でサイズを選ぶ

ワンタッチテントを選ぶ際は、まず収容可能人数をチェックしましょう。実際にテントを使用する人数よりも1名分多いサイズを選ぶと、テント内のスペースに余裕ができて広々と過ごせるようになり荷物を置くスペースも確保できますよ。

1〜2人用はコンパクトでソロキャンプにぴったり

1人でのソロキャンプや2人程度の少人数で使うなら、1〜2人用のワンタッチテントを選びましょう。コンパクトなので1人でも簡単にテントの設営・撤収ができ、持ち運びの際にもかさばりません。バイクに積められるほどコンパクトになるものもあるので、ツーリングキャンプを楽しみたい方にもおすすめです。
1人で使う場合でも、横になったり荷物を置いたりすることを考えてスペースに余裕のあるものを選ぶと快適に過ごせます。

ファミリー用なら4人以上の大型サイズを

ファミリーや友達同士などで使うなら、4人用以上の大型ワンタッチテントがおすすめです。全員が横になれるスペースはもちろん、荷物も十分に置けるように余裕をもったサイズを選ぶことが重要です。
ただし、ワンタッチテントでもサイズが大きくなれば設営や撤収にも時間がかかってしまいます。また収納する際のサイズも大きくなりかさばりやすくなってしまうため、そういった点も考慮してサイズを決めるようにしましょう。

前室があると荷物置き場や日除けに便利

ワンタッチテントを選ぶ際は前室の有無もチェックしておきましょう。前室がついているとタープ代わりとして使え、日除けや荷物置き場としても使えて便利です。大きいサイズなら椅子やテーブルを置いてリビングスペースとしても使えます。
一方、前室がないテントは軽量になり、折りたたんだ際にもよりコンパクトになります。また前室がついているものよりも安価なものが多いため、費用を抑えたい方にもおすすめです。

ベンチレーションが多く通気性が高いものを選ぼう

テント内は熱や空気がこもりやすいため、夏場に使うなら特に通気性が高いものを選ぶことが重要です。ベンチレーション(通気口)がたくさんついているモデルだと、テント内の空気が循環して熱がこもりにくく快適に過ごせます。
メッシュスクリーンがついていたり全面メッシュになっていたりすると、通気性が高く涼しく過ごすことができます。メッシュの目が細かいものを選べば虫も入り込みにくいので、屋外でのキャンプやピクニックも快適に楽しめます。

ワンタッチテントの機能性をチェック

ワンタッチテントの機能性によって、使い勝手やどれだけ快適に過ごせるかも変わってきます。細かい機能が充実していると、キャンプやピクニックをより快適に楽しむことができます。ここではチェックしていきたい機能について解説していきます。

防水加工は耐水圧1,000mm以上を目安に選ぶ

屋外で使うワンタッチテントには、水濡れや急な雨にも対応できるように防水加工が施されています。どれくらいの防水効果があるかは「耐水圧(mm)」で表されているので、商品説明欄やパッケージを確認してみましょう。
耐水圧が1,000mmあれば普通の雨だと十分耐えられるため、1,000mm程度を目安に選びましょう。天候が変わりやすい山で使用するなら、強い雨にも対応できるように耐水圧が1,500mm以上あるものを選ぶと安心ですよ。

遮光加工が施されたものなら涼しく過ごせる

日差しや日焼けが気になる方は、遮光加工が施されたものを選びましょう。遮光率が高いほどテント内も涼しくなり、暑い季節でも快適にレジャーやアウトドアを楽しむことができます。UVカット率が90%以上のものを選ぶと日焼けを気にすることなく過ごせますよ。
ただし、遮光率が高いとテント内が暗くなってしまうので要注意。細かい作業や読書などがしづらくなる場合もあるので、ランタンなどの灯りを用意しておくといいかもしれません。

ビーチで使うなら砂袋がついたものを選ぼう

ビーチや砂浜などの地面が不安定な場所でワンタッチテントを設営する際、ペグが立てにくく固定しにくい場合があります。ビーチや砂浜などで使うなら、砂袋がついたワンタッチテントを選びましょう。テントの四隅に砂袋が備わっており、そこに砂を詰めると重し代わりとなって固定することができます。
また、砂だけでなく水が入ったペットボトルも重しとして使うことができます。その場合は2Lなどの大容量のペットボトルをあらかじめ用意しておきましょう。

夜間の利用にはランタンフックがあると便利

テント内で夜を過ごしたり、細かい作業や読書などをしたりするなら灯りは必須。テントの上部にランタンフックがついているとランタンを引っ掛けることができ、テント内の全体を明るく照らすことができます。
遮光率が高いテントだと内部が暗くなりやすいため、日中でも灯りが必要になる場合もあります。ランタンを引っ掛けられるとライトを持つ必要もなく両手が自由に使えるので便利です。

ポップアップテントなら設営も楽々

簡易的な荷物置き場や日よけ・休憩スペースとして手軽に使えるテントを探しているなら、ポップアップテントもおすすめです。収納袋から取り出すだけで自動的に展開するので、ワンタッチテントよりもさらに簡単に設営することができます。
ワンタッチテントよりもさらに軽量でコンパクトなものが多く、公園やピクニックなどで手軽に使いたいときにおすすめ。簡易的な作りで強度も高くないため、宿泊するならワンタッチテントを選びましょう。

Coleman(コールマン)「クイックアップIGシェード」

PR
コールマン(Coleman) クイックアップIGシェード 2000033132

商品情報

耐水圧:約500mm
定員:2~3人
設営や撤収が簡単なポップアップ式
虫よけ効果のOlytec(R)メッシュ採用

コールマンのクイックアップIGシェードは虫除け効果のあるメッシュ生地を使用しており、夏場でも快適に使えます。耐水圧も500mmあり小雨程度なら対応できるので、急に雨が降った際にも安心です。

タイプ別にワンタッチテントをご紹介

ワンタッチテントには、ソロキャンプにおすすめの1〜2人用やファミリーにおすすめの大型のものまでさまざまなタイプがあります。ここではそれぞれタイプ別にクラシルが厳選したおすすめ商品をご紹介します。

コンパクトで軽量!ソロキャンプにおすすめのワンタッチテント

1〜2人用のワンタッチテントは軽量でコンパクトなのでソロキャンプにおすすめ。ここではバイクに乗せてツーリングキャンプを楽しみたい方にもおすすめのワンタッチテントを3つご紹介します。

DOD(ディーオーディー)「ライダーズバイクインテント」

PR
DOD(ディーオーディー) ライダーズバイクインテント

商品情報

サイズ:(約)W215×D260×H140cm
重量(付属品含む):(約)5.5Kg
収容可能人数:2人

ツーリングキャンプに最適なDODのワンタッチテント。コンパクトに収納でき、バイクにも簡単に積むことができます。
キャノピーやペグなど必要なものが全てセットになっているので、テントを始めて買う方や初心者の方にもおすすめ。キャノピーは大型なのでバイクも納まります。リビングと寝室の2ルーム構造になっており、ソロキャンプはもちろん2人でも快適に過ごすことができます。
耐水圧は3,000mmあるので暴風雨の際にも安心。耐久性に優れたポリエステル素材を使用しているので、壊れにくく長く使えます。ランタンフックやインナーポケットなど、テント内で快適に過ごすための工夫も施されています。

FIELDOOR(フィールドア)「ワンタッチテント100」

PR
FIELDOOR ワンタッチテント100

商品情報

本体サイズ : (約)210cm×165cm×110cm
重量: (約)2.9kg 耐水圧: 1,500mm以上

アウトドア初心者にもおすすめの、FIELDOORのワンタッチテントです。紐を引くだけで傘のように簡単に展開するので、女性1人でも手軽に設営できます。フライシートやペグ・ロープなど必要なアイテムが揃っているので、初めてテントを購入する方にもおすすめです。
テントの耐水圧は1,500mm以上あり、強い雨にも対応できます。またUVカットコーティングも施されており、最上ランクであるUPF50+のUVカット効果があります。
テント入口はメッシュ素材になっており通気性もばつぐん。フルクローズが可能なので、プライベートルームを確保したい場合や宿泊する場合にも便利です。小物の収納に便利なインナーポケットやランタンフックもついています。

Coleman(コールマン)「インスタントアップドーム/S」

PR
コールマン(Coleman) インスタントアップドーム/S 2000039089

商品情報

本体サイズ:約210×90×100(h)cm
色:コヨーテ
原産国:カンボジア
商品モデル番号:2000039089

10秒程度で簡単に設営できる、コールマンのワンタッチテントです。ソロキャンプにぴったりな1人用のコンパクトなサイズ感で、ツーリングキャンプにも適しています。収納ケース・ペグ・ロープなど必要な小物もセットになっています。
こちらのワンタッチテントには広い前室がついており、日よけや荷物置き場としても便利。サイドフラップを開けると雨の侵入も防げます。上部にはベンチレーションがついており、テント内にこもりやすい熱も逃してくれます。
耐水圧は1,500mm以上あるので、強い雨にも耐えることができます。テント内側には小物の収納に便利なポケットもついているので、充電器やスマホなどを入れておくことができます。

レジャーやキャンプに!ファミリーにおすすめのワンタッチテント

ファミリーや友達とレジャーやアウトドアを楽しむなら、3人用以上の大型なワンタッチテントが便利。大型でもワンタッチで簡単に展開できるので手軽に使えます。ここでは大型ワンタッチテントのおすすめ商品を3つ紹介します。

Modern deco(モダンデコ)「ワンタッチテント」

PR
モダンデコ ワンタッチテント

商品情報

サイズ:横幅210×奥行き210×高さ130㎝
材質:本体…ポリエステル、フレーム…グラスファイバー
重量:約3.5㎏

フレームを広げてロックするだけで簡単に設営できるワンタッチテントです。専用のキャリーバッグでコンパクトに収納でき、3.5キロという軽さで女性でも楽に持ち運びができます。ワイドサイズで大人4人でも快適に過ごせます。
94%を超えるUVカット率があり、日焼けが気になる方にもおすすめ。フライシートとメッシュスクリーンの二重構造になっており、蒸し暑い季節でも涼しく過ごしやすく虫やゴミなどが入りにくいようになっています。フルクローズ仕様なので人目が気になる場所でも気軽に使えます。
テント内にはインナーポケットが2ヶ所ついており、余ったペグやスマホなどの小物を入れておくのに便利。ランタンやペンライトなどを吊るすことができるフックも天井についています。

LOGOS(ロゴス)「スペースベース・デカゴン」

PR
ロゴス(LOGOS) スペースベース・デカゴン

商品情報

総重量:(約)27.0kg
サイズ:(約)幅500×奥行475×高さ270cm
収納サイズ:(約)幅124×奥行36×高さ36cm

大人が最大8人で使用できるほど大型の、ロゴスのワンタッチテント。およそ5mも幅のある大型なサイズながら、折りたたまれたフレームを伸ばしてロックするだけで約5分で簡単に組み立てることができます。
前室もついており、2本のキャノピーポールで支えるだけで簡単に自立します。全面がフルクローズできる仕様になっており、着替えや宿泊をする際のプライベートスペースも確保できます。
テント内にはランタンフックがついているのでランタンを吊り下げて使用可能。また同じロゴスのワンタッチテント同士で連結もできるので、10人以上の大人数でキャンプをすることもできます。椅子やテーブルが置けるほどの広いスペースを確保できるので快適に過ごせます。

ワンタッチテントでアウトドアやピクニックを楽しもう!

ワンタッチテントの詳しい選び方や、シーン別におすすめのワンタッチテントまで詳しく紹介しました。設営が簡単で女性1人でも手軽に使えるワンタッチテントは、キャンプはもちろんピクニックなどのレジャーにもおすすめです。ぜひこの記事を参考にして、お気に入りのワンタッチテントを見つけてみてください。

こちらもチェック!
【2023年】おすすめのアウトドアチェア10選!キャンプや焚き火で大活躍!ベンチやローチェアなど、タイプ別に紹介

キャンプやバーベキュー、ピクニック、釣り、海水浴など、野外でのアクティビティで活躍するアウトドアチェア。用途や特徴が異なるさまざまな製品が販売されているので、どれを選べば良いのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、アウトドアチェアの種類や選び方のポイントを解説した上で、おすすめの商品をタイプ別に紹介します。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー